理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

メールで、奴隷を縛るとき、どんな感じでやっていたのか?という質問をいただいた。

私は、プロの縄師ではないので、少し迷ったのだが、私なりの方法を、これから何回かにわたって書こうと思う。

その前に注意して欲しいのは、以下に書くことは、私が実際にやってみたことであって、それが正しいかどうかというのを完全に検証したわけではない。

だから、試す場合には当然ながら自己責任で、細心の注意を払って実行していただきたいということ。

また、以下のことをしたことによって、何らかの不利益が生じても、私は一斉の責任を持たない。そのことだけは明記しておく。

それから、私は素人で、決して縄師とか言われるプロではない。

素人なりにうまくやる方法とか、私なりに思いついたこととかを書いていこうと思っている。

なので、もっと良い方法は多分あるから、そういう意味で読んでもらえればと思う。



SMの醍醐味といっても良いと思われる、緊縛。

だが、これはかなり難しいと私は思う。

また、失敗すると奴隷にかなりのダメージが行くので、リスキーでもある。

だから、結論から言うと、縄での緊縛はあまりオススメしない。

というか、本物の縄師のような縛り方を素人がいきなり真似るのだけはやめたほうが良いと私は思う。

私も、それはやらないし、実際出来なかった。

なので、今回から数回かけて書くのは、素人として気をつけるところとか、困った部分なんかの話。

また、私流だが、縛るのがうまくなくても、まあまあ安全にそれなりに雰囲気を出す方法なんかを書きたいと思う。

もう一度言うが、私は縛るのはうまくないと自覚している。

そして、私が考えているのは、常に、奴隷に致命的で不可逆なダメージを負わせないことを最優先して縛ること。

決して縄師のような美しい縛りを目指すようなものではない。あくまでも、奴隷とのプレイが盛り上がることを目指しているだけだ。

それだけは分かって読んで欲しい。

と、注意書きだけで終わって申し訳ないが、具体的な話は次回から。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

奴隷を縛る(1)の続き

以降のエントリーは、(1)の注意書きを読んでいただいたという前提で話をする。

奴隷を縛る場合の基本というのは、私は最初の段階で、なんとなく理解できた。

と言うのも、私にとって縄で奴隷を縛ることというのは、力学の問題のように思えたからだった。

理系大学の大学院まで行くと、こういう事柄を、理系的に考えるような頭になっているような気がする。

後から実践したことも踏まえて書けば、奴隷を縛るときに、最も気をつけるべきは、首というか喉。そして関節。

どんなふうに縛ってもいいが、喉を締める形になったり、首に大きな重量がかかるようなことがないようにすることが最も重要だと私は思っている。

首に縄をかける場合でも、必ず、首の後ろ側に来るようにする。

前(のど)側には絶対に余裕を作る。

これが私の鉄則だった。

また、上半身(特に胸)に横に縄がかかる場合(乳房の上下に縄をかけることが良くあるが、そんな状態)、それが何かの拍子に上に上がってしまうことがある。

だから、胸に縄をかけたときには、そのまま二の腕の外側まで一気に縄を渡すのではなく、必ず一度脇の下を通す。もしくはその縄に下からの別の縄を、必ずしっかりと引っ掛けたり、結びつける。

そうすることで、胸にかけたその縄が首まで上がってしまうのを防ぐように気をつけた。

例えば股縄からつながっている縄の端などを胸の縄に結ぶと、胸にかけた縄は上に上がらなくなるので、安心できるようになる。

また関節だが、関節には神経や血管がかなり表層に出てきているし、何よりも骨が弱い。

しかも、関節は細くなっていたりと、引っ掛かりがいいので縄をかけるのが簡単だから、ついそこを縛りたくなるが、関節に力がかかるように縛るのは良くないだろうと私は思っている。

ちなみに私は医者でもないので、これは私の観察と書籍から得た知識による憶測だ。

こんな感じで、基本的には、このくらいのことに注意しながらいつも縄をかけていたから、たまにネットの緊縛写真などで、首に縄を巻いているのものや、

胸の縄が脇の下に入らずに、そのまま二の腕までもを含めて縛ってあるもの、手首をガッチリ縛ってあったりする素人の投稿緊縛写真なんかを見ると、身震いがする。

私なら、とてもそんな状態では置いておけないし、ましてやその縄にさらに縄を連結して吊り上げるような姿勢をとらせることなど不可能だと思えるのだが、

それが平気で写真に載っていたりするから恐ろしい。

例えば、二の腕まで一気に縛った胸の縄の場合、かなり強く縛れば、摩擦力も大きくなるし、肩幅よりも絞れば、理論上、首まであがることは無いから、その縄につなげた縄での吊り上げも可能になるのは分かるのだが、

汗をかいたり、奴隷が体を動かすなどして、縄と肌との摩擦力が低下する可能性もあるから、それにすべてをゆだねて吊り上げるのは危険だと私は思う。

他にも、ネットの素人の緊縛写真を見たりしていると、危うい感じのものをたまに見かけるので、私はそういう写真をあまり見たくない。

正直怖い。事故など起こらないように願いたい。

私ももちろん素人なので、あまりこういうことを書くと、本職の方に笑われるのかも知れないが、力学的に考えてしまうので、特に怖いのだと思う。

腰抜けだと思われるかもしれないし、実際そうなのだろうが、私は、奴隷のリスクを一番に考えていた。

奴隷とのプレイにスリルは必要だが、それによってリスクが限界を超えてはいけないと思う。

私は、慎重なわけでも、ましてや、奴隷に優しいわけでもないのだが、奴隷との主従関係を楽しむ、プレイを満喫するということを第一に考えると、そこまでの危険を冒す必要を感じていなかったということだ。

そして、リスクを減らしても、プレイの質を保つ、もしくはさらに上げること、そして奴隷にはリスクを減らしたことを悟らせないこと、そういうことを私は必死で考えるようになったのだった。

次回以降は、そういう意味での緊縛ということで、書くので、緊縛のセオリーからは少し遠ざかるかもしれないが、それは承知して読んで欲しい。


テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト


奴隷を縛る(2)の続き。

今回は緊縛の具体的な技術というよりも、縛ることの意味について書いてみようと思う。


緊縛を何度も経験した後から思ったことだが、

奴隷を縄で縛るというプレイは、奴隷を動けなくするためだけではないのではないかと私は思うようになった。

緊縛を続けるうちに、奴隷にとっては、実際の縄や身動きが出来ないことよりも、縛られて御主人様のなすがままになっているという事実のほうが重要なのではないか?と思うようになっていった。

御主人様の言いなり、思うがままになるしかないという状況を奴隷が認識していればそれでいい。

つまり、縄がガッチリかかっていなくても、奴隷が強くそう思っていればそれでいいということなのではないか?と。

プレイの回数を重ねていったときに、奴隷は縄を見ただけで、もう濡れるようになったり、体の力が抜けてきたりしてきていた。

つまり、縄というものが、すでに奴隷を縛るものとして、絶対的な力のある象徴、抗えないものの代名詞となっていたのだろうと私には思えた。

そうなってくると、縄での縛り方やテクニックというのは、おそらくそれほど重要なことではないのではないではないかと、私は思うのだ。

まあ、私はあまり縛るのがうまくなかったから、そのことへの言い訳なのかもしれないが。

ただ、奴隷を何人か緊縛調教したが、そのどれもが、最終的には縄が出てくるだけですでに縛られたような、縄に酔っているかのような気分になっているところが見受けられたから、これはあながち間違いでもないように思う。

だから、縄で縛って、さらに完全に吊り上げるような激しいプレイは、そのリスクを考えると素人にとっては必要のないプレイなのではないかと私は思うのだ。

私も実際に吊り上げたことが何度もあるので、こんなことを言えた立場ではないのだが…。

もちろん、そういう過激なものは、奴隷の不安をあおるという意味で、緊縛とはまた別の調教であるとも言えるし、SM雑誌やAVなどは映像としての過激さを要求されるからそれも必要だと思う。

だが、個人的にやる場合には、そこまでしなくても十分に、奴隷を隷属させ、もう抵抗できないのだと屈服させ、そして、御主人様の言いなりになることが嬉しいとさえ思わせることが出来るのだと思う。

また、不安な気持ちにさせることも、目隠しや耳栓をさせ、感覚を奪うような他の方法を利用することで可能だ。

逆に、そこまで強く緊縛をやらなければ、奴隷がそういう気分にならないのであれば、それは御主人様の雰囲気の作り方などが悪いようにも思うのだ。

もしくは、縄できつく縛られないと感じない奴隷というのがいるのかもしれないが…。


緊縛調教というのは、奴隷の体を縛ることでもあるが、奴隷の心が縛れればそれで問題は無いし、むしろその方が、奴隷を強固に縛り付けていると言って良いのではないかと私は思う。

ただ、もちろん御主人様としては、緊縛調教をやりたいという気持ちもあるから、それをやめろなんてことは絶対に言うつもりは無いし、

私も奴隷がいたときの基本は縛りだったから、そんなことを言う資格はないが、

必要以上に危険なことをする意味は、個人的なSMの場合には無いのではないかと、今になると思う。

テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト


奴隷を縛る(3)の続き。

さて、奴隷を縛ることで、もう少し話を進めると、縄で縛るより、良い方法があることに気がつく。

SM用品として売られている、拘束具とか、ある程度、女の体の形になっているベルトを組み合わせるほうが、はるかに楽で安全だった。

縄と言うのは、SMをやったらやはり一度はやってみたいプレイだと思うので、私もかなりワクワクしていたが、実際やってみると、奴隷を縛るのは結構大変だった。

首や、関節など、血管や神経を止めてしまうところに縄が入ってしまわないように、気を使って縛る必要があるし、かといってあまり緩ければ雰囲気も出ないと思っていた。

どう頑張っても、最初からAVの縄師が縛っているような綺麗な形にはならない。

時間がかかる上に、出来上がりもなんだかみすぼらしくて、その間に性欲が収まってしまう感じがした。

私も、慣れないうちは、縄をやめようかと何度思ったかしれない。

その点、SM用品のベルトや拘束具なら、最初から女の体の形になっているからかなりつけやすく、ベルトになっているものも多いので締めるのも緩めるのも自在に出来る。

また、奴隷自身に着るようにと命令することで、自ら拘束されるという完全に降伏した状況を作り出すことができ、プレイとしても良かったと思う。

その上、そういう拘束具などは、卑猥に出来ていて、乳房や性器付近を強調するようなカットで作られている場合も多く、縄で縛るよりも興奮することもある。

その様子を、奴隷に鏡で見せると特に効果が上がる。

多少値段が高いのと、金属がついているものが多いので洗濯機で洗いにくいのが難点だが、それは奴隷に管理させればいいことでもあるので、それほど気にすることではないと思う。

それから、拘束具が高ければ、身の回りのものなんかもいい。

手ぬぐいやタオルなんかは、目隠しなどから、簡単な縛りにはすぐにつかえるし、奴隷が脱いだパンストなどは、自分が脱いだもので無残に縛られるという雰囲気を出すことも出来る。

また、ブラウスなんかで袖から少しだけ手を抜かせて、袖口を縛ってしまうことでも拘束することが出来る。

そういう小さな工夫をすることも、縛りの楽しみかもしれないと思う。


ただ、いくらベルトや拘束具、身の回りのものを使ったとしても、最終的には縄のみで何とかしたいと思うのが、御主人様のロマンかもしれない。

そして、私もそうだった。

なので、そういう場合には、段階を踏めばいいと思う。

最初は股縄のみとか、乳房の上下の縄のみとか、後ろ手に縛るだけとか、縄を使う部分を少しに限定して、

それ以外を拘束具などで代用し、慣れてきたら、拘束具の部分を徐々に縄に変えていくようなことをすればいい。

私もそのような方法で、縄で縛る範囲を徐々に広げるようにして慣れていった。

やはりSMはその場の雰囲気が大切だから、縛るのに時間がかかりすぎるようでは、本末転倒のように思う。

ただ、縛りながら色々と言葉で責めたりして雰囲気を作るようなことが出来れば、それはそれでいいのだが…。

私は、雰囲気作りが苦手だった。

だから、こういう方法を思いついたともいえるのが私の情けないところかもしれない。



テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト



奴隷を縛る(4)の続き。

また理系っぽい話になるのだが、今回は奴隷をガッチリ縛って吊り上げる話を書こうと思う。

まず、縄をかけるときだが、縛っている縄の力が奴隷の体のどの部分にかかるかをしっかりと意識していると、多分上達が早いと思う。

前にも書いたように、首(喉)や関節に力がかからないということが大前提だったが、

逆に、奴隷の体のどこでなら縄をかけても大丈夫なのか?ということを覚えていると場所を選びやすい。

はっきり書いてしまうが、基本的に太い部分。

腰、太もも、ふくらはぎ(すね)、その辺りはかなり強い。また、二の腕を含めた胸を通る縄にもかなりの重量がかかっても大丈夫な場合が多いように思う。

だが、その中の一箇所だけで体全体を吊り上げるとか、そういうことをするのは危険なのでやめたほうがいい。

それに、太ももとかふくらはぎを縛る場合、足を吊りやすい奴隷が居るので、そういうことにも注意する必要がある。

何度もやっていると奴隷も慣れるのだが、足を吊ったときの痛みというのは、調教で意図的に御主人様が与える痛みとは別物の、ただの苦痛にしかならない場合もあるようだ。

吊る痛みさえも喜びとして受けられる奴隷に調教すればいいのだが、奴隷にとっては、自分の中から出てくる痛みであるから、なかなかそうは思えない様子も見て取れた。

このあたりは足を吊りやすいとか、奴隷の体質なんかにも関わることなので、どうするのか、御主人様の考えどころだと思う。

私の場合には、吊る痛みも私が与えたものとして耐えさせ、そして悦びだと思うように調教したのだが、それが良かったかどうかは、今思うと、多少疑問だ。

とりあえず、最初から縄の痛みと、吊る痛みの同時攻撃をすると、初心者奴隷の場合、かなりのダメージになるので、気をつけたほうが良いと思う。


さらに、縛る縄の話だが、縄は一本ではなく、数本をまとめて一本として使うと、力が分散することは覚えておくと良いと思う。

普段の生活で何かを縛るとき、紐などを2重にして縛る機会はあまりないので、つい一本だけで縛ってしまいがちだが、

数本をまとめて一本として使うほうが、何度も同じ場所に巻いたりしなくていいので、慣れてくると縛るのが早くなり、楽だったと私は実感している。

また、一箇所に大きな力がかからないので、奴隷への負担は確実に軽くなる。

奴隷に痛みを与えるのが目的の調教のときは別だが、縛って動けなくすることがメインの場合には、こちらを使うほうが、多分効率的だと思う。

このあたりも、そのとき、調教したいことの種類によって、御主人様が使い分けると調教もスムーズに行くと思う。


ただ、上記のような縛り方をしたとしても、奴隷を完全に床から吊り上げてしまうプレイは、しないほうが無難だと思う。

プロの縄師などは別だとは思うが、私も含めて、素人がやるにはリスキーだ。

私もあまりやったことが無いし、やっている最中も心配になるので、吊り上げた状態でさらに性処理穴を使う(ゆらす)とか、そういうのは正直怖かった。

御主人様が自分の施している調教に怯えている時点で、その調教は失敗していると思っていい。

私も、興味本位というか、一度はやってみたいという好奇心でやったのだが、性欲より、心配が先にたって、勃起しなくなりそうなくらいだったので、あまりやらなくなった。

はっきりいって、女を縛ることによほどの自信がなければ、奴隷を宙に浮かせたまま挿入やフェラをさせても、気持ちよくは無いと思う。

だから、せいぜい、片足を吊り上げるとか、両手を吊り上げるくらいで、女の体のどこかかが床に接地し、

奴隷が体重をある程度自分で支えている状態にしておくのが、一番いいと思う。

それから、”吊り上げる”というのがかなり大変な理由がもう一つ。

それは、吊り上げるための天井側の支え。

SM用のラブホに行けば、天井からフックや滑車が出ているところもあるから、問題ないが、

普通の部屋の場合、そういうものはないし、代用できるものがあっても、和室の梁とかの上から縄をまわすくらいだろう。

そうすると、奴隷を引っ張りあげるとき、梁にかかる重量は、女一人分ではなく、女二人分になる。

縄の片側が奴隷。もう片側を御主人様が持って持ち上げるわけだから。

これは、簡単な力学の問題で、天秤の支点には、両方の重量の合計がかかるものだから。

つまり、奴隷が50キロだとすると、梁に実際にかかっている重量は100キロになる。

女一人分だと思って力を入れると、弱い梁だと折れることがあるから注意したほうが良い。

これは実際、私が温泉旅館に行ったとき、やろうとして梁が曲がり、部屋のふすまが閉まらなくなったことがあるから、実証済みだ。

はっきり言うが、やめておけ。

悪いことは言わないから、そういうことがしたかったら、SM用のラブホに行ったほうがいい。

こんな感じで、私は縛ることに関してはかなりいろいろなことをやってみた。

ただ、結局は、縄師と呼ばれるほどにはうまくはなれなかった。

やはり、綺麗に縛れないし、どこかにひずみが出てきて奴隷にかけた縄の形が不自然になる。

そして口には出さないし、そんなそぶりももちろん見せないのだが、どうしても、奴隷を気にして縛ってしまうので、自分の中の性欲が少し冷めてしまうという欠点がある。

やはり、私にとっては奴隷も大切だったから。



ということで、奴隷を縛ることに関しては、ひとまずここまでにしておく。

下手なりになんとかうまく見せるような縛りのテクニックやちょっとした工夫に関しては、今回書かなかったこともいろいろとあるので、またの機会に話をしようとは思うが、

くれぐれも奴隷を必要以上に傷つけないよう、重大な怪我のないように注意してやってもらいたいと思う。

あまり上達するための参考にはならなくて申し訳ない話だったが、とりあえずリスキーなことに関しては書いたつもりだから、それには気をつけて、考えてからやって欲しい。

そういう意味合いで読んでもらえていれば、幸いだ。

縛りで残していいのは、奴隷の肌につける縄目の跡と、奴隷の心を縛りつける強い拘束力だけで、それ以上の傷跡や後遺症が残るようなことだけは絶対にあってはならないと私は思う。

テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報