理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

言葉の定義の話、になるのかもしれないが、私の中で、ちょっと引っかかっていることを書こうと思う。

多分、面白い話ではない。

私の中の整理の話だから。

あくまでも私が思うこと。

私の、その言葉に関する思い入れということだ。


「奴隷を”調教する”」ということを言った時、私の中では、強い意味を持つ。

また、「奴隷を”飼う”(ノーマルな意味で言えば、”付き合う”)」時にしていることよりも、少しだけ狭い事柄を指して、”調教”と言っている気がする。

”飼う”から、何が抜けると”調教する”になるのか?といえば、おそらく、奴隷を奴隷としてではなく、ふと、”人”として見ている時間、ではないかと思う。

例えば、奴隷が風邪をひいて、高熱で寝込んでいる時。

苦しくて、奴隷としての態度をとることすらもきつい時。

”飼って”は、いるが、”調教して”は、いない。

逆に言えば、奴隷を奴隷として、扱っている時は、”調教”していると言えると思う。

私は、奴隷には、奴隷らしさを求めた。

つまり、一緒に居る時は、常に奴隷は奴隷であり、奴隷らしく私の前で振る舞うこと、奴隷としての立場をわきまえ、それを守ることを求めた。

故に、奴隷らしくない部分が見えると、それを修正する。

奴隷に奴隷らしくさせること。

奴隷を私の好みに合わせ、変える、従わせること。

奴隷らしい態度や言葉、そして、精神を躾けること。

その行為が常に行われる可能性がある時間は、奴隷が私と過ごしている時間であり、”人”ではなく、”奴隷”であることを、意識させることを、”調教”と私は思っている。

私の中の、”調教”というのは、SMプレイのみを指すわけではない。そして、性処理行為のみを指すわけでもない。

これらのことは、”調教”の一部であり、また手段でもある。

だから、私にとって、”調教”という言葉の指す範囲というのは、広い。

奴隷と居る時間のほとんどが、”調教”であると考えている。

そう思っているのだが、SM関係のブログを読んだり、どなたかと話をしたりしても、たまに思うし、また、SMのAVなんかを見たりすると特に強く思うのだが、”調教”という言葉の意味が、もっと狭い、もしくは私の認識とは違っていることが、多い。

というよりも、そのほうが、一般的なのかもしれないと感じる。

一番多く見かけるのは、”SMプレイ=調教”というもの。

わかりやすいといえばわかりやすいのだが、私にとって、これはしっくりとこない。

SMプレイをしていない時、普通に過ごしている時から、奴隷には、奴隷らしくあることを求めている私にとっては、SMプレイ中だけが、調教の時間だとは、どうしても思えない。

そして、AVなどでは、レイプなど、女性に無理強いすることを調教と呼んでいたりもするし、ちょっと激しいセックスをすることを、調教と呼ぶ場合もあり、そうなると、私の中の調教の定義とは、全くかけ離れている。

これらの”調教”という使い方が、間違っているとは言わない。

それぞれに、それぞれの定義があっていいと思うのだが、私には、どうも引っかかる。

私の中の”調教”の定義は、上記のようなものだ。

なので、私は、その定義に従って、ブログを書いているつもりだし、メールやコメントでお話をさせていただく時も、調教と、言ったら、それを指している。


”調教”という言葉や、その行為が私はとても好きだ。

奴隷を支配し、組み敷いている感覚を得、私の好みに躾けることで、変えていき、私がS性や性欲を満たすために自由に使う。

そういった事柄が、”調教”という言葉で表されている。

「奴隷を調教する」

この一言だけで、ゾクゾクずる。

私にとっては、そういうものだ。

それが、”調教”。

決して、SMプレイのみを指すものではなく、奴隷となったM女との関係にまで及ぶキーワード。

だから、”調教”という言葉が、SMプレイだけを指したり、AVの中で、レイプや、セックスを指したりしていると、私は違和感を覚える。引っかかる。

また、もしも、そういうものが、調教であったなら、私は、この言葉に、ゾクゾクしたりはしないだろうと思う。

多分、私のS性を直接刺激する言葉のうちで、かなり大きなものの一つが、”調教”なのだろうと思う。

ただの言葉一つと、思われるかもしれない。

実際、ここにそれほど拘る必要など、無いと思う人が大半だろうと思う。

でも、私の中で、こういう定義が、この言葉に存在するから、奴隷を前にして、

「お前を、これから調教する」

と宣言することが、この上ない、快感になるのだろう。

”調教”

SMや主従の世界にいると、よく聞く言葉であり、珍しくもなんともない言葉だが、私にとっては、とても重要な言葉であると思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


前に書いたエントリーの続きになる。

あのエントリーは、私がつらつらと考えていたことをそのままに書いてみたことなのだが、今回も、その続きなので、そのままの感じになるかと思う。

何人かの方に、あのエントリーに関して、感想やご意見を頂いて、嬉しかった。

やはり、考えることは、人それぞれだ。

その中で、私が改めて感じだのは、S男は、自分が望む主従の形を作れる場合が多いが、M女は、それができることが少ないということ。

でも、M女も、望むような主従を目指して良いと、私は思っている。

また、そのために、自分に合った人を見つけられると良いなと思うし、もう主従になっているなら、望む形に少しでも近づくような話を、パートナーとできたり、なんとなくかもしれないが、自分の望むものを理解してもらえるように、なっていけたら、良い関係なのかなと思う。

今回は、前のエントリーで、恋愛での”恋人”に対して、主従での”理解者”と、表現した、相手のことについて、思うことを書きたい。


理解者と、一口に言っても、その理解度というのは、多分かなり違う。

主従であるのだから、少なくとも、お互いに、相手が、Mである、Sである、ということは、わかっているのが、必要最低現の条件かとは思うが、それ以上の部分で、どこまで理解していたら、理解者足り得るのか?というのは、また、人によって認識が違うと思う。

と、ここでも、「人によって違う」と、書いてしまっていて、結局、そういうことだとは思っているのだが、やっぱり、これでは、あまり答えになっていないので、私の思うところを書く。


理解が深まるほどに、おそらく、お互いに、心地よい関係になる可能性はある。

相手の性格は、もちろん、性癖も、わかってきて、こういうふうにしたら、相手が喜ぶということを理解し、

さらに、こういうふうにしたら、自分が気持ちいいということも、わかってくると、さらに良いだろう。

恋愛でもそうかもしれないが、主従でも、自分のことすらも、わかっていない部分というのは、結構ある。

相手に指摘されて、わかることなんかもある。

例えば、普段はあまりしない調教などをしたあと、落ち着いた時間になったとき、奴隷に、

「御主人様、今日は、とても楽しそうです」

なんて、言われたことがある。

私もそのとき、とても、気分が、乗っていたというか、高揚して、調教をしていた感覚があり、それと、奴隷にいわれたことが、一致すると、自分の性癖の傾向についての理解が深まると同時に、

奴隷も、そんな私を、理解したのだなと思えたので、そういうことがあったときというのは、新しい発見を奴隷と共にして、奴隷が、私を理解してくれていることを、実感でき、とても嬉しかった。

奴隷との繋がりが、強くなった気がした。

こういう経験が、多くあった。

例として、調教のことを挙げたが、そればかりではなく、性格的なことなど、他にも、たくさんある。

普段、話をする時でも、こう言ったら、こう返す、みたいなものを、お互いに、了解していて、会話がそれにそってスムーズに進むと、とても安心感があったりするのも、理解が深まることで、得られる、悦びの1つだと思う。

そういう感じで、理解者の理解度というのは、とても大事なことだと思う。

ただ、理解が深まることが、必ずしも、全てにおいて良いのか?ということ、そうでもない。

相手への理解が深まることで、相手と合わない部分、相手との溝というのも、見えて来るし、明確になってくる。

深い理解をするための、信頼関係が強くなってくるということは、今まで曝け出すことがなかったものも、見せることができるようになるということ。

それは、基本的に、良いことだと私は思うのだが、そこで、「これは、ちょっと…」と思うことも、やはり出てくる。

当然だ。

でも、そこで、選択が2つ、あるのだろうと思う。

理解した結果として、合わないなと気がついた部分も、受け止め、「ああ、これが、この人なんだ」と、納得して、関係を続けるという選択と、合わないのだから、別れるという選択。

前者が良いとか、後者は我慢が足りないとか、そういうことではない。

どちらも、まっとうな選択肢だ。

ただ、それを決める基準の一つになるのが、おそらく、相手への気持ちの大きさなのだろうと思う。

ここで、”好き”という感情と、リンクしてくる人が多いように、私は思う。

好きな人の嫌な部分は、多少なら耐えられても、好きという感情があまりない人の、嫌な部分には、耐えられない。

こういう風に思うことが、自然な気がする。

もちろん、あくまでも、理解者という立場で、相手の合わない部分も、理解していきたいと思う人も居るだろうし、

もっと現実的な話をするなら、主従になることが、そもそも、難しく、せっかく主従になった人と、離れたくない(離れたら、次が見つかると思えない)から、合わない部分も、受け入れるという考え方もあるかなと思う。

そういう、ちょっとネガティブな方向での理解というのも、あるだろう。

相手への、好きという感情は、相手を許すというか、許容する範囲を大きく広げるものでもある。

それは、多分、黙っていても、そうするのだと思う。

でも、”理解者”としての、理解できる範囲というのは、おそらく最初から決まっていて、それを越えられてしまうと、もう、「理解できない」ということになるのかなと思う。

その理解できる幅が、広い人もいるし、狭い人もいる。それに、こだわりのある、この部分だけは、どうしても理解できない、受け入れられないとか、そういうこともある。

私の場合で言えば、フェチなので、パンストを履けない奴隷は、受け入れきれなかったりする(のだろうか…)。

とにかく、そういうことが、理解者には、あるのだろうなと思う。

だから、”相手を好きである”という感情を持っていることは、許容する幅を広げることに繋がると、私は思う。

許せる。

好きだから許してしまうことって、人にはあるものだ。

それは、感情を持った生き物である以上、当然のことだ。だから、好きという感情は、理解だけでは、カバーしきれない事柄に対する、緩衝材のようなものなのかもしれない。

もちろん、好きだからこそ許せないこともある。

一番わかりやすいのは、好きという気持ちと、逆のことをされた時だと思う。

だから、御主人様に対して、好きという感情を持っている奴隷は、きっと、多頭飼いなどは、きついことが多いかもしれないし、

他人への貸し出しや、スワッピングなどを、命令されたら、心が引き裂かれるくらいの気持ちになると思う。

それを強制されると、御主人様の性癖であるのだという”理解”はできても、”好き”という感情がどうしても満たされないので、別れる方向に、考えが進む奴隷も多いと思う。

”好き”になることで、「許容範囲が広がる」、と上で書いたが、「許容範囲が変わる」のかもしれない。

もっと言えば、好きだから、第三者が絡むことですらも、パートナーの望みであるからと、耐えて、乗り越える、という人もいるが、それは、これまで、色々な方とお話を伺ってきた限りは、少数派のように感じる。

これが、”恋人”ではなく、”理解者”であるなら、そういう性癖なのだということで、納得して、それを受け止められる人は、多いのかなと思っている。

というよりも、それを理解できるかどうか? 自分に、そのプレイが合っているのかどうか?という視点で、考えるように思う。

というように、”理解者”であること、”恋人”であることの違いで、やれることにも、違いが出てくるのだろう。

ここまで、話が、ちょっと、脱線というか、飛躍していたので、元に戻す。

”理解者”であることを、突き詰めていくと、”好き”という感情と、あまり変わらない部分まで、行き着くのではないかと、私は、最近思う。

相手を受け入れ、理解していくと、やはり、人は、情が出てくると思う。

最初は、相手の性癖を理解して、それが合うから、一緒にいるのだと思っていても、それだけで、ずっと通ることは、そんなに無いのではないかなと、私は考えてしまう。

”理解者”と”恋人”という風に、分けて考えることができると、私が思っているのは確かなのだが、その2つがオーバーラップしていくことが、感情を働かせて、主従をしているなら、一番自然な成り行きのように、私は思っている。

何度も言うが、それが、正しいとかそういうことではなく、感情を持った人間として、主従関係を持つことになるなら、そうなっていくことに、自分の居場所を得られる人が多いように私は思うということだ。

私が、奴隷の”理解者”であり、”好きな人”でありたいと思い、奴隷にも、そう思われたいと願っているから、それがいいと思っているだけかもしれないのだが。

また、長々と、書いてしまったが、それでも、なかなか、答えが出ない、難しいことだなと思う。


それから、主従ではないので、肉体関係もなく、調教などもしないのだが、お互いに性癖のことも、全く隠さず、話ができ、よくわかり合っていて、”理解者”と思える人もいたりする。

オフ会なんかで出会ったり、ネットで、お話をしている人などの中に、そういう感じで、主従とは別のところに、”理解者”が、できたりもする。

それも、とても、幸せなことだと思う。

恋愛関係でも、自分の彼氏のことを、そのセックスなんかも含めて、相談することのできる、友達がいる女性なども、いるかと思う。

それと同じとは言わない。

主従のほうが、変態と言われる性癖があるから、ハードルは高いので、より深い理解が必要だが、この世界の性癖も含めて、受け入れて普通に話ができる相手がいると、また別の意味で、楽になる部分はあると思う。

また、そういう、主従関係や、肉体関係、プレイなどがない、理解から入って、なんでも話をしているうちに、徐々に惹かれていき、主従関係に発展する場合も結構あるし、それはそれで自然な流れなのかなとも思う。

そういう入り方は、最初から、理解しているのだから、主従に移行しても、スムーズになりやすいものでもあるのかもしれない。


やはり、話が脱線したが、理解して貰えるパートナー、それも本当に深い理解を得られる人がいることは、それが、好きを含むかどうかに関わらず、幸せなことだと私は思う。

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報