理系Sの牝奴隷には言えない話
”御主人様”、vetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

これが奴隷に対する接し方として、正しいのかどうかはわからないけれど、

自分の奴隷には、やっぱり笑っていてほしいと思う。

そのために、本当は言うべきこと、普通は、言うだろうと思われるくらいのことを、伝えなかったとしても。

主に私自身のこと。


例えば、私の仕事は、これまで、順風満帆にここまで来たわけではなく、むしろ、悪い時期のほうが多かった。

でも、そんな時期にそのことを奴隷に言ったことはあまりなかった。

仕事の愚痴も、そうそう言わない。

まあ、それに関して言えば、奴隷以外の表の世界で、付き合いのある人にも、私は、愚痴や、批判などを、あまり言うことはない。

奴隷に対しても、家族や、友人などの親しい人達にも、心配をかけたくないという気持ちが働くし、それ以外の知り合いには、そもそも、そういうネガティブな話をして、場を暗くして付き合いたいと思っていない。

それと、もっと、私の私らしい理由からすると、愚痴を話したところで、それを相手が解決してくれるわけでもないのだから、言う意味があまり感じられないから言わないというのもある。

人に言うことで、ストレスが軽減されたり、気が楽になることはあるのかもしれないが、同時に、言うことで相手に心配をかけたと思うとか、気を使わせるほうが、私にとっては、ストレスだ。

できれば、せめて私と会う時くらい、楽しい気分でいてほしいと思う。

それは、友人とか、家族に対してもそうだし、奴隷に対しても、同じだ。


そして、私は自分のことを、さらけ出すことが苦手でもあると思う。

自分をアピールすることがそもそも少ない。

中学生くらいから、そういう自分の性格には、気がついた。

今思えば、自分を出さない人に、他人は寄ってこないと思うから、私がモテないと思い始めたときに、自分の容姿のせいだと決めつけていたけれど、この性格も災いしていたのだろうと思う。


コンピュータのエンジニアなんてしていると、万年肩こりで、眼精疲労、それがひどくなって頭痛になったりもしている。

いつも体調万全というわけではないのは、誰でも、そうだと思う。

それでも、奴隷と会うときに、できる限り、そういうことを悟られたくなかったし、何かができないことの言い訳にしたくなかった。

だから、どうしても会えない体調のとき、それを言わずに、

「今日は、お前を使う気分じゃなくなった」

といって、約束をキャンセルしたことも結構ある。

どっちが、奴隷を悲しませることになるのか?というのは、わからないわけではない。

体調が悪いなら、ちゃんと、説明してやったほうがいい。

それは、わかっている。

例えば、頭痛くらいなら、いいけれど、風邪を引いていたとして、奴隷と会うなら、当然、奴隷と一緒の場所で過ごし、もしも使うなら、私の体液に触れるのだから、奴隷に風邪を移す可能性はかなり高い。

だから、会えないのだと、言えばいいだけなのだ。

でも、私のことで、奴隷に心配をかけることは、したくないというか、私の弱いところを見せたくないというのが、私の意地のようなものだ。


そして、とにかく、自分のことを、自分からは、あまり言わない。

別に、隠したいことがあるわけでもないし、意図的に、言わないようにしているわけでもない。

奴隷が、知りたいと言えば、それは、そのままに話してきた。

聞かれれば、話す。

でも、知りたいと言われなければ、言わない。

自分から、自分のことを、言うことは、本当に少なかった。


それが、奴隷との距離を生んでいたのかなと思う。

これが、もしも、普通の男女の付き合いならば、また違ったのかもしれない。

対等な関係なのだから、相手に、相手のことを聞くというのは、男から女でも、女から男でも、普通にできることだと思う。

でも、主従は違う。

奴隷というのは、御主人様に遠慮して、なかなか、聞きたいことを聞けずにいる場合も多い。

特に、御主人様の、個人的なことに関しては、どこまで踏み込んで良いのか?ということについて、悩んでいたという、想いを、奴隷から聞いたこともあるし、

このブログを始めてからの、ご相談の中にも、

「もっと知りたいけれど、どこまで聞いても良いのか? 聞きすぎてしまうと、主という人達は、嫌がるのではないか?」

ということを、気にして、質問されたことも、結構ある。

だから、奴隷の側からも、御主人様に、何かを聞くことを、遠慮する傾向があるのは、わかる。

もちろん、そんなこともなく、なんでも聞いてくる奴隷もいたけれど、なかなか、踏み込めない奴隷も、居た。


そういう、奴隷というものの、立場を考えるなら、本当は、御主人様である、私の方から、言ってやるべきなのだろうと思うのだが。

それこそ、他愛のない、その日の電車の中で、起きた嫌なこととか、そんな愚痴でも言えばよかったのかもしれない。

でも、私は、そういうことですらも、あまり言ってこなかった。


ただ、奴隷に心を開きたくないと思っていたわけではない。

そもそも、こいつなら、と思わなければ、奴隷にもしないし、自分の性癖を明かしたりはしない。

女を奴隷として飼うくらいのSであったり、パンストフェチであったりというような、私のすごく深いところにある、でも、おそらく、世の中的には、隠しておくべき、素直な欲求を、見せている。

それは、心を閉ざしたり、信頼していない相手には、できないことだと思う。

大きな信頼を寄せているから、好きだと思うから、できたことだ。

だから、奴隷というのは、私にとっては、奴隷である時点で、私の心の中を、見ていい相手であり、むしろ、ちゃんと、私というものを認識しろと、思うのだけれども、

私が、私から、何も言わないから、それが、伝わっていないのだろうなと、思う。


日々の出来事を、少し話すくらいでも、良かったのだろうと思う。

でも、それを私はしなかった。

特に、ネガティブなことは、あまり言わなかった。

奴隷に心配をかけたくないし、調教以外の場面では、笑っていてほしいというのは、私の願いだ。

私のネガティブな話を聞いて、一緒に、ネガティブになってほしくはない。

それは、そうなのだが…。

こういうところ、もう少し、だけでいいから、やれていたらなと思うけれども、やはり、私の性格なのだろう。

本当に、困ったものだなと思う。

でも、奴隷が笑っている顔を見ているのは、楽しかった。


ただ、一つだけ、救いは、奴隷の側で、私のこういう部分を、理解してくれていたところはあったと思う。

「ああ、こういう人なんだ」と、思っていたのは、なんとなく、感じられた。

それだけは、すごくありがたいことだなと思うのだが、それに甘えていた私は、やっぱり、とっつきにくい、御主人様だったのだろうなと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


前回の続き。

続き物の話なのに、すごく、更新時間が空いてしまったが、ブログ再開後は、こんな感じで、書けるときに書くことにするので、気長にお付き合いいただければと思う。


今思えば、私が主従の雰囲気を作ったり、そこまでしなくとも、その立場を崩さずに、御主人様として、奴隷の前に居ることだけでも、

奴隷にとっては、大きな刺激になるということに、すごく時間をかけて、ではあったが、気がついた。

といっても、それはおそらく、私の奴隷がそうだったということなのだと思う。

主従関係よりも、SMプレイを重視して、誰かの奴隷になったM女も、いると思うから、御主人様という立場で、存在するだけではなく、SMプレイをしないと、と思うのは当然だ。

だから、これは、少なくとも、私と私の奴隷の間では、という前提での話。

他のM女もそうだとは言わない。

だから、誰かと主従関係になるときに、”主従”という状況になることが嬉しいというか、御主人様という、絶対的な存在に支配されていること自体が嬉しいのか、

それとも、SMプレイという具体的な行為が嬉しいのか?

どちらと決める必要もないとは思うし、重視する比率や、実際にそうなってみないとわからないところもあると思うが、自分の大まかな希望くらいは、わかっていたほうがいいのかなと思う。

奴隷になろうとするM女が、それを見極められるのであれば、見極めてから、それにあった御主人様を選ぶほうが、失敗したと思うことは少ないだろうと私は思う。

まあ、これは理想論ではあるのだが。

御主人様の中にも、私のように、いつも主従であることを前提にし、主従関係があり、そして、その上でSMをするという人もいれば、

普段は主従的な感じをあまり持っていなくても、性行為は、SMを主体としたものを好むという人もいるし、

主従ではなく、恋人であることを望み、行為がたまたま、SMという人もいる。

そして、SM行為だけができればよくて、それ以外のときにはには、関わりを持たない、なんて人もいる。

それは、御主人様の個性なので、それと、奴隷になりたいM女の望みが、ちゃんと合っていることは、主従関係を続けていくことについても、重要な要素かなというのは、思う。

これは、イクことだけを考えて、御主人様を選ぶよりも、むしろ、イクことよりも、自分に合った関係を作り、M性を受け止めてくれる人を選ぶほうが、いいのかなとは、私は思う。

結果的に、希望が合わない人と主従関係を持ってしまうと、イクという意味でも、難しくなるのだと思う。

と、なんだか、また話がそれたのだが、私は、奴隷と主従の雰囲気で居ることだけでも、奴隷が興奮し、濡らすことがあるというか、奴隷が、そういう気持ちでいることができる状況が、重要なのだと、やっと気がついた。

簡単に言ってしまえば、御主人様が、御主人様らしくある(その人らしくある)ことで、奴隷は安心するし、そういう状態の御主人様から発せられるものは、安心して、刺激として受け止められる。

その刺激というのは、快楽調教の中で、性器や、性感帯と言われる場所を刺激することとは、違う種類の刺激なのだろうと思う。

主従という関係で、プレイ自体よりも、御主人様の存在に重きを置く奴隷なのであれば、あるほどに、その刺激は、大きくなる。

それが、そういうものなのだなと、おぼろげながらわかってきた時から、私はだんだんと、SM行為の中で、快楽調教的なことを、しなくなっていった。

もちろん、全然しなくなったわけではない。

奴隷を性処理にも使うし、気が向けば、道具で奴隷をいじって遊ぶ。

そういうことは、変わっていないのだが、その時の気持ちが、違ってきていた。

それは、奴隷をイカせようとか、ここで絶頂に導いてやらないといけないとか、そういう気持ちからではなく、ただ、そのときに、奴隷のよがり声を聞きたいなと思ったから、やるとか、

なんとなく、手持ち無沙汰だから触るとか、性欲が大きくなったから、それを解消するためにやるとか、そういうこと。

調教の間に、一度は、奴隷を、絶頂させなければならない。できれば、調教が終わる時に、絶頂に導いてやらないといけないという、ある種の脅迫的な思いが、段々と私の中で、薄れていった。

奴隷が、イクかどうか?というのは、奴隷が私から発せられるものを受け止めたときの反応だ。

イカせようと、頑張って空回りするよりは、イクかどうかは、とりあえず、考えずに、私が、奴隷にとって、好きにやっていると思えるような何かを発したほうが、

おそらく、奴隷は、それを刺激として受け取りやすいし、心配したり、不安になったりということもなく、身を任せられる。

そう思うようになっていった。

すると、前よりも、私は自由に、SM行為をするようになれた。

奴隷を絶頂に導くために、これをしないといけないという、義務のようなものが、減ったから。

主従になった最初の頃のことを、ブログに結構書いているが、私は、SM行為について調べながら、その時の知り合いの人に話を聞いたりしながら、覚えていった。

そんな中で、SMなのだから、このプレイをしないといけないと思いこんで、そうしないと奴隷のM性を満たせず、奴隷に嫌われていくのだろうと思って、していたことは多くあった。

そんな時期を過ごしたあとに、私が思うようになったことがこれだ。

私がしたいようにすればいい。

したいことを、すればいい。

そう思うようになったら、SM行為が、前以上に楽しくなった。

そして、私が楽しんでいること、満足していることは、奴隷も、敏感に感じ取っていたようだった。

これもやっぱり、私よりも、おそらくは正確に。

奴隷は、御主人様を、ちゃんと見ている。理解していると思う。

何個か前のエントリーでも書いたので、しつこいと思われるかもしれないが、本当に、奴隷は、私よりも、賢いのだと思っている。

だから、そんな奴隷が、私が楽しんでいること、満足していることを理解すると、結果として、奴隷の興奮度というのは、上がっていったように思う。

私が好きにしている、一緒にいて、快適に過ごしているのだと、奴隷が感じられると、それで、安心し、主従の雰囲気の中に、身を委ねることができるようになる。

雰囲気というのを無理に作ろうとしなくても、そこに、そういう場が、自然に出来上がっていた。

そこでは、奴隷は奴隷だったし、私は御主人様として、自然に居られた。

その場の主従の程度、というのは、それぞれの奴隷との間で、微妙に違うのだけれども、奴隷と二人で、良いところが見つかった時、それに自然に入っていくようになった。

私も、そして、おそらく奴隷も。

奴隷が本当にどう思っていたのか?はわからないけれど、奴隷が求めたもの、受け止めてほしいと思ったものは、その前よりも、少しは、返すことができたのかなと思う。

主従や、SMという、アブノーマルなことをしていて、世の中からは、不自然だ、歪んでいると思われていることだとしても、

当事者たちにとって、自然なことというのは、ちゃんとあるし、それが大切なのだなと思う。

私が、自然に御主人様であり、奴隷が自然に奴隷であり、そして、会えば、その瞬間に、主従の場ができ、その雰囲気の中に、自然に入る。

そこから、奴隷に、私からの刺激が入り始める。

話す声であったり、触れる手であったり、表情であったり、仕草であったり、そういうものからも。

そうなると、道具を通してでも伝わる。

そんな関係になってから、というか、私が、私の好きにできるようになってから、

無理にイカせなければと意識せず、奴隷がイクかどうかも、奴隷に任せようと思った後、奴隷は、その前よりも、イクことが多くなった。

一緒に過ごす時間にイクことは増えたし、その前後に、会っている間、電話などで話をしているときでも、イクこともあった。


私は、自分で自分のことはわからないのだが、私が無理をしないで、S性に素直に従っているときというのは、奴隷も、気がつく。

そして、そのときの私は、そうではないときよりも、S的に、また御主人様としての存在としても、強く見えるものなのだそうだ。

無理をしているように見えると、心配になる。でも、心配しなくていいと思えると安心して奴隷でいられる。というように表現していた奴隷も居た。

奴隷に、言われたことがあるから、書いてみたが、これについては、私が、自覚できたものではなく、私は、ただ、普通に過ごしているだけだから、なんとも不思議なのではあるが。

また、不思議、で終わるのは癪だけれども。


今回、奴隷の絶頂ということで、6回も、長々、書いてきたけれども、今の私が思うのは、御主人様が好きにしたらいいということ。

もちろん、好きにするといっても、奴隷の心身の健康を害するような無茶をすることでもないし、その奴隷の持っているM性で消化しきれない、本当に望まないことをすることとも違う。

奴隷が求めるものを受け止めてやることをやめることでもない。

むしろ、もっとちゃんと奴隷を知り、それを受け止めることは必要だ。

そこは、勘違いしてはいけない。

でも、こういう前提がを崩さないなら、好きにしたほうがいいと私は思う。

私は好きにするようになった。

自分にとっても、奴隷にとっても、それは良かったと思う。

無理して、何かをしなければ(絶頂させなければ)とあがいて、奴隷に、変な心配や、不安を与えるくらいなら、何もしないで、ただ、御主人様として、そこに居て、奴隷を見ていればいい。

気が向いたら、奴隷の好きなところをいじって遊べばいいし、理不尽な命令でもして、オロオロする奴隷を見て、笑っていればいい。

それだけでも、無理をするよりは、奴隷を絶頂させやすくなる。

私が焦っているのが伝わるのが、一番良くないのだろうと思う。

というよりも、焦ることなど、実は、何もなかった。

そして、焦ったら、それは奴隷のとても敏感なセンサーが、確実に察知する。

最初の頃の私は、奴隷をイカせようと焦っていた。

そのことを、奴隷に察知されていた。

そして、察知した奴隷というのは、なんとか、御主人様の意に沿うようにと、変な方向に頑張ってしまう。

御主人様がイカせようとしてくれているならば、イカなければと思ってしまう。

そうなると、イけなくなる。

人というのは不便なもので、男も女も、そういうふうにできている。

無理にしようと思って、焦ると、普通にできていたことでさえも、途端ににできなくなる。

だから、好きなようにすればいい。

奴隷がイクかイカないかは、そのときに、奴隷の中にある、私からの刺激が勝手に決めてくれる。

私が、「奴隷がイけばいいかもな」と、思うくらいはいいとしても、「奴隷をイカせなければ!」、と焦ることも、イカないと私が力不足だとか、そう思うことも、そもそも意味がない。

むしろ逆効果だ。

私は、やっとのことで、それに気がついたから、イかせるために、頑張ることは、しなくなった。

その日、その調教で、奴隷がイクか、イカないか、ということは、気にはなるけれども、それにこだわることをしなくなった。

私がしたいことを、したいようにする。

それで奴隷がイクならいいし、イカないなら、それもいい。私が楽しんだなら、それでいい。

そのほうが、結果的に、奴隷は絶頂しやすい。というよりも、私が意図しなくても、勝手に、絶頂していたりするから、それがまた楽しい。

そんなふうに、世界が、開けた気がするのだ。

ぐるぐると思考し、ものすごく、時間がかかったのだが。


だから、私には、奴隷をイかせるためのテクニックは、おそらくあまりない。

セオリーと、経験からの、なんとなく、こんな方法というのは、イカせようと頑張っていた頃に会得したものがそれなりにあるけれども、

それを使うことは、なくなっていったので、上手くはないと思う。

そのかわりに、私の主従では、私が奴隷を好きにするものなのだと、奴隷に納得させること。

そして、御主人様である私が、自由に、楽しんでいることを、奴隷がわかるようにしてやる。

ただひたすらに、好きなことをして、普通に過ごす。

こういうふうに思って奴隷に接することが、多分、私が奴隷をイかせるための、最も有効な方法と言えるかなと思う。

こう思えるまでに、私は、すごく時間がかかってしまったのだが、他の御主人様にとっては、最初からわかっている、当たり前のことなのかも知れないが。


今回の、話は、ものすごく長くなってしまったが、奴隷をイかせること、奴隷の絶頂について、私が思ってきたことの変遷を書いてみた。

書いている途中で、実は、もっといろいろな、横道の話を、入れてしまった。

それはかなりカットしているのだが、それでも、この量になっているところを考えると、すでに入れすぎだとも思うのだけれども、

書き足りなかった部分については、またの機会に書こうと思う。


テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


前回の続き。

奴隷に言われて、私は、自分のS性が求めるものと、自分がしているSM行為とのズレが、奴隷にも、バレていることに気付かされた。

はっきりと、ズレが有るのではないか?ということではなく、奴隷としては、私の様子から感じ取ったなにか?であったのだろうと思うが。

でも、そうなると、奴隷に心配をかけてしまっていることを、情けないなと思う一方で、じゃあ、どうすればいい?ということを考え始める。

そして、いろいろなことを試し始める。

ここが、私の厄介なところではあるのだが、調教をしながら、していることの、どこが自分にとって、物足りないと感じるのか?を、明確化していった。

といっても、奴隷に対して、調教をしながら、一つ終わったらノートにメモを書くとか、そういうことを、していたわけではない。

そんなことをすれば、その場の雰囲気が、壊れるのは目に見えている。

だから、どんな事をしたときに、ズレを感じたのか?を意識するようになった。

その結果として、前のエントリーで書いたように、主に、快楽調教をしているときなど、奴隷をイかせようと、必死になっている場合、

そして、SMだからということで、取り入れたプレイの中にも、楽しさとか、心地よさの、優先順位が低いものがあって、でも、セオリーだからとやっていた場合、なんかも、そうだった。

また、奴隷が、何かを言ってくる時も、そういう調教の後であることが多かった。

そこで、どうするのか?と考えたのだが、最初は何も浮かばなかった。

でも、考え続けた。

それでも、やっぱり、何も思いつかなかった。

どうすればいいのか?ということについては。


ただ、そんなことを考えていたときに、というよりも、その前からわかっていたことではあるのだが、

このことを考えるようになって、それに関連することとして、気に留めるようになったことがある。

奴隷が、性器を濡らすこと。

それは、私は、調教だから当たり前なのだろうと思っていた。

調教で、M的な刺激、性的な刺激を受けるから、濡らすのだと。

また、それを期待しているから、濡らすのだと。

だから、特別なこととして気に留めなかったということ。

でも、そうでもないこともある。

それも、もちろんわかっていたことだけれども、そんなに気にしていなかった。

奴隷と、食事に行ったり、どこかに遊びに行ったり、ただ散歩したり、そういうことをしているとき。

また、その後で、調教するということでもなく、お互いに、家に帰ることが決まっている時。

そんなときでも、奴隷が性器を濡らしていることがあるということ。

それは、奴隷がそう言ったり、唐突に、奴隷を調べたり、雰囲気から感じたりして、そうなっていることはわかっていた。

でも、私は、それを、「恥ずかしいやつだな」とか、「はしたないな」と言って、辱めることはしたけれども、あまり大きな意味を感じていなかった。

奴隷は、なんで、その後に、帰るだけで、調教も、性処理もないのがわかっていたのに、濡らしたのだろう?

濡らすということがなかったとしても、性的に、もしくは、M的に、興奮したのだろう?

そんなこと、考えたこともなかったのだが、それを不思議に思った。

そして、私の無粋なところではあるのだが、奴隷に、そのことを聞いてみた。

奴隷は言った。

「(御主人様と、)一緒に居させていただけるだけで、そうなります…」

他の奴隷が、言ったことも印相的だった。

「(御主人様が、電車で)席が空いた時、座れと言ってくださったから…」

こういうことに、気がついてから、奴隷を観察していると、奴隷が快感を感じる瞬間というのは、別に、調教だけではないのだということが、わかっていった。

わかっていたことはわかっていたのだが、気に留めていなかったことを、意識するようになった。

今にして思えば、御主人様になるような人は、最初からわかっていることなのかも知れないが、私は、それに後から気がついた。

本当に遅いので、自分で自分に呆れるのだが。

奴隷は私に命令されただけで、濡らす。

席が空いたから、そこに座れという、その言葉ですら、命令であるなら、それは奴隷を刺激するものだ。

主従として過ごしているだけでも、濡らす。

私は、奴隷が好きだったけれども、恋愛関係ではなく、いつも主従関係でいることにこだわった。

というよりも、奴隷といるときに、器用に切り替えることができないから、主従関係でしかいられない。

だから、奴隷と会った瞬間から、お互いに家に帰るために、分かれる瞬間まで、私は御主人様だったし、奴隷は奴隷だった。

電話で話すときも、メールで話すときも。

そして多分、奴隷は会っていない間も、主従であり、奴隷だったのだと思う。私もそうだ。私にとっても、奴隷は、ずっと奴隷だった。

その雰囲気、立場を崩すことを、私は、ほとんどしたことがない。

でも、その雰囲気の中にいるだけで、奴隷が奴隷であるという立場を意識するだけで、刺激を受け続けている。

そう気がついてから、私は、特別なことが必要ないのではないかと思い始めた。

快楽調教のようなことをしなくても、いいのではないかと。

そして、そういうふうに、意識しながら、奴隷と過ごしていると、別のものが見えてきた。

例えば、喫茶店で私がコーヒーを頼み、奴隷が、ケーキなどを食べている時。

奴隷に、

「コーヒー、美味しそうですね」

と言われたから、

「飲んでみるか?」

といって、私がカップを渡した時、奴隷はそれを受け取って、口に運ぶと、なんだか、嬉しそうな、せつなそうな、顔をした。

どうしたのか?と聞いたが、そのときは答えず、でも後で、その瞬間に濡らしたのだと知った。

同様のことは、いろいろな場面で、見かけた。

多分、それまでにも、普通にあったことなのだが、やっと、私は、それに気がつくようになった。

主従の雰囲気の中で、御主人様から、与えられるもの。

それが、こういう物であれ、私が奴隷の体に少し触れるようなこと(性的な意味ではなく、例えば、歩いているときに、車が来たからと、腕を引っ張るようなこと)であれ、

命令を含む、何かの言葉であれ、向ける表情などであれ、奴隷が、私に与えられたと感じるもの。

それに、刺激を受けることも多く、そして、それが、濡らすほどに大きなものになる場合があることを、認識した。

そして、それは、私が、奴隷に、性器を濡らすようにと意識してやったことではなく、私が自然にしていたこと、やりたいと思うときに、やりたいからしていたことだということに、遅ればせながら気がついた。

長くなったので、次回。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


前回の続き。


奴隷に、快楽を与えるような調教のときに、どうしても、奉仕しているような気持ちになり、主従感の薄れというか、私のS性とのズレのようなものを感じるようになった。

だったら、それをやめればいいだろうと思うのだが、その時の私にとっては、やはり奴隷をイかせることは重要だった。

調教の中で、奴隷を少なくとも、一回はイカせて終わること、できれば、最後にしっかりと絶頂に導いて終えることからも、満足感を得ていたので、

なかなか、そのためにしていたことをやめるという判断は、できなかった。

それと、ある程度、SMの段取りというか、私なりの流れみたいなものができていたように思うので、せっかく作ったものを壊すようなことはしたくなかったというのもあったのかも知れない。

と、こんな感じでネガティブなことのように、書いているけれども、別に、奴隷とのSM行為をつまらないと思ったのでもないし、むしろ、満足感は、大きかった。

特に、最初、彼女から奴隷にしたことで、良い方向に変わったことも多かったから、それを考えると、贅沢な悩みだと言えると思う。

というよりも、できることを、増やし、実際に増えていくうちに、さらに貪欲になったのかも知れない。

そういう意味での、私のS性とのズレということ。

多分、ノーマルなセックスでも、SMでも、完全に、自分の思う通りに、行為をすること、というのは、あまりないと思う。

ノーマルなセックスは、基本的に、相手と対等だろうから、自分が思った、やりたいことだけをするのでは、相手は満足しないだろうし、主従の御主人様であったとしても、本当に、好きにやれている人は、一部のように思っている。

正確に言うなら、好きにやれるようになった人。

私のように、ゴチャゴチャと、考えてしまう人は、特に、好きにやれるようになるのは、難しいと思う。

この話の結論をここで書いてしまうなら、私は、なんとか、好きにやれるようになった、なのだけれども、そうなるまでには、とても時間がかかっているし、たくさんのことを考えていた。

もしかしたら、純粋なSというか、私のように、ノーマルな恋愛関係から入って、主従関係に移行したことで、やっと自分のS性の存在を意識できるようになって、自分の欲望を素直に出すことに、紆余曲折を経て、なんとかたどり着いた人ではなく、

最初から、Sとして、女を見て、御主人様として、奴隷を持つことが、当然のものだった人なら、こんなことは思わずに、自然に、好きにやれるのかも知れない。

それは、わからないけれど、私の場合には、こういう経過を辿っていた。

本当に、あまりまとめずに、つらつらと書いているので、また、話が飛んでしまったが、そういうS性に関する、自分の欲求と、やっているSM行為とのズレを意識し始めても、

私はそれをしばらくは、無視していた、というか、主従になったことや、SMをしていることに、大きな満足感があったから、それでも、私としては良かった。


でも、その私の中のズレに気がついたのは、私だけではなく、奴隷もだった。

私がこの状況を変えようとした、直接的な力は、奴隷の側からもたらされた言葉や態度だった。

「御主人様のなさりたいことが、よくわからないです」

「御主人様が、滿足しておられないように、感じるのですが…」

「私は、何か至らないでしょうか?」

調教を終えた後、そういうような内容のことを言われたことが、ある。

表現する言葉や、態度、表情などはいろいろで、その奴隷によって、また状況によって、違っていたが、

そのどれからも感じられたのは、奴隷が私の中に迷いを見つけて、それに思い悩んでいるのではないかと私を心配したり、自分のM性では合わないのではないかと不安になったりしているということ。

最初は、奴隷が、このように言ってくることの意味がわからなかった。

奴隷が、私の中のS性についてのズレに気がついているとは、思っていなかった。

奴隷も、具体的に、私の中にズレがあるのだと、思ったのではないのだろうと思うのだが、私の雰囲気や、調教に迷いがあるとか、SMをしていても楽しくなさそうな瞬間があるとか、そういうこととして、敏感に感じ取っていたのかなと思う。

奴隷は、私に使われながらも、いろいろなことを思う。

そして、私をものすごく、しっかりと見ている。

S性という、マイノリティな性癖ですらも、私と過ごすうちに、もしかしたら、私以上に理解していたのかもしれない。

苦しめられて喜び、虐げられて喜び、性欲に浸って喜ぶ、馬鹿な女だと、言う人もいるけれど、奴隷やM女のことを、私はそう思ったことはない。

少なくとも、奴隷は、私よりも、どう考えても賢いと思う。

それは、勉強ができるとか、知識があるとか、そういうことでもなく、また、論理的か、感情的かも、奴隷ごとに、それぞれではあるけれど、

何かを察することだとか、そこから考えることだとか、その目は、私を、私よりも、的確に捉えていたかもしれない。

そんな奴隷が言うこと、奴隷という立場を自覚しながらも、私に対して、あえて口に出す言葉というのは、特別な重みがある。

私が気まぐれに下す命令などよりも、おそらくは、そんな奴隷の一言のほうが、私にとっては、価値があった。

奴隷が、私に投げかけたものの中の一つが、私が、満たされていないのではないか?という心配だ。

それが、わかったときに、奴隷にまで、こういう面で心配をかけている自分を、私は、情けなく思ったし、どうにかしたいなということを、段々と、意識するようになった。

と、長くなったので、続きは次回。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


前回の続き。

奴隷を絶頂させることはしたいけれども、絶頂に導くためにと思って私がしていたことは、奴隷に奉仕しているように思えてしまい、主従感が薄れて、なんとなく、S性が、満たされない感じに気がつくようになった。

というよりも、それに悩み始めた。


今思うと、私が奴隷を絶頂させるためにしていたことは、快楽調教というカテゴリに入ると思う。

そのことに、すごく引っかかり始めた。

多分、これは、私が、S性を満たすようになった経緯が、こういう事態を招いたのだろうと思う。


私が、自分のS性をはっきりと自覚し、それを満たしたいと思うようになったのは、奴隷を持ってからだ。

彼女とのセックスについて、いろいろと悩み、”彼女”を、”奴隷”にし、恋人から、主従になったことで、SMプレイをするようになり、そこで、S性をはっきりと意識し、それが満たされることに快感を感じた。

それまで、女が酷い扱いを受けるAVなどを見て、楽しいと思ったことがなかったわけではないし、むしろ興奮したのだけれども、

そんなことを自分でする日が来るとは思っていなかったし、現実的なこととして、考えたことはなかった。

遠い世界の出来事のように思っていた。

実際、主従を持った後でも、主従の世界というのは、現実との間に線を引いた、別の世界であるべきだと思っていたし、現実との接点を完全になくすることはできないまでも、現実の中に、あまり入ってこないほうが、非日常が、よりはっきりと自覚できて楽しいと感じる。

という話に逸れそうなので、これはまた置いておくとして、話をもとに戻す。

私は、生粋のSだとか、そういうことはない。

Sの基質はあったのかもしれないが、少なくとも、ちゃんと意識しだしたのは、後になってからだ。

もしも、最初の奴隷が彼女だったときのセックスが、お互いに納得できるものであったなら、悩むことなく、過ごしていたなら、今のように、自分の中のS性をちゃんと自覚することはなかったかも知れない。

それでも、S性に気がついて、主従の世界に進んだかも知れない。

それはわからないけれど、私は、S性というものを、段々と得ていったというか、もともとあったものなのであれば、それを、徐々に意識できるようになっていった。

そういう経緯で、S性があることが、普通になってくと同時に、SMについての知識も得ていった。

SM行為について、様々に試してみたことについては、このブログでも、書いているとおりだけれども、とにかく、主従の世界にあるものを、知識として、得たら、できるところから試してみた。

その中に、快楽調教というものもあった。

SMで出てくる調教の名前についての定義は、人それぞれで、そこに、その人のSMに対するスタンスが出ていて、本当に面白いなと思っているくらいなので、快楽調教についても私なりの定義で書く。

SM行為としての奴隷への調教は、M性への刺激にしても、性的な刺激にしても、快楽を求めているのだろうから、そもそも、すべて快楽調教じゃないかと、ひねくれたことを思ったりするのだけれども、

私が、当時から、今に至るまで、快楽調教といえば、ということで、だいたいこんな感じと思っているのは、

奴隷に対して、どちらかと言えば、M性よりも、性的な部分、痛みや、苦しみや、屈辱や、恐怖などの方向からではなく、心地よい方向から、与える刺激による調教。

管理や支配というよりは、解放や発散。

我慢させることではなく、気持ちよさに身を任せさせること。

と、難しく書きたがるのが私の悪い癖で、例えば、性器だとか、胸だとか、他にもあるとは思うのだが、そういう敏感な部分への刺激を重視し、奴隷を気持ちよくさせる。

また、雰囲気的にも、圧力をかけるよりも、緩めたものにする。

もう少し、狭い意味なら、奴隷に快感を感じさせ続け、それをやめずに、奴隷の頭を真っ白にするとか、くたびれてぐったりするまで、行う調教。

狭い意味のほうが、おそらくSMらしいとは思うし、私もこの意味のほうが強いと思っているのだけれども、

普通にセックスするだけとか、愛撫するだけでも、快楽調教なんて言われることもあるようなので、一般的な意味はやっぱりよくわからない。

と、説明がまた長くなったのだが、私が奴隷をイカせようとするタイミングで、当初やっていたのは、狭い意味での快楽調教がメインだった。

緊縛していたことは、よくあるけれども、基本的には、痛みなどではなく、性的な刺激を重視して責めていたし、そのときは、主従での調教の範囲内ではあるが、明るめの雰囲気になることが多かったと思う。

この行為、セックスなど、性処理の一部としてやっているのであれば、奴隷に奉仕しているのではないか?という気持ちにはならないのだけれども、

奴隷への愛撫や、ローターや、バイブ、電マなどの、刺激を与える道具を使った場合。

愛撫は、私にも反応が返ってくるから、一概に、奉仕している感じとは言い切れない。

私が楽しめる愛撫もあったのだが、ただ単に、奴隷を気持ちよくさせようとして、手を動かしているように感じられる時も、あった。

また、道具に関しては、多少動かすにしても、ただ、押さえているだけで、奴隷のオナニーの手伝いをしている、もっと言えば、私は、そういう道具を支える台のように、思ってしまう事が多かった。

「奴隷にさせられている感」があったのは、確かだ。

もちろん、奴隷には、私にやらせているという、意識はなかったのだろうし、そのときに、私がそれをしたいから、したことではあるのだが、これをやると、どうしても、奴隷に奉仕しているのではないかという気持ちを、感じることが多くなる。

すごく細かい話だが、同じように、道具を使ったとしても、例えば、私が使っている間ではなく、性器などに当てた状態で縛ったり、中に入れたりして、そのまま放置するとか、

そういう状況になると、奴隷に奉仕している感じというのは、なくなり、そのまま、奴隷が上り詰めていく姿、イキ続け、果てる姿を観察しているのは、純粋に面白いと思った。

だから、奴隷が、イクことが嫌だとか、イクことで、主従感が薄れると感じたわけではない。

イクならそれでいいと思う。

そういうときは、好きにイけと思っていた。

と、また話がそれたが、私が、調教の中で、奴隷がイクことにこだわった時期には、殆どの場合に、快楽調教をしていた。

主に、そのときに、主従感の薄れを感じるようになっていった。

ということで、また長くなったので、次回。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 以前に飼っていた牝奴隷とのことを書いているブログ。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴る。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報