理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理沙を幸一に返すと美佳に宣言した私だったが、それをどのように実行しようか?というところで、かなり悩んでいた。

正確に言えば、その手前、気持ちの整理の部分で、悩んでいたのだった。

というのも、理沙を幸一に返したくないという気持ちは、やっぱり私の中でかなり大きかったから。

その気持ちに逆らい、さらに「理沙のことはもう関係ない」という幸一の態度に逆らって、理沙を幸一のもとに戻す。

正直なところ、なんで苦しい思いまでして、そんなことをしないといけないんだろうと思っていた。

このままにしておけば、私のところに、理沙はずっといるのに、わざわざ私から、理沙を返すためのアクションを起こす必要がどこにあるのか?

なんてことを頻繁に考える。

そのたびに、理沙を幸一に返そうという気持ちが、揺らいでいた。

私は、感情の整理があまりうまくないと思う。

一度決めたと思っても、色々な気持ちに流されて、あれこれと考えるタイプだ。

きっぱりと決断するというのが、なかなかできない。

仕事なんかでの決断では、それほど悩むことはなく、かなりスパッと決めてしまうのだが、それは多分、目に見える具体的なデータがあるからだと思う。

感情ではなく、リスクやコストやリターンをある程度、予測、計算できるから、決められるのだろう。

また、仕事では、スピード感を持って決断しないといけない場面が多いから、そこで躊躇することは、私はあまりない。

論理的に考えるための材料があると、それがどんなに複雑であろうと、誰かの思惑が絡んでいようと、ものすごくあっさりと、ある意味、かなりクールに私は物事を決めるのだが…。

早く決める必要がなかったり、感情論になってしまうと、決断力が一気に鈍る。

初めからゆっくりと気持ちを落ち着けながら整理していかないと、決めることができない。

すぐに、気持ちが心の中で溢れてしまう。感情に流されてしまう。

私の弱い部分の一つだと思う。

だから、この時も、幸一のもとに戻すことが理沙の幸せなのだと自分に言い聞かせることから、私ははじめなければならなかった。

それもなるべく論理的に考えられるようにと、理沙をこのまま手元においた場合と、幸一の元に戻した場合の理沙の幸福度はどのくらいになるか?なんて、そんな数値化出来ないことを無理やり数値化しようと足掻いてみたりとか、今思うと、訳のわからないことを考えていたのだった。

そのくらい、動揺していたということだと思うし、それを必死で抑えようとしていたのだと思う。

そして、何よりも、理沙を手放すということが、心を引き裂かれるほどに辛いことだった。

だが、理沙が幸一に会いたがったことや、幸一を”御主人様”と呼んだこと、「理沙の中には未だに幸一が居る」という美佳の言葉などを思い出すと、私の一番冷静な部分は、理沙を幸一の元に返すことが最良なのだと結論づけていた。

だから、耐えなければならないのだろうと思った。

でも、どういうふうに気持ちを整理していいのか、やっぱり、私にはよくわからなかった。

これは初めての経験だった、ということもあったと思う。

私は、それまで、失恋経験がない。

正確に言えば、片思いがかなわなかったという意味での失恋経験はいくつもあるのだが、付き合った女と別れるという意味での失恋経験というのは皆無だった。

生まれてはじめて付き合ったのが美佳だったから。

その美佳のあとに入ってきたのが理沙で、そして美佳はまだ私のそばに居る。

だから、理沙を手放すことになれば、それが、付き合った女、というか奴隷との初めての別れになるのだった。

美佳と付き合う前、片思いがかなわなかっただけの失恋というのは、私は多く経験していたが、それだけでもかなりの精神的なショックがあった。

でも、それは数が多かっただけに、乗り越えるすべも私は知っていた。

とにかく忘れてしまえばいい。

そして、新しく好きになれる人を見つければいい。

そういう風に思って、乗り越えてきた。

実際、片想いの失恋に関して言えば、それほど長くあとを引くことはなかったように思える。

やはり片思いというだけの関係では、その女に対する思い入れというのはあまり大きくならないのだろうと思う。

お互いに気持ちを通わせたわけではないから。

そんな深い関係まで到達したわけではないから。

心を完全に奪われたわけではないから。

だから、ショックの大きさというのも、なんとか、気持ちを平静に保てる範囲で収めきれていたように思う。

でも、この時は違う。

理沙とは、1年半以上、一緒の時を過ごしてきた。

しかも、主従関係。

普通の男女関係よりも濃密と言ってもいいかもしれない。

男女関係だけでは、遠慮して言わないとか、恥ずかしくて言えないとか、そういうこともお互いに伝え合っている。

本当に深いところで、気持ちを通わせたと思う。

心の奥までさらけ出した。

理沙の性癖も、恥ずかしい姿も、欲望も、全て、私は受け止めてきた。

そして、私も理沙に同じように自分をぶつけて接してきた。

本当に強く繋がっている関係だった。

「理沙の中には、幸一が居る」という言葉を聞けば、もしかしたら理沙は、私に対して、それほど深くは、のめり込んでいなかったのかも知れない。

私だけの一方的な想いかもしれない。

でも、少なくとも私は理沙のことが本当に好きだった。かけがえのない大切なものだった。

それだけは事実だ。

だから、理沙を幸一のもとに戻すことが、理沙の幸せにつながるのではないかと頭で思ってはいても、心が付いて行かなかった。

そして、その心はまた余計なことを考え始める。

「たとえ、理沙が私の奴隷だと言っても、その幸せがどこにあるかなんて、どうしてわかるんだ?」

「今、実家がゴタゴタしている幸一のもとに理沙を戻すことがどうして幸せにつながるんだ?」

「そもそも、理沙は奴隷なんだ。御主人様が好きにしたらいいじゃないか」



こんなことを頻繁に思っては、理沙を返さなくて良い理由にしていた。

でも、これらは理沙を手放したくない言い訳に過ぎないだろうと、私の理性の一番冷静な部分はわかっていた。

だから、それを否定する。

でも、少しすると、またこういうことを考え始める…。

そんな堂々巡りを繰り返して、私の頭の中は、このころ、本当に色々な想いが交錯し、今にも破裂してしまいそうなほどに、かき乱されていたのだった。


こんなことをしばらく続けた後、なんとか、一つ思いついたことがあった。

理沙への気持ちに、区切りをつけるようなことを、なにかやればいいのではないか?と。

それは必死な頭がやっとの思いで紡ぎ出した苦肉の策だったのだと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

今日は七夕。

彦星と織姫が一年ぶりに会えるなんて、ロマンチックな日なので、私も、ロマンチックな話でも…。

なんて思ったのだが、七夕にあった出来事で一番印象的なものは、かなり照れくさい話だったので、それはとりあえず、やめた。

それで、別の七夕のときのことを思い出してみたら、こんな題名になった。

これも恥ずかしくないか?と言われると、そういうわけではないのだが、こっちの方が、まだましなので、今回は、これを書くことにした。


ちょっと話は変わるが、私が住んでいる、函館という街の七夕は面白い。

夜になると、子供たちが、

「竹に短冊七夕祭り、おおいに祝おう、蝋燭一本ちょうだいな♪」

なんて歌を歌って、近所の家々を回る。

そうすると、家の人は、やってきた子供たちに、お菓子をあげる(昔は、蝋燭だった)。

なんて、風習がある。

「Trick or treat」と唱えて、家を回ってお菓子をねだる、ハロウィンと似ている。

函館の子供たちも、色々な家を回ってお菓子を集める。今日はそんな日だ。

子供たちにとっては、かなり楽しみなイベント。

でも、夕方から曇りの天気予報だから、雨がふらなければいいのだが…。

それにしても、昔は、「蝋燭一本ちょうだいな」って言うとおりに蝋燭を貰って歩いたらしいが、そんなに大量の蝋燭を消費するのは、SM愛好家くらいじゃないのか…。

函館のSMカップルは、七夕を過ぎたら、蝋燭調教が増えるんじゃないのか?

なんて、不謹慎なことを一瞬考えたのは、私くらいだろう。

こういうことを思いつく自分が嫌だ。

自己嫌悪…。

まあ、いい。


話を戻す。

奴隷と七夕を一緒に過ごしたことが何度かある。

そのなかのある出来事。

その時は、奴隷は、浴衣を着ていた。

普段とは違う、色っぽい雰囲気の奴隷に、ちょっとドキドキしていたのだった。

もちろん、そんなことは言わず、色っぽいなんてことも、言ってやらず、

「御主人様、どうですか?似合うでしょうか?」

なんて事を、笑顔で聞いてくる奴隷に、

「どうせ脱がす。何を着ても一緒だ」

というようなことを言い放っていた。

もうちょっと、素直に褒めてやれば良かったようには思うのだが、そういうことがなかなかできない私だ。

でも、奴隷は、そんなことを言われるのは折り込み済みだったようで、ニコニコしながら、

「御主人様に、気に入っていただけて良かったです」

と言うのだった。

「気に入ったなんて言ってないだろ」

「でも、なんとなく、わかります」

などと言い、私の心境を見抜いているのだが、なんだかそれが悔しかった。

そんな奴隷と一緒に、その時は、私のアパートの最寄り駅の駅前商店街でやっていたイベントに行った。

笹がたくさん用意されていて、短冊を書いて笹に付ける事ができるようになっていた。

せっかくなので、それをやろうということになって、夕涼みがてらに駅前に出かけた。

その日は、イベントのためなのか、人出も多く、いつもよりも、商店街は賑わっていた。

店の前にテーブルを出して、そこで、おつまみのポテトやら、フランクフルトやら、焼き鳥やら、ビールやらを売っているお店も多かった。

浴衣を着た女性も、ポツポツと見かける。

内心、そんな女性たちと、奴隷の浴衣姿を見比べては、奴隷のほうがいいなと思ったりしていたのだが、もちろん、それを言ったりはしなかった。

奴隷は、すごく楽しそうにしていた。

普段は着ない浴衣姿をしていることで、気分が高揚していたように思う。

それに、イベントの雰囲気もあって、楽しかったのだろう。

そんな姿を見ているだけで、良かったなと思った。

そして、二人で、笹に短冊をつけた。

私は、自分でどんな願い事を書いたのかは、よく覚えていないのだが、奴隷が書いたことはインパクトがあったので、今でも憶えている。

”御主人様に気に入って頂ける奴隷になれますように”

これを他の人も見る笹に飾ろうというのだから、かなり驚いた。

でも、奴隷は平気な顔をして、それを笹に結わえていた。

かなり大胆だ。

そんな感じで、イベントにも参加して、七夕の雰囲気を堪能してから、部屋に戻った。


そして、やっぱり、その日も調教をすることになったのだが…。

私はその時に、つい、あることを考えてしまった。

一度はやってみたいと思う、男のロマンと言う名の、馬鹿で下品な夢の一つを。

そう、それは、浴衣の帯を引っ張って、奴隷をくるくる回しながら脱がすという、あの脱がし方。

あれをやってみたいと思ったのだった。

完全なエロオヤジ的発想。

あの時はまだ20代半ばだったのだが、それでも、やってみたいものはやってみたかったのだ。

一度でいいからやってみたい。

しかも、相手が彼女だったら、そんなこと、恥ずかしくて、多分頼めないのだろうと思うのだが、奴隷なら、命令すればいいから、できる。

有頂天になった。

そして、早速、言った。内心を隠して、あくまでも、調教の一部だということを強調するように。

「帯を引っ張って脱がしてやる。抵抗するなよ」

なんて、真面目な顔をして言っていた。

「はい」

奴隷も、調教に入っているので、それは神妙に聞いている。私が、そんな恥ずかしい発想に基づいて動いていることなど、気づかれていない。

奴隷は、素直に背中を向け、私に帯の結び目を差し出した。

私は、そこに手をかける。

なんだか、すごくドキドキした。

テレビの中でしか見たことのない、あれが出来るのだ。夢の一つがかなう。

そして、慎重に帯の結び目を解き始める。

もう、歓喜の時だった。

だが…。

それは長くは続かなかった。

結び目を解いていくうちに、私の想像とは違う光景がそこには現れたのだった。

その時に分かったのだが、浴衣の帯というのは、その多くの部分が、きれいな結び目を作るために使われているのだということを。

結び目を解いたら、体に巻いてある部分というのがあまり無いということを。

多分、2巻きくらいしかない。

だから、結び目を解いてしまうと、巻いてある部分もかなりほどけて垂れ下がってしまうので、帯を引っ張っても、それでくるくる回りながら、脱がすような状態にはならないのだった。

実際、引っ張ってみたが、引っ掛かりはなく、スルりと、あっさり帯が抜けて終わった…。

奴隷が、体をほとんど動かすこともなく…。

私の夢は儚く散った。

あのテレビの中での光景は一体なんなんだ?

何回も、女の人が回りながら、「あ~れ~」とか言ってるのは嘘なのか?

浴衣だからだめなのか?着物だったら、もっと巻いてあるのか?

そんな疑問が、悔しさと虚しさを伴って、頭の中を駆け巡る。

もうすっかりやる気を無くした。ガッカリして、打ちひしがれた。

そんな私を見て、奴隷が、

「御主人様、どうかされましたか?」

と言った。

でも、答えられるわけがない。

エロオヤジ的発想で、男の馬鹿な夢を追いかけたのに、それが失敗に終わったなんて、間抜けなことを、口が裂けても奴隷に言えるわけがない。

恥ずかしすぎる。

だから私は、そのまま、奴隷を押し倒していた。

その時の気分を払拭するためには、もう、そうする以外になかった。

まともな調教をするというよりは、その日は、叶わなかった馬鹿な夢のうっぷんを晴らすために、性処理に使ったという感じだった。

本当に理不尽な事、この上ない。

だが、奴隷はそれを黙って受け止めてくれた。

そして、すべてが終わって、布団の上で奴隷と向き合ったとき、奴隷はにっこり微笑みながら、こういった。

「御主人様、今度はもう少し巻いてきますから、ガッカリしないでください」

と。

バレていた…。

思いっきりバレていた…。

でも、それを認めるわけには絶対にいかないから、取り繕った。

「なんのことだ?別に、ガッカリしてるわけじゃない」

「そうなのですか?」

「ああ」

「はい、わかりました」

なんて言ったが、奴隷はやっぱり、微笑んでいた。絶対に、私の意図を見抜いている目だった。

見抜いているけれども、私が必死で隠そうとしているから、それに合わせて、それ以上突っ込まないでいる、慈悲深い、優しい目だった。

それが、悔しい。

というか、圧倒的に恥ずかしい。

そんな、情けなく、全くロマンチックじゃない七夕の思い出が私にはある。

多分、彦星も織姫も、腹を抱えて私を笑っていた事だろう。

皆さんは、どんな七夕を過ごされるのだろうか?

今日、こんな、情けなくも切ない思い出ができないように、気をつけていただきたい。


本当は、七夕に夜空を見上げて、奴隷と一緒に星を眺めた、なんてことをした話でも書けたら良かったのだが。

結局、こんな話だ。

だから、今日はせめて、静かに、星を眺めてみたいと思う。

一人で、だが…。

ある奴隷が、ある星座のことを別の可愛い言い方で呼んでいて、そんな奴隷も可愛いなと思ったことがある。

星、ということでなら、私はその奴隷のことを思い出す。

今日の夜は、その星座でも探してみようか、なんて、思っている。

その星座に願いを託すために。

私が仕事を終えて帰るとき、その星座が見えるといいのだが。

せっかくの七夕。

やっぱり、雨がふらないで欲しいと思う。


テーマ:まにあっく - ジャンル:アダルト


少し前のエントリーで、強気な奴隷と、気弱な奴隷について、書いてみた。

私としては、過去にやったことの一例という意味合いが強い、この二つのエントリーだったのだが、メールや、コメント、twitterなどでも多くの反響を頂いたので、ちょっと驚いている。

沢山の方が読んでくださって、色々なことを感じてくださったということだから、すごくありがたく、嬉しく思っている。

ただ、頂いたメールの中で、何人かの方が、多少、誤解されている部分があったようなので、それを解消しようということと、書ききれなかったことを補足しようということで、このエントリーを書いている。

あの二つのエントリーでは、私としては、なるべくちゃんと書きたいと思って、詳細に説明してみたのだが、そのおかげで、文章がものすごく長くなり、普段の3倍近い量になった。

でも、その長文が、逆に分かりにくくて、誤解を生んでいるような気がする。

読み返してみると、確かに誤解を生むかもしれない部分がある書き方になっているようにも思う。

そのうち、もう少し文章スキルが上がったら直したい。

誤解された方は、どうか、自分が読解力がないのだとか、そういう事を思わないで欲しい。

私が、もう少し簡潔に上手く表現できていればと思うところだ。



ということで、いくつか補足事項を書いてみる。

まず、奴隷の性格について、二種類のエントリーを書いたわけだが、私が、奴隷の性格を、強気と気弱の二つにバッサリ分けて、どちらかに奴隷を分類し、二種類の対応だけで済ませていたということではない。

とりあえず、大雑把に分けるとすれば、こういう分け方もあるな、ということで書いてみただけだ。

つまり、ブログに書くために、今回は、この二つに分けて、それぞれの印象的な出来事と、奴隷への対応を書いてみた、ということ。

もしも、奴隷の性格について、きっちり書くなら、私の過去の奴隷全員を別々に書く必要があると思うし、全員の性格の違いとそれに対する接し方の違いを私は明確に書き分けられると思う。

もちろん、奴隷が私に見せなかった性格に関しては書けないが、私に見せた部分に関しては、きちんと違いは分かる。

そのくらい、奴隷の性格というのは、多様だった。当たり前なのだが。

性格が似ている部分を持っている奴隷というのは居たが、同じ性格の奴隷というのは、当然ながら、居なかったから、それぞれの性格にあわせて、私は接し方を全て変えていたし、それが普通だと思ってやっていた。

だから、今回、二つの性格についてしか書いていないからと言って、それでお手軽に奴隷を識別して済ませていたわけではない。それは確かなことだ。

今後も、今回とは違う分け方で、奴隷の性格がこんな傾向の時はこうした、みたいな話は出てくるかもしれないが、それも、ブログで話をするために、便宜的に分けるだけだ。

今回とは違う性格での分け方もあるし、性格ではなくて、行動とか、言葉とか、そういうものでも、分ける事はできるとおもう。

でも、どんな分け方にしろ、それで全て収まるということは無いだろう。

私は奴隷を適当にまとめて同じ対応をするというようなことはしなかった。それは断言できる。

どの奴隷も、私にとってはそれぞれが特別で、それぞれが大切な存在だったから。

また、奴隷の性格を”奴隷”や”M女”という存在のイメージから、勝手に推測するようなことは避けたほうがいいと私は思う。

私もそういうことを無意識にやってしまって、失敗した経験がある。

あくまでも、注視すべきは、目の前にいる奴隷の性格であり、”奴隷”や”M女”という存在から勝手に推測した性格ではない。

奴隷もM女も、皆、違う。

普通の女性で考えてみれば、性格が違うのは当たり前の事なのだが、相手を奴隷やM女だと思ったときに、それが当たり前だと思えなくなり、奴隷やM女だからこんな性格なのだ、という勝手な思い込みが生まれることがある。

それは完全に間違えているので、やめたほうがいいと思うし、私も最初は勘違いした部分だ。

奴隷にしても、M女にしても、性格は、性格として、きちんと持っているし、それぞれが違うという、本当にごく当たり前のことは、分かっていないといけないと思う。


また、この二つのエントリーで、「奴隷への対処が大変だった」ということを書きたかったわけでもない。

ましてや、奴隷ごとに個々に対応することを面倒だと感じたり、苦痛に思ったりしたことは、一切無い。

どの奴隷にしても。

人には言えない難しい事情を抱えた奴隷もいて、私はそのことについて、他の奴隷よりも、たくさん考えたりもしたが、それでもきちんと考えてから対応するのは当たり前だと思ったし、それを億劫に思ったりはしなかった。

難しいことだったとは思うし、かなり悩んだこともあるのは事実だが、奴隷は、私に、体と心を差し出した。本当に大事なものを私に委ねた。

そんな大きな覚悟に対して、その対処を大変に感じて、いい加減に接してしまうくらいなら、私は御主人様なんてやる資格はないと思っている。

この奴隷は、どうすれば、本当の心を見せてくれるのか?というのを考えることは、深い悩みではあったのだが、同時に楽しみでもあった。

そして、何かをしたことで、奴隷が、その心の一端でも、私にさらけ出してくれるようになったときには、とても充実した気持ちになれた。また、奴隷の心に踏み込めたということが、私のS性を満たしてくれるものでもあった。

こうやって、普段は見せない、表に出すことのない、奴隷の心を裸にしていくというのは、御主人様の醍醐味でもあると思う。

裸になった心を縛る。

それが、多分、私の大きな目的だったと思う。

こういうことを気にしない、純粋にSMプレイを楽しむという御主人様も多いと思うし、それはそれで、構わないと思うのだが、

私は、奴隷との心での繋がりを大事にしたかったし、心をつなげ、心を知ることで、心を縛ることもできると思うから、奴隷のM性もより深く満たされるのだろうと思っていた。

そのためには、常に相手を知ろうと思い、大切な相手として接することが必要で、そうしているうちに、自然に、愛情などが芽生えて行ったようにも思う。

もちろん、私がこういうことを思っていることは、奴隷には言わないのだが…。


それで、この、奴隷には言わない、ということでも、少し、お話を頂いた。

ブログに書いたようなことを、考えたり、やっていたら、奴隷にものすごく気を使っていることがバレて、主従関係がやりにくくなったのではないか?

御主人様が奴隷を大事にしすぎている(御主人様らしくない)のではないか?ということを疑問に思われた方がいらっしゃる。

でも、それは、多分大丈夫だったと思う。

ブログには、私のその時の気持ちや、私が気を付けていたことをかなり詳細に書いているのだが、基本的にそれは、奴隷には言っていない。

また、気にしているという態度も、あまり出さない。

このブログの題名のとおり、私がブログに書いているのは、”牝奴隷には言えない話”だ。

だいたい、私は感情表現が下手くそだし、それほどおしゃべりなわけでもない。

だから、意識しないと、自分の心があまり外に出てこない。

動揺したり、泣きそうになったり、という感じで、感情が表情や態度に出てくるときというのは、よっぽど気持ちがいっぱいになって溢れてしまったときだ。

そうじゃなければ、ポーカーフェイスなんてかっこいいことができたわけでもないのだが、なるべく外に出さないようにしていたし、実際、外にだすのはあまり上手くない方だと思う。

焦ったり、驚いたりして、とっさに出てしまうという、カッコ悪いことは結構あるのだが…。

このあたりをきっちりコントロールできる御主人様はたくさん居た。私はそういう面では、下手くそなほうだったと思う。

とはいえ、奴隷の前で、特に調教の時などには、かなりストイックな雰囲気ではあったと思う。

奴隷を気遣っているとか、奴隷の性格や状態を見ながら調教を加減しているとか、そういうことは、奴隷にはわからなかっただろう。

と、信じている。

付き合いの長い奴隷なんかは、私の気持ちも察することが出来ていたかもしれないが、付き合いが長いだけに、その上で私の調教をちゃんと受ける、調教の雰囲気にしっかりと気持ちを入れる術も身につけていたと思うから、そういう意味でも問題なかったように感じる。

実際、私に見せた奴隷の反応からも、それは大丈夫だったと思える。

そして、私が口にした言葉や、態度だけを見ると、多分、奴隷を奴隷として扱う、普通の御主人様だったと言えると思う。

また、二つのエントリーで書いたように、奴隷の性格に合わせて私が対応を変えていたのは事実だが、その逆に、奴隷に、私の性格に合わせさせていた部分も、たくさんある。

だから、私だけが歩み寄ったように思われた方もいらっしゃるようだが、奴隷に歩み寄らせた部分もかなりある。

そちらのほうが多かったかもしれない。

今回はその部分を書いていないというだけだ。それも含めて書くと、さらに文章が長くなるので、そこは割愛した。

ただ、奴隷には言わないし態度でもあまり示さなかったが、奴隷を大事にするということに関しては、私は妥協しなかった。

いくら、虐げようとも、辛く当たろうとも、厳しい調教を課そうとも、突き放したことを言おうとも、どこまで行っても、大事なものであることは確かだった。

奴隷はどれも、私にとって、本当に大切な存在だった。宝物だった。

特に、それは最近も改めて感じている。

時間が経って、こういうブログを書くことになったが、そこで奴隷を思い出すと、かなり、気持ちが揺れる。

未練がましいかもしれないが、やっぱり私に大切なものをくれた大事な奴隷たちのこと、一匹たりとも、私は忘れる事はできないのだと思う。

なんだか、話がそれた。

とにかく、奴隷から見た場合、私は多分、ごく一般的な御主人様に写っていただろうと思う。


また、たまたまなのだが、私の場合には、今回の分け方で言えば、気弱な奴隷との付き合いのほうが多かった。

気弱で、オドオドしたような性格の奴隷については、私も色々な対応を考える機会が多かったし、接し方も慣れていたように思う。

だから、正直に書くと、気弱な奴隷への対処の方が、強気な奴隷よりも、得意かな?とは、なんとなく思う。

また、付き合いが多かった分、私も落ち着いて接することができた気がするし、落ち着いていたから、さらに色々なことを考えてやれたようにも思う。

気弱な奴隷と接する場合には、色々と時間も手間もかかると、エントリーでは書いたが、それでも私は、付き合いの経験が多い分、気弱な奴隷のほうが、接しやすいと感じていたのは確かだし、今もそういう意識はあると思う。

引っ込み思案で、自己主張や思い切ることがあまりできず、考えすぎたり、オドオドした感じの気弱な性格のM女は、奴隷にする相手としては、私は受け入れやすいと思っているのかもしれない。

もちろん、強気なM女が苦手なわけではないし、受け入れるのが嫌だと思ったことは一度もない。

実際、奴隷としていたのだから問題はないのだが、相対的に考えて、付き合いの経験の量の問題として、そう感じていたところはあったように思う。

これは、そういう奴隷に偶然多く当たった縁のため、としか言いようがない。

多分、強気な奴隷と多く付き合っていたら、逆のことを思っただろう。

そういう意味で、ブログの中で書くときにも、実は気弱なタイプの奴隷の方が、書きやすいと思っていたりする。

そのため、そういう奴隷のことを贔屓しているように見えてしまう部分があるのかな?とちょっと危惧しているのだが、私自身は、そういうつもりは全くない。

全ての奴隷のことが、私は好きだったから、平等に書いているつもりだ。

もしも、私の文章を読んで、差をつけて書いていると思われる部分があるとすれば、それは、私の文章の至らなさだと思う。

また、付き合った期間が奴隷によって、かなり違うので、期間が長い奴隷はブログにもよく出てくる事になるから、そういう意味で、ブログの中での扱いの違いはどうしても出てしまうようには思う。

でも、決して、奴隷のどれかだけを良く(悪く)書いていたりとか、そういう気持ちは全くないので、その点だけはわかって読んでいただければ幸いだ。


最後に。

”強気な奴隷と秘密の心”、”気弱な奴隷と魔法の時間”というタイトル、ハリーポッターに似せて書いたのですか?とご質問を頂いた。

でも、このタイトルは、私が考えてつけたものだ。

二つのエントリーを対比して書くために、この二つのタイトルを似た調子になるようにしたのは事実だが、それをハリーポッターからとったわけではない。

でも、改めて言われてみると、確かに、ハリーポッターのタイトルのつけ方に似ていて、ご指摘を頂いたときは、自分でも笑ってしまった。

ハリーポッター関係者の方、もしもSMブログに使われるのが不快なら申し出て欲しい。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


前回のエントリーでも少し触れたのだが、私が、「奴隷に合わせて、色々と考えたことが多くみられる」とか、「気を使い過ぎているように見えて、御主人様らしくない」というご指摘をいただくことがそれなりにある。

でも、それは、ブログに書く頻度の問題で、そういうイメージになったのだろうなと思う。

御主人様としての思いなどを書くつもりの、”牝奴隷には言えない話”なので、そういうことになるのだろうと思うのだが、御主人様だったときの私は、奴隷に媚びていたわけではないし、奴隷の機嫌を伺って、ビクビクしながら調教していたわけでもない。

そんなことをしていたら、私のS性は全く満たされなかっただろう。

SMとか、主従関係というのは、奴隷が満たされることというのが重要なのは事実だし、私もそれを目指していたことは確かだが、御主人様も満たされないと、多分、続かないし、私も、やっていられなかっただろうと思う。

主従関係とはいえ、人間関係だから、一緒にいてお互いに満たされると思えなければ、それは良い関係ではないと思う。

だから、私の都合に奴隷を付きあわせたことも、もちろんあるし、主従関係だったから、そういう風にした事のほうが多かったと思う。

でも、ブログでは、そういうことは、それほど多く書いていないかもしれない。

なので、今回は、ちょっとした普段のことではあるのだが、私が奴隷に合わせるのではなく、奴隷が私に合わせていたことを書いてみることにする。


私は、携帯電話を持ち始めた時から、携帯メールを送信するのが苦手だ。

人と顔を合わせて話すのが好きなので、電話もそれほど得意ではないのだが、電話は仕事でも必須だし、これは嫌だとは言っていられないので、ちゃんと使っている。

また、パソコンのメールも問題なく使いこなせているので、メールが特に嫌いということもない。むしろ、メールは時間を気にせずに書けるので好きな方だ。

でも、携帯メールは苦手だ。

何故か?というと、携帯は画面が小さい、ボタンも小さい、それに普通の携帯は、文字を出すのに何回も同じボタンを連打する必要がある。その上、基本的に、親指だけでしか扱えない。

そういう細々としたところが全部苦手だ。

つまり、携帯電話に送られてきたメールを見るのは、いいのだが、それに対する返事を書くのが苦手ということ。

私は、昔からパソコンに慣れてしまっているので、キーボードで文字を打つことには、全く苦労を感じないのだが、携帯は、キーボードのように打つことができないから、それがかなりストレスなのだ。

だから、私は、携帯からメールを出すことはあまりない。

とりあえず、可能なかぎり、メールは、パソコンの前に居るうちに全部、送ってしまうようにしている。

また、携帯から出さないといけないメールなんかも、パソコンで書いて、携帯に転送して、それを送ったりしている。

なにを面倒なことをしているんだと思われる方が多いと思うが、私の場合、携帯で直接書くより、そちらのほうが圧倒的に速い。

本当に、携帯で書くことを最小限にしている。

それでも、携帯にはメールが来るし、出先などでパソコンが無ければ、携帯からメールを返さないといけないこともある。

私は、普段から、携帯でメールをあまり書かないようにしているため、慣れていないから、携帯でメールを書くのが、非常に遅い。

だから、やたらと時間がかかる。それもストレスになるので、余計に携帯メールが嫌いになっていく…。

こういう悪循環。

だから、私からの携帯メールの返事というのは、かなり短いことが多い。

男友達とかだと、用件だけのストレートなメールがほとんどなので、”うん、了解”とか、”じゃあ、○○日に”とか、そういう短い返事でも、問題ない事が多いのだが、

奴隷は用件があっても、それだけという事はあまりなく、色々なことが一緒に送られてくることがかなり多い。

また、特に用件はなく、日記や状況報告のようなメールが送られてくることも頻繁にあった。

奴隷からメールを貰うこと自体は、決して嫌ではないし、むしろ嬉しい。

でも、返信がとにかく苦手な私だ。

だから、酷いことになる。

例えば、奴隷が、

「御主人様、こんにちは。今日は、会社の研修で、丸の内に来ています。普段来ないところなので、面白いです。ランチも違うお店があって、迷ってしまいました。入ったお店は、とても美味しくて、…ズラズラズラ…、…ズラズラズラ…、…ズラズラズラ…、今度、もしもよろしければ御主人様と一緒にお出かけしたいです。次にお会いできる日を楽しみにしています。良い一日をお過ごしください。それでは失礼いたします。御主人様の奴隷、理沙より」

なんて感じで、その日の出来事なんかを、とりとめなく、あの頃の携帯メールの文字数制限の上限近くまで書いて、さらに、昼食の写真付き、なんてことが結構あったのだが…。

それに対する、私の返信。

「そうか」

以上。

我ながら酷いと思う。

何度も書くようだが、私は、奴隷からのメールが嫌いだったとか、面倒だったとか、そういうわけでは決してない。

私のことを気にして、私に色々な話を聞いてもらいたいと思う、奴隷の気持ちは嬉しいし、そういうところが可愛いとも思う。

奴隷の心なんかもそこに垣間見えることがあるから、そういう意味でも良かった。

奴隷からのメールを見るのは好きだし、それに付き合ってやりたいとも思うのだ。

それに、主従関係とはいえ、主従関係だからこそ、コミュニケーションというのは、しっかりと取る必要があると思っていたから、こんなのでは、駄目だという自覚もあった。

気持ちとしては。

ただ、携帯電話を使っての返信が私にとっては多大なストレスなのだ。

これが大きな壁なのだ。

だから、これと同じメールがパソコン宛に来たとすると、私の返信は、多分、

「丸の内、今度一緒に行くか。お前の行った店、飯がうまかったのなら良かったな。ちゃんと場所を覚えてこい。また食べに行こう。普段行かないところだから、気をつけて帰れよ」

というくらいは書いただろう。

実際、パソコン宛に来たメールには、最低でも、このくらいは書いて返したと思う。もっと長いものもたくさんあった。奴隷が書いてきた以上に書いて返すこともあったくらいだ。

だから、こうしているうちに、奴隷も私の携帯の方は諦めて、パソコン宛にメールを送るようになると私は思っていたのだが…。

そんな予測は外れた。

いつまで経っても携帯宛にメールを送ってくる。

私からの返信は、上で書いた「そうか」を筆頭に、「ああ」とか、「へぇ」とか、二文字なんて極悪なこともあり、頑張っても、「良かったな」とか、「今度な」とか、そういうくらいのことが多かった。

さらに、最悪なことに、返信しない、なんて場合もあった。

用件に対して、ちゃんとした返事が必要なときには、もちろん、長いメールを書くか電話をしてしまうのだが、そうじゃなければ、この対応。

普通なら、こんな返事を書かれたり、返信がなかったりしたら、嫌になるんじゃないかと思うし、男女関係だったら、多分、彼女が怒り出すレベルだと思うのだが、それでも、奴隷は私の携帯にせっせとメールを送ってくる。

「ちゃんとした返事が欲しかったら、パソコンの方に送れ。俺は携帯メールが苦手だ」

と、はっきり言い渡したこともある。

でも…。

やっぱり、携帯に送ってくる。

これがわからない。

どう考えてもわからない。

事情があって、一匹だけ、私のパソコン宛のメールしかしていない奴隷は居たが、それ以外は、皆、私の携帯にメールを送ることをやめなかったし、私が上記のような返信をしても、気にしている感じはなかった。

むしろ、嬉々として私の携帯に送ってきているような雰囲気さえ感じられた。

私が携帯メールが苦手なのを見越した嫌がらせなのか?と一瞬思ったことさえある。

でも、そういうわけでもない。

普通のこととして、何の他意もなく、携帯に送っているようだった。

私としては、それなりにちゃんとした返信が来たほうが嬉しいと思うのだが…。

「そうか」とか、そんな一言しか返ってこないか、もしくは返信がないかもしれないとわかっているのに、数百文字のメールと写真を送っても寂しいような気がするのだが…。

パソコン宛に送れば、もう少しまともな返事が返ってくるのは分かっているはずなのだが…。

なんとなく、こういうそっけない返事が、奴隷たちのM性を刺激することになっていたのだろうか?なんてことは、思ったりもしたのだが、それを確かめたことはないので、よくわからない。

それに、私の返信のどこがいいんだ?なんてわざわざ聞くのは、私がそういうメールを返していることに少し罪悪感を持っていることを奴隷に見せてしまうようで、私の中の、見栄っ張りな部分が、それは許さなかったのだった。

結局、奴隷にはこのことは聞けずじまいだった。

だから、これはどうしてだったのか、未だに不思議だ。


と、こんな感じで、私の都合で、奴隷への携帯メールの返事がこんなことになっていたりしたのだが、それを奴隷は、(理由はよくわからないが…)受け入れていた。

だから、私が奴隷に合わせることばかりではなく、私は私の方針を通して、奴隷にそれに合わせさせていたことというのも、あるのだった。

その一例として、今日はこれを思い出したので書いてみた。

でも、読み返してみると、なんだか、自分の携帯扱いの下手さ加減を暴露しているだけのような気もするが…。

まあ、いい。

もっとまともな話を思い出したら、また書くことにする。

ちなみに、奴隷とのやり取りをしていた頃からかなり時間が経つが、今の私も、相変わらず、携帯でのメール送信は苦手だ。

もう少し、練習したほうがいいのか…。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


ある日、私は、仕事を休んだ。

その日は理沙の休日。

理沙の会社はイベント会社で、休みは不定期で、土日営業もかなりあったから、私と休みが重なることがそれほど多くない。

理沙と確実に一日付き合おうと考えると、私か理沙が仕事を休むのが一番手っ取り早い方法。

でも、会おうと思えば、いつものように仕事が終わってから会うことはできるし、少し待てば、休みが重なる日も出てくる。

だから、私が仕事を休んでまで理沙に会うことにしたのは、理由がある。

この日、理沙に対する自分の気持ちに整理をつけようと思ったからだった。

これが、理沙のことで悩み続けた私が、やっとのことで、思いついたことだった。

理沙を手放すことになるかもしれないということに、その日、気持ちの中でケリをつけたいと思ったのだった。

色々な想いが頭の中を支配していたから。

もう迷わないようにと…。


そして、私は朝から理沙の部屋に行った。

理沙には何も伝えていない。

突然に行って、理沙の部屋のチャイムを鳴らした。

すぐには返答はなかった。

休みだったから、理沙は寝ているのだろうと思われた。

本当に、迷惑な御主人様だと今にしてみると思う。

そして、少し時間を置いて、「はい、どなたですか?」とドアの向こうで言う理沙は、完全に寝起きの声だった。

「俺だ」

とだけ返してドアの前に立っていたら、覗き穴で私を確認したのであろう理沙が、ものすごく焦っているのが、外からでもわかった。

「ご、御主人様!今日ってお約束、ありましたでしょうか?」

なんて、いきなりワントーン高い声で返してくる。

「約束がないと来ちゃダメか。じゃあ、帰るな」

といって、ドアの前から姿を消してみた。

すると、勢い良くドアが開いて、理沙が顔を出した。

「ちょ、ちょっと待ってください。そんなことないですから。入ってください。私、寝起きですみません!」

パジャマにカーディガンを羽織った姿の理沙だった。しかも、完全な寝起きの顔だが、その表情はかなり焦っている。

私がチャイムを鳴らすまで、寝ていたのは確実だった。

せっかくの休日、起こしてしまったのが、ちょっと悪いと思いながらも、そういう理沙の顔を見るのも珍しいので、私は、それを見て少し微笑んだ。

だが、理沙の方は、それどころではなかった。

いきなりやってきた私に、寝起きの顔を見られるのが恥ずかしいと思いながらも、帰ってしまわれるのも困るということで、あたふたしている。

「じゃあ、入っていいのか?」

「はい、もちろんです。でも、ちょっとだけ、待っていてください」

といって、私を部屋に入れると、理沙は洗面所に駆け込んだ。

急いで顔を洗って、身なりを整えているのがわかる。

そんな姿がちょっと面白かった。

少しして、理沙が洗面所から出てくると、なんとか寝起きの顔だけは解消されていたのだが、いつものようにきちんとメイクしているわけではないので、多少雰囲気が違った。

でも、すっぴんの理沙も、私は好きだったから、それはそれで問題ないのだった。

ただ、理沙の方は、

「まだ、お化粧もしてないし、髪の毛も整えてないのに…。うぅ…すごく恥ずかしいです」

なんて言いながらも、とりあえず私にお茶を出して、

「飲んでいてください。ちゃんとしてきますから」

と言って、今度は寝室の方に向かった。

私は、それを見て、やっぱり少し笑いながら、お茶をすすって理沙を待った。

しばらくして、理沙はいつもよりはナチュラルなメイクをして、服もきちんと着替えて寝室から出てきたのだった。

そして、私の前に正座すると、手をついて頭を下げ、

「御主人様、おはようございます。せっかくいらしてくださったのに、お待たせした上に、お見苦しいところをお見せしてしまい、申し訳ありません」

と謝ったのだった。

「ああ。で、もう、ちゃんと起きたか?」

と、私は理沙をからかうように笑って言った。

「御主人様、意地悪です。ちゃんと起きてます!」

「そうか。それは良かった」

「それで、御主人様、あの、今日は、どうしてこんな早くに来てくださったのですか?それに、お仕事は?」

「仕事は休んだ。今は忙しくない時期だしな。この時期に休みを消化しろって言われてる。今日は、一日、理沙と過ごすつもりで来たけど、なんか、別の用事でも入っていたか?邪魔なら帰るぞ」

「そんなことはありません!用事なんて無いですから。一日、御主人様と一緒に居られるなんて、すごく幸せです」

理沙は、ニッコリと笑い、本当に嬉しそうな表情をする。かわいらしい顔だった。

「そうか」

「はい。今日は、一日、ご調教をしてくださるのでしょうか?」

「それもある。でも、今日はまず、一緒に出かけないかと思ってる」

「御主人様とお出かけできるんですか?嬉しいです」

と、理沙は無邪気に喜んでいた。

だが、理沙を誘った理由は気持ちの整理をつけるためだったから、私はそんな理沙の笑顔を複雑な思いで見ていた。

でも、とりあえずは、楽しもうと思って、

「どこに行きたい?」

と聞いた。だが、理沙は、

「御主人様の行きたいところならどこでもいいです」

なんて言うのだった。

「そういうのが一番困るんだ」

「でも、本当に、御主人様と一緒ならどこでも嬉しいです」

「そうか。じゃあ、水族館でいいか?」

「はい。本当に御主人様、お魚を見るのがお好きですよね」

と言って、理沙が笑った。

私は、生き物が基本的に大好きで、魚もかなり好きだ。だから、都内の水族館はあらかた行ったと思う。奴隷をつれていくこともあったから、私の魚好きは奴隷たちもよく知っていた。

「それじゃあ、私、お出かけする準備してきますね」

そう言うと、また理沙は寝室に向かい、出かける用意を始めた。

程なく、それも終わり、今度はメイクや服装もいつもの理沙っぽい感じになっていた。

一緒に部屋をでる。

まだ、さすがに時間が早かったので、近所のマクドナルドでゆっくり朝食を食べた。

そして、朝の通勤ラッシュがあらかたおさまるのを待って、電車に乗った。

行き先はサンシャイン水族館。

着いてみると、平日であまり混んでは居なかったので、魚をじっくりと見ることができた。

私はもちろん楽しかったが、理沙も楽しんでくれているようだった。

笑顔が絶えなかった。

その後、新宿に移動して昼食をとってから、ショッピングをしたり、映画を見たりして過ごした。

本当に普通のデートだった。

主従関係であるが、男女関係のような過ごし方。

この日は、私がそれを望んだからだ。

もしも、理沙を手放すことになったとき、こういうことをしていなかったと、させてやらなかったと後悔したくないという気持ちだった。

だから、その日は、本当に普通に過ごしたかったのだった。

そして、夕飯は、ホテルのレストランでディナーを食べた。

ずっと、理沙は笑顔だった。

それを見ているだけで幸せだった。

調教なんてしなくても、私は理沙と居るだけで満たされていた。

でも、そんな理沙の笑顔を私は、自分から手放す決断を下そうとしている。

なんでだろう?

そんな疑問も湧いてくる。

このまま何もしなければ、このまま理沙の笑顔は私の物で在り続けるのに。

そう思った。

でも、同時に、幸一の前でなら、もっといい笑顔をするんじゃないか?ということも思えた。

幸一の存在に気がついたときの理沙の尋常ではない動揺の仕方。

理沙が幸一に会いたがったこと、そして、幸一を御主人様と呼んだこと。

美佳が、理沙の中では、幸一は特別な存在であると言ったこと…。

そこから私が論理的に考え出すのは、やっぱり、理沙は幸一のそばにいるべきなのだろうということだった。

理沙の笑顔を受け止めながら、この日、決心をつけるために仕事を休んでまで理沙とこうして過ごしていることを思い出していた。

ディナーが終わってから、理沙の部屋に戻った。

そして、調教をした。

普段と変わらない、普通の調教をした。

そして、普段と変わらない、普通の性処理に使った。

理沙はいつもと同じように感じていた。

私のことを切ない声で、

「御主人様…」

と何度も呼んで絶頂に達していた。

その声を聞くたび、理沙の快感に支配された表情や、体を突っ張らせてイク姿を見るたび、私の気持ちは、どんどん理沙に吸い寄せられて行った。

理沙のことを決意するための日だったはずなのに、理沙を求めている自分がいる。

そのことにはっきりと気づいた。

やっぱり、私の気持ちは、理沙にある。

理沙を愛している。

それを再確認してしまった。

性処理も終わり、私は性交の余韻に浸りながら、理沙を胸に抱いてベッドに横になった。

理沙は私の胸の中ですごく幸せそうな顔をしてつぶやいた。

「嬉しいです、御主人様…」

と。

それを聞いたとき、理沙の幸せは幸一のもとにあると私が勝手に決め付けることは傲慢なんじゃないか?と思った。

理沙のこの言葉や表情が本心からのものであるなら、私の元に居させるのが、理沙の幸せなんじゃないかと思えた。

そして、私も理沙を抱いていることがこの上なく幸せだった。

だから、その日、私は理沙の部屋から帰る電車の中で、理沙を幸一のもとに返すということが本当に良いのかどうか、大きな疑問を抱え、それに頭を悩ませていた。

朝とは真逆のことを考えていたのだった。

理沙を手放すことを決意しようと決めた日。

仕事を休んでまで、そうしようと思った日。

でも、私は結局、自分の中の理沙への想いを強くしただけだった。

もう、どうすればいいのか、わからなくなってきていた。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。