理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

本当は三匹目の奴隷の話の前に、美佳との別れの話を書くつもりだった。

そして、実際、書いたのだが、ブログに公開していない。

最近、四方山話ばかり書いているのは、そのためだ。

美佳との話が、公開できない文章になってしまったから。

そのまま公開すると、美佳の今の表の世界にまで、影響を及ぼしかねないと思った。

美佳との別れ話には、表の世界の人達がかなり多く絡んでいる。

もともと、美佳とは恋人同士から始まったから、他の奴隷よりも表の世界の関係者が多い。

美佳を奴隷にするまでの話も、一旦、書いた後で、問題になると思われる部分だけ修正して、ブログに公開していた。

だから、別れ話もそうするつもりだったのだが、実際に書いてみたら、思っていたよりも深く、表の世界の人が絡んでいて、難しいことに気がついた。

自分用には最後まで書くのは決まっているのだが、それが公開できるかどうかはわからない。

でも、なるべく、公開したいと思う。

自分用だけでもいいのだが、ブログを書いているうちに、コメントやメールを頂いた時に、気付かされることも出てきたので、そうしたいと今の私は思っている。

でも、無理はしない。どうするか、ちゃんと考える。

だから、美佳との別れの話は、私は書くが、公開はしばらく保留して、ブログの方は、三匹目の奴隷の話を先に書くことにした。

こちらは、表の世界との絡みが少ないので、公開できるかどうかという部分に関しては、書きやすいから。


時系列が多少崩れるので、ブログが、更にややこしくなる気がするが、私がこのブログで、一番に考慮すべきは、奴隷たちの今に絶対に影響を与えないことだ。

私が気持ちを整理したいという、「今更な我侭」に付き合わせているのだから、その配慮は当然だと思っている。

そんな中でも、私の気持ちだけは、きちんと書いて行きたい。

そのためのブログだから、それだけは、変わりなく、書くつもりだ。

美佳との別れの話については、公開可能な配慮ができたら、それは三匹目の奴隷とは別に書くことにする。

ということで、今日は、”三匹目の奴隷”の最初の話を、こちらに書いたので、ここから読んでいただければと思う。



その時、私には奴隷が居なかった。

現在のように、何年も居ないというわけではない。

だから、奴隷と別れた辛さというのは、多分、今よりも、鮮明に、私の中にあった。

それに、その時、ブログを書こうとか、そういうことは思わなかったから、その辛さや、溢れてくるものは、吐き出したり、整理する場所がなく、そのままにあったのだと思う。

やさぐれていたとまでは言わないが、元気のなかった時期ではあったと思う。

私は、奴隷を支えていたと思っていたのだが、奴隷に支えられていたことを実感していた。

そして、その時の私は、SMということもそうなのだが、女(奴隷)と付き合うことへの興味というのも、少し低くなっていたように思う。

性欲がなくなったわけでも、S性の欲求が消えたわけでもないのだが、なんとなく覇気がなかった。

普段会う、周囲の人達の中に、私が好きになりそうな感じの女というのもいた。

すでに誰かの彼女だったのかもしれないが、前なら気になったりしたのだろう。

でも、それを気にする気持ちがあまり湧いて来なかった。

また、私が”彼女”と別れたと言ったら、表の世界の友人が、合コンらしきものをしようと誘ってくれたこともあったのだが、それも、断っていた。

かと言って、裏の世界に奴隷を求めたわけでもなかった。

SM関連の掲示板に顔を出す頻度も減ったし、オフ会にも誘われたのだが、行かなかった。

他の人の主従関係を見るのが、嫌だった。

だから、今とも心境がかなり違う。

今は、ブログを通じて、メールやコメントなどで、他の方の主従関係の話をすることを、嫌だとは全く思わない。

また、今は、奴隷がほしいということは、強く思っているから、この時の感じとは違うと思う。

あの頃の落ち込みっぷりはかなりのものになるのかな?とも思うし、落ち込んでいる自分に酔っていたようなところもあったのかもしれない。

ただ、S性が満たされないという辛さは、今と同じだったと思う。

また、そういう特別な性癖を分かり合える理解者、気持ちを向ける大切にしたい相手が居ないことの寂しさや、日々のそういう部分での張り合いの無さも、同じだと思う。


とはいっても、私は仕事は好きだし、日常生活を壊す気はなかったから、表の世界は、普通に動いていた。

裏の世界だけが停止している。

私を動かしてた両輪の片側が止まったということ。

そんな状態。

裏の世界と表の世界を行き来する生活を長く続けていたら、いつの間にか、裏の世界がないことに、ものすごく大きな違和感を感じるようになっていた。

奴隷を持つ以前は、表の世界しかなかったのに。

でも、奴隷と別れたショックは、自分から奴隷を求める気持ちも、どこかに消し飛ばしてしまったのかもしれない。

もしくは、最初の奴隷を持つ前、美佳に声をかける前、女性に告白するのが難しかったときの自分に逆戻りしたのかもしれない。

とにかく、仕事も日常生活も、きちんと動いているにもかかわらず、裏の世界は凍結した状態で、それが、私の心をチクチクと、痛めつけていたような気がする。


そんなとき、ある人からメールを頂いた。

それは、私が参加していた、SM掲示板の管理人の方だった。

仮に、彼を直樹としておく。

直樹は、私よりも5歳ほど年上のS男。

その、直樹の呼びかけたオフ会などにも参加したことがあったから、顔も知っているし、SM世界の人の中では親しくしていただいた方だった。

でも、直樹は、奴隷を持っていた。

なんとなく話もしにくかったので、直樹の掲示板にも、しばらく顔を出していなかった。

フェイドアウトしていた。

だから、メールが来たことには、正直驚いた。

今更、私に何の用事があるのか?と思った。

もう、主従の話は、そんなにできないと思った。

今は、奴隷がずっといないくせに、このブログで好き放題に話しまくっているが、その頃の私は、もっと律儀だったのか、

奴隷が居ない、主従関係がないのに、そういう話をするということに、申し訳なさのようなものを感じていた。

そして、何よりも、そういう話をするのが辛かった。

そんな心境だったので、メールも無視することを一瞬考えたのだが、かなりお世話になった掲示板の管理人、直樹からのメール。

読むだけは読むことにして、文面を見た。

私が、掲示板に顔を出さなくなったことについては、特に触れていなかった。

来る者拒まず、去る者追わず、というのが、その直樹の方針だったから。

特に、主従というのは、恋愛と同じように、デリケートなことも多いから、無理矢理に参加しろというような話はない。

直樹の配慮、そして、自分がS男であるということを自覚していたのだと思う。

誰かに対して威圧感を与える可能性があるとわかっていたのだろう。だから、掲示板では、そういう対応を貫いたのだと思う。

それは、その頃の私にとっては、すごくありがたかった。

そして、そのメールは、ただ、用事だけを強調した書き方だった。

「今度、サーバを移転することになったのですが、それに合わせて、少しサイトも、掲示板も、手を入れようかと思っています。でも、知識がないので、もしも、お時間がありましたら、vet君の手を貸していただけないでしょうか?」

というもの。

つまり、直樹のサイトが、それを置いているサーバの移転に伴って、リニューアルしたいから、手伝ってくれないか?ということ。

レンタルのブログも普及してきた頃だったのだが、まだまだ環境が整っているわけではなく、SMサイト(アダルトサイト)であるだけで、お金がかかったり、また、大量の高画質の画像データなんかは容量的に置けなかったりしたので、ブログではなく、従来の形のホームページを、自前で作る人が、その頃はまだ多かった。

今でこそ、ブログに動画を置くことも普通だから、写真なんかを置く場所はいくらでも見つかるが、あの頃は、少し転送量が多かったりすると、すぐに出て行けと言われたりしたのだ。

さらにレンタルの掲示板もあったのだが、それも、アダルトはお断りというところが、多く、気に入ったものとなると、自前で用意するほうが良かった。

でも、掲示板も設置するとなると、やっぱりそれなりに知識がないと出来ないことでもあった。

私は、幸いというか、なんというか、仕事がIT絡みなので、前々から、直樹に、ちょくちょく、そういう相談をされて、手伝っていたので、この時も、同じ感じで頼まれたということだ。

仕事で個人のホームページを作るようなことは無いのだが、知識はあったから。

主従関係もなくなり、掲示板からも離れた私だったが、その程度の事なら、やってもいいと思ったので、承諾した旨のメールを返した。

そうしたら、直樹は、とても喜んでくれて、

「今度、飲みながら、話をしましょう」

ということになった。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト



直樹と、彼のホームページのリニューアルに関する話をするため、という名目でのオフ会が、メールのやり取りをしてから、程なく開催された。

といっても、参加したのは、私と直樹、そして、直樹の奴隷の3人。

オフ会というよりも、ただの打ち合わせというか、飲み。

そして、飲んでしまう前に、まずは、ホームページの話をした。

直樹が、そこに持ってきたのは、新しいホームページの設計図…、というには、あまりにもな一枚のスケッチというよりも、メモ書きに近い。

それを見せながら、直樹は熱心に私に説明する。

「こんな感じで、ここは華やかに!」

とか、

「この辺は、なんか、柔らかいイメージ?」

なんて言っている。

絶対に「ここ、○○ピクセルの画像入れて、右詰めで、文字は回り込み」なんてことは言わない。

私の普段の仕事相手とは違う。

といっても、私はホームページ制作の仕事をしていたわけではないのだが、そういう、技術的な話になると、専門用語が飛び交う職場に居た。

それを、なんの疑問もなく、当たり前に使う。

技術者同士、もしくは、デザイナーとの話。

そのころは、顧客といっても、私のところに降りてくる段階では、大抵は技術的知識を持った人が相手だった。

直樹は、それなりに大きなSMサイト(ホームページ)を運営していたが、サイトを作ることに関して、特別に詳しいわけではない。

直樹の仕事は詳しくは知らなかったが、旅行関係の会社の役員だったと思う。

私のような技術者、そして、コンピュータやネットの技術とは、無縁の世界で仕事をしている人だ。

彼を見ているとわかる。

サイトを大きくするというか、そこに人を呼び、皆がまた来たくなる場所を作るのに、ホームページを作る技術的な知識なんてそんなに要らない。集客のための検索エンジン最適化とか、そういうノウハウも必要ない。

人を惹きつけるのは人だ。

それはリアルでも、ネットでも、同じ。

直樹を見ているとそれがすごくよくわかった。

アダルトサイトだから、手っ取り早くアクセスを稼ぎたければ、過激な画像でも、動画でも、掲載すればいいのだが、私が言いたいのはそういうことではなく、そこに、人が自然に交わる良質のコミュニティを作るという意味だ。

そのためには、技術よりも、人だと私は思っている。

もっと言えば、同じように過激な画像や動画を置いていても、個人でやっているならそこに、人柄は必ず出てくる。

同じようなコンテンツがあるのなら、人として惹かれる方に行く。

でも、私は、技術が好きだし、知っているものだから、つい技術偏重になりがち。

このとき、直樹と話しながら、それを実感していた。

直樹がメモ書き一枚で熱心に語る姿に、少し苦笑しつつ、とても羨ましく思っていた。

また、そんな直樹の姿を、直樹の奴隷がうっとりと見つめているのも、印象的だった。

こんな感じで、しばらく、ホームページの話をして、イメージは伝わったので、あとはメールでも大丈夫ということになり、本格的に飲み始めた。

その、最初に、直樹が私に言った。

「彼女も、連れてくればよかったのに」

と。

直樹は、他人の奴隷を”奴隷”とは呼ばなかった。必ず、”彼女”とか、”お相手”、”パートナー”と言っていた。

それも、直樹なりの配慮なのだろう。

ちなみに、自分の奴隷のことは、”奴隷”はもちろん、”犬”、”豚”、”牝穴”、”おもちゃ”など、そこは、御主人様らしい。

でも、そんな直樹の何気ない一言は、私には痛かった。

「え、あぁ、あいつは…」

とっさに答えられなかった。

誤魔化すことも出来なかった。やっぱり、奴隷と別れたことを、私は、吹っ切れていなかったのだと思う。

そして、そんな私の様子から、直樹は察してくれた。私が掲示板に来なくなった理由も。

「そうだったんだ…。申し訳ない。悪いことを頼んでしまったみたいで」

「いえ、それは、大丈夫ですよ。そういう作業をしている方が、気が紛れるかもしれませんし」

「そう言ってもらえるとありがたいけど…」

「それに、嫌になったら放り出しますから」

そう言って、私は笑った。

「それでいいよ。ホントに、そうして」

「ええ。そうします」

そんな話をしたのだが…。

私が、こういうお願いを放り出すなどということができるわけもなく…。

頼ってもらえたことを、光栄に思うと、頑張ってしまうわけで…。

その飲み会から、程なくして、つつがなく、直樹のサイトの移転とリニューアルは完了したのだった。

そして、私は、それが最後だと思っていた。

直樹のサイトに関わったとはいえ、私がSM関連の掲示板で話をするのが、あまり気が進まないのは同じだったから。

実際、私は新しい直樹の掲示板に、設置時のテスト書き込み以外の書き込みをしていない。

もちろん、リニューアルオープンのときには、私のテスト書き込みは綺麗に消されている。だから、参加者には、見られていない。

ただ、その新しい掲示板に、一回だけ、私の名前が出たのだった。

それは、直樹の、リニューアルの挨拶のような書き込みの中。

「ホームページも、掲示板も、無事に移転できたのは、vetさんのおかげです。感謝」

という一文だった。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト


直樹のサイトのリニューアルから、1ヶ月くらいあとのこと。

そのときも、私には、奴隷も、彼女もいなかった。

かと言って、それを積極的に求める気にもならず、ただ、普通に生活していた。

それでも、S的欲求はでてきたから、何度か、SMの劇場や、今で言う、ハプニングバーのようなところ、緊縛の講習会みたいなものなど、色々と、行ってみた。

積極的に、女を抱きたいと思ったわけではないし、M女とSMをしたいと思ったわけでもない。

他人のSMを客観的に見てみるのもいいかと思った。

というよりも、なんとなく、ブラっと入ってみた。

というほうが、近いかもしれない。

奴隷が居た時には、そういう店にも、入る気にはならなかったから。

少しの興味と、奴隷と一緒に失った何かが見つかるかもしれないという、ほんの少しの期待があったのかもしれない。

だから、参加するのではなく、見ているだけでいいものを選んで行くことが多かった。

でも、結果を言うと、つまらなかった。

他人のSMを見ても、あまり興奮しなかった。

会場の椅子に座って、いつの間にか、ものすごく冷めた目で見ていた。

御主人様役が下手だったとか、奴隷役がダメだったとか、そういうことは多分、ないと思う。

そういうところに出るくらいだから、御主人様役の人は、私よりもうまく責めていたはずだ。

実際、縄をかける手際などは、私の及ぶところではないと思った。

でも、正直、のめり込めなかった。

緊縛の講習会的な意味でも、本当にわかりやすくやっていたから、理解はできていたのだが、私のモチベーションが低かった。

私には、縛る対象が居ないのだから、そうなるのも自然なのかもしれないが、とにかく、SMに対する、冷めた気持ちというのを、初めて感じた時期でもある。

ただ、それでも、性癖は消えなかった。

むしろ強く私の中にあることを主張して、S性を解放できる場所を求めて、蠢いていたようにも思う。

こういう部分は、今の私と同じだから、私のS性というのは、しっかりとあるのだろう。

奴隷が居たから、それに合わせて、否応なく発揮されたというのではなく、やっぱり、元々あるから、奴隷を求めたということなのだと思う。

そのことを自覚した時でもあった。

この頃、AVなんかを借りてくるにしても、SM系のものを選んでしまっていた。

つまらないと思いながらも、他人のSMを見に行くのも、やめなかった。

SMに対して、冷ややかな気持ちがあるのに、やっぱり、それに欲求を刺激されている。

あの時の感覚というのは、未だに良くわからない部分もある。

そんなにつまらなければ、やめればいいのに、やめるだけの決心もつかない。

むしろ、見たい。

でも、やっぱり、見ている時は、あまり乗り気になれない。

かなり、モヤモヤした状態。


直樹から、またメールが届いたのは、そんな時期のことだった。

そのメールには、まず、謝辞が書いてあった。

新しいサイトにしてから、容量に余裕ができて、写真をたくさん載せられるし、掲示板も写真投稿を受け付けられるので、楽しくなって、とてもありがたいと、丁寧なお礼が書いてあった。

その前にも、お礼のメールはもらっていたのだが、また書いてくるところは、直樹の律儀な性格からのものだ。

そして、ひと通りの謝辞のあと、そのメールの本題が書いてあった。

「kyoという女性が、vet君にお話したいというメールをくれたのですが、メールアドレスを教えても構いませんか?」

というもの。

”kyo”というハンドルネームに見覚えはなかった。

私が掲示板で話をしていた時には居なかった。

なんだか良くわからないので、首を傾げた。

直樹に詳しい事情を聞くと、kyoはリニューアル以前から直樹の掲示板を見ていた人だとのこと。

直樹とメールはしたことがあり、オフ会にも来たことがあるそうなのだが、私は記憶になかった。

本当は、掲示板で、私と話をしたかったらしいのだが、掲示板に書き込むことが、なかなかできず、そのままにしていたら、私が掲示板に出てこなくなったので、一旦諦めた。

でも、直樹が、リニューアルの時に私に手伝ってもらったと名前を書いたことで、直樹に連絡を取れば、私と話ができると思って、直樹に連絡をとったとのことだった。

事情はそれでわかったのだが、なぜ、私に話をしたいのか?というのが、わからなかった。

直樹にそれも聞いたら、

「相談したいことがある、としか聞いてないのです。内容がわからないと話せないなら、私から聞きますよ」

なんて、言ってくれたのだが、そこまで直樹にさせるのも、申し訳なかったので、その、kyoという人に、メールアドレスを教えてもいいと伝えたのだった。

そして、それから程なくして、kyoという女性から、メールが届いた。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト



kyoは、自らを「M女だと思います」と言った。

そのメールは、ビジネスメール、特に顧客対応のメールみたいだった。

とても礼儀正しく、そして、文章が整っている。

私とメールをしたことがある方はわかると思うが、余計なことも色々と、ごちゃごちゃ書いたりするのが私なのだが、そういうことがなかった。

kyoのメールは、要点を簡潔にまとめながらも、相手に失礼がないようにと、しっかり配慮されたメール。

そのメールの文面を見ただけで、kyoが、普段から、そういうメールを書き慣れていることは容易に想像できた。

あの時もメールでの付き合いがあった人というのはいたが、今、たくさんのメールを頂くようになり、メールを一通頂いただけでも、その方の性格や癖なんかを、おぼろげながら予測できることがあるのだが、

kyoからのメールは、顧客を相手に、何かを説明することに慣れた人のようだと思えた。

とにかく、堅い感じの、ビジネスメールっぽい文面だったのだ。

それ自体、別に私が、気分を害したわけではない。

むしろ、しっかりと書かれていて、見事だと思ったくらいだった。

ただ一点の問題を除いて…。

その問題というのは、kyoが、顔写真付きで、メールを送ってきたことだ。

顔写真も、プリクラとか、そういう感じではなく、履歴書に貼るような雰囲気のもの。

スーツを着た顔の正面。笑顔ではなく、引き締めた顔。

でも、その問題というのは、顔とか、その写真の内容ではなく…。

最初のメールでいきなり、顔写真を添付するというのは、あまりにも、警戒心がないのではないか?と思ったということだ。

だが、kyoの言い分は、「話を聞いていただくのだから、顔を出すのは礼儀」だとのことだった。

そこにはびっくりしたのだが、kyoの真面目さはとても良く分かった。


それから、あの頃のネット事情というのも、影響があったと思う。

パソコン主体のネットから、携帯サイトが徐々に充実してきた時期で、パソコンを持っていなくても、ネットをやる人が増えてきたような頃。

ネット人口が、また一段と増え、ネット初心者がたくさんいた時期だ。

だから、ネットが安全だと思い、個人情報を気軽に書いてしまう人も、結構いたりして、それが事件に繋がってニュースになったりしていた。

それから少し経つと、mixiやGREE(当時はネットゲームのサイトではなかったが…)などが本格的に流行りだして、SNSで、実名、本物の顔写真を登録するか?ハンドルネームにするか?なんて論争が起こるようになる。

今でこそ、いきなりそういうことをする人は少ないように思うが、当時は、そういう風潮もあったから、きちんと話をしたいと思うなら、自分の顔写真をつけて、まずは自己紹介するというのも、自然な考え方だったのだろうと思う。

kyoが、特別にネットの事情に無知だったとは言えない。

ただ、とにかく、真面目なのだ。

もしも、今だったら、写真をいきなり送ったりはしなかっただろう。そういう常識はしっかり身に着けていたから。

そんなkyoからのメールに書かれていたのは、私を知った経緯。そして、私と話をしたい理由と内容。

kyoが私を知ったのは、自分にM性があるのではないか?と思い、SMに興味を持ち、色々なサイトを調べているうちに、直樹の掲示板を知り、それを見ていたから。

その頃は、私も参加していたから、私の書き込みも見ていたのだそうだ。

そこまでは、直樹のメールにも書いてあった。

でも、そのあとの話があった。

kyoは、直樹が大々的に開いた時のオフ会(参加者が20人以上いたと思う)に、参加していた。

私も奴隷を連れて参加したのだが、そのとき、kyoは、私の奴隷だった、美佳と話をしたのだそうだ。

そのことは私は知らなかった。

私は、基本的にそういうときは、奴隷は気にせずに、他の人と話をするから。

美佳が、私の近くに居たのはわかっているが、誰と話をしていたか?なんてことは、気にしていなかった。

そもそも、美佳をそういうオフ会に連れて行くこと自体が珍しかったのだが、美佳は、誰かと積極的に話をするタイプではないから、いつのまにか、kyoと話をしていたということには、少し驚いた。

そして、kyoのメールには、こう書いてあった。

「美佳様がvet様のことをお話された時のお顔が忘れられません」

と。

美佳が、kyoに何を話したのか知らないが、美佳の顔が、本当に、奴隷らしかったのだそうだ。

そして、そんな美佳の御主人様である私に話をしてみたいと思ったとのことだった。


kyoは、主従の世界に入ったことがない。

だから、御主人様とはどんな人なのか、奴隷とはどういうものなのか?SM行為以外の部分なども、知りたいとのことだった。

それを質問する相手として、美佳と話をした時に、私がいいのではないかと思ったのだと書いてあった。

でも、kyoはこうも言っていた。

「もしも、美佳様やvet様のご迷惑になるようであれば、このメールはお忘れください」

つまり、kyoは、まだ、美佳が私の奴隷だと思って、メールをしてきていた。

私は、そんなkyoからのメールに、ため息しか出なかった。

もっと正確に言えば、美佳を手放してしまった心の穴を掘り返されたというか、

「今更、美佳のことを持ち出すな」と、思った。

もちろん、kyoが、私と美佳との事情を知らないから、このように言ってきたのは、分かっているのだが…。


その頃の私は、今とは心境がかなり違っていて、主従のことを話題にするのが、とても辛かったし、美佳との主従関係が無くなったことを、kyoに言いたくもなかった。

そして、美佳のことを、否応なく思い出させるその文面は、その時の、私にとって、歓迎できるものではなかった。

だから、私は、kyoの言うとおり、そのメールを忘れることにした。

「kyoさんとお話は出来ません」

という、かなりそっけない返事を返していた。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報