理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
思っていた通り、ブログの更新が滞った。

仕事とか、その他の忙しさを言い訳にしたくは無いが、プロのライターではないし、書くことに慣れていない私としては、やはり継続するのは難しいものだ。

ただ、長く書かないでいると、無性に書きたくなるというのが不思議だ。

何でだろう?やっぱり、過去の奴隷との関係については、語ってしまいたい、そうすることで少し心が変わるかもしれないという気持ちがあるようにも感じられる。

その気持ちがある限り、ブログを辞めるつもりは無い。

更新頻度がメチャクチャなブログにはなりそうだが…。


それから、人気ブログランキングに参加してみた。

これは、多少なりとも、見てくれる人が増えれば、更新する気も起きるかもしれないと思ってのことだが、

考えてみたら、更新しなければ、誰も来てくれないのだから、意味があるかどうかは不明だ。


強く言えば断れない美佳を、このときも私は利用したのだった。

告白したときと同じように。

今思えば、美佳は心のすべてで良いとは言っていなかったと思う。

付き合っているから、好きな人だからセックスをするということには納得しても、両親への罪悪感と言う意味での納得はしていなかっただろう。

でも、いつも以上に興奮し、全裸の美佳を前にした欲望と、過去の過ちをえぐられた逆恨みのような気持ちから、私にはそのことを考える余裕はもうなかった。

私は、そのまま美佳を犯した。

強引なキス、欲望に任せた稚拙な愛撫、無理矢理といってもいいような感じで足を開かせ、力任せの下手くそな挿入。

そして、じっと目を閉じて、歯を食いしばっている美佳の上で、私はぎこちなく、乱暴に腰を振っていただけだった。

おそらく、美佳にとっては気持ちの良いものではなかったのだろう。

声を出すこともなく、ただうめくようにして、私が欲望を出し尽くすのをじっと待っていたように感じた。

結局、私は美佳との約束を破っていた。

怖いと言ったら、やめると約束していたのに、それはできなかった。

美佳が両親とのことで持っている罪悪感に多少なりとも変化があって、納得してからにしようと思っていたのに、そこまで耐えられなかった。

全てが終わって美佳から離れたとき、私に残っていたのは、初めて女を抱けた喜びでも、美佳と一つになれた幸福感でもなく、自分の所業に対する罪悪感と後悔だった。

美佳は、私の隣で泣いていた。

「痛いのか?」とか、「何かしようか?」とか、何度か美佳に話しかけたが、そのどれにも、美佳は力なく首を横に振るだけだった。

ただ、ひたすらに泣いていた。

私はどうしていいのか分からず、そんな美佳の汚れた腰の周りにバスタオルをかけ、さらにその上から布団をかけた。

そのくらいしか、できることが見当たらなかったからだった。

そして、隣に寝て、美佳の手を握った。

最初は何も反応がなかったが、そのうち、美佳が強く握り返してきた。

そのときになって、やっと、なんだか救われた気がした。

結局、私は、自分でまた後悔の傷を作ってしまった。

そして、それを美佳に癒してもらったようなものだった。


テーマ:SM・凌辱・鬼畜・縛り - ジャンル:アダルト



御主人様というのは、やっぱり理不尽な生き物だ。

そして、理系人間と言うのは理不尽さを嫌う傾向にある。

なのに御主人様なんてやっていた私の中には、結構な自己矛盾があったのだが、

それもそのうちに、あまり深く考えなくなっていた。

というのも、それを考え出すと、とてもじゃないがSMなどやってられなくなるし、私はもちろん、奴隷も気分が乗らなくなるのはわかりきっていたから。

とはいえ、やっぱり私はそういう矛盾を忘れられるわけではないから、時々考えては、自嘲する。

多分、それ自体が、私にとっては非日常であり、普段の生活とのギャップとして、面白かったのだろうと思う。

だから、SMというものも続けられたのだろう。そういう意味では、奴隷に感謝しなければならない。

とはいえ、奴隷に感謝を口に出して伝えたことなど、ほとんどなかったように思うし、そうしないのが、御主人様の勤めでもあり、やっぱりここでも矛盾している。

今だから笑っていえるが、あの頃はこういうことも真面目に考えていたりもしたのだ。

こういうところが本当に面白いなと思う。


あるとき、こんなことがあった。

奴隷を後ろ手に縛っておいて、

「穴を見せろ」

と命じる。

すると奴隷は、M字に開脚して、性器をさらす。

だがそこに私はさらなる命令を下す。

「中が見えない。もっと穴を開け!」

と。

すると、奴隷はとにかく足を精一杯に開くのだが、それで性器がたいして広がるわけでもない。

しかも私は、

「全然、開いてないな」

などと、言い放つ。

奴隷としては、手が使えず、足も目いっぱい開いているし、性器にも力が入っている。

これ以上どうしようもないのだ。それを私もわかっている。

なのに、そんなことをいう。

しかも、手を使えなくするように縛ったのは私だ。

こんな理不尽、ありえないのだが、奴隷は言う。

「これ以上は、もう…。開けません。こんな穴の奴隷で、申し訳ありません、御主人様…」

と、奴隷は謝るのだった。

こうなると、私としてはOKなのだ。

それを理由に調教することができる。性器を鍛えるなどと言って…。

調教に入る前、こういう、最初の取っ掛かりを入れると、調教にも凄みと言うか、雰囲気と言うか、

なんとなくではあるが、理由付けが出来るように思えるから便利だと私は思っていたので、こんなことを言っては奴隷を追い詰めたものだ。

だが、冷静に考えると、御主人様というのは、調教のためなら何を言い出すかわからない、困った生き物なのだ。

と、ここまでなら、わざわざ書くこともない、他愛の無い話なのだが…。

これには後日談がある。


この次の調教の日。

奴隷はまた同じ事をさせられると思っていたのだろう。

あらかじめ、性器を広げられるよう、ラビアから、内股や下腹のほうまで、テープ状の絆創膏を何箇所も貼ってあったのだった。

こうすると、指で広げなくても、M字に足を広げただけで、内股に貼った絆創膏に引っ張られて奴隷の性器の内部がしっかりと見える。

その大量の絆創膏と、ピンク色の性器を見た瞬間、私は御主人様としての態度をとるのも忘れて、笑い転げた。

「これで、御主人様のご要望にもお答えできると思いましたから…」

私に大笑いされながら、ものすごく恥ずかしそうに、そしてとても真面目に涙目で奴隷がそういった。

自分で、自分の性器を絆創膏で広げるなんて、良く思いついたものだと思うし、かなり恥ずかしいことだっただろう。

それでも、奴隷は必死に御主人様の無理難題を解決しようとしたのだった。

そして、見事に、手を使わず性器を広げる方法を実践して見せた。

さすがにその日は、私のほうが一本とられた気分になり、厳しい調教をする気にもならず、奴隷が望むような性処理をして、何度もイかせてやってしまった。

この私の対応、御主人様としては、やっぱり甘いのだが、理不尽であろうとも、とにかく御主人様の命令をなんとか実行したいと、

こういうことを必死で考えてくる奴隷というのが、ものすごく愛おしく思えた瞬間でもあった。


SMは理不尽だ。

精神的な意味で、御主人様も奴隷も満足していれば、理不尽とは言わないかもしれないが、

一般的な評価基準からすると、明らかに理不尽な関係であるのは確かだ。

それが前提でなり立っている。

そしてガチガチ理系頭の私は、その理不尽さといつも対峙していた。

でも、私がSMを続けられたのは、こんな素直に理不尽さを受け止める奴隷がいたからだというのも大きな要因だと、今ははっきり言える。

そして、奴隷が必死だからこそSMは面白いのだと思うし、御主人様も全力でそれに応えて調教し、奴隷を昇華させてやる義務があると私はおもう。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


その夜は、二人とも寝付けなかった。

美佳はしばらく嗚咽が止まらなかったし、それが落ち着いても、寝られるような心の状態ではなかったようだった。

美佳がバスタオルをしっかり巻いて、布団から出たのは、おそらくかなり後のこと。

這うようにしてバスルームに行った。

そしてシャワーの音が聞こえてくる。

いつもよりも長いシャワー。

中で倒れているのではないかと、私はずっと気になっていた。

しばらくして、美佳が出てきたとき、私は立ち上がって迎えた。

美佳は私が寝ているものだと思っていたようで、目を丸くして驚いた。

「…」

「俺も、なんか、寝られない」

「私も…」

「あのさ、ごめん…」

美佳に謝った。謝らずにはいられなかった。

でも、美佳は、頭を横に振った

「これでいいの…」

「本当に?」

「うん…」

「そうなのか? 無理やりだったのに…」

「それでも、いい…」

美佳はそういいながらも、また涙を流していた。

美佳はおそらく、私にではなく、自分に言い聞かせるようにその言葉を言っていたように思う。

そんな美佳を私はバスタオルの上から抱きしめた。

美佳も私に体を預ける。

しばらく抱き合っていた。

そして、私は美佳を布団に横たえ、その隣に横になった。

私は横になってからも美佳を胸に抱きしめた。

こんなことで、強引に犯した私の罪悪感が消えることは無かったのだが、そのときはとにかく美佳を離したくなくて、ずっと抱いていた。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

前にも書いたが、私はパンストフェチだ。

ただ、自分で履いたり被ったりというほうの趣味ではなく、むしろそういうのは嫌悪していたくらいで、もっぱら、奴隷にパンストを履かせるという意味でのフェチだ。

奴隷が履いているときのパンストの手触りが好きだったし、私の命令でパンストの中を濡らしたり、破かれたりしている惨めな姿を見るのが好きだった。

とはいっても、サディストの上にパンストフェチなので、変態であることはどちらにしろ変わらないのだが。


奴隷には、私と会っているときには下着を履かせないことがほとんどだった。

その代わりにパンストを直に履かせていたことは結構あり、奴隷にとってはパンストが下着代わりになっていたところがあった。

もちろん、履かせても、パンストはパンスト、下着ではないので、その格好を奴隷はやはり恥ずかしがった。

また、その恥ずかしがる様を見るのが私としては楽しく、そして調教としても面白かった。

普通の下着をつけられないことや、パンストを私の気分で破られたりすることで、屈辱を与えることが出来たし、

パンストを履かせたまま、その上からペニスを挿入し、パンストが膣の中に入ってしまうようなこともした。

その状態で、「コンドームの代わりだから大丈夫だな」などといって中出ししたりもした。もちろん、全く代わりになどならないのだが…。

また、数日間、取り替えず、寝るときも脱ぐことを許さずにずっと履かせ、さらに毎日オナニーをさせて愛液でたっぷり汚れたパンストを、奴隷に被らせたり、口に入れたりすることなども、よくやった。

だが、そんなパンストフェチな私でも、どうしても許せないことがあった。

それは、黒いパンストのみの姿になることだ。

つまり、裸にパンストを履いただけの状態。

それは、私には耐え難いほどに嫌だった。

パンストではなく、太ももまでのストッキングやニーハイのみとか、ガーターとストッキングというのであれば、全く問題はないのだが、とにかくパンストだけを履いた姿が嫌いだった。

だから、黒いパンストを履いたときには必ず、上半身に何か着るように命じていた。


その理由。

それは、黒いパンストだけの姿が、どうしても、江頭2:50に見えてしまうから。

とてもではないが、江頭を思い出しながら、奴隷を調教する気になどならない。

それだけの理由だが、私にとっては非常に重要な問題だった。

一度、何かの調教の時に、何も考えずに、奴隷の服を剥ぎ取ったら、黒いパンストを履いただけの姿にしてしまったことがある。

その瞬間、私は「しまった!」と思ったのだが、もう遅かった。

奴隷が、江頭に見える…。

もう、調教をする気も、性処理に使う気も完全にうせていた。

だから、私は奴隷の上半身にシャツを着せ、江頭スタイルを回避させることだけはなんとかやってから、奴隷を放置した。

奴隷は、何が起きたのかわからずに、まずはとても不思議な顔をし、その後ですごく不安そうになって、

最後は涙を流しながら、「なにか、御主人様の気に障るようなことをしてしまったのでしょうか…」と、理由を聞かれたのだが、

「江頭に見えたから」なんてことを、言う気にはなれなかった。

もしも、それを言ったら、奴隷がどう思うか?というのも気になった。

もちろん、奴隷を気遣うという意味ではなく、奴隷がそれ以後、自分のことを江頭だと思いながら私が調教しているのではないか?と思うようになってしまうと、おそらくストイックな気分での厳しい調教にはならなくなるから。

そして、何より、私が、それ以降の調教からパンストを履いた奴隷が全て江頭に見えるようになってしまいそうな気がしたからだ。

だから奴隷を放置した。

本当に理不尽ではあるが、SMというのはイメージが大切なものなのだ。

言えないものは言えない。

だから、しばらく無視したのだった。

奴隷は機嫌が悪い私のそばで、その顔をうかがいながら、何が悪かったのかと必死で考えているようだった。

まさか、私が江頭のことを考えているなど、全く思いもせずに…。

その日は、とにかく何も言わず、本当に最後になって、やっとフェラチオで性処理だけをさせて、調教を終えたのだった。

奴隷にとっては本当に不可解な出来事だっただろう。


未だに、テレビで江頭を見ると、あのときのことを思い出す。

私はバラエティはあまり見ないから、芸人にこだわりもないし、江頭が特別に嫌いな芸人というわけではないが、いい加減に、そのタイツ姿をやめてくれないかと思う。

今、奴隷を持っていないし、特定の付き合う女も居ない、”元”御主人様ではあるが、今でも反射的にそんなことを思う。

そして、そんな自分に苦笑してしまう。

テーマ:パンスト美脚 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報