理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

イクという言葉で、表現されることが多いと思うが、女の絶頂について、というか、奴隷を絶頂させることについて。

私が、それについて思うことが、段々と変わってきたんだなと思ったので、その話。

つらつらと書いてみたら、少し長くなったので、分ける。

その一回目。


ここから、イクって書いたり、絶頂と書いたり、オーガズムと書いたり(は多分しない)と思うが、全部、同じ意味だ。

何をもって奴隷が絶頂に達したか?というのは、私は女ではないので、自分の実感としては、わからない。

あくまでも、私が奴隷の様子を見て、また、奴隷がそう言ったことから、わかったものということ。


ご相談などでも、イったことがない、という女性は結構いらっしゃった。

また、普通のセックスでは絶頂を感じたことはないけれど、SMをすれば、イケるのでしょうか?ということを聞かれることは、多い。

ものすごくざっくり言うなら、M性があるなら、SMや主従の雰囲気が、絶頂に達することを助けてくれる可能性はある。

というくらいは言えると思うのだが、イクことに関しても、個人差や、相手との相性があるので、

SMをすれば、イケるとか、御主人様をやっているような人は、女をすぐに絶頂させることができるとか、そういうことは、一概に言えるものではないと思う。

少なくとも、私には、”必ず”、とか、”絶対”、とか、”すぐに”、なんて言葉を付けて、言えることではない。

私は、時間をかけて奴隷を知り、時間をかけて調教をして、飼いならし、その上でなら、絶頂させられる可能性が上がる、というのが、正確なところだ。


体の刺激だけで、そうなる女はいる。

それだと簡単だろう、と思う人はいるのかなとも思うんだが、これも、その女にとって、どんな刺激が嬉しいのか?を見極めないといけないので、私にとっては、簡単なことではない。

結局、相手を知るための時間っていうのは、体への刺激にしろ、精神への刺激にしろ、ある程度必要だと思う。


私が自分の奴隷とか、他の人たちの話を聞く限りでは、女の場合、男よりも、イクことに関して、精神的な刺激が占める要素が、大きいように感じる。

その場の雰囲気だとか、そこに入り込む気持ちだとか、相手への想いだとか、そういうものがないと、イクのが難しいことが多いように思う。

こういう風に書くと、誤解される事があるのだが、イクことができないのは、相手のことを好きな気持ちが足りないとか、そういうことを言っているのではない。

想いが強くても、本気で好きでも、イケない場合はあるし、それがおかしいわけではない。

例えば、好きだからこそ、嫌われたくないから、相手に乱れた姿、恥ずかしいところを見せたくなくて、引かれたくなくて、自分を押さえてしまうとか、そういう気持ちが働くことも、多くあると思う。

だから、悩ましい。

でも、逆に言えば、肉体的な刺激よりも、精神的なものが、トリガーとして、強いのであれば、

精神的に高まることができるようになると、自然にイケる。

そうなると、御主人様がかける、声だけでも、目を見ただけでもイクようにもなれる。

実際、奴隷が、外でそうなったことがあってちょっと困ったこともあった。

でも、奴隷が、精神的に、そういう気持ちになっていないときには、落ち着いたホテルの部屋で、私が頑張って雰囲気を作ってみても、どうにもならないこともある。

気持ちが、快感を左右する。

その要素が大きいのは、男よりも、女のほうだろうなと、私が経験したり、見聞きした範囲で考えると、思える。

奴隷の絶頂感というのは、こういうものからくることが多いのだろうなと私は思っている。

だから、奴隷は、不思議なものだなと思う。

ここまでの話が、不思議だな、で、終わっているのが、私としては悔しいところではある。

奴隷が絶頂に向かうための、一定の法則や、ある程度の予測は、できる。

でも、個々に、またそのときによって、変わるから、難しい。と同時に、面白いなとも思う。


なんだか、書きたいことから盛大にずれた気がするが…。

私が、書こうと思ったのは、イかせる方法だとか、奴隷がイク方法だとか、そういうことではない。

そんなものは、奴隷との交わりのなかで、自然にできるものなのだから。

奴隷がイクことについて、私が思っていたこと、奴隷と触れ合う中で、思うことが変わっていったことについて、これから書いていく。

でも、それを書こうと思うと、こういう前提の話をちゃんと書いてからと思ってしまう、ややこしいところが、私の厄介な部分だと思う。

ということで本題に入ろうかなと思ったら、長くなったので、一旦切る。

続きは次回。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


思ったことが思ったように伝わらないことの歯がゆさ。

それは、表の生活の中でも、そうだし、奴隷との関係の中でも、たくさん味わってきた。

今でも、日々、それは思う。

なんで、ちゃんと伝わらないんだろうと。


私は、コミュニケーションがあまり上手ではない。

はっきり言うと、面倒なやつだ。

何かを伝えたい時に、そのことだけを言えばいいものを、なんでそうなったのか?とか、どういう理由だとか、どんな経緯だとか、そういうことを先に言いたがる。

このブログの文章を読めばそれがわかるだろうと思う。

結論はなんだ?

と、私自身も思う。

お前が言いたいことは、要するになんなんだ?

とも、思う。

それなのに、結論を後回しにして、核心をなかなか言わずに、どうしてそうなったのか?を伝えることから、話を始めてしまう。

そして、結論にたどり着く頃には、なにが、結論なのか、見えにくくなっている。

結局、ちゃんと伝わらない。

相手には、何か、他意があるのかと思われているようにも思うし、言い訳しているかのように、聞こえているのかもしれない。

実際、そういう指摘をされたこともある。

でも、私が本当に伝えたいことは、そうじゃない。

伝えたい、シンプルなことは、ちゃんと、ある。


ここまで自覚しているから、仕事などの場面では、私は意識して、話を簡潔にするようにしている。

だから、そのあたりは、まだいいのかなと思う。

でも、想いが強いもの、感情が動かされるもの、守りたいもの、親しくありたい人、大切にしたいこと、…、そういうものを前にすると、途端にそんな意識はできなくなる。

思いが強いほどに、説明が増えていく。

女、奴隷との付き合いをする前、告白することも、好きな女に話しかけることでさえ、躊躇していた。

それは、自分の中にあるシンプルな、伝えたい事柄を、そのままに伝えることができないことがわかっていたからでもあるのかなと思う。

もちろん、別の理由もたくさんあるが。


そんな、過去の私と、奴隷を飼い、たくさんのコミュニケーションを重ねた今の私も、そういうところは、実質的に何も違いはないと思う。

私が面倒なやつだというのは、変わっていない。

これからも、伝わらなくて、歯がゆい思いはするのだろうと思う。

でも、そういう、変な説明になってしまうようなことを、考えるのをやめたら、私は多分、私じゃないから、また、考えて、余計な説明を、きっとするのだろうと思う。


Sといえば、もっと、スッパリと、言い切るイメージが、私にもあるのだが。

こんなSも、世の中には居たりする。

そして、伝えたいことが伝わらなくて、頭を抱えたりもする。

私は、本当に、世の中のイメージとは違うのだろうなと、苦笑するところだ。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト



私が、してみたいなと思うことがある。

SMがしたいとか、セックスがしたいとか、そう思ったときに、奴隷を呼び出して、欲望のままに使い、行為が終わればそれで終わり。

調教以外の話をするでもなく、食事をするでもなく、ただ、したいことだけ、したいだけして、

それが済んだら、奴隷のことも忘れ、後始末も奴隷がやるからと、調教でぐったりしていても、放置して、そのまま帰る。

これ、できる人とか、望んでいる人は、結構いると思う。

本当に、都合よく奴隷を使う。

使うためだけに奴隷を飼う。

主従関係が、昔の、主と使用人的な関係だとするなら、多分これが正しいのだろうとも思う。

実際に、普通にできてしまう人もいるから、それはそれですごいなと思うし、私も、奴隷に対して、自由に使って、自分の気分だけで楽しんでいるように振る舞っていたから、

私の中の、一つの理想イメージとしての、主従関係っていうのは、おそらくこういうものだと思う。


でも、私は、なかなか、こういうふうにはできない。

それは優しいからとか、責任感があるからとか、そういうことではないのだろうと思う。

もっと、単純な気持ち。

どうしても、奴隷に関わりたくなってしまう。

上記のような、理想イメージはあっても、それをやると、後悔する。

例えば、奴隷に対して、かなり疲れるような調教をして、ぐったりして床に横たわっているのを放置して帰る、というのは、やったことがあるけれども、奴隷のアパートから、駅まで歩く途中で、もう、気になっている。

駅についたころには、心配で仕方がない。

なので、結構な道のりを、歩いて、部屋の前に戻るんだが、あんなふうに、奴隷を扱って帰った手前、様子を見に来たなんてことは口が裂けても言えないので、チャイムを鳴らして、奴隷が中で、動いて玄関に来る音だけ聞いて、走って逃げたことがある。

これで、安心して帰れた。


奴隷のことを、気にせずに過ごすことは、おそらくできない。

奴隷のことを知っていたいと思う。

でも、自分から、心配して、連絡をしたりは、あまりしない。

ややこしいなと思う。理想の御主人様らしくしたいなら、そんなことを気にせずに、帰れよと思う。

それこそ、奴隷を使い終えたら、切り替えろとも思う。

でも、これが、私には、なかなか、難しい。


また、私の持っている、理想イメージのように扱われることにM性を刺激され、安心する奴隷も居るだろうと思う。

そういう奴隷だとはっきりわかるなら、これはできるのかも知れないとは考える。

それでも、やっぱり、全く気にせずに過ごすことは、できないようにも思う。

でも、こういう、”御主人様らしい”、理想イメージというのは、いつも私の中にあって、それをしたくなる。

それも私の欲求の一つ。

中途半端だなと思う。


ただ、今だから思うこととして、主従関係における御主人様というのが、一番したいことをする存在、奴隷を自分の心地よさのために飼う存在、という意味でいいのなら、

私は自分が一番安心できること、大きな意味で一番心地よいことをしてきたのだから、中途半端であったとしても、これでいいのかなとも思う。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

私は、子供の頃から、女を奴隷として、飼い、人とは違う扱いをして、使うことができたわけではない。と思う。

具体的に、それをするようになったのは、彼女を、奴隷にしたときからだ。

その前のことは、わからない。

もちろん、その後も、奴隷に対してのみであって、世の女、全員に、横柄な態度をとっている、なんてこともない。

それは変わらないことだから、最初に奴隷を持つまでは、女は女であり、飼うものではなかった。

というよりも、そういうことをしたいと思う気持ちはあったように思うが、実際にやろうとする発想が、あまりなかった。

でも、私が、女との付き合いをしたことがなかったころのことを思い出してみると、

女に対して、持っていた感情は、良いものとか、憧れとか、そういうものばかりではなかった。

悪いものもあった。

もしかしたら、そちらのほうが大きかったかも知れない。

そして、今も、良いものも、悪いものも、私の中にある。

再開早々、そして、新年早々、いきなり、ネガティブな話かもしれないが、私として、書いておきたいことなので、せっかく再開したのなら、さらけ出して、ここから行こうと思う。


私は、女が好きだ。

かわいいと思うし、愛おしいと思う。

大事にしたい、守りたいとも思う。

そういう、おそらくごく普通の気持ちというのは、ある。

だから、彼女ができる前は、女と付き合いたいと思ったし、付き合ったときに、優しくありたいと自然に思っていた。

奴隷がどう感じていたか?はわからないが、私は、自分のできる限りで、そうしたと思う。

でも、一方で、私の中に溜まって淀んでいった、女というものに向けていた感情もある。

私は、このブログでも書いているように、モテない。

女に付き合う相手として、すぐに選んでもらえるような、男ではない。

それを最初は自分の容姿のせいにしたし、その後は容姿だけではなく、そんなふうに卑屈になる気持ちや、どうせだめなんだろうという諦めの気持ちなどが、

自分にブレーキをかけ、消極的になる、また、ネガティブな雰囲気をきっと出しているから、ますます女から遠ざかっていく、そういう性格も、あまり好まれないものだというのは思うようになった。

このあたりまでは、モテない男や、フラれた男が、普通に思うことかな?と思うが、ここから先。


私は、女を、憎んだ。

告白して失敗したとき、その相手に対して、そういう気持ちを抱くならまだ、ましなのかもしれない。

告白すらせずに過ごして、好きな女に彼氏ができたとわかったとき、すごく好きな気持ちはあるのに、でも、同じくらいに、その女を、憎んだ。

というよりも、女が男を選ぶ基準に達しない自分の不甲斐なさ、悔しさ、またその基準が理不尽であると思ったことへの憤りが、そのまま、女への憎しみになったのだと思う。

ただの逆恨み。

それは、頭では、わかっている。

そして.女を嫌いになるわけでもない。

好きなまま。

むしろ、そういう事があるたびに、余計に、気持ちを向ける、自分だけの相手がほしいと強く思ったし、そういう相手ができたら、優しくありたいと思った。

でも、それが得られないから、女を、憎くも思った。

好きだけれども、憎いという、相反する思考は、私だけなのか、他の男も思うのか、女もそう思うのか、知らないが、私はそうだった。

そういうことを、繰り返していくうちに、私は、好きになった、特定の女ではなく、”女”という生き物に対して、2つの気持ちを持つようになったと思う。

女が好きな気持ちと、女を憎む気持ち。

その、憎む気持ちが、S性を生み出したかどうかは、私もわからない。

憎しみと、S性の相関は、はっきり断言できないけれど、私の中に女への憎しみがあり、それが、女に対して、容赦せずに、行為をすることをなんとも思わない性癖の一部をなしている可能性はあるのかなと思う。

行為だけではない。

心も。

むしろ、こちらには、影響があると考える。

ブロブに以前書いたが、私が、最初の奴隷との付き合いを始めようとしたときの、相手の性格を利用した、卑怯なやり方、あれができたのもそうだと思うし、

多頭飼いも、スワッピングも、一匹の奴隷を持ちながら、他の奴隷や女と関係を持つというのは、奴隷を好きという気持ちだけを持てていたなら、しなかったことなのかなと思う。

奴隷を手放すときも、女というものへの憎しみの気持ちがなかったなら、なにか違う行動があったのかもしれない。

憎しみがあることで、奴隷の気持ちを、深く考えずに、したこと、言ったこと、いくつもあったのだろうと思う。

私は、そうやって、女の気持ちをよく考えずに、踏みにじることを、してきた。

でも、同時に、好きになって奴隷にした女が、幸せであることのために、自分が必死で動くことも、してきたと思う。

奴隷が、表でも、裏でも、調教以外のときに、悲しみや苦しみで泣いて欲しくはないと思っている。

それも、嘘ではない。


女への憎しみと、好きな気持ちと、どちらもあって、矛盾したそれが、不規則に顔を出すから、私は、一貫性がない部分を奴隷に見せていたのかなと思う。


私は、良い御主人様ではなかったと思ってこのブログを書き始めた。

でも、書いているうちに、こうしていたら良かったのに、とか、こうあるべきだったということを、たくさん思った。

それが悪いことだとは思わないし、きっとこれからもそれを思えば書くのだろうけれど、ブログを閉鎖している間に、ふと書きたいと思ったことは、今回のような、自分の汚い部分であったり、逆にもっと、ポジティブな想いであったり、もっと欲望に忠実なことであったりした。


そういうこと、思う瞬間に、また書いていこうと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

ブログを、再開することにした。

しばらく書かなかったし、書けなかった。

でも、吐き出したいもの、吐き出す場所をなくするということは、よろしくないというのが、わかったので、再開することにした。

閉鎖した事情が無くなったわけではないが、再開したいと思ったのは、前よりも、私の中のS性とかそういうことについて、書きたいと思うことが多かったから。

前と、今は、少し心境が違うし、雰囲気も変わるかもしれない。

だから、多分、同じ事柄について書いても、違う側面から切り取った書き方をしそうな気がしている。

前と、矛盾することを書くかも知れないが、それはそれでいいのだろう。


ただ、明確に変えることがある。

前のように、いただくメールやコメントに、ほぼ全部返事を書くというのは、しないことにしようと思う。

ブログを閉鎖した、理由として、諸々の事情からの時間のなさがあったのだが、それは変わっていないから。

私の中で、返せるタイミング、だったり、体調だったり、を優先することにする。

それで、失礼があるかもしれない。

でも、時間に追われ、中途半端な返事を書くことも、同様に失礼な気がする。

今は、ただ、何かを言いたいと思ったときに、アウトプットする場所が欲しい。

それだけ思って、再開する。

Sだから、わがままでいいんだ、なんて、お門違いなことをいうつもりはないから、コンタクトをくださるなら、それは本当に幸せに思うし、大事に感じる気持ちは変わらない。

でも、それに全部は、お応えできないと思うし、全部応えようと思ったら、多分、また、ブログを閉鎖することになるのだろうと思うので。

私の気まぐれに、気長に、付き合っていただけれるなら、それでお願いしたい。



このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報