理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

理沙と美佳を直接比較することは、私は極力避けていた。

それは、それまでのいきさつもあったし、何よりも華奢な美佳と、胸などもかなりある理紗では、体が違うので、比較すること自体がナンセンスだと思っていたからだ。

ただ、一般的に言うところのSMの調教の度合いということで言えば、おそらく理沙のほうがかなり進んでいた。

なので、しばらくすると、美佳が、そのことでコンプレックスのようなものを感じ、私に厳しい調教をして欲しいと懇願してくるようになった。

まず、理沙はアナルが自由に使えたのだが、美佳はそれほど拡張されておらず、アナルセックスをするには少し厳しかった。

私は当初、それほどアナルセックスに興味は無かったから、美佳にはあまりそういう調教はしておらず、せいぜい、犬の格好をさせるために、尻尾のついた小さめのアナルプラグを挿し込むくらいしかしておらず、美佳のアナルはそれがなんとか入る程度の拡張具合だった。

だから、理紗のアナルで簡単にアナルセックスが出来たのを見て、美佳はそうなりたいと思ったようだった。

だから、美佳はアナルの拡張に関して、かなり厳しくして欲しいと言ってくるようになった。

また、逆に理沙よりも、美佳の方が体は柔らかかった。

だから、美佳を縛るのと同じ調子で理沙を縛ろうとしたら、理沙の足が吊った事があり、理沙は理沙で、体を柔らかくしようとストレッチをしたりしているようだった。

また、美佳と理沙の決定的な違いは、理沙はスワップの経験があるということだった。

幸一の命令で、他の男に貸し出されたりして、最大で6人同時に相手をさせられたことがあるとのことだった。

口、性器、アナルに同時に入れられたこともあるようで、ハードな責めに関する躊躇は、理沙のほうが少なかった。

だから多頭飼いになって時間が経つうちに、具体的な肉体への攻めという意味では、自然に、理沙にはかなりきついことをし、美佳にはそれに追いつけるように徐々に強くしていくという感じで調教を施すようになっていた。

こんな感じで、美佳ひとりの時に比べて、調教にも変化が出てきていた。

それと、多少蛇足だが、多頭飼いをして、少し困ったのが、お金だった。

たまに2匹を連れて、ホテルのレストランなど、割とちゃんとしたお店に食事に出かけることがあったのだが、奴隷と割り勘にするわけにも行かなかったから、私がいつも3人分払っていた。

大学院出とはいえ、普通の技術系サラリーマンである私にとっては少し痛い出費だった。

また、調教のための道具も2つずつ必要になるため、多頭飼いはお金がかかることに気がついた。

今となっては笑い話だが、多頭飼いをして、私の財布からお金がどんどん減っていったのが一番大きな変化だったかもしれない。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

長らくブログを書くのをやめていた。というよりも、時間がなくて書けなかった。

仕事に忙殺されていたということではあるのだが、その仕事が一段落したので、またボチボチ、ブログの方も復帰しようと思う。

ただ、仕事に関しては、まだ忙しさから完全に開放されたわけではないので、しばらくは、不定期で、また長く更新ができないこともあるかと思うが、もしも興味を持って読んでくれるなら、気長に待っていただけるとありがたい。

少なくとも、ブログをやめたというわけではないので、その点だけは分かって欲しいと思う。

私としても、続き物の話なども、きちんと最後まで完結させたいし、SMに関する気軽な話題とか、他ではあまり触れられない笑い話なんかも、前と同じように書いていきたいと思っている。書くネタだけはたくさんあるので。

とにかく、仕事次第で更新がどうなるかわからないというのが申し訳ないが、ブログを続ける意志だけはあるので、それは信じていただけると幸いだ。

それから、ブログを休んでいた間、また書いて欲しいという趣旨のメールやコメントも頂いたりした。

私の妙なブログだが、気にしてくれる人たちがいるということには、素直に感謝したい。ありがとう。

ちなみに、先ほど、続き物の話、”第73話 多頭飼いによる変化”を書いたので、よければ読んで欲しい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト



SMのAVなんかを見ると、ものすごいものが良くある。

奴隷が死ぬんじゃないか?なんて思えるような危険なこととか、大げさな器具を使った激しいものとか、SMをやっていた人間からみても、過激だなぁと思えるものを良く見かける。

そうじゃなくてもSMのAVでは、縛りや鞭や蝋燭はほぼ必須のようだし、他にもとにかく見栄えのする調教がたくさん出てくる。

だが、現実的なことを書くと、毎回あれをやるというのは無理だ。

特に、近い間隔で会える様な場合には、なおさら。

他のご主人様は知らないが、少なくとも私には無理だった。

調教というのは、奴隷ももちろんだが、御主人様もかなりのエネルギーを使うし、使わないと、まともな調教にならず、緊張感が薄れてしまう。

SMは、ある意味では主従を演じている行為なわけだから、雰囲気が最も大切だ。

だから、一度、その緊張感が緩んでしまうとそれを元に戻すのは難しい。

なので、やるとなったら徹底的に全力でやるべきだし、中途半端にしてはいけないと、常に私は思って調教をしていた。

たから、私もハードなことをメインでやろうと思った日には、本気で縛ったり、スパンキングしたりして、奴隷が泣いて許しを請い、それでもさらに追い込むくらいまでやった。

だが、会う頻度が高いと、毎回それは出来ないのだ。

私が疲れる、なんて情けない理由ももちろん少しはあるのだが、奴隷のダメージというのが一番気になるところだ。

やはり、ある程度は休ませて回復させる必要がある。

奴隷は”物”、とはいっても、やはり人間の女という現実は変えようがないから。

だから、AVにあるような調教ばかりをするのがSMだと思うのは、SMをやる前に抱いていた私の幻想だった。

実際に主従関係を結んでみて、私はそれを嫌というほど思い知ったし、多分、多くの御主人様が、SMのAVなどとのギャップは感じることだろうと思う。

まあ、中には毎回ハードなプレイばかりしているタフなカップルも見かけたりするのだが、少なくとも、私は奴隷の様子を見て、肉体的にも精神的にも、回復する期間を与えるようにしていた。

そして、回復期間中には軽めの調教を施したりすることで、調教をうまくつなげていくように心がけていた。

また、私としてはプレイに強弱があったほうが、飽きずに長くやれると思っていたという理由もある。

奴隷にしてみると、今日はどんな調教をされるのか?私に会ってみないとわからない、

という不確定な状態になり、より一層、不安感や期待感を刺激することが出来ていたと思う。

そういう調教前の奴隷の精神状態も含めて調教だと思って私はやっていた。

まあ、これは付加的なことではあるのだが…。

調教にメリハリをつける最大の理由は、上でも書いたとおり、前回の調教からの奴隷の回復具合、また奴隷が仕事など普段の生活での疲れや精神状態など、

奴隷の体調に留意しているということなのだ。

そして、もちろん、そんなことを気にしていると奴隷に悟られないようにするのが、御主人様としては絶対条件だ。

だから私は、本当に屁理屈のような理由を良く言ったものだった。

多分、一番多かったのは、

「今日は、私が疲れてる」

なんて言っては、私の足を舐めさせる調教だけにしたり、

「気分が乗らない」

とか言って、全裸にただ首輪をつけて、私の足元で過ごさせるだけとか、そういうこともあった。

でも、実際に奴隷を前にして、私が気分が乗らなかったこと、というのは、ほとんどなく、奴隷が居たら色々と調教したいし、性処理にも使いたいと思ってしまうのが、性欲も強い方であり、Sな私の本心だった。

そういう欲望を隠し、我慢していることや、「調子が悪そうな奴隷を休ませている」という私の本心は、奴隷には口が裂けてもいえなかったことだ。

奴隷の様子を見て我慢する、というのは奴隷の都合に合わせるという行為だから、御主人様にあってはならないことだと思っていたから。

そう考えると、奴隷のことを気遣うというのは、普通の女を気遣うよりも難しかったのかもしれないなと、最近思う。

「気遣っている」という、言葉なり態度を相手に伝えられないのだから。

御主人様が好きなように、思い通りに扱っていると奴隷に思わせつつ、奴隷の様子に合わせて調教を決める。

これは、本当に難しいことだと思う。

私も自分で本当に出来ていたのかどうか、自信がないところだ。

女を奴隷にしてしまえば、なんでも御主人様の思いのままになるのだ、というのは、ある意味では正しいと思うが、その分、御主人様には奴隷を管理する責任が回ってくるわけだから、

それを受け止める覚悟がないと奴隷を飼ってはいけないのだろうと思う。

SMのAVのように、派手に、御主人様がやりたいことをやりたいようにやるだけでは、多分その主従関係というのは、遠からず終わってしまうのではないかと私は思う。

奴隷に悟られずに、奴隷を気遣う。

調教をスムーズに、そして長続きさせ、深い主従関係に昇華させるためにはそれが必要なのだろうと思うのだが…。

本当に難しいことだし、今考えても、私にそれが完璧に出来ていたとは思えない。

奴隷の調子が優れないのが見てわかったのに、私の気分が悪く、それを吐き出したいがために、奴隷に当たるように厳しい調教を強いたこともあった。

奴隷にしてみると、それをも受け止めるのが幸せなのかもしれないし、実際にそういう感覚でいるのも見てわかるのだが、

奴隷の消耗度の激しさを見るに、私は、御主人様として、その調教はやってはいけないことだったような気がする。

このあたりのさじ加減というか、奴隷の調子の見極めをうまくやるのが御主人様の義務であり、

それをさらに利用してそのとき、その状況に応じて、最高の調教を選択し実行するのが、御主人様としての醍醐味でもあるのだと思う。


テーマ:調教、アナル、肉奴隷、肉便器、公衆便所、SM - ジャンル:アダルト

2匹目の奴隷、理沙を飼い始めて少し変わったことがある。

それは、私もスワッピングに行くことになったということだ。

理沙が幸一の奴隷だった時、スワッピングの会に参加していて、その縁で私もそれに誘われるようになったのだった。

その時に私が一番気にしたのが美佳のことだった。

美佳は相変わらず、私以外の男に抱かれるのは頑なに嫌がっていたし、私もその気持ちは知っていたから、美佳を連れてそういう会に参加しようとは思っていなかった。

それに、美佳一人のときには、私もスワッピングに参加する気など全くなく、二人だけのSMが続いていた。

だが、理沙が来たことで、それが変わった。

私は理沙も抱いているわけで、美佳にとっては、私が”一人の女(美佳)だけを抱く”ということはすでに崩れていたし、それに納得して理沙を迎え入れようとしたのも美佳だった。

だからなのか、理沙を連れて、スワッピングに行くことにも美佳は反対はしなかった。

というよりも、行くようにと積極的に薦めてきたのは、他ならぬ美佳だった。

これについては、かなり私は意外に思った。

理沙に関しては特別な事情があったから許したのだと思っていた。だが、それ以外もいいと、むしろ「行って来てください」と美佳の方から言い出すとは思わなかったのだ。

それについて美佳に聞いたのだが、そのときの答えは、

「理沙さんの前からのご縁なのですよね?それをここで切ってしまうのは、理沙さんがかわいそうです。それに、御主人様の快感が私の幸せです。それを邪魔する奴隷は悪い奴隷だと思います。御主人様が、他の女性を抱かれたとしても、私のことは飼っていて下さる気がするから…。そういう良い奴隷になりたいですから…」

とのことだった。

美佳は奴隷になって初めて、私に認められ、求められていることを信じていられるようになったようだった。

この美佳の言葉を聞いたとき、私が始めて話をしたSMの夫妻の奥さんが言ったことを思い出していた。

奴隷になってからのほうが確実に幸せだと言い切った彼女の気持ちというのは、こういう思いなのかもしれないと思えた。

だから、美佳は私が理沙を抱いても、スワッピングに参加しても、何も言わなかったし、その話を聞いて、

「御主人様、お気持ち、よかったですか?」

と微笑むようになっていた。私がそれに頷くと、美佳はとても嬉しそうな顔で笑った。

美佳がそのとき、本心としてどう思っていたのかは、今の私にも分からない。

本当はスワッピングどころか、理沙のことさえも疎ましく思っていたのかもしれないが、少なくとも、私には、嫌がってはいるようには感じられなかった。

だからといって、私がスワッピングに参加しまくったというわけではない。

私の中には、やっぱり美佳以外の女を抱くことに対する罪悪感のようなものが存在していたから、誘われても、実際に参加するのは、そんなに多くなかったし、

スワッピングに行く前には、必ず、美佳にそのことを告げて、美佳が嫌な顔をしないのを確認してから行っていた。

結局、美佳は一度として嫌だと言わなかったし、そんな顔も見せず、いつもにっこり笑って送り出してくれたが、もしも、美佳が嫌だと言ったなら、私は、スワッピングには行かなかっただろうと思う。

こういう所は、ご主人様としては、情けないと言われるかもしれないが、私は、けじめとしてそうしたかったのだった。

そういう意味では、やっぱり私は美佳のことを本当に好きだったのだと思う。

ご主人様である前に、美佳に嫌われたくないと願う、一人の男であったのだろうと思う。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



あるとき、奴隷に聞かれたことがある。

「私は、奴隷として成長したでしょうか?」

と。

何をしていたときか?ということ、アナルで私の性器を初めて受け入れられるようになり、アナルも性処理穴として本格的に使えるようになったときのことだ。

プレイの後、初めてのアナルでの性処理に、やはりグッタリとなってはいたのだが、それでも、確かめたかったのか、そんなことを私に聞いてきたのだ。

もちろん、というか、私の性格というか、御主人様としての条件反射として、

「この程度でか? ほんの少し、使える穴になってきただけだ」

なんて、多少は努力を認めつつも、完全に褒めるようなことはしなかったが、奴隷はそれでも、

「あぁ、嬉しいです。もっと頑張りますから…。御主人様の性処理穴として快適に使っていただけるようになりますから…」

と、アナルから精液を流しながら、喜んでいた。

私が少しは認めたということは、ちゃんと伝わっていたのだった。

そう、認めたことは認めたのだ。

前と変わったこと、アナルを拡張する努力をして、奴隷としての性処理の幅を広げたこと。

それは、間違っていない。

だが、アナルが使えるようになるということが、本当に奴隷の成長といえるのか?

なんてことを私は考えていた。

こうして、また考えなくてもよさそうなことを考え始めるのが、理系御主人様たる、私の性格なのだ。


女が奴隷に堕ちたとき、肉体的には、調教によって奴隷化すると私は思う。

それは御主人様の調教の仕方にもよるのだろうが、アナルを拡張するのもそうだし、膣のしまりを良くする(ための運動をしてそうなる)こと、

緊縛や蝋燭、鞭などの責めの痛みに耐えられるようになるのもそう、

また床に座るときの基本は正座だから、それが長時間できるようになるというのも、そうかもしれない。

また、性感帯が変わることがあるのかどうかはわからないが、感じ方も違ってきていたように思う。

私は医者ではないので、奴隷の体の変化がどこから来ているのか?ということに具体的な根拠を示すことは出来ないのだが、

奴隷の体は、女として扱われていたときとは、いろいろな面で変わるのは確かだろうと思う。

だが、そういった肉体的変化をもって、”奴隷として成長した”と言って良いのか?っていうことには、私はどちらかというと、懐疑的な思いを持っていた。

というのも、私が思うには、奴隷というのは、御主人様に無償で、しかも自分に不利益になることもいとわずに尽くすことを約束した存在であると思うから。

SMというとプレイの派手な部分が強調されがちだし、私がSMを始める前に持っていたイメージは、鞭や蝋燭などを使ったSMのAVのような具体的なプレイそのものを指していた。

だが、私は、実際にSMをやり、女を奴隷に墜とし、色々な知り合いが出来て、様々なSMの形を見てきた。

そんな経験を経た後で私が思うのは、プレイ一つ一つを奴隷が上手にこなせるか?こなせる体になっているかどうか?ではなく、

御主人様にどこまで無防備に全てを捨てて尽くしきれるか?というところにあるのではないか?と、どうしても思ってしまう。

もちろん、私が色々なSM現場を見てきたから、この主張が正しいのだ、などと言うつもりはないが、私自身の答えとしては、そういうものではないかと現状では思っている。

女の体を奴隷に落とすことは、心を奴隷に落とすことのための手段だと。

少なくとも私は、自分の奴隷にするなら、最終的には心を私の奴隷としてやりたいと思う。

御主人様が快楽を得ることを奴隷自身の快楽とし、御主人様の幸せを奴隷自身の幸せとするようなメンタリティを持つようになるとか、

奴隷として徹底的に御主人様に尽くし、心の全てで、それを喜ぶような気持ち。

そういうものを奴隷が持ったとき、またそれに近づいたとき、初めて成長したと言えるのではないかと私は思ったりする。

だから、アナルが広がって、アナルセックスが出来るようになったことが、直接の奴隷の成長とは言えないのではないか?なんて思うのだ。

ただ、もちろんそれが無駄だというのではなく、そこには御主人様にアナルも使ってもらいたいという奴隷の気持ちと努力があるわけで、

奴隷が御主人様に服従する心を形成する意味で、アナルの拡張ももちろん、その他、体を奴隷に落としていく過程というのは、立派に評価されて良いものだとも私は思っている。


なんだか、書いていたら、どちらなのか、明確ではなくなってきたような気がするので、どうもまとまりのない文章で申し訳ないが、逆に、奴隷を飼っていない今の私でも、そういう風にしかまとめられないということだから、きっちりとした私なりの答えがまだ出せていない部分なのかもしれない。

でも、こんなこと、普通の御主人様も、きちんと考えてSMをやっているのだろうか?

もしかして、私の考えすぎなのだろうか?

そんな部分も同様に、かなり気になるところだ。


テーマ:調教、アナル、肉奴隷、肉便器、公衆便所、SM - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報