理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

美佳は土日が休みの事務職で、私も基本的には土日が休みのエンジニアだった。

だから、休みの日に一緒に居た時間は、理沙が来てからも美佳の方が多いし、

もともと平日に会うことは少なかったら、理沙が来たことによる私と美佳との間の時間的な変化というのは、あまり大きくは無かった。

理沙はもともとはコンパニオンで、私の奴隷になったときはイベント企画会社の社員という立場だったから、基本的に休日は出勤だった。

客商売だから土日が休みということはそれほど無く、平日が休みではあったが、それでも時間が定まっていないことがしばしばだった。

だから、私が理沙と会うのは主に平日の夜、そして理沙のほうから私の部屋に来ることが多かった。

仕事の関係からか、多くても週に1,2度くらいだったが、理沙はとにかく私に好かれるようにと必死のように思えた。

晩飯を作り、私が食べている間、指示すればずっとフェラをしていたし、そして私が抱きたければ抱いたり、調教をしたりしたが、そうでないときはただ私の足元にひざまづいていた。


美佳と理沙を客観的に比べるとすれば、おそらく理沙のほうが美人といわれる部類に入るだろう。

また、性格的に明るく良く笑い、楽しい話もするし愛嬌があったのも理沙のほうだ。

ただ、私はその時点ですでに美佳のことをかなり好きになっていたから、理沙の容姿や性格からそちらに肩入れするということはなく、週末に美佳に会うことも、もちろん楽しみにしていた。

奴隷に順番を着けるということが良いのかどうかはわからないし、肉体的にも精神的にも両方を平等に扱おうと、頭では思っていたのだが、私にとってはやはり美佳の方が慣れていたし、大切に思えていたのが偽らざる心境だ。

それを理沙も感じ取っていたようだから、きっと捨てられないようにと頑張っていたのだろう。

そのいじらしさがとても可愛らしく愛おしくも思えたが、私にしてみると、幸一がいなくなったことを残念に思わせたほうが大きかった。

また、理沙の調教は、美佳よりもかなりハードなことが出来るようになっていた。

アナルもしっかりと拡張されていて、いつでもアナルセックスが出来たし、鞭や蝋燭、浣腸などへの耐性も、美佳よりもあった。

そういう意味では、幸一はかなり理沙を調教していたのが分かった。

それに、前にも書いたが、常に貞操帯をつけて生活していた。

私は、SMプレイはプレイで、それ以外のときとは基本的に分けることにしていたから、その貞操帯も取るように言った事があった。

それに対して、

「御主人様がおっしゃるなら…」

と言って外したものの、次に会ったときには、

「貞操帯がついてないと、私が御主人様のものじゃないみたいなので、つけておいてくださいませんか?」

と、懇願され、結局つけておくことにしたのだった。

常に貞操帯をつけて生活する理沙。

私にとっては少し驚きだった。

そして、対抗心からか、美佳もそうしたいと言い出したのだが、私は美佳の貞操帯はちょっとまずいと思ったのでやめさせた。

美佳は会社で制服に着替える必要があったので、そのときにバレる可能性がある。

しかも、要領があまり良くなく、すぐにいろいろなことが顔に出てしまう性格でもあるので、普段の生活で理沙と同じような貞操帯を付けて隠し通すのは、美佳には無理だと私は思った

でも、それでは理沙よりも普段は奴隷として縛られていないことになると思ったらしい美佳に懇願されたので、私は代わりを考えた。

それは、美佳の性器にピアスをつけ、それを利用した擬似的な貞操帯を作ることだった。

まず、美佳の左右のラビアにリング型の小さなピアスを3つずつ、合計6つつけた。

一気にやるのは美佳の負担が大きすぎるので、一度には2つづつ。時間をおいて、徐々に6つに増やした。

デリケートな部分なだけに、施術はかなり慎重を期して、消毒薬や軟膏などはもちろん、穴をあけるためにも専用のものを用意し、じっくりと行った。

そして、全てのピアスが安定するまでしばらく待った。

施術をしてから半年近く経ったころ、その6つのピアスが美佳の体になじんだところで、次のステップに入った。

ステンレスワイヤーを使って、ラビアを閉じ、貞操帯の代わりにしたのだった。

まず一番上の左側のピアスにステンレス製のワイヤーを通し、次は一番上の右側、次は上から2番目の左側、次は2番目の右側…、と上から下へ、左右順番に6つのピアスのリングに通す。

ちょうど、紐靴のひもを通す感じだ。

そして、最後はワイヤーの両方の先を丸く結んで、そこに小さな南京錠をかけて止めることで、ステンレスワイヤーは抜けなくなる。

そのため、ラビアが閉まって膣穴をふさぐ形になるのだった。

鍵が無ければワイヤーが抜けず、膣穴が露出しないようになっており、貞操帯と同じような効果になった。

それでもクリトリスは触れるので、貞操帯とまではいかなかったが、美佳はなんとかそれで納得したようだった。

正直、私は、ボディピアスに関しては躊躇していた。

しかも小さいとはいえ、南京錠までつけるので、その重さでラビアが伸びてしまうのではないか?という心配もあった。

そうなるのはちょっと見苦しいので、どうも私の趣味じゃなかった。

だが、美佳は私に傷(ピアス穴)をつけられ、鍵で管理されることが嬉しいと言った。

そうやって、私に普段から膣も支配されているのが幸せだと言った。

理沙が来てから、美佳が変わった点はこのあたりだったと思う。

理沙に、奴隷としての影響を受けていた部分が大きかったようだった。

結局、私も、躊躇はしたものの、奴隷を自分のものとして、ピアスをつけ、支配することは喜びでもあったので、この肉体改造をした。

そして、ラビアが南京錠の重さでだらしなく伸びてしまわないように、南京錠を付けているときには

必ず、パンストなど下から押さえるようなものを履かせるか、ノーパンの時には腰にガーターベルトをつけ、そこから南京錠をつるす形にして、南京錠の重さがラビアを引っ張ってしまわないようにさせた。

他の人の話というのはあまり聞いたことがなかったが、ピアスを使って膣を閉じるような感じの美佳の肉体改造はちょっと珍しい部類になるかと思う。

理沙は、美佳の肉体改造を羨ましがったが、貞操帯があるのだから同じだと言ったら、渋々納得したようだった。

こんな感じで、私のキーケースには、美佳の鍵と理沙の鍵が入っており、それをもしも落としたりすれば、2匹ともセックスが出来なくなる。

それでも、そうやって私に膣穴をいつも管理されていることを、2匹の奴隷はとても喜んでいた。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


昨日書いた、”第71話 貞操帯とラビアピアスと南京錠”で、美佳のラビアにピアスをして、それにステンレスワイヤーを通し、擬似的な貞操帯を作った話をしたが、

私はこれに関してあまり乗り気ではなかったし、私のSMに関する信条を曲げて行った出来事だったので、その辺りのことを少し書こうと思う。

私の信条として、SMで奴隷を縛ったり、鞭を入れるなどして傷をつけたりしても、それがきちんと治る範囲でやる、というのがあった。

それにはいくつか理由がある。

一つは私のSとしての快感から来る理由。

私が鞭を入れるときに一番好きだったのが、奴隷の傷のないまっさらな肌に傷がついてゆく様を見るというものだった。

前の調教の時の傷がついているところにムチを入れるのは、どうも気乗りしないのだ。

縛りにしても同じで、いつも縛って跡がついているところを縛るというのはあまり楽しくなく、縛り跡が無いところに、縛って自由を失った印を刻んでやるというのが、楽しく思える。

綺麗なものに傷をつけるとか、綺麗なものを壊して侵してやるというのが、私にはこの上なく快感に思えた。

そういう私のS性の部分を満足させるという意味で、奴隷に与えた傷は、次の調教までには治っていることというのが、一つあったのだった。

だから、治る程度の傷にとどめておくのは、私自身の快楽のためでもあった。

また別の理由として、奴隷に対する責任という意味合いがあった。

それは、主従の関係とはいえ、いつまでもずっとその関係を続けていけるか?というとそうなることは難しいのではないかという私の考えに基づくもの。

例えば、奴隷と結婚でもすれば、いつまでも主従関係を続けることはできるだろうが、そうであったとしても、ずっと同じような厳しい調教を続けられるとは限らない。

また、結婚しなければ、いつかは奴隷を手放す時が来るかもしれないと考えておくのが妥当だと思われるから、そうなったときに、不可逆な傷を奴隷に残したままに手放してしまうことは、御主人様としての責任を果たしていないことなのではないかと思っていたのだった。

こういった理由から、私は奴隷に傷はつけても、ずっと後までその傷跡が残ってしまうようなことはしないようにしようと決めて、奴隷を調教していた。

もちろん、奴隷の方は、私に傷をつけられることを喜んでいたので、ずっと残る傷でもいいと言っていたし、それを望んで懇願されたこともあるのだが、それでも私は後まで残るようなことはしないということを信条にして調教をしていた。

だが、昨日書いたエントリーでのラビアピアスに関しては、その信条を破っていた。

ピアスの穴も、しばらくピアスを外していれば元に戻るとは聞いていたが、完全に戻るかどうかは確信が持てない行為だから、これは私はかなり躊躇し、色々と考えてからやったことだった。

結果的にはピアスの穴をあけたのだが、それは美佳に押し切られたというのが近い。

このとき、理沙が貞操帯をしていたのを美佳がかなり羨ましがり、さらに、美佳には貞操帯をしないということを言ったとき、

「私よりも、理沙さんの方が良い奴隷なのでしょうか?」

などと言われ、美佳にもそれ相応の事をしてやらなければ、理沙との比較で、美佳が落ち込み、考え込んでしまうことが目にみえてわかっていたのだった。

それでもそんな美佳を無視して、私は自分の信条に従って調教を続けても良かったのだが、美佳とは主従関係を持つ前からの付き合いであり、性格的に、一度落ち込むとなかなか立ち直れないということもわかっていたから、

美佳がそういう状態になることと、ピアスをすることのどちらが、美佳にとって、またそれを管理する私にとって良いのか?というのを考えたときに出した結論だった。

結果的に、ピアスとステンレスワイヤーでの擬似貞操帯を美佳は非常に喜び、そして理沙への劣等感も感じなくなったように思えたから、信条を曲げてやったことだとしても、その時はそれで良かったのだろうとは思っている。

ただ、それでも、美佳の体に不可逆な傷をつけてしまったことを、私は未だに考え、本当によかったのかと、自問自答することがある。

それは、今の美佳、そして、これから先の美佳を知らなければ判断することはできないことなので、私には、その問いの答えを得ることはできないのだが、やっぱり今でも考えてしまう事の一つだ。

昔の奴隷のことをウジウジと思い悩むのもなんだか、男らしくなく、またSらしくないのかもしれないが…。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



私が御主人様だった頃、付き合いのあった御主人様にこんな話を聞いたことがあった。

それは、その御主人様の奴隷の話。

その奴隷と御主人様はかなり長い付き合いで、主従関係になってからも、もう5年以上のベテランSMカップルだった。

かなり調教も進んでいてほとんどのプレイを普通にこなせる感じだった。だから、浣腸とかスカトロも普通にこなしていた。

私はその時、まだそんなに経験はなかったし、その御主人様も私よりも年上で経験豊富だったから、色々と相談にのってもらったこともあった人だった。

ある時、その御主人様と、私とで飲んでいた。

やっぱり御主人様同士で飲むと、どうしてもSM話になることが多い。

ちょっと不思議なのは、奴隷が居ると、SM以外の話をすることもよくあるのだが、奴隷がいないと、お互いにSM論みたいなものを語ってしまうのが、なんだか面白い。

奴隷を物だとか、奴隷は従属しているということになってはいても、やっぱり、奴隷の前では言えないことっていうのはあるのだ。

悪い意味ではないのだが、奴隷に聞かせたくない話とか、御主人様同士だから言えることとか、そういうものが存在する。

この時もそんな話をして盛り上がっていた。

その中で、ものすごく印象に残っている話がある。

その話は、その御主人様が、思い出し笑いをしながら話しだしたのだった。

「あのさ、この間、ムチャクチャ笑ったことがあったんだよ」

と、その時のことを思い出して、もう完全に表情が崩れている。

「どんなこと、あったんですか?」

私がそう促すと、

「最近な、調教がマンネリ化してきているというか、なんか奴隷もかなり慣れてきちゃってて、何をやってもイマイチだなぁって思ってたんだよ」

と言いながら、まだ核心にも至っていないのに、かなり笑っている。

私もなんだかわからないのに、つられて笑っていた。

「だからさ、奴隷に、”お前は、これから、どんな奴隷になりたいんだ!”って、問いただしたんだよ。なんていうか、初心を思い出させるためと言うか、目標を新たに設定させると言うか、そんな感じでね。そうしたら、なんて言ったと思う?」

「うーん、”御主人様に忠実な奴隷”とか、”もっと厳しい調教に耐えられる奴隷”とかですかね?」

「あ、うん、最初はそういうこと言ってたんだよ。でもさ、それじゃ、普通でしょ?何もかわりないわけでしょ?マンネリを解消したいから聞いてるのに、それだとダメなわけだから、もっとなにか無いのか?ってさらに問い詰めたんだよ。そしたら、すごいこと言ったんだよ。なんだか分かる?」

「え? いや、さすがに分からないですけど…」

「あいつな、”仲間由紀恵みたいなウンコを出せる奴隷になりたい”って言ったんだよ」
と言って、大笑い。

「はい?…」

私はあまりの突飛な発言に、一瞬固まっていた。

「びっくりするだろ?俺も、驚いたんだよ。だから”なんだよそれ”って言ったらさ。”仲間由紀恵がするような、上品なウンコができるようになりたいです!”っていうんだよな」

「そ、それはすごいですね…」

「だろ? だいたい、お前、仲間由紀恵のウンコ、見たことあるのか?とか、仲間由紀恵のウンコってほんとに上品なのか?とか、突っ込みどころ満載でさ。もう、笑いそうになったんだよ。でも、調教中だしさ、真面目に今後の調教方針の話をしてる時だしさ、俺も笑うわけにはいかないって思ったんだけど…」

その時の光景を思い出して、その御主人様は笑っている。

私も、それを想像して、笑いがこみ上げてきた。

「無理だった。もうね。腹抱えて笑ったよ。調教中だと言うこともすっかり忘れてさ。そしたら、奴隷がいきなり泣き出したからびっくりしたけどな。あいつなりに真面目に考えたんだろうけど、でも、仲間由紀恵って…」

と言って、やっぱり大笑いしている。

奴隷の心境を思えば、笑うところではないのだが、それでもこの突飛な発言には私も、申し訳ないのだが笑ってしまった。

「あまりにも笑いすぎたから、あいつ、大泣きしちゃってさ。さすがに困ったから、結局本音を言うしか無くなってな」

「なんて言ったんですか?」

「普通に思ってることだよ。”そんな実物を見たことも無いような女優のウンコなんかよりも、お前のウンコの方が貴重だ”って。泣き止ませたいってのもあったけど、これは本音だから。知らない奴のウンコなんかどうでもいいからな、俺にとっては。でも、後から考えても、本当にウケるよな。仲間由紀恵だもんなぁ。あいつの発想には負けた」

といって、やっぱり、その御主人様は笑っていた。

私も色々と思い出してみると、真面目な奴隷ほどこういう事を言うような気がする。

美佳なんかも本当に真面目に奴隷であろうとするが故に、ちょっと意外な発言をすることがたまにあった。

だから、こういう事というのは、奴隷が真に奴隷であることの証明なのだが、その部分だけを抜き出してみてしまうと、なんだか笑い話になってしまう。

本当は、笑っちゃいけないことなのだろうが…。


テーマ:調教、アナル、肉奴隷、肉便器、公衆便所、SM - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報