理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
SMというのは、広義のセックスの一部だと考えてよいとは思うのだが、調教が進んでいくと、セックスとは離れていくように感じることがある。

あくまでも感じることがあるというだけで、常にそう思うというわけではない。

例えば、愛撫も何もなく、ただ、縄を見せただけで奴隷が濡らすようになったりすると、もうセックスをするとかそういうことは関係なく、快感を感じているわけだし、

私に無理難題を言われ、それが出来ずに、奴隷自身が惨めな気持ちになることですらも、快感になってくるのであって、

その先に性行為があるかどうかは特に関係ないんじゃないかと思われることも、多々、見受けられるようになる。

つまり、性行為無しで、イクことができるようになる。

さらには、奴隷がイクかどうかを、御主人様が、ある程度コントロールできるようにまでなる。

これは、ものすごく不思議だった。

多分、男にはできないことなのかもしれないと、私は今でも思っている。

私が自分が射精することを考えると、性器への刺激無しに射精というのは、まず不可能だからだ。

でも、奴隷女はそれと同等のことが、御主人様からの言葉だけや、シチュエーションのみで可能になってくる。

もちろん、ずっと肉体的な刺激を与えないで、そうし続けるというのは、出来ないように思うが、ある程度までならば可能だから、調教された奴隷はすごい。

一度、電車の中で、座っているときに、

「スカートにシミが出来るまで濡らせ」と命じたことがあるが、

一駅で、尻に大きなシミを作ってしまった。パンストも履いていたのに、だ。

女が普通に漏らす愛液というのは、男で言えば、我慢汁のようなものだろうが、自分に置き換えると性器に触ることも無く、AVを見ているわけでもなく、普通に座っているだけの電車内で出すのは難しいと思う。

そういうことから考えて、奴隷を調教するということは、精神的に従属させることなんだと本当に思う。

そのための手段が、鞭であったり、縛りであったりという、体に直接的な刺激を与えるプレイなんだろう。

だから、そういうことは、精神を縛るための一つの方法に過ぎないのではないかと私は考えるようになった。

SMを始めた頃は、SMというのは、縛ったり鞭で叩いたりするプレイ自体を指していると考えていたのだが、その考えは調教を続けるうちに私の中では覆っていった。

それも、奴隷にそういった様子を見せ付けられたことによって…。

よく、縛られるのが好きとか、鞭が好きとか、そういうことを言う奴隷もいるが、その中には、まだ調教されきっておらず、

刺激自体が従属させられていることの証明になっているような奴隷もいる気がしないでもない。

このあたりは私の持論なので、共感してもらえるかどうかは分からないが。

御主人様の命令を実行するための強い気持ち、イクことさえも御主人様の命令があればコントロールできるような意思の力が生まれたとき、

本当に心も縛られて、調教されたといえるのかもしれないと私は思っている。

でも、なかなかそこまでの奴隷っていないのも確かだし、それが普通なのだろうとも思う。

それに、そうなってしまうと逆に御主人様がいなくなったとき、奴隷はとんでもない精神的なダメージを受けることになるかもしれないから、

そこまでしても良いものかどうか、私は、そのことをかなり悩んでいた時期があった。

結局、結論は出ないまま、私は調教を進めてしまったのではあるが…。

それが良かったのか、未だに考えることの一つだ。


テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト


抱いていいと言った美佳は、

「できれば、私の部屋で…」

と、唯一つだけ条件を提示した。

前にも書いたが、美佳の両親は、毎晩電話をかけてくる。

美佳がその電話に出ないと、何をしていたのかと、聞かれるのだった。

だから、夜は自分のアパートに居たいというのが、美佳の希望だった。

でも、美佳の希望はたったそれだけだった。

初めてセックスするなら、それなりのところでとか、ちゃんとしたディナーを食べたいとか、何かの記念にしたいとか、そういうこと、あるのではないかと思っていたのに…。

美佳には何もなかった。

本当に何も…。

それが余計に私には辛かった。

ただ単に、私に体を許すことで、私の性欲を押さえ込もうとしているだけ、彼女としての義務として、セックスをするかのように思えたから。

私は躊躇していた。

今まで、ずっと美佳が守り通してきたもの。

それを、何の雰囲気も、これといった契機でも無く、ただ私がしまい忘れた風俗店のリスト一枚で覆すことが本当に良いのか?

そんなことを思っていた。

そして、それでは美佳があまりにも不憫だと思った。

一番最初、断れないこの女を自分のものにしてしまおうと算段していた私とは、比べ物にならないほど、美佳に入れ込んでしまっていた。

「ちょっと待てよ。それじゃ俺がただ単にセックスしたいだけで付き合ってるみたいじゃないか?」

もともと、そのつもりだった。なのに、それを否定している。

でも、そのとき、美佳への気持ちに偽りはなかった。美佳の事がすごく大切だった。

少なくとも、こんな突発的な状態から、なし崩し的に美佳を抱くことなどできないと思っていた。

「それでもいい。あなたがこれからも私だけと付き合ってくれるならそれでいいから…」

「美佳とセックスできないから他の奴と付き合うとか、そんなこと、絶対に無いよ」

「でも…」

「とにかく、別に俺はセックスしなくても、大丈夫だから」

「ダメなの!」

大人しい美佳が大声を上げたのをこのとき初めて聞いたような気がする。

私は、その唐突な反応に驚いた。

「あなたが、違う人とするのは嫌だから…」

先ほどの大声が嘘のように、いつもの声に戻り、涙を流しながら美佳が言った。

「しないよ」

「でも…」

「とにかく、落ち着けよ。いきなり決めなくてもいいだろ?」

そういって何とか落ち着かせたが、美佳はそれでも、抱いて欲しいと言い張った。

そうしないと、私が他の女に気持ちが移ると、本気で思ったようだった。

風俗店のリストは、絶大な効力を持っていた。

やっぱり、美佳は頑なだった。

一度そう思い込むと、今度はそれを譲らなかった。

結局、1時間近くも話をして、私が折れることになる。

「わかった。でも、今日はやめよう。これから美佳の部屋に行く時間もないし。来月、美佳の誕生日だよな?その日に。それでいいか?」

こんな折衷案を出したのだった。

「うん…」

美佳はしぶしぶ承諾した。

「それまでに、怖くなったら言えよ?いいか?」

美佳がコクリと頷いた。

そして、それからいつものように一緒に夕飯を作って食べた。そして後片付けをする。

その間、私は努めて明るい話題を振ったのだが、美佳はあまり話をしなかった。

そして、いつものように玄関でキスをして、美佳は帰っていった。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



誕生日が近づいても、美佳は表面上、特に変わった様子は無かった。

週に1,2日、一緒に外で夕食、週に一回、私の部屋に来て食事を作って食べる。

それを繰り返していた。

だんだんと誕生日が近づいてくる。

それに連れて、ソワソワし始めたのは私のほうだった。

誕生日までに、美佳が怖いと言い出さなければ、私はそこで美佳を抱くことになる。

女とのセックスは、私がずっと望んで得られなかったこと。

美佳が嫌なら、抱かないとは言うのものの、やはり抱きたい気持ちに変わりは無い。

その日が刻々と近づいてきている。

そのことはいやがうえにも、私を興奮させた。

美佳のことを考えながら、自慰をすることも増えた。

その時期、私は海外での学会発表に向けて、とにかく忙しかったのだが、それも手につかなくなるほどに、美佳とのセックスは魅力的な誘惑だった。

それはただ性欲を吐き出すためにセックスをしたいということだけだったのか、それとも美佳とだからということだったのかは正確には分からない。

今思うには、前者のようなセックスへの欲望と興味ももちろんあったと思う。

だが、後者のような美佳だから一つになりたいという気持ちもかなり強かったとも思える。

このときの私は美佳の事を愛おしく思っていた。

それは確かだから。

だから、美佳の誕生日はしっかりと祝ってやらなければと思っていたし、事前にプレゼントを買いに行ったり、ケーキを頼んだりもしていた。

そしてそのこと自体を楽しく思っていた。

最初のころとは全く違う気持ちで美佳の事を思っている私がそこに居た。


結局、誕生日の前日になっても、美佳は怖いとは言い出さなかった。

何度も会ったし、電話でもメールでも話をしたが、そのどこにも、それらしい言葉や態度が無い。

ただ、セックスをすることに関して肯定的なことも、一度も言わなかった。

努めて平静にしているようにも思えたし、それに触れるのを避けていたようにも思えた。

そのときの美佳の心境は、今の私にも分からない。

体を許すことも、当然怖かっただろう。

今までずっとそう思ってきたのに、いきなりそれが変わるとは思えない。

でも、それとともに、私が他の女に興味を持つことも怖かったのだろう。

私も、美佳を失うことは怖かったから、同じ気持ちだったのかもしれない。


そして、誕生日。

私は、ケーキとプレゼントを持って、美佳の部屋に行った。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



奴隷が御主人様をどう呼ぶか?というのは、色々あるとは思うが、大抵は、”御主人様”か、”○○様”(○○は名前)というのが多いと思う。

私は特にこだわりがなったから、奴隷には、呼びやすいように呼べばいいと言っていた。

そうしたら、私の奴隷は、やっぱり、”vet様”か、”御主人様”と呼ぶようになった。

どちらにしても、”様”付けで、奴隷の敬う気持ちが込められていたから、もちろん問題ないのだが、この呼び方をさせていて、困ったことが起こることがある。

というのも、奴隷は、普段から呼びなれてしまうと、いつでもそのまま呼ぶ癖が付くということだ。


あるレストランで、一緒に食事をしたとき。

コース料理のデザートを選ぶということで、店員がテーブルまで色々なケーキの乗ったワゴンを持ってきた。

デザートなので、店員は基本的に最初に女に話をするのだが、そのときもそうで、まずは奴隷にデザートを選ばせていた。

それが決まった後、店員が、

「お連れ様はいかががいたしますか?」

と私に話を振ったときだ。

「まあ、何でもいいなぁ…」

なんて、特にデザートには興味が無かったから、適当に決めてくれと奴隷に目配せしたとき、

「御主人様って、チョコがお好きですから、これがよさそうだと思います。御主人様、このチョコケーキでいいですか?」

なんて、ワゴンの中のチョコケーキを指差して、にっこりしていたりする。

だが、私はその言葉に固まる。

店員も固まる。(おそらく、メイドプレイでもしているカップルなのだと思われていたと予測される)

”御主人様”って普通の場所で普通に呼ぶなよ…。

私はそんな悪態を心の中でついていたが、もう遅かった。

でも、奴隷はその言い方で慣れているから、自分が何をしたのか、まったく気がついていない。

デザートを前にニコニコなのだ。

私はものすごく恥ずかしかった上に、奴隷がそれに全く気がついていないということにも腹が立ったので、

内心、今すぐにでも奴隷を縛り上げて鞭で叩きまくってやりたくなるくらいの心境だった。

だから、それ以来、私は奴隷には、外では、御主人様とは呼ばないようにと申し付けた。

同様に、vet様も禁止。

外で、私達のSMの関係を知らない他人がいるときには、せめて”vetさん”にするようにと言ったのだった。

だが、普段、呼び慣れてしまっている奴隷。

なかなか、すぐに変えるのは難しいらしい。

やっぱり、何度も外で、”vet様”や”御主人様”と呼ばれた。

そのたびに、かなり恥ずかしい思いをさせられたのだった。

奴隷に恥ずかしいプレイを強要するのは好きでも、自分が恥ずかしい思いをするのは嫌だというのが、御主人様という身勝手な人種なのだ。

そういう時はもちろん、帰ってから、奴隷にはかなり厳しいお仕置きをする。

でもそれは、命令を守れなかったことへの罰という意味よりは、私の八つ当たりに近かったのは、もちろん奴隷には内緒だ。

本当に御主人様というのは、勝手だと思う。

ただ、本当は、他人がいる前で”御主人様”と言われようとも、堂々としていれば良いのだろうなぁとも思う。

それでこそ、真の御主人様であり、立派なサディストを名乗れるのだろう。

でも、私には無理だった。

やっぱり、恥ずかしさはぬぐえない。

もちろん、立派なサディストなどとは、名乗れない。

私のような御主人様に仕えると、奴隷も色々と大変だなと思う。


テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト



その日、美佳は会社が終わってから先に帰ると言っていた。

私も一緒に行くことはできたのだが、美佳は料理の準備がしたいとのことだった。

私も、ケーキやプレゼントがあることは、美佳には内緒だったから、別々に行くことには賛成だった。

美佳が部屋に着いたという連絡のメールを大学で受けてから、私は自分のアパートに戻って、プレゼントを持ち、予約していたケーキ屋に寄ってから、ゆっくりと美佳の部屋に向かった。

私が美佳の部屋に行くのは、その日が初めてだった。

一年半も付き合って、しかも美佳は一人暮らしをしていたのに、

一度も部屋に行ったことがないというのもなかなか珍しいことかとも思えるが、私たちの付き合いはそういうものだった。

美佳が最寄り駅まで迎えに来て、そこで会った。

やっぱり、いつもの美佳だった。

そして、二人でしばらく歩くと、美佳のアパートに着いた。

美佳は部屋のドアを開くと、小さな声で、

「どうぞ」

といって、私を中に招き入れる。

美佳のアパートは、私のアパートよりも、外観も内装もかなり綺麗だった。

6畳と4畳半の部屋にキッチンと収納、バス、トイレがついたアパートだ。

部屋の中も、綺麗に片付けてあって私の部屋とは大違いだったのだが、私が想像していた女の部屋とは多少違っていた。

物が少なく、配色も地味だ。

美佳の性格をそのまま現したような部屋だと思った。


まずは、美佳にケーキを渡す。

部屋の真ん中にあるテーブルをみると、そこには料理が並んでいた。

私の部屋に来たときに美佳が作ってくれるものよりも、多少豪華ではあったが、やっぱり、あまり派手なものは無い。

フライドチキンかピザでも買って来てやれば良かったかと思った。

早速、二人でその料理を食べる。

味もやっぱり、いつも私の部屋で作る料理の味だった。

誕生日なのに、特別なことはしないのか、それとも、その後のことが気になって、そういうところには目が向かないのかは分からない。

ただ、美佳らしいという点で、私はその料理が好きだった。

料理はすぐに食べ終わり、少し休んでから、次はケーキを食べた。

誕生日と言うことで、予約していたケーキだったから、ケーキには美佳の名前と、ハッピーバースディの文字が書かれていた。

ロウソクに火をつけて、私がハッピーバースデイの歌を唄い、プレゼントを渡した。

「ありがとう…」

美佳がとても嬉しそうに笑って、ロウソクの火を吹き消した。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報