理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

美佳をイかせる方法として、音楽を試してみたのだが、それは見事に失敗。

他にも、何か無いかと、色々と考えたのだが、私にはしばらく何も思いつかなかった。

AVなどを見ると、イかせるというか、潮を吹かせるために、電マを使っての性器への刺激というのもあったので、それを試してみたこともあったが、

美佳はイクことも、潮を吹くことも無く、ただ、「あぁ、あぁ」とうめき声を上げるだけで、

どちらかというと、そういう、私以外の”物”にいじられているということに違和感を感じているように思えた。

そんな美佳の様子を見ていると、そういうセックス用のアイテムで何とかなるという風にも思えなかった。

やっぱり、物理的な刺激ではなく、美佳の気持ちの部分を盛り上げる何かが必要なのだろうと思ったから、そういうものは、一度使ったきりで、その後は試さなかった。

なので、二人のセックスも特に変化はなく、私が無理矢理に犯すということで、普通に続いていたのだった。

そんな日々がかなりしばらく続いた。

途中で、美佳をイかせるのは無理なのだろうか?と弱気になったこともある。

今のままでいいから、もうやめようかと。

でも、やっぱり、美佳にも本当の気持ちよさを味あわせてやりたいと思ったし、私自身の達成感というのも欲しかったから、私はやっぱりずっと考えていた。

良くいえば、一度決めると、最後までやりぬく性格というのだろうか…。

悪くいえば、往生際が悪い。

まあ、私らしいといえば、私らしいのだが…。

そして、あるとき、何かの雑誌だったと思うが、ラブホテルで他人のセックスのビデオを見てからセックスをすると、かなり性欲が高まるというような記事を読んだのだった。

それで、わたしは、美佳の部屋に行くときに、かなり刺激の強いAVを持っていくことにした。

それを見てからセックスをしたらいいのではないか?と思いついたのだった。

それまで、美佳に見せたことがあったのは、ビデオも本や雑誌も、かなりソフトなもの、セックスのハウツー本に近いようなものがメインだったが、

このときは、男がオナニーをするときに使うような、完全なAVをもって行ったのだった。

しかも、無理矢理にされることを望んでいた美佳に合わせて、レイプ物がメイン。

そして、その中に、私は一番強烈なものとして、一本のSMビデオを入れておいたのだった。

そのときの意図としては、セックスの前に雰囲気を盛り上げるもの、美佳の気持ちを高めるものとして、かなり刺激の強いものがよいのではないか?ということでのチョイスだった。

別に、そのSMビデオをきっかけにして、美佳を奴隷にしようという意図は全くなかった。

もちろん、偶然にそういう方向に行くこともあるかもしれないと、頭の片隅にも思っていなかったとは言わないが、それが目的ではなかったのは事実だ。

SMをしている夫婦に言われたように、いきなり美佳に目隠しをするとか、縛るとか、そういうことで雰囲気を作るというのも、

そのときの私はやるつもりはなかったし、実際出来なかっただろうと思う。

また、美佳を軽く叩くようなことは、無理矢理にセックスをするという意味ではあまり変わりがない気がしたので、それをすることでこれまでと雰囲気や美佳の気持ちが変わるとも思えなかった。

だから、このとき、美佳と主従関係になるというのは、ほとんど私の考えの外にあり、

とにかく激しいセックスの場面、女が自由を奪われて犯されているところを見ることで雰囲気を盛り上げ、気持ちを高ぶらせようと思っていれたSMビデオだった。

また、ビデオを見るというのは、これまでの延長線上で出来ることということでもあったので、やりやすかったというのもある。

初めにイラマチオのことを言い出したときの美佳も、自分でアダルト雑誌を買ってきていたし、その後も、私の持っている本から体位を見たりしてやったこともあった。

美佳は、そういう本を見るのはいつも恥ずかしそうにしていたし、結局、その時点までで、美佳が自分で買ったのは、その一冊だけだったようだが、

そういうものを参考にして自分たちのセックスに反映させるということ自体には、二人ともに抵抗感があまり無かった。

だから、このときはAVにしてみたのだった。

私は、3本のビデオを持って美佳のアパートに行った。

1本がSMビデオ、他の2本がレイプもののAV。

そして、セックスを始めようとしたとき、

「今日は、ビデオ見てみない?」

と私が切り出した。

そういうことは今までに何回かあったので、美佳も特別に気にすることはなく、

「うん」

と頷いた。

私がかばんからビデオを出すと、美佳はビデオデッキを準備した。

そして、ビデオを見始めたのだった。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



言い訳をするようで、なんだかカッコよくないのではあるが、このブログ内だけは、カッコ悪いことも素直に書くと決めているので、今日は言い訳じみたことを書こうと思う。

私が、色々な失敗をしつつも、最後のところで、御主人様のプライドを守ったというような感じでなんとか、調教を終えるように必死で色々と考えているのは、

もちろん、私が自分でプライドや威厳を保ちたかったというのが第一の理由ではあるのだが、もう一つ、理由がある。

それは、奴隷にとっても情けない御主人様の姿というのは、あまり見たくないのではないか?という風に思っていた部分。

勝手にそれを言い訳にしていたのだろう?といわれれば、そうかもしれないのだが、

私自身は、結構真面目に、「御主人様になった以上、ちゃんと御主人様らしくする義務がある」と思っていた。

ただ、これらが言い訳として通用するかどうかは、奴隷の性格やそのときの状況によって違う。

例えば、そういうたまの失敗もかわいいと思って、ニッコリ流せる奴隷もいれば、

理不尽に調教しているくせに、うまくやれないことに腹を立てる奴隷もいるだろうし、

本気でがっかりして、SM熱が冷めてしまう奴隷も多分いるのだと思う。

私の失敗を奴隷が見抜いていたかどうか?また、見抜いていたとして、それを奴隷がどう思っていたのか?というのは、今となってはわからないが、

私が調教した奴隷は、大抵は流してくれていたのだろうと思う。

私はこのブログに書いているように、結構、面倒なことをやらかしてしまう方なので、私の失敗を奴隷が一つも気が付かなかったというようなことはなかっただろうと思う。

きっと気がついていたものはいくつかあったのだろう。

実際、何度か突っ込みを入れられたこともある。

だが、そのときも、

「こんな感じのご主人様も、たまにはいいですね」

なんて、ニコニコしていたし、次の瞬間からは、また奴隷としての服従の態度に戻っていたから、それほど怒っていたわけでも、熱が冷めてしまうようなことになったわけでもないようだ。

でも、御主人様同士で話をすると、どうやらそういう寛大な?奴隷ばかりでもないようで、御主人様の失敗に奴隷が本気で怒ってしまい、

調教がその場で終わりになったのはもちろん、それ以降の主従関係がギクシャクして、うまく機能しなくなり、結局別れたという話も何度か聞いた。

私は幸いというか、なんというか、そういう別れ方というのはなかったので、よかったのだが、

主従関係とはいっても、人間関係の一つではあるので、それを壊す要因というのは、やっぱりどこかに存在していて、

それに触れてしまうと、主従関係も壊れてしまうし、主従というアブノーマルな関係であればこそ、

壊れはじめてからの、空虚な感じというか、白けた状態というのは、大きくなるように思う。

そういう経験のあるご主人様の知り合いが言っていた言葉だが、

「奴隷は(その関係に最後の時がくるならば)捨てるに限るよ…」

と、ポツリとつぶやいていたのが印象的だった。

これは完全に御主人様の側の勝手な意見なのだが…。

つまり、奴隷に捨てられる御主人様ほど、情けなく、滑稽なものはないと言いたいのだ。

今まで、従わせ、理不尽な要求に耐えさせ、組み敷いてきた奴隷。

それに逆襲されるようなもので、今までの全ての調教が、ものすごく虚しく、そして馬鹿馬鹿しい演技だったことになってしまう瞬間だから。

御主人様としては、その瞬間を味わいたくない、最初から最後まで、奴隷の上に君臨していたい。

そう願うのは、Sだからというのもあるが、やっぱり御主人様も人間だから、恥をかきたくないからなのだろう。

そして、私も同様、そういう状況には陥りたくないものだなと思う。

奴隷にとっては理不尽だったとしても、だ。

だから、必死に調教をするのか? そんな風にも思う。

とにかく、私が絶対に奴隷に指摘を受けない完璧な調教を目指そうとしていた理由というのは、そういうところにもあったのかもしれない。

御主人様だったときは、多分、無意識に思っていたことの一つだろう。

今、御主人様をやめてみて、冷静にあのときの心のうちを思い出し、その思考構造を考えてみると、こういうこともあったのだろうなと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



奴隷の正座に関しては、今思うと、私は少しこだわりがあったように思う。

他の御主人様と比較したことはないので、私のこだわり具合というのがどの程度のものなのか?というのはわからないが…。


奴隷に正座をさせるのは、調教では基本的なことだが、奴隷になったばかりの女は、正座が出来ない場合がある。

特に長時間の正座が厳しいことが多く、他の御主人様との話などでも、その話題が出たことが結構あったのを思い出す。

きちんと正座が出来るようになるまで、かなり時間がかかる奴隷もいるようだ。

正座に関しては、他の調教と違って、やらせて慣れさせるしかない。

特別なことをしていきなりできるようになるわけでもないし、コツがあるわけでもなく、痛みに耐えていればできるというものでもないし、例えば浣腸のように、御主人様が無理矢理にやって、それで出来たことにするっていうのも無理なもの。

とにかく、毎日正座をして過ごすように言い渡して、その時間を徐々に延ばせるようにしていくしかないのだ。

もちろん、調教のときに奴隷に命令し、正座の姿勢をとらせ続けることは可能だ。

奴隷の足がしびれようと、そのまま耐えるように言っておけば良いわけだが、

正座から立ち上がるときに、足がしびれて奴隷が無様にコケるのは、私はどうも見たくなかった。

私の中には、奴隷は床に座るときには、常に正座し、いつでも御主人様に向かって手を付き、頭を下げてご挨拶ができる状態であるべき。

という奴隷の理想像みたいなものが存在していたから、奴隷のたしなみとして、正座というのは軽く出来て当たり前の事柄だと考えていた。

だから、正座ごときで足がしびれる奴隷というのは、私にしてみるとまだまだなのだ。

もちろん、奴隷があぐらをかくとか、そんなことは私は許さなかったし、床にぺたんと、尻をつけて座ってしまう状態というのも、なんとなく軽い感じがして嫌いだった。

それをやるくらいなら、両足をそろえて、横に流したような体勢で座っているほうが、まだマシに思えた。

床に座る話とは少し違うが、椅子に座ったときに奴隷が足を組むとか、それも私は許さなかった。きちんと足をそろえて少し傾けているくらいが、綺麗だと思う。

御主人様が綺麗だと思う姿勢にあわせて、普段から振舞うというのが、私が奴隷に対して要求していたことの一つだった。

どこに出しても恥ずかしくない奴隷。

私のそばにいる以上、誰に見られても恥ずかしくない奴隷、ということには、私はこだわっていたように思う。

もちろん、一番は、私が見て、最も綺麗に見える姿を常に保つべき、ということなのだが。


それと、正座に関しては、調教的な意味合いも、もちろんあった。

上でも書いたように、すぐに御主人様に手を付いて挨拶が出来ること、そのときに、私の足を奴隷の背中に置いたりするのにちょうどよい、などの理由だ。

椅子に座ったときに足を組ませないというのも、いつでも足を開いて性器を私の前にさらすことが出来るという意味でもある。

もちろん、物理的に言えば、足を組んでいてもすぐに足を開くことは可能なのだが、そういうことではなく、意識的な問題なのだ。

足を組んで性器をがっちりと中に囲い込んでいる姿を御主人様に見せるのは、服従していることにはならないと私は思っていた。

だから、常に性器をご主人様に晒せる気持ちを持っているということ、それを奴隷が忘れていない印として、足を組ませないようにしていた。


また、奴隷に正座をさせる、多少変わった理由としては、私は前から書いている通り、パンストフェチであり、女の足が好きだからというのもある。

だから、足の形へのこだわりというのがかなり強い。足が長いとか短いとかそういうことではなく、とにかく綺麗な姿勢で常に足を維持しているということが、重要なのだ。

今は御主人様じゃないからこんなことを書けるのだが、パンストを履いた女の足の肌触りとか、かなり好きだったのだ。

もちろん、履いてない生足でも、好きではあったのだが…。

私には、こういう性癖があるので、調教や性処理が終わった後、私は奴隷の膝枕で眠ったことも多かった。

だから、長時間の正座が出来ないと、私の要望がかなわなくなるわけで、そういう意味でも、正座が出来ない奴隷はダメだということになる。

今思うと、これだけのことを、奴隷は良くやったものだと思うが、とにかく、正座というのは、私の調教の中では、最初の頃の重要な事柄だった。

綺麗な正座が出来る奴隷や、長時間の正座でも平気な奴隷、足を綺麗に見せるような姿勢が取れる奴隷に仕立てる。

それが、私の調教の目的の一つだった。

他の御主人様は、正座くらいが限度で、ここまでこだわった人はあまりいないのかもしれないが…。

だから、私は、本当にややこしい御主人様だったと思う。

しかも。

かなり理不尽なことに、私自身は正座がかなり苦手だ。

長時間の正座などすると、確実に足がしびれて立てなくなる。

自分に出来ないことを他人に要求するという理不尽さが、私は、やっぱりいつも気にはなっていた。

御主人様の癖に、こんなことをいつも思っていたのが、理系的というか、考えすぎな私の性格なのだ。

でも、意思が弱いのかなんなのか、結局、私は正座の練習をしたことはない。

御主人様なんて、やっぱり、こんなものでもある。

だから、今、いつも正座をさせられている奴隷にちょっと言いたいのだが、一度でいいから、

「御主人様もたまには、ご一緒に正座でも、いかがですか?」

と言って誘ってみてはどうかと提案したい。

多分、正座など出来ない御主人様のほうが多いから、一瞬の戸惑いとか、躊躇とか、そういう面白い反応が、もしかしたら見られるんじゃないかと思う。

まあ、その後で、きつい調教をされても私には責任は持てないが…。


やはり、奴隷を飼っていないから、こういうことも考えられてしまうのだろう。

本当に、厄介な性格だなと自分で思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


まずは、普通のAVから見る。

それも普通のセックスというよりも、レイプ物に近い感じの、結構過激なものだったので、美佳の反応が気になってはいたのだが、特別、変わった様子もなく…。

いつものように、恥ずかしそうにうつむき気味に眺めている。

私は、やっぱり、ビデオでもダメなのかと、少し落胆し始めていた。

「なんか、雰囲気が変わるかと思ったんだけどな…」

なんて言ったりしていた。

次のビデオもレイプもので、かなり激しいものだったが、美佳の様子はやっぱり特に変わらず…。

その2本で特別な反応が見られないことに、私は本気で落胆したのだった。

そのときの私は、なんとも情けないというか、今にすると、微笑ましくすら思えるのだが、それでもあの時は必死だったから、余計に凹んだ。

今思えば、たった2本のビデオがダメだっただけなのに。

私の思考も単純というか、なんというか…。

だが、美佳はもともと、アダルト雑誌も、ビデオも、恥ずかしがるほうなので、ビデオも、あまり直視はせずに、うつむき加減で眺めいているという感じだった。

だから、そんなに落胆しなくても良さそうなものなのだが、2本のAVを見た時点で、私はすでに諦めかけていたのだった。

AVでも、やっぱり、美佳の気持ちを盛り上げるのはうまく行かないのだろうなぁと。

そして最後のビデオをセットしながら、

「なんかさ、ちょっと違ったものも見てみようと思って、こんなの借りてきたんだけど、かなり変なのだから、イヤだったら言えよ。途中でもやめるから」

と、半ば諦めたように予防線を張りながらビデオを見始めた。

それがSMビデオだった。

そこには、御主人様と、奴隷がしっかりと映っていた。

首輪をつけられる奴隷。

挨拶をさせられる奴隷。

縛られる奴隷。

御主人様の足を舐める奴隷。

尻を叩かれる奴隷。

イラマチオをさせられる奴隷。

バイブなどの器具でイかされる奴隷。

そして、体の自由を奪われてなすがままに犯される奴隷。

そんな光景が繰り広げられていた。

でも、これは、SMビデオの中では、ソフトなほうだったと思う。

蝋燭も鞭も無ければ、アナル開発や水攻めのようなものも無い。

スカトロや肉体改造などとも無縁な、ある意味、綺麗なSMビデオだった。

それを見終わったとき。

私は、かなり興奮していた。

私の中のSの部分が猛烈に刺激されているのが分かる。

すでにかなり勃起していた。

だが、美佳はその前の2本のビデオと同じく、うつむき加減で見ているだけで、特に違った反応は無い。

その様子に私は、ああ、やっぱりこれではダメなのだなぁと、ほぼ確信した。

雰囲気として、美佳が興奮するわけではないのだと思ったし、さらには、美佳のM性についても、

美佳はMではなく、ノーマルで、両親のことがあるから無理矢理にされることで安心するだけなのだろうということで、結論付けようとした。

そしてビデオを片付けながら、

「またなんか探してくるよ」

と、私はかなりがっかりしていたのだが、それを悟られないように、軽く聞こえるように言って、ビデオを片付けたのだった。


テーマ:エロエロAV大好き! - ジャンル:アダルト



私は、ビデオを見せることで、美佳の興奮を高め、雰囲気を作って、

なんとかセックスでイけるようにとやったことだったが、

それが失敗に終わったと思って、かなり凹んでいた。

だが、私は、それを美佳には悟らせないように、勤めて明るく振舞った。

美佳は、私に対して申し訳ないという気持ちがかなり強かったから、

私が凹んでいるようなそぶりをすれば、美佳のそういう気持ちが増幅されるのは、目に見えていた。

私は、少なくともこのときは対等の立場で付き合っていたパートナーである美佳に、そんな思いはさせたくなかったし、

美佳がそういう気持ちになってしまっては、さらにセックスの快感からは遠ざかるような気がして、

とにかく、明るく振舞ったのだった。

だが、今思えば、多分、美佳は私の心境もある程度は見抜いていたのだろうと思う。

私は演技がうまくないから、きっと不自然な部分があって、それはわかっていたのだと思う。

それに、美佳は人の気持ちを察することが出来る女だった。

だからこそ、余計に私に対しても、謝る言葉が増えてしまうのだ。

今思えば、そういう美佳の性格に気がついていたのだから、もっとなにかしてあげられたんじゃないか?なんて思うが、

そのときの私は、ただ明るく振舞うとか、話の矛先を楽しいものに変えるとか、その程度。表面をなんとか取り繕うだけで精一杯だった。

本当に情けないことだと思う。

そんな私が、ビデオを横によけて片付けたとき。

美佳が小さな声で、ポツリと言った。

そう、今思えば、この言葉が全ての始まりなのだった。

「私、いいよ…」

という、この一言が。

「ん?なにが?」

私は、美佳が言いたいことがすぐには理解できなかった。

「あなたが、これ、したいの分かったから…」

美佳が、横によけられたSMビデオを指差してから、私の顔を見てそう言った。

私はドキリとした。

心のうちにあって、それまで誰にも言ったこともなく、自分だけしか知らなかったはずの私のSの部分を、的確に指摘された。

しかもそれは、ノーマルではない性癖なのだ。

その瞬間の恥ずかしさ、そして美佳に嫌われてしまうのではないか?という不安。

それが、一瞬にして胸を圧迫してきた。

だから、私は必死て弁解した。

「あ、いや、したいって言うか、これはただ単に、雰囲気を作ろうと思って過激なのを用意してみただけだから…」

と、多分かなりオドオドと説明したのだが、美佳はちょっと首をかしげながら、にっこり笑っていた。

「なんとなく、分かってた。あなたがこういうの好きなの…」

美佳の顔はすごく穏やかで、私を嫌うとかそういうことではないように思えて、それが唯一の救いだったような気がする。

「え?…なんで?」

「セックス、無理矢理にしてるとき、とても楽しそうだから」

「そ、そうだったか?」

「うん。きっと、こういうことするのも好きなんだなろうぁって、結構前から思ってたの」

「でも、俺、美佳が嫌ならやらないから…」

「うん。そういう優しい人だっていうのも分かってる。でも、私も、少し期待してたから…」

そういうと、美佳は部屋の隅に這っていき、戸棚から一冊だけ買って持っている例のアダルト雑誌を取り出した。

そして、ペラペラとめくると、ある写真を私に見せる。

美佳が見せてくれた写真は、女が赤い縄で後ろ手に縛れて、フェラチオをさせられているものだった。

「この雑誌買って、こういう世界があるの、始めて知って…。こういうの、いいなぁってなんとなく思ってた。でも、そういうのが好きだって言ったら、気持ち悪い女だって思われそうだから、なかなか言いだせなくて…」

そう言いながら、美佳は恥ずかしそうに少しうつむいた。

「そうなのか…」

私もここで、美佳と同じ思いを持っていたことに驚きつつも、安堵していた。

このときのSMビデオは、美佳の気持ちを盛り上げて、美佳がイけるようにと考えて選んできたものだったが、

その意図とは別の結果を生み出したのだった。

美佳がMらしいというのが、このときわかったのだった。

それならもっと前に何とかできたかもしれないと思った。

だから、正直脱力した。

そして、やっと私は白状した。

「美佳の言うとおりだよ。俺もそういうの好きだから…」

「やっぱり…」

「それに、美佳がどんなセックスが好きでも、それを気持ち悪いとか、思わないし。美佳は美佳だからさ。だから、安心しろよ」

私は力強く言っていた。それに応える美佳も笑顔だった。

「うん。ありがとう…」

なんだか、妙な連帯感が生まれていた。

そして、どちらとも無く、自然に笑い合い、そして抱き合った。

別にセックスするでもなく、服も脱がずに、ただ抱き合って布団の上をゴロゴロしていた。

後から考えても不思議なのだが、ただ抱き合っているだけなのに、このとき、とても充実した気分だったのを鮮明に覚えている。

あんな気分になったのは、そのときが初めてだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報