理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


手錠のことで思い出した、ちょっと間抜けな話があるので、今回から何回かに分けて、それを書こうと思う。


SM器具として売っている手錠。

拘束具の一つとして、結構重宝する。

当然、奴隷の手を拘束するときに使うのだが、縄の代わりに使うとかなり楽だ。

例えば、縄で後ろ手に縛るというと、慣れない場合、結構時間がかかるものだし、うまく縛らないと血管を止めてしまって、手が紫色になってくる。

だが、手錠を使うと一瞬でそれが出来るから、

縛りがメインじゃない調教のときなどは手枷などと並んで、私も使うことがよくあった。

ネットを見てみたら、最近は、ふわふわ手錠?なんてものもあるそうだ。

金属がむき出しではなく、ムートンのような毛で覆われており、奴隷の手首にあまり跡が付かないように配慮されたもので、ちょっと驚いた。

ソフトSMをやるようなカップルが使うのだろうか?

私が調教をしていたときにも、それはあったのかもしれないが、私は使ったことがないので、そちらの使用感は良く知らないが。

そんな感じで、最近は色々とバリエーションもあるらしい手錠。

実は結構厄介な問題がある。

それは大抵が金属で出来ていて、鍵がないと開かないということだ。

まあ、手錠だから、当然のことなのだが、それがまた、面倒なことを引き起こす。

そして、私は、その面倒なことに見事にぶち当たったことがある。

だから、手錠を見ると、私は、ある日の調教のことを思い出すのだ。


その調教の日、私は、奴隷に手錠を使った。

その手錠は、ふわふわ手錠とかそういう類のものではなく、何の変哲もない、よく刑事ドラマなどで出てくるような、金属の手錠。

それなりにしっかりと出来ていて、はめてしまうと、鍵がないと外すのはかなり困難だ。

ただ、私が使っていたのは、おそらくだが、警察が使っているような、本物の手錠ではないので、強度としては弱いものだと思われる。

とは言っても、金属で出来ているのだから、普通の拘束には全く問題ない代物。

私が手で引っ張ったりしたくらいでは、当然ながら壊れない。


その日の調教は犬食いだった。

だから、緊縛が目的ではなく、犬食いのときに手を使わせないため、奴隷の両腕を後ろに回して、手錠をかけたのだ。

そして、奴隷は正座し、体を前に倒して、床に置かれた犬用の皿に盛られたドックフードを犬食いする。

手が使えないので、ほとんど、顔を皿に突っ込んだような感じでの犬食い。

私は、その奴隷の頭や背中に足を乗せたり、後ろから見ると丸見えになっている性器に足の指を入れたり、

アナルに、アナル尻尾?(商品名を忘れたのだが、アナルプラグの先に動物の尻尾のような毛がついた器具)を押し込んでみたりと、普通に食べるのを邪魔していた。

そうすると、当然のように、山盛りに盛られた、ドッグフードを奴隷が皿からこぼすのだが、それを叱りつけたりと、いつものことながら、理不尽な要求を奴隷に課していたのだった。

そんな犬食い調教がひと段落し、私も犬の格好をしている奴隷のバックから、性処理をさせたりして、一通りのプレイが終わった。

そして、ずっと付けっぱなしだった手錠を外そうとしたとき、私はとてもまずい、あることに気がついたのだった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

前回、手錠の話(1)の続き。


とてもまずいあることとは、手錠の鍵がないということ。

奴隷の手錠を外そうかと思ったとき、手錠の鍵が見当たらないことに気がついたのだった。

だが、私はやはり見栄っ張り。

御主人様として、奴隷の前では完璧な姿を演じたいタイプ。鍵をなくしてオロオロするような姿を見せてはいけないと思っていた。

だから奴隷には、

「手錠の鍵がない。もう少しそのままでいろってことだな」

なんて偉そうに言っていた。

このときはまだ、すぐに鍵が見つかるだろうと思っていたからでもあるのだが、次の日には、奴隷も会社に行かなければならない。

まさか、後ろ手に手錠をかけたまま行かせるわけには行かない。それまでに手錠が外れなければ困るのだ。

なので、内心は、鍵がないという緊急事態に、私は焦りまくっていたのだが、そんなことは当然隠して、さらに続けて言った。

「このまま会社に行くことになりたくなければ、自分で鍵を探せ」

と。

奴隷も鍵がないことで困るのはわかりきっていたから、もう泣きそうな顔で、鍵を探し始める。

といっても、全裸で手は後ろで拘束され、さらにアナルからは尻尾が生えた状態で、部屋の中をはいつくばるようにして探している。

明らかに効率が悪そうな探し方だ。

見るからに見つからない探索方法。

そういう非効率的なことが好きじゃない理系な私としては、もう手を出したくて仕方がないのだ。

でも、だからと言って御主人様である私が、一緒に鍵探しをしたのでは、威厳が保てないなどと、妙なジレンマに陥っていた。

それでも、無情に時間は過ぎる。

奴隷は必死、私も心の中では、ものすごく焦っているのだが、それを押し隠して、床を這い回る奴隷を見下ろしていた。

しかし、かなりの時間がたっても鍵は見つからなかった。

休みの日、昼過ぎから始めた調教なのに、すでに外は暗くなりかけていた。

さすがに私の焦りも限界に近くなってきたのだが、だからと言って、鍵探しを手伝うのだけは、御主人様の面目を保つことを考えると参加できない。

それに、おそらく、鍵は私がちゃんと持っていて、最後には出してくれるものだと思っているのだろうと、奴隷の心境を私は予測していた。

つまり、こうして、全裸に尻尾をつけ、後ろ手に拘束され、床を這い回らせられることも、調教の一部だと奴隷は思っているのだ。

それが、奴隷の姿からあからさまにわかったから、なおさら、「鍵を本当になくした」、なんてことは口が裂けても言い出せなかったし、一緒に鍵を探すことも出来なかった。

でも、やっぱり時間は過ぎていく。

私は焦る頭でこの難局をどう乗り切るか?必死で考えたのだった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


前回、手錠の話(2)の続き。


私はかなり必死で考えていた。

奴隷に対しては、”これは調教だった”ということにして、なんとか御主人様の面目が立つような形で、この事態を終わらせる方法はないものか?と。

もちろん、私が鍵を出してくれば、それで解決するのだが、トイレに入って全身のポケットなどをくまなく探しても鍵は見つけられなかった。

部屋に戻って、奴隷が見ていない隙に、ありそうな場所をさりげなく探しても、やっぱり鍵はない。

そして、時間だけが過ぎていく…。

私の中で、ここは御主人様としてのプライドを捨ててでも一緒に探すか?という選択肢がちらつき始めた。

本当はそんなことはしたくないし、今後の調教にも良くないのはわかっている。

でも、このままでは埒が明かない。

明日までに手錠を外してやらなければいけないという事実は変わらないのだ。

本当に追い詰められていた。

必死で何か方法はないかと、考えていた。

そして、とにかく考えに考え抜いたとき、ふと、ちょっと荒っぽいが、あることを思いついたのだった。


そして、それが成功する可能性を頭の中で検討する。

何とかいけるんじゃないか?

試してみる価値はある。

しばらく考えて、そんな判断が下った。

そうなると、早速、私はそれを行動に移した。

まず、泣きそうになりながら、必死で鍵を探す奴隷に、

「鍵が見つからないと困るのはお前だからな。その惨めな姿で鍵を探していろ。見てるのも飽きたし、その格好じゃ夕飯も作れないだろうから、俺は外で食べてくる」

といって、本当に不安そうな奴隷を部屋に残し、私は一人で外に出たのだ。

部屋を出るまでは、ゆったりと、余裕の表情、余裕の態度で歩いていた私だが、部屋を出て、ドアを閉めた瞬間、ダッシュしていた。

向かった先は、駅前の商店街。

当然、夕飯を食べに行ったわけではない。

真っ先に飛び込んだのは金物屋だった。

金物屋が閉まる前に、行く必要があったからだ。

そして、息を切らして、金物屋に滑り込む。

ちょうど、店を閉めようとしていたときだった。

危なかった。

そして、店じまいをしようとしている、金物屋の主人に嫌な顔をされながらも、あるものを購入したのだった。

それは、金ノコ。

金属を切るためのノコギリだ。

それを購入して、なんとか、少しだけホッとした。

そして、奴隷に言い渡したとおり、私は近所のファーストフードの店に入り、コーヒーだけを頼んで、席に着いた。

金ノコは手に入れたものの、それでも、これで手錠を破壊できるとは限らない。

だから、まだ不安があり、とてもではないがハンバーガーなど食べる気にはならなかった。

だが、夕飯を食べてくるといった手前、早く帰ることも出来ず、さらには全速力で走って買いに行ったので、汗だくだった。

汗が引くまでは、どう考えても、部屋には戻れない。

だから、一杯のコーヒーをちびちびと飲みながら、金物屋の袋に入った金ノコに、手錠を破壊するだけの能力があることを願い続けていたのだった。

20分くらいもファーストフード店に居ただろうか。

なんとか、汗も引き、息を整えてから、

ゆっくり歩いて部屋に帰った…つもりではあるのだが、やっぱり奴隷の様子が気になるので多分早足になっていたと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


前回、手錠の話(3)の続き。


私が、金ノコを買って部屋に帰ると、奴隷はまだ鍵を探していた。

私が居ないことの不安もあり、もう完全に涙目になっている。

私が玄関に入ると、奴隷は額を床につけて、

「お帰りなさいませ、御主人様」

と言っていたが、声が震えていた。

私は、すぐに、

「鍵は見つかったのか?」

と、偉そうに言った。

その内心では、金ノコでもダメではないか?という不安を抱えつつ、もしかして奴隷が見つけたのではないか?という期待もしつつという、なんとも情けないことを思っていたのだが…。

「いいえ、愚かな私には鍵を見つけることは出来ませんでした…」

と、奴隷は、私の期待を見事に裏切る発言をするのだった。

「はぁ…。使えない奴だな」

私は、深くため息をついた。

もちろん、そんな奴隷に失望した、という意味で聞こえるように言ったのだが、実際には見つからなかったことに落胆していたのは私のほうだった。

そして、こうなるともう、仕方がないので、金ノコを使うことを決断したのだった。

「鍵も探せない愚かな奴隷には、もう少し、厳しいお仕置きが必要だな」

といって、私は、調教はまだ続いているという雰囲気をにおわせながら、買ってきた金ノコを奴隷の目の前に差し出した。

「これで、切ることにしようか」

さすがにそれには、奴隷は驚き、顔が恐怖にゆがんでいた。

「手錠ですか?それとも…」

「どっちがいい?」

「お、お許しください御主人様、手を切るのだけは…」

と、その場にはいつくばり、額を床にこすり付けて奴隷は懇願した。

だが、このときの私はもちろん、奴隷の手を切り落とすなど、考えているわけもなく、この金ノコが手錠を無事に破壊してくれるよう、願っていた。

奴隷は私に懇願したが、懇願したいのは私のほうである。

そんなこととは露知らず、奴隷は涙を流して、許しを乞う。

「愚かな奴隷をお許しください…」

だが、私は、調教をしているフリを続けて言い放った。

「愚かな奴隷はどこを切られても仕方がないだろ? そのテーブルの上に手を載せろ」

と、強く言うと、奴隷は観念したのか、後ろ向きにずって行き、テーブルの下に尻や背中を入れ、上に両手を乗せた。

そして、額を床につけたまま、荒い息を吐いている。

私が、本当に手を切ってしまうのではないか?という恐怖と戦っているようだった。

そして、私が奴隷の後ろに回り、奴隷の腕を掴む。

「ひぃ…」

奴隷の弱々しい悲鳴がした。

「じゃあ、切るからな。じっとしていろよ」

「は、はい…。どうぞ、よろしくお願いいたします、御主人様…」

そういいつつも奴隷の恐怖はもう限界に達しかけていたと思う。

金ノコを見せられて、ただでさえ怖いのに、手錠を後ろ手にかけられているために、私は奴隷の背後にいる。

奴隷には、私がやろうとしていることが全く見えないのだ。

しかも、普段は恐怖を主体とした調教はあまりしない私だったから、奴隷は慣れていない。

だから、これで、怖くないはずがなかった。

だが、それでも奴隷は、私の言うことに従い、暴れるそぶりなどは見せなかった。

私が手を切り落とすようなことはしないと信じていたのだろうか?

それとも、私になら切られてもよいと思っていたのだろうか?

それはわからないが、奴隷がなんらかの覚悟を決めていたのは確かだろう。

今、冷静に振り返るとそう思える状況なのだが、そのときの私は、そんなことなど考える余裕はなく、もっと重要なことが気にかかっていたのだ。

つまり、金ノコで、この手錠が切断できるかどうか?ということ。

本当に、”切れてくれ”と、心の底から願っていた。

そして、私は、まず、奴隷の手首に一端、金ノコを当てた。これを調教だと演出するためだった。

「あぁぁ…」

奴隷の悲鳴が聞こえる。

「ここを切られたいか?」

「あぁ…。御主人様がそうされたいのでしたら…、か、構いません」

必死で、搾り出すように、奴隷はそういった。

「そうか、わかった」

といって、私は奴隷の手首にもう一度、金ノコを強く押し付けた。

それから、金ノコを離し、まずは手錠の左右の輪をつないでいるチェーンに金ノコを当てる。

そして、力を入れて、金ノコを引く。

ガリガリッ。

その最初の音が奴隷の耳に入ったとき、

「あぁぁぁ…」

奴隷の恐怖は頂点に達していたのだろう。

か細い声と共に、床に小便が漏れてきた。

それほど、怖かったようだ。

だが、私にはその小便に構っている余裕などないのだ。必死で、チェーンに金ノコをこすりつけた。

すると、金ノコは私の期待を裏切らなかった。

見事にチェーンに刃が入っていったのだった。

「これなら切れる」と確信した。

ホッとした。

さすが、金ノコ。

ゴリゴリと前後に動かしていると、かなりあっさりとチェーンを切断してくれたのだった。

そして、いきなり両手が自由になった奴隷は、驚いたような、それでいて、どこか不安そうな顔で私を振り返った。

「ご、御主人様…?」

「手首を切るよりは、こっちのほうが楽そうだからな」

こうは言ったが、これは完全に私の負け惜しみだ。

だが、奴隷は一気に不安が解消されたようで、声を上げて泣き出した。

涙で顔がぐちゃぐちゃになっていた。

「今度は、右腕を出せ」

そういうと、奴隷は素直に、右腕をテーブルの上に出した。今度は奴隷も私のしようとしていることが見えている。

だから、余計なことはせずに、私は右腕の輪を、金ノコで2箇所切断して外した。

次いで左腕も同様に処理した。

新品の金ノコはさすがに切れる。

私の心配などなんのその、全く問題なく手錠を破壊してくれた。

私はかなりホッとしていたのだが、そんなことは、当然表情には出さず、

「手錠がもったいなかったな。手錠のほうが、お前よりも価値があるんだから」

などと、また理不尽なことを言い放っていた。

「卑しい私の様な者のために、申し訳ありません。でも、ありがとうございます…」

そういいながら、奴隷もホッとした顔を私に向ける。

そして、ここで私は、見なかったほうがよかったものを見つけることになるのだった。


テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト


前回、手錠の話(4)の続き。


私がこのとき、見なかったほうがよかったと思えたもの。

それは、手錠の鍵だった。

手錠の鍵が、奴隷のしている首輪の留め金にしっかりと引っかかって揺れていたのだった。

そのときになってやっと思い出した。

調教を始めるとき、手錠の鍵をなくさないようにと、奴隷の首輪の、喉のところについている金具に引っ掛けておいたのだった。

私はそれをすっかり忘れ、奴隷も忘れ、さらにその日は、奴隷がいつも下向きだったから私にはあまり見えず、奴隷は自分の首についているものなど、当然見えず…。

なのでいくら探しても鍵など見つからない。

だが、見つけてしまった以上、これも何とかしなければならない。

だから、私は、その鍵を掴んで、首輪ごと、奴隷を引き寄せると、

「ここにつけたこと、忘れるから、こういう調教になるんだ。わかるか?」

と、それらしいことを言い放ってみたのだった。

「はい。愚かな奴隷で、すぐに忘れてしまい、申し訳ございません」

「本当に愚かだな。しかも、小便まで漏らして。臭くてたまらない。早く何とかしろ」

「はい。すぐに処理いたします」

そういうと、奴隷は床にはいつくばり、フローリングに広がる自らの小便を舐めて綺麗にし始めたのだった。

私は内心、かなり安心し、顔も緩ませたいくらいの気分だったのだが、御主人様としての威厳のある表情を何とか作り、椅子に座って、奴隷が床を掃除する様子を眺めた。

これで、一連の行動が全て、予定通りの調教だったのだと、奴隷には思わせることができ、御主人様としてのプライドは保てたと、ホッとしていた…。



今思い出すと、私は何をしていたのだろうか?と苦笑するしかない出来事だった。

愚かなのは完全に私のほうなのだ。

奴隷の首輪に手錠の鍵をつけるとか、普段やらないことをやるからこういうことになるのだ。

本当に馬鹿なことをしたものだと思うが、

偶然とはいえ、結果駅に、奴隷に恐怖を与えるという調教になっているのが、ちょっと面白い気もすることはするのだ。

だが、こんなハラハラさせられる出来事、奴隷だけではなく、私までもが調教されているかのようで、なんだか自分に腹が立つ。

笑い話として読んでもらえればそれでよいのだが、

私としては、奴隷のいない今でも、思い出すたび、二度とこんな事態にはなりたくないものだと思ってしまうほど、情けない出来事だった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報