理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷には基本的に床に正座をさせる。

だが、奴隷になりたてのころは、正座が長時間出来ない。

しかも、正座の後は、足がしびれてしばらくは使い物にならなくなる。

それでも、もちろん奉仕をさせたりするが、かなり足がおかしな格好になって、支えきれなくなり、

かなり高い確率で、色々な失敗をする。

正座の後にお茶を持ってこさせたりして、こぼすようなことをさせるのが効果的だった。

最初のうちは、それを口実にまた次の責めに入るため、便利に使っていたのだが、そのうち正座に慣れてくるようになる。

長時間正座させても全く問題なくなってしまう。

正座はかなり慣れる。

特に、女は正座がしやすい足の構造になっているのか、結構すぐに、数時間の正座なら問題なくこなせるようになってしまう。

調教で奴隷が成長したと言える部分ではあるのだが、それを口実にして次の責めをしていたのに、

その口実がなくなるのが、御主人様の立場としては、ちょっと厄介だなと思ったことがあった。

まあ、どちらにしてもまた(一般的に考えると)理不尽な理由をつけて責めるわけではあるが…。

ただ、奴隷の正座を見て思うのは、やはり女が背筋をしっかり伸ばしたときの綺麗な正座姿は美しいと思う。

女が椅子に座って足を組んでいる姿にも、カッコよさは感じるのだが、美しさも性的な欲望も私は特に感じない。

私は女が座っている姿勢では、正座が一番美しいと思うし、椅子のときはしっかりと膝小僧から下をそろえて若干斜めにして座っているのが綺麗だと思う。


前に、電車の椅子で靴を脱いで正座していたのを見たときは、さすがにちょっと首を傾げたが、それもまあ、綺麗だなとはおもった。


テーマ:エロス - ジャンル:アダルト


美佳は、何をするにも臆病だった。

そして、少しかたくななところのある女だった。

付き合ったら、私はすぐにでも、キスくらいはいけるだろうと思っていたが、半年近く経ってもそれは無かった。

そのころは、美佳を奴隷として飼っていたわけではなく、対等な男女の付き合いとして、一緒にいたわけだから、

私も無理やりに美佳に迫るようなことはしなかった。

それに、無理強いして美佳にフラれることを恐れてもいた。

私も、美佳と同様、臆病だった。

そのころのデートはもっぱら、美佳の仕事帰り。

付き合う前と同じように、駅前で夕飯を食べるというのが多かった。

だから、春休みが終わり、私の大学が始まると、美佳と会う機会も減った。

週に1,2度、駅前で夕飯を一緒に食べるというのが、パターン化していた。

お店も、特別に良いところにいくでもなく、吉野家で牛丼を食べただけとか、マクドナルドでハンバーガーをかじっただけで終わるなんていう日もあった。

たまに、いつもの駅前ではなく、美佳のアパートへの帰宅経路の駅で降りて、違ったお店に行ったりしたこともあったが、その回数はそれほど多くなかった。

美佳は、人の多いところがあまり好きではないようで、やっぱり慣れた所で済ませるのが、一番いいようだった。

そんな感じの付き合いだったが、美佳はいつも楽しそうにしていた。

口数はやっぱり少なかったけれども、笑顔でいることが多かった。

どんな店で食事をしても文句は言わなかったし、少しずつだったが、身なりにも気を使うようになっていった。

でも、私のほうは、どちらかというとイライラしていた。

美佳といて楽しくないというわけではない。

会う日は、私のほうもやはり嬉しかったし、そのころは美佳と付き合う前に考えていた打算的なことを申し訳ないとも思うようにもなった。

美佳自身を女として好きになっていくようなところも出てきていた。

それは事実だが、それでも、美佳との関係が進展しないことが歯がゆかったし、

延々と同じように続く夕飯デートしかないということに常に疑問を持つようになっていた。

それに耐えられなくなった私は、付き合って半年、いつもの夕飯に行こうとしていたとき、美佳を一泊の旅行に誘った。

もうすぐ、私の大学も、美佳の会社もお盆休みになるから、と。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

女を恋人から奴隷にしたときから、私の場合、普通のセックスの回数は減った。

というのも、私のペニスが、奴隷の膣に入ることは奴隷にとって最高の喜びであり、特別な褒美になることが多くなったから。

それを簡単に与えてしまうと、調教にならないので、必然的にセックスの回数は前よりも減った。

ただ、私の射精の回数が減ったわけではなく、フェラやイラマチオ、手コキなどをさせて射精することが増えたということになる。

つまり、御主人様の射精の快感は同じでも、奴隷が膣にペニスを入れられることでの快感は減る。

だから、不満が出るんじゃないかと、最初は思っていたのだが、不思議なもので、奴隷になると、別のことでもイキやすくなるようだった。

性器に触らなくとも、縛るだけでイクようにもなったし、鞭や蝋燭などの責めでも、フェラをさせているだけでも、足を舐めさせているだけでも、そして、言葉だけでも、イけといえばイける時もあった。

とにかく奴隷になったことを完全に認めた場合、女は体の刺激だけではなく、気持ちの部分からイクということができるようになるような気がする。

本当のところ、どうなのか?は、私が女じゃないのでわからないが、そう思った。

また、そうなるように調教して初めて、女は本物の奴隷に、私は本物の御主人様になったのだといえるのかもしれない。

それにしても、そういうふうに変わることが出来る、”女”という存在には、かなり驚かされた。

私はSだからなのかもしれないが、言葉攻めだけで射精まで到達するということは、不可能だと思う。

奴隷を持ってみて、つくづく、女の体が不思議なものだと思うようになったし、また興味や関心も、前以上に持つようになった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



美佳は、旅行の誘いに戸惑っていた。

一泊で旅行に行くということの意味は、わかっている様子だった。

少し考えていた。

そして美佳は、重要な事柄について、初めて私の提案を断った。

「あの…、お盆は実家に戻ることにしていたから…」

実家に戻る予定があったのは確かだったが、それ以上に美佳が動揺していたのはやはり泊まりということだったと思う。

だから、私はそれ以上の誘いはしなかった。

「そうか。じゃあ、またそのうち」

私はすぐに引き下がった。

これも美佳との付き合いをダメにしたくないという私の臆病さの表れだった。

「ごめんなさい、ごめんなさい…」

今思えば、美佳も多分、私の提案を断ることで、付き合いが壊れるのを恐れていたようなところがあり、そのときは何度も何度も謝っていた。

そして、小さな声で、意外なことを言い出した。

「旅行の代わりにはならないけど、今日、私、ご飯作るから」

と。

「え?どこで?」

「あなたのアパート…。行ってもいい?」

これにはかなり驚いた。

私が旅行に誘った意味を理解して、すぐにそれに変わるものを考えたのか?と私は思ってしまった。

「それは、いいけど…」

なんていいつつも、私の興奮度は、いやがうえにも高まって行った。


そして、二人で駅前のスーパーで食材の買い物をした。

それを持って私のアパートにいく。

築20年のボロアパートだったし、美佳がくるなんて思ってもいなかったから、たいして片付けてもなかった。

それでも、美佳はそんな部屋の感想などは何も言わず、

「おじゃまします…」

とだけ言って部屋に上がり、そのまま狭いキッチンに立った。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



美佳の料理は、ごく普通の家庭料理だった。

ご飯と味噌汁に野菜炒めと焼き魚。

それを、狭い部屋の小さいテーブルに並べて二人で食べた。

特別に美味しかったわけではないし、かといって不味かったわけでもない。

本当に普通の味しかしなかったが、私は、初めて親以外の女性に手料理を作ってもらったことに興奮していた。

そして、美佳が部屋に来たことの意味を私なりに考えて、さらに気持ちが高まっていった。

今日は特別な日になるかもしれない。

そんな思いがずっと頭の中を駆け巡っていた。


夕飯を食べ終わり、一緒に食器を洗った。

私は、この後、どうしようかと考えていた。

男の部屋に来るということは、もう体を許すということと考えてよいのではないかと、思っていたから、次にどう切り出そうかと思いをめぐらせていた。

だが、美佳は洗い物を終えると、

「それじゃぁ…。私、帰るね…」

と、自分のバックに手をかけた。

「え?もう帰るの?」

かなり意外な展開だった。

私は、美佳は一泊旅行を断った代わりに部屋に来たのだと、勝手に思っていたのだから。

だが、それは違うのだと、美佳の態度が示していた。

「うん…」

「そうか…」

「うん…」

結局、私は部屋まで美佳を連れてきてもなお、何もできなかった。

きっと、この女は断らない。

そう思ったから付き合い始めたのに、このときの私は美佳のそんなところを利用することすらできず、強いことを何一つ言えなかった。

付き合ってしまったら、今度は付き合いが壊れるのが怖くなった。

そして多分、このときの私は、美佳の事を少しずつ好きになってきていたのだと思う。

やっぱり、私は臆病だった。

美佳と別れるのが怖かった。

玄関に向かって歩き出す美佳。

その日は夏休み前に会うのは最後だったから、

「実家、気をつけて帰れよ」

と声をかけた。

「うん…」

美佳が小さく頷く。

そこで、玄関に向かおうとしていた美佳の足が止まった。美佳が振り返った。

「本当に、ごめんなさい…」

美佳がまた謝ったのだった。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。