理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が御主人様だった頃は、御主人様(とその奴隷)の知り合いは、結構多かった。

インターネットも今ほど活発に使われている時期ではなかったが、それでもネット上で知り合ってオフ会などで、顔を合わせることが一番多く、

ついで、その知り合いからまた別の人を紹介されるとか、そういうことで付き合いの輪が広がっていた。

そういう人達とは、たまに会ったりして食事をしながらSM話をしたことが多かった。

色々な人に会って色々な話を聞いたので、そのうち、そういうこともブログに書こうと思うが、今日は、そんな中にいた、ある奴隷が言っていた言葉を書こうと思う。

それは、たしか、3組くらいの、御主人様と奴隷とで一緒に食事をしていた時のことだったと思う。

「奴隷はなぜ幸せなのか?」なんて、真面目なことが話題にのぼっていた。

もちろん、御主人様が奴隷に「幸せか?」と訊ねれば、「幸せです」というのは、確実なのだが、それでも、訊いてみようと言うことになって、

御主人様が一人ずつ、奴隷に「なぜ幸せなのか?」も一緒に言えと、なんだかちょっと意地の悪い質問をぶつけたのだった。

まずは、私が自分の奴隷に質問をした。

「お前は、奴隷になって幸せか?」

「はい、とても、幸せです」

「なぜ幸せなんだ?」

その質問に、奴隷はかなり苦戦しているようだった。「幸せなこと」に理由をつけるというのは、私も難しい。

でも、それを要求する。

「そ、それは…。御主人様がいてくださるからです」

と、なんとかそれらしい理由を見つけて、奴隷は言った。だが、この答えはあまりにも普通すぎて、面白くなかった。だから、

「奴隷なんだから、御主人様が居るのは当然だろう? そんなの理由にならないな。もっと、ちゃんとした理由はないのか?」

なんて、かなり酷い難癖をつけてみたりする。

本当に、御主人様というのは、厄介な人種だ。

「で、でも、私のことをわかってくださる御主人様がいてくださるから、私…」

と、私の奴隷は言葉につまる。

自分をわかってくれる人がいるから幸せというのは、十分な理由だと思うのだ。

だが、やっぱり、それもこれといって珍しくはない理由なので、私は心の中では認めつつも、やっぱり御主人様としては、それをそのまま認めるのは、なんだか嫌だった。

だから、ため息を付いて、

「はぁ、もう少しちゃんとした理由はないのか?」

「あ、いえ、そんな、ちゃんとした理由といわれても…」

私は、これ以上、奴隷からは面白い反応は出てこないと思ったので、話を次の御主人様に譲った。

次の御主人様も、自分の奴隷に私と同じような質問をするが、やっぱりその答えは私の奴隷と似たり寄ったりのものだった。

要するに、そもそも、幸せと言うのは感じることなのだから、それは自然に湧いてくるものだ。

だから、その理由を示せと言うのは、もともと酷な話なのだ。

でも、それをその場の話の成り行きで要求するのが御主人様という、理不尽な生き物なのである。

そして、最後の御主人様が、やっぱり奴隷に同じ質問をした。

その奴隷も最初は、他の奴隷たちと同じような答えを返していたのだが、そのうち、何かにふと気がついたようで、こう言ったのだった。

「奴隷は、奴隷に堕ちるから幸せなんだと思います」

と。

「どういうことだ?」

と、その御主人様が聞くと、

「普通の女性は、恋に堕ちるだけですけれど、私は恋に堕ちて、奴隷にも堕としていただきましたから、普通の女性よりももっと幸せです」

と言ったのだった。

その答えに、一同は、

「おぉー」

と、感心した。

こんな答えが返ってくるとは、かなり驚きだった。

恋に堕ちると、奴隷に堕ちるをかけているのもうまい。

とっさにこういう事を思いつくというのは、なかなかすごいなと思った。

そして、奴隷の心理というのは、そういうものなのか、とも思えた答えだった。

恋人の時よりも、奴隷になった後の方が幸せだという奴隷には、結構会っていたから、そういう意味でも、この言葉は綺麗に皆が納得できたのだった。

だから、私にとってはとても印象深く、「恋に堕ちて奴隷にも堕ちるからとても幸せ」というのは、未だに心に残っている言葉だ。

私の奴隷でもたまにあったが、とっさにこういう意外な反応を返してくるので、本当に奴隷というのは面白い。


それにしても、こうしてブログに書くといつも思うのだが、御主人様のころは奴隷に対して、無茶な質問とかを普通にしていたものだ。

それに付き合っていた私の奴隷というのは、本当に大変だったのだなと改めて思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



幸一と理沙に気が重い頼みごとをされてから数日、私はずっと考えていた。

その頼みを断る方法を。

断る理由はもちろん、美佳が居るから。

奴隷は美佳一人で十分だし、美佳を捨てて理沙をとるなんてことは当然できない。

そうなると、必然的に、2匹を同時に飼うことになるのだが、美佳が他の女を受け入れるとは到底思えない。

ただ、それを幸一と理沙に説明するのだとしても、非常に気が重いのだ。

なんとか、他に理沙が御主人様を見つけられる方法はないものか?とか、うまく二人が別れずに済む方法はないものか?とか、おそらく幸一と理沙が散々に考えたであろう事柄を私も考えずには居られなかった。

当然ながら、考えたところで、当事者でも無い私に良い案が浮かんでくることはなかったのだが…。

そんな数日を過ごすうちに美佳と会う日がきた。

美佳もあの場所にいて、私が幸一と理沙に頼まれたことを聞いている。

そして、そんな提案を美佳が受け入れたいとは思っていないだろうと私は確信していた。

ここで、私が理沙を受け入れるかどうかを迷っている素振りを見せては、美佳にも不安を与えると思った。

だから、その日の調教は、自然に厳しいものとなっていた。

私が考え事をしていることを悟られないように、厳しく調教をしたのだった。

そして、調教が終わる。

美佳は、厳しい調教の後だったから、布団の上に投げ出され、ぐったりと横たわっていた。

私はそれをことさらに無視するように、テレビをつけてそれに見入っていた。

なるべく、美佳に私が考えていることを悟らせたくなかったから、美佳と直接話をしないようにしたかった。

今思えば、逃げているだけのなんとも情けない対応だったが、それ以外に何も思いつかなかった。

しばらくすると、美佳が布団から起き上がってきた。

そして、私の側にやって来る。

それはいつものことだったが、その時は美佳がなにか言い出すのではないかと、私の方がドキドキしていた。

「捨てないでください」とか、「他の人と比べられたら…」とか、

初めてセックスをする前に見せていた美佳の反応を思い出して、私はそんなことを言われるのではないかと、正直なところ、怖かったのだ。

そして、美佳が口を開いた。

「あの…御主人様」

「ん?」

私は、テレビから視線を外すことなく、努めて平静を装って答えた。

「奴隷の分際で、でしゃばりなことでしたら、申し訳ないのですが…。理沙さんのことで、もしも、私を気にしてくださっているのでしたら、構いませんから…」

いつものように控えめな小さな声だったが、はっきりと美佳がそういった。

その発言に私は驚いた。

美佳の口から、美佳以外の女を容認する言葉が聴けるとは思っていなかったからだ。

私は急いで、テレビから美佳の顔に目を向ける。

美佳は、ニッコリと微笑んでいた。そこには、なんの不安も躊躇も見いだせなかった。

本当に、それを望んでいるような顔で、微笑んでいたのだった。

「どうした?お前、俺が他の女のことを抱くの嫌じゃなかったのか?その気持ちはなくなったのか?」

美佳の肩をつかんで揺するようにして、問いただす。

「いいえ、なくなったわけではないのですけれども…。でも、同じ奴隷として、理沙さんの不安な気持ちもすごくわかるんです。だから…」

「でも、本当は嫌なんだろ?」

「そういうわけでもないんです。でも、なんとなく、ですけれど、理沙さんが来ても、御主人様は私のこともきちんと今までと同じように見てくださるような気がして…。御主人様の”物”になれているような気がして…。大丈夫だって思えて…。違いますか? 奴隷のくせに、自意識過剰、でしょうか? 私…」

瞬間的に返す言葉がなかった。

美佳の言い分は、完璧に私の図星だったから。

たとえ他の女が来ても、美佳を捨てる気なんて、私は毛頭なかった。それだけは確実だと言えるほど、私も美佳が好きだったから。

そんな私の気持ちを本当に見抜かれれていたのかどうかは分からないが、少なくとも美佳は私の所有物として、しっかり認められているということ、奴隷としての立場を確立したということには、多少なりとも自信があったのだろうと思う。

そこまで思い至ったとき、私の美佳への気持ちが伝わっていることを私はとても嬉しく思ったのだが、同時に、この状況でもやっぱり御主人様としての威厳を保ちたいという欲求も発生していた。

そして、その欲求がまたも素直じゃない反応を作り出す。

「奴隷の癖に、本当に自意識過剰な奴だな。他の奴隷を入れれば、お前が捨てられる可能性が高くなるんだぞ。それでも良いのか?」

と、また意地の悪いことを言ったのだが…。

「信じています」

というたった一言と、先程にも増した笑顔で返された。

こうなると、もう、私の負けだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


その日、私と美佳は、幸一の部屋にいた。

一人暮らしにしては、かなり広い幸一の部屋は、デザイナーズマンション?で、私の部屋なんかよりも当然綺麗で、さらにインテリアなども統一感があり、かなりオシャレだった。

そこで、私は幸一に頼みごとの返事をすることになっていた。

その集まりだったから、幸一の隣には、理沙もいた。

4人でテーブルを囲んで椅子に座り、理沙が作ったお菓子と、紅茶を飲みながらの話になった。

理沙は、首輪をつけただけの全裸だった。

紅茶をいれたときにエプロンをしていただけで、いれ終わってしまうとそれも躊躇なく脱いで、私にその裸体を晒した。

これまで、4人で会っていたときは、SMの話はしても、プレイはしなかったし、ご飯を食べに行ったり、映画を見に行ったり、ドライブに行ったり、そういう普通の遊びをして過ごしたことばかりだったから、理沙が全裸だったのには少し驚いた。

だが、それには理由があった。

「引きとってもらうように頼む以上、どんな”もの”かを、全部見せないと卑怯だと思ってな」

と幸一が言った。

その顔は真剣そのものだった。そして理沙も、全裸になってしまうと、椅子には座らず、床に正座し、

「どうぞ、私をvet様の奴隷にしてください。お願い致します」

と、この前の中華料理屋での態度と同じように、やっぱり、床に手をついて土下座をした。

だが、この時になっても、まだ私は決めかねていた。

美佳が理沙を受け入れることを承諾しているとはいっても、美佳が本心からそう思っているのかどうか?、まだ見切れずにいた。

本当に、あきらめが悪いというか、考えすぎる私の傾向が見事に発揮されていたのだった。

だから、

「色々と考えたんだけどな…」

と、私は、まだ迷っているという感じで、切り出していた。

「やっぱり、ダメか?」

幸一が、ため息をつきながら応じる。

「かなり迷っていてな…」

私も、歯切れの悪い答えを繰り返す。

だが、そんな私を見て、横に座っていた美佳が、

「御主人様、すみません。失礼いたしますね」

といって、微笑んでから、いきなり椅子から降りて、床に手をつき、土下座していた理沙に声をかけた。

「私の御主人様、素敵だから」

と。

それはもう、理沙を迎え入れると言っているようなものだった。

テーブルの下、奴隷同士で勝手に話が進んでいた。

それには、私も幸一も驚いた。

「ちょっと待て、俺は何も言ってないだろ!」

私は、焦って机の下に声をかけた。

美佳に主導権を握られている私を見て、幸一が笑った。顔が少し明るくなる。

「もしかして、理沙のこと、いいのか?」

「いや、いいというか、なんというか…」

「vetが引っかかっていたのは、美佳さんのことだろ?その美佳さんが同意してくれたみたいだし、何とかなりそうなのか?」

「でもな…」

私は、本当に情けないことに、その段階になってもまだ歯切れが悪かった。

「いいんだ。どうしてもダメなら、あとから理沙を捨ててくれて構わない。そのことは理沙にも言ってある。二人の迷惑になるなら身を引けって。だから、頼む」

幸一がこの時とばかりに、懇願してきた。

「はぁ…」

私は溜息しか出なかった。

だが、そうしている間にも、テーブルの下では、美佳と理沙が手をつないで微笑みあっていたらしい。

もう、この時点で結論は出ていたのだった。私が色々なことをゴチャゴチャと考えているよりも早く。

理沙が私の奴隷になるという結論が…。

そして、私はようやく観念し、美佳が理沙を奴隷にすることを積極的に私に進言したことなどを幸一に説明した。

すると、幸一は、なにかすごくほっとしたような顔で、

「ほんとに、ありがとう」

と言った。その言葉に、私も、これで良かったのかもしれないと、少し思えた気がするのだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


幸一の部屋で、理沙が私に譲渡されることが決まった。

美佳に押し切られたような感じではあったが、私としても別に不愉快だったわけではない。

結果的に、美佳は、私がすべきことを、かなりやりやすくしてくれたと思う。

そういう意味で、美佳には感謝しなければならないのだが、もちろん、感謝の言葉を美佳にかけてやるような私ではない。

御主人様として、それは意地でもできなかった。

それでも、美佳には私の気持ちが伝わっていたようだった。それだけが救いだと思った。


理沙の処遇が決まり、少しホッとしたとき、私が考えたのは、美佳が理沙を受け入れた本当の理由だった。

私がそれまで、他の奴隷を入れることや、他の女を抱くことを考えなかったのは、美佳が居たからだ。

というか、美佳が好きだったからだ。

だから、他の御主人様からスワップなどに誘われても行かなかったし、もちろん風俗などにも興味が向かなかった。

美佳がいればそれで満足だった。

そういう意味では、一匹の奴隷に縛られている、情けないご主人様だったかもしれないが、私はそれを誇りにすら思っていた。

だから、私は、理沙の処遇をめぐる話の中での、美佳の意外すぎる言動に驚き、戸惑うばかりで、美佳の気持ちや秘めた思いには気がつかなかった。

一応、前もって話をし、美佳としての気持ちを聞いていたとはいえ、美佳が積極的に理沙を受け入れようとしたのは予想外だった。

奴隷となる前からそうだったが、美佳は自分の意思をあまりはっきりと前には出さないタイプだ。

そして、奴隷になったらなおさら、御主人様である私の意図を尊重するような姿勢になっていた。

だから余計に、美佳の行動、そしてその原動力となっている、気持ちの切り替えに驚かされたのだった。

ただ単に、同じ奴隷として理沙の気持ちがわかるからだとか、私のことを信じているからだとか、そういうことだけで、ここまで割り切れるものなのか?と私は思った。

でも、しばらく考えるうちに、美佳の真意を理解出来たような気がする。

美佳は、私の美佳に対する気持ちもわかった上で、私に他の女を抱く機会を与えようとしたのではないか?そう思った。

私が性欲が強い男であることを、美佳は理解していたから、それが満足されることを、望んでくれていたのではないかと、私は譲渡が決まった後から気がついたのだった。

美佳がよく言っていた言葉がある。

「御主人様の満足(快感)が私の満足(快感)なんです」

この言葉を言う奴隷は、よく居るだろうと思う、ある意味、定番の奴隷の発言なのだが、それを美佳は実践したのだろうと思った。

美佳は奴隷として、御主人様が一番気持ちよくなる方法は何か?ということを最優先で考えたのだろうと。

その後の言動などから考えても、他の女に対する嫉妬や劣等感、比べられ、捨てられるのではないか?という美佳自身の気持ちが無くなっていたわけではないと思う。

でも、それよりも、御主人様の快感を優先するのが奴隷なのだと、そういう気持ちから、理沙を受け入れることに同意したのではないか?そう私は推察したのだった。

美佳にそれを確かめたことはなかったが、多分そういう理由だったのだろうと私は思う。

奴隷として、御主人様にとって何が満足で快感なのか?それを美佳なりに考えた結果なのだと、私の中では納得させていたのだった。


結局、このような顛末で、美佳が理沙を受け入れることに積極的だったことが私の気持ちを決定づけた。

美佳に背中を押されるようにして、理沙を受け入れることを承諾していた。

そして、私は、晴れて、幸一から理沙を譲渡されることになったのだった。



その日、幸一の部屋からの帰り道、美佳が私に言った。

「今日は、でしゃばってしまって申し訳ございません」

と。

そして、道端に座って土下座をしようとした。だが、それはやめさせて、美佳を立たせ一緒に歩き出した。

その時、私が思ったのは、結局、こういう結果になるのであれば、美佳が理沙を受け入れると言った時点で、私も腹をくくるべきだったのだ。

それができなかったから、こんな面倒な事になったのだと、私は、自分の優柔不断さにあきれ返っていた。

だから、この日の美佳の行動は、私にしては、ありがたかったと言える。そのことに、すでに私は気がついていた。

だが、私は、やっぱり御主人様だった。

だから、奴隷に対して、素直に”ありがとう”などとは言えず、

「奴隷のくせに、本当にでしゃばりだな…」

と、不機嫌そうに言うだけだった。

それでも美佳は、私の気持ちを察してくれたのか、ニッコリと微笑んだ。

でも、口に出しては、

「申し訳ございません」

と、謝っている。

だから、私は、美佳のことを歩きながら抱きよせ、頭を軽く撫でてやった。

普段はあまりしないことだが、そうしてやることが、私にとっては精一杯の感謝の表現だった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



実は最近、質問メールをたまにいただくようになった。

ご主人様になりたい人だとか、逆に奴隷になってみたいM女などから。

内容は、ご主人様や奴隷の実情についてのことが多い。

普段はそれに返事を書いて終わりなのだが、今回は興味のある人も多い話かもしれないと思ったので、メールに答える代わりに、エントリーにしてみることにした。

これからも、他の読者の方も疑問に思うであろうと思われることなど、面白い質問が来たら、個別に返すのではなく、エントリーにして紹介する機会を設けようと思う。


それで、今回は、奴隷のファッションに関してのこと。

”奴隷になると、ご主人様の言いなりにならないといけないから、ファッションも自分の好きな格好は出来なくなるのか?”

という内容の質問を頂いたのだが、そういう疑問もあるんだなぁと、ちょっと驚いた。

私はあまりそういうことを考えたことがなかったからだ。

でも、特にM女は、こういうことに関して、気になる人も多いかと思ったので、今回はエントリーにしてみた。



この質問に関して、結論から先に書くと、かなり身も蓋もないというか、答えになってないような答えになるのだが、”ご主人様次第”と言うことになるかと思う。

私の付き合いがあったご主人様の中で、奴隷にファッションの指定をバッチリしているという感じだったのは、おそらく2人くらいだったように記憶している。

そのうちの一人のご主人様は、かなり厳しくて、

つけるアクセサリーから髪形、持ち物や服や靴に至るまで、全て指定してその格好をさせてからでないと一緒に出かけないとか、そういう人だった。

だから、その奴隷はかなり大変だっただろうと思うが、そういう部分で、ご主人様として奴隷の上に君臨するというのも一つの主従の形なのだと思う。

また、もう一人も、結構うるさく着るものなどに注文をつけて、思い通りにさせていたのは知っている。

だから、そういうご主人様の奴隷になったら、多分、自分の好きなファッションをするというのは、難しいのではないかと思う。

もちろん、四六時中、ご主人様と一緒にいるわけではないから、一緒じゃないときには、こっそり変えておけばいいだけでもあるのだが…。

でも、ご主人様が、”会っていないときでもそういう格好をしろ”と命令すれば、やはりそれに従うのが奴隷の務めかもしれない。


また、ここまでしっかりとファッションを指定するところまでは行かなくても、ある程度、ご主人様の好みというのが奴隷に反映されていたのは良くあることだったかと思う。

ご主人様にも、ロングヘアが好きとか、ボーイッシュな格好が好きとか、普通の男としての女の好みというのがあるわけで、

それが自然に伝わって、奴隷が合わせるようになっていく、というのは、よく見かけたように思う。

これに関しては、多分、主従という関係ではなく、普通の恋人同士でもある話だろう。

やはり相手に良く思われたいとなると、そういう部分で気を使うのも恋愛の中の一つの醍醐味のようなものだと思う。

だから、主従とはいっても、こういうファッションの変化は、特別なことではないだろう。


また、逆に、奴隷のファッションにはあまり関与しないというご主人様や、そもそも奴隷のファッションになど興味がないというご主人様も結構いた。

奴隷が何を着ていようが、どんな格好でいようが、どうせ全て脱がして、好きなように調教してしまうのだから、そんなことには興味がないといわんばかりのご主人様もいる。

だから、奴隷のファッションというものに関しては、本当に、ご主人様、それぞれの考え方次第といったところが、質問の答えにあたるだろうと思うのだ。


ただ、そこに調教という要素が入ってくるとまた少し違う感じになる。

例えば、奴隷に下着をつけさせないとか、かなり短いスカートを履かせるとか、服の下に緊縛をしていたり、首輪をつけたままにさせていたり、全裸の上にコートだけにさせていたり…

そんな格好で外出させる、なんていう調教はあることなので、そういうことは、一種のファッションの強制のようにも思う。

だから、調教という要素が入ってくると、奴隷のファッションというのは制限されることが多いと考えていたほうが良いかもしれない。

もちろん、これも屋外での調教をするかどうか?というご主人様の意向次第ということに、やっぱりなってしまうのだが…。

ということで、私が知り合ったご主人様の多くは、普通に外出するときにはファッションにいろいろな制限を加えるようなことは、それほどなかったように思う。


ちなみに、私も奴隷のファッションに関しては、そんなに強い束縛をしたような記憶はない。

調教目的ではなく、普通に一緒に外出するときに、これを着ろとかあれを履けとか、そういうことをうるさく言った事はなかったと思う。

奴隷とはいえ、女だから、自分なりのファッションスタイルはあるわけで、それはそのまま認めていたほうだったように思っている。

というか、私はファッションには疎いので、特に指定をするつもりにはならなかったというのも大きい。

また、私が嫌だと思うファッションを奴隷がしたことがあまりないように思うから、奴隷のファッションのセンスが、私の好みに合っていたということなのかもしれない。

でも、一つだけ私が思うのは、私がパンストフェチということを奴隷は知っていたから、私が言わなくてもパンストにスカートという姿がかなり多かったような気はする…。

今思うと、これは直接的ではないにしろ、ある種のファッションの束縛だったようにも思うが…。

まあ、それは今となってはわからないし、パンストフェチな私に奴隷が合わせてくれていたという、やさしい気遣いだったのかもしれない。

奴隷にとっては、ある意味、ややこしいご主人様だったのだろう、私は。



と、これで質問の答えになっているかどうかはわからないが、奴隷のファッションに関しては、私や、私の知り合いのご主人様たちを見るに、こんな感じだった。

テーマ:制服・コスチューム - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。