理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私に、理沙を捨てることも選択肢の一つだと言われた幸一はかなり動揺していた。

もちろん、私は理沙を捨てることなど、本気では思っていなかったのだが、そうでも言わなければ、幸一の本心を引き出せないと思ったから、あえてショッキングな話を持ち出したのだった。

「もちろん、理沙はvetの奴隷だから、捨てるのも、vetの自由だ。だから、俺は何も言えない…」

本当に苦しそうな顔をして、幸一が言った。

その顔は、今まで、幸一が見せたことのないくらい苦渋に満ちたものだった。

そして、その表情は幸一の中に、理沙への想いがあるから作られているものだ。

「だから、何も言わなくていいのか?って言ってるんだよ」

「どういう事だ?」

「言いたかったら言えばいいだろう。理沙のことで、俺に遠慮するのはもうやめてくれないか」

「俺は遠慮なんてしていない。ただ、あの時、vetに理沙を完全に譲渡したという、約束を守りたいだけだ」

「だから、それが遠慮だろ?俺はあの時のことにいつまでもこだわって欲しいとは思っていない。あの時はあの時。最初は断ったけど、最終的に、俺は納得して理沙を受け入れた。俺の意志で。だから、幸一に理沙を押し付けられたなんて、思ってない」

「じゃあ、どうすればいいって言うんだ?」

「お前の理沙への本当の気持ちはどうなんだ?それが聞きたい」

「だから、別れたときに気持ちにも全てケリは付けた。理沙に関してはもう関係ない」

「でも、そのケリをつけた理由は、ヨーロッパとの間での、超遠距離恋愛になるとか、結婚して連れて行くことが出来ないとか、そういうことがあったからだろ?それが、今は解消されている。状況が変われば、気持ちも変わるのも不自然なことじゃない」

「でも、今は理沙はvetの物だ。それを俺がどうこう言えるわけ無いだろう」

「だから、どうこう言えって言ってるんだ。俺のことを気にせずに」

「vet、なんでだ?なんでそこまで言う?」

「理沙の幸せのためだから」

「理沙の、幸せ…」

幸一は、神妙な顔でそう繰り返した。

幸一だって、理沙の幸せを望んでいないわけではない。むしろ強く望んでいることを、その顔が物語っていた。

「はっきり言うぞ。理沙は、お前のところに居るほうが、幸せなんじゃないかと俺は考えたりもしている。だから、お前の気持ちを聞きたいと思っている。今でも理沙を想っているのかどうか」

「まさか、お前、俺に理沙を返す気でいるのか?だから、捨てるって…」

「ああ、そうだ」

「俺は、あんなに無理を言ってお前に理沙を押し付けたようなものなんだぞ。それに、この2年近く、理沙を本当に大事にしてくれていたのが、俺にもわかる。都合が良くなったからと言って今更返してもらうなんて、出来るわけ無いじゃないか」

「それが、理沙の本当の幸せじゃないとしてもか?その変な意地のために、理沙が本当に幸せに思う状態になれなくても構わないということか?」

「…」

「俺は理沙のことを考えている。だから、幸一にも理沙のことを考えて欲しいと思っている」

「でも、vetの気持ちはどうなるんだ?理沙のこと、なんとも思ってないわけじゃないんだろ?」

「もちろん。理沙のことは、大切だし、かけがえのないものだと思っている。正直に言えば手放したくはないよ。でも、理沙の気持ちが幸一にあって、幸一の気持ちも理沙にあるなら、俺はただ、二人を邪魔しているだけだろ? なのに御主人様だ、なんて言ってるのは、惨めすぎる。そんな存在にはなりたくない」

「vet…」

「俺だって、好きでこんな事言ってるわけじゃない。ほんとは言いたくない。でも、幸一のことで動揺する理沙の様子を見ていたら、あいつの幸せはどこにあるんだろうって、考えざるを得なくなった。だから、幸一の本当の気持ちを聞きたい。今でも理沙のことを思っているのかどうか。もちろん、思っていたとしても、俺が理沙を手放せないかも知れない。それすらまだわからない状態なんだよ。俺だってどうすればいいか混乱してる。でも、お前の気持ちを聞かないことにはなにも始まらないって思った。だから、こうして聞いてるんだ」

「そうか…。わかった」

そう言って、幸一は、沈黙した。私も幸一が口を開くのを待った。

そして、少し経ってから、幸一が重い口を開いた。

「理沙のことは…。吹っ切ったって言ったけれど、本当は、ずっと考えていた。あっちに行ってからも、こっちに戻ってきてからも。だから、俺も愛している。今でも。取り戻せるなら、取り戻したいと思っている…」

搾り出したような言葉だった。幸一の表情からは、それが本心だとわかる。

でも、同時に、私に対して申し訳ないという気持ちも、そこに現れているのがありありと伺えた。

だから、こうも言った。

「でも、vetに譲渡したことも、すごく重いことだと思っている。それに、vetが理沙を大切にしていることも。だから、俺の都合で返してくれとは、やっぱり言えない」

「そうか。でも、もしも、理沙を幸一のところに戻したら、あいつを大事にしてくれるってことだよな?」

「それは、もちろんだ。前と同じように、大切にする」

「もしも、前の時みたいに、理沙が、結婚することを望んだら、それも叶えてやれるか?」

「ああ。一度は考えたことだし、理沙が望むなら、当然、そうするし、俺もそうしたい」

「それを聞いて安心した。これでちゃんと考えることが出来る」

「でも、本当に、俺に返してくれるつもりなのか?」

「わからない。俺の理沙への想いもあるから。だから、すぐに結論は出せないと思う。ここまで言っておいて悪いんだが…」

「それは構わないよ。vetに譲渡したことは事実だから。vetの気持ちで決めてくれればいい」

「もちろん、そうする。というよりも、あとは理沙の気持ち次第だな」

「そうか…。なんか、申し訳ないよ。vetをこんなに悩ませる事になっているなんて…」

「それはお前に心配されることじゃないな。自分の奴隷のことを考えて悩むのは、当然のことだと思うし」

「やっぱり、悪い…」

「いいよ、気にするな。それより、幸一の本音が聞けて良かったよ」

「本当に、俺が、あんな事言って良かったのか?そんな権利はないように思っているんだけどな…」

「権利?そんなの誰にでもあるんだと思う。言うだけは、好きに言えばいい。想いを口にすることは悪いことじゃないだろう。好きなものは、好きなんだから、仕方が無い。それが他人の女でも」

「それは、お前の本音か?」

「そんなわけないよ。一般論だ。本音をいえば、理沙のことに関しては、誰にも何も言われたくないし、誰にも渡したくない」

「俺に本音を言わせておいて、お前はそれか。最低だな」

幸一が、そういって笑った。

「でも、ここまで言わないと、お前は何も言わなかっただろ?」

「それもそうだ」

「だから、これはこれでよかったんだと思う」

「そうか」

「そうだ」

そう言って、私も幸一も、ほっと息をついた。

本当は、これよりも、かなり長い話だったし、こんな風に説明っぽく話したわけではないのだが、わかりやすく要約すれば、こんな感じになるだろう。

幸一とは、なんとか穏やかに話をすることができた。喧嘩になることも覚悟していた私だから、こうして、話が進んだのはありがたかった。

もちろん、私の心境としては心穏やかなものではなかったのだが、幸一が腹を割って話してくれたことは、素直にありがたいと思った。

私が判断するための材料が揃ってきたのだから。

そして、私の思考は最後の相手のことに移る。

あとは、理沙。

理沙の本心をどう聞き出すのか。

それを次に考え始めたのだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


昨日、続き物の話が100話目になった。

内容的には、完全に途中なのだが、数字的には、3桁になったし、区切りかな?と思ったので、閑話。


ブログを書こうと決めたとき、私の過去の奴隷との話というのは、長くても、20エントリーくらいで終わるつもりだった。

他のSMに関するエントリーを書くにあたって、私が御主人様として、どんな道を歩いてきたのか?というのを、簡単に、知ってもらえればそれでいいと思っていた。

メインで書こうと思っていたことの補足という意味合いで考えていた。

でも、かなり初期の段階で、「ああ、終わらない…」と悟った。

それでも、なんとか短くしようと、あがいていた時期もあるのだが、どうしても、短くすることは、出来なかった。

やっぱり、過去の奴隷のことを考えると、そこに強い気持ちが入る。

どうしても、書いておきたい想いが湧いてくる。

色々な感情が溢れてくる。

奴隷たち、一人一人が、私にとって、本当に大事な人だから。

過去のことだから、未練がましいかもしれないが、そういう強い想いを持って私は奴隷に接していたのだと、書いてみて、改めて、実感している。

自然に、話数が増え、それぞれの文章のボリュームも大きくなっていった。

そして、もう、今は、書きたいだけ書こうと思っている。

基本的には、自分の為に書いているブログだから、自分が納得するまで。

無理矢理、短くしようとか、さっさと終わらせようとか、そういうことは思わなくなった。

なので、いつ終わるのか? 本当に、わからなくなった。

多分、当分、終わらない。

全ての奴隷と別れた私なのに、100話になっても、まだ、一匹の奴隷とも別れていないのだから…。

その時点で、もう、この話が、すぐに終わるなんて、考えられない状態だ。

さらに、私には、ブログに書くことのない出来事もある。

それも、私にとっては、欠かすことのできない大事なことだから、書かないとはいえ、私の中では、かなりの話数としてカウントされることになる。

全部含めたら、何話になるのか…。

今の段階では、全く、見当もつかないが、当初の予定を大幅に超えていることだけは確かだ。

更新も早くないし、続き物の話ばかりを書くわけでもないから、さらに時間はかかるのだが、もしも、気が長い方がいらっしゃるのなら、お付き合いいただければ嬉しく思う。

私の、本当に大切な思い出の話に。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:アダルト



あるとき、奴隷が、とても不安そうな顔で、唐突に、こんなことを言い出した。

「御主人様、アダルトビデオ、お持ちですよね?」

これ、奴隷に言われても、なんとなく、恥ずかしい。

持っているのは、明らかにバレているし、彼女になら隠す男も多いと思うが、奴隷になら、特に隠す必要もないのはわかっている。

だが、普通?の男の反応として、それは隠したいという、心理が働く。

やっぱり、AVやエロ本というのは隠したいものなのだ。

リスが、冬ごもりの前に木の実を隠すのと一緒で、男の習性なのだ。

抗いがたい、サガなのだ。

たとえ、バレているとしても、それを真っ向から言われるのは、やっぱり苦手だ。

頼むから、オブラートに包んでくれ。

というよりも、できれば、そこに触れないでくれ。

そこは、アンタッチャブルな、デリケートゾーン、男のサンクチュアリなのだから…。

でも、その時の奴隷は、そんな私の、切実だが、ちっぽけで下品な思いなど、確実に踏みつぶして、というよりも、気がつくことすらもなく、とても真剣な顔で、そんなことを言ったのだった。

この時は、本当に、一番痛いところを突かれた気分であり、さらに奴隷の表情がとても不安げなのも気になったので、結局、

「ああ…。ある」

なんて、それなりにまともに(でも、指摘されるのが恥ずかしかったので、ぶっきらぼうに…)答えていたのだった。

なんで、こんなわかりきっている話題をいきなり出すのか?というのが、私にはかなり疑問であり、奴隷が何を考えているのか?というのがわからないのが、不可解で、それも、なんだか腑に落ちないのだった。

でも、奴隷は確かめたいことがあるらしく、私が、それ以上触れて欲しくないと思っている話題を真剣な顔でさらに続けた。

「御主人様は、そのアダルトビデオを何に使っておられるのですか?」

アダルトビデオを何に使うか?って…。

また、そんなわかりきっていることを、わざわざ聞く奴隷。

本当に、奴隷の意図がわからず、どう答えようかと、考えた。

もちろん、ブックエンドにする。とか、そんな馬鹿なことは言えないわけだが、一瞬そういうことを言って、誤魔化してやりたいと思ったくらいの質問だった。

でも、とりあえず、アダルトビデオくらいのことで、うろたえるのも、御主人様としては、カッコ悪いと思ったし、何よりも奴隷の雰囲気がどうもおかしいので、

「何に使うって言って欲しいんだ?」

と、奴隷の心情を少し探るように、聞き返していた。だが、奴隷はやっぱり真面目な表情のまま、

「素直に答えてくださいませんか?」

と言った。

それが、本当に切実な感じなので、私は、奴隷の意図通りに答えてやった。

「普通の使い方だ。自慰をするときに使う。それ以外に何かあるのか?」

「やっぱり、そうなんですね。御主人様…」

と、いきなりガッカリした顔をする奴隷。

そんなにガッカリされると、本当に私がどうしようもないエロ男のように思えてくる。

結構ショックだ。

でも、アダルトビデオを自慰以外に使う方が、おかしいんじゃないのか?

と一瞬、突っ込みたくなったのだが、この時点でも、奴隷が何を思っているのかが、いまいち読めないので、それはやめて、

「何に使って欲しかったんだ?SMプレイの参考にするとか、言って欲しかったか?」

「いいえ、そういうことでもないです。使わないで欲しかったんです」

「使わないで欲しい? アダルトビデオを見て、何もしないのは、結構辛いことだぞ」

「ですから、見ないで欲しかったんです」

「なんで、アダルトビデオを見るかどうかで、俺が、お前に遠慮する必要がある?」

「そういうことではなくて…」

「じゃあ、どういうことだ?」

「オナニーしたくなったら、私を使って欲しいんです。そのたびに、呼びつけてくださってもいいですから、私を使ってしてください。お願いします!」

そう言いながら、奴隷は手をつき、頭を下げた。

とても必死な様子で。

でも、奴隷になってしばらく経つし、AVを私が持っていることはかなり前から知っているはずなのに、今更、そんなに必死になってこんなことを言い出す理由が私にはわからなかった。

「お前を呼んで、俺が1時間くらいも、来るのを待てというのか?」

「御主人様のお部屋までは急いでもそのくらいかかりますから…。お待たせするのは申し訳ないのですが、待っていただけないでしょうか?」

待てないわけではない。

AVで自慰するよりも、奴隷を抱くほうが遙かに快感なのは明らかだ。

でも、そういう問題ではない。

奴隷ができてから、私は、自慰をすること自体、かなり少なくなった。奴隷を抱けば満足するから。

私が自慰をするとすれば、それは奴隷に会えないときだ。会えないから自慰でごまかしている。

なのに、自慰をしようとするときには呼んでほしいというのは、実際問題、無理な話ということになる。

それがわからない奴隷ではない。なのに、そんな無茶を言い出す。

この時点で、これは、別の何かを考えているのだろうなと私は思った。

そして、何を考えているのか?と思いながら、頭を下げている奴隷の顔を持ち上げて覗き込む。

すごく、切羽詰まったような、思い詰めたような、危機感を感じている表情をしていた。

でも、それだけから察するのは難しい。

だから、奴隷が考えていることを、なんとか聞き出そうと思った。

「待てないな。お前が来る前に、自慰をして終わりだ」

突き放すように言う。

「そうですか…。やっぱり、無理ですか…」

「そんなに、俺に、自慰をして欲しくないのか?」

「それも思います。御主人様が一人で処理されるなんて、性奴隷として、お役に立てなくて、とても申し訳ないです。でも、そればかりでもなくて…」

「さっきから、お前の言っていることが、なんだかわかりにくい。なにか、本当は、言いたいことがあるんだろう。違うか?」

「はい…。でも、恥ずかしいことなので…」

「恥ずかしい?俺の前で、何を恥ずかしがる?何でも言えばいい。今更、驚かないし、俺はいつでも、お前を受け止めると言ってあるだろう。忘れたか?」

「それは、忘れてません。そうですよね…。御主人様は私の恥ずかしいこと、今までも、受け入れてくださったですよね…」

そう言って、奴隷は少し、考えたようなのだが、決心が付いたのか、話しだした。

「あの…。私、アダルトビデオの女優さんよりも、美人じゃないですよね?」

「AVの女優?」

私は、奴隷の、その唐突な展開に、首をかしげた。

ますます、言っていることの意味が分からない。

「はい。女優さん、すごく綺麗な人が多いから」

「だから、どうした?」

「御主人様が、アダルトビデオでオナニーされたら、私、勝てないです」

そう言って、奴隷は、表情を崩した。涙は流していなかったが、ほとんど泣いているような顔だった。

「勝てないって…」

「はい。私、あんまり可愛くないし、スタイルもよくないですから。御主人様が、アダルトビデオで慣れてしまったら、私の体では、ご満足していただけなくなるのではないかって、とても不安になってしまって…。私、性処理穴なのに…。使いものにならなくなるのは、嫌です」

奴隷は、必死に不安を訴えた。

それでやっと奴隷の意図がわかったのだが…。

こんなことを考えているとは、思ってもみなかった。

AV女優がいくら美人だったとしても、生身の奴隷とのSMや性処理よりも、AVでの自慰の方がいいと思ったことなど、ないのだが…。

今の草食系男子と言われる人達は違うのかも知れないが、大部分の男は、生身の女体を取ると思う。

少なくとも、私はそうだ。

その上、好きで付き合っている奴隷が相手だ。

愛情を感じる大切な相手との、SMや性処理というのは、もう容姿とかそういうことは考えなくなる。

どんな綺麗なAV女優よりも、目の前で、愛おしい奴隷が苦痛や恥辱や快感に震えている姿、その表情のほうが、圧倒的に、可愛らしいし、性欲をそそられる。

絶対に、美しく見える。というか、美しい。それは確実だ。

触ることもできない、画面の中の女優とは、比較にすらならないと、私は、普通に思っていたのだが…。

それを奴隷が気にしていたということに、驚いた。

と同時に、その奴隷が、そこまで、自分に自信がなかったということに、それまで気がついてやれなかったことを思い知らされた。

奴隷のこと、ちゃんと見ているようで見れていなかった自分が、情けなかった。

だから、どうやって声をかけてやろうかと、思った。

この奴隷の不安を、どうしたら、取り除いてやれるのか?

そう思って、しばし、考えた。


次回に続く。


テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト



前回の続き。


奴隷が、AV女優と自分を比較して、負けるのではないかと、不安になると訴えた。

それには、かなり驚かされた。

そんなことを奴隷が思っているとは考えもしなかったから。

AVはAVであり、所詮、映像でしか無いと、奴隷も、当然思っていることを、私は全く疑っていなかった。

AV女優と自分を比較することなど、ありえないと思っていた。

でも、それは違った。

私がAVを見ることで、奴隷が不安になっている。

そして、そんな不安に苛まれている奴隷に、なんと言えばいいのか…。

すぐには思いつかなかった。

だから、とりあえず、そう思うに至った事情を聞いてみようと思った。

「なんで、今更、不安になる? 俺がAVを持っているのくらい、前から知っていただろう」

「それはそうなのですけれど…。この間、たまたま見ていたテレビに、元AV女優の人が出ていて…。すごく綺麗で、スタイルも良くて、御主人様もアダルトビデオをご覧になるから、もしかして、こんな人がお好きなのかな?って思って…」

「ああ」

「それで、私、御主人様がアダルトビデオを見ていたら、そっちのほうがいいのかなって…。アダルトビデオなら、顔とか体型とか、好みの女性を選べますから。そう思ったら、ものすごく不安になってしまって。私、御主人様に使ってもらえなくなったら、奴隷で居る意味がなくなっちゃう…。私、御主人様の奴隷でいたい。ずっと使ってもらいたいです」

とうとう、奴隷が泣き出した。

こうなると、私が想っていることを普通に説明したところで、多分、納得しないのだろうと思った。

「画面の向こうのAV女優よりも、目の前にいるお前のほうがいい」などと言ったところで、多分、ダメだ。

奴隷の不安を払拭することにはならないだろう。

説得するために無理に言っている、なんて言われて、堂々巡りになるのが予測できる。

奴隷は奴隷で、一旦思い込むと頑なな所があるから。特に不安に心を奪われているときには、周りが見えなくなることが多い。

奴隷だからといって、常に御主人様の言葉を全て素直に受け入れられるわけではない。

特に、こういうことに関しては、一度思い込むと、それが尾を引く。

それでも、私が強く言えば、表面上は、頷くかも知れない。

無理矢理、頷かせることは、できる。

奴隷がなんと思っていようが、無視して、私の思っていることに同意しろと、命令すればいい。

実際そうやって、奴隷の気持ちを強引に作り変えるという手段を使うこともある。

でも、この不安に対しては、それでは意味が無い。

ちゃんと、納得できるようにしてやる必要がある。

だから、どうすればいいのか、しばらく考えた。

そして、結局、主従関係らしく、奴隷を徹底的に、貶めるように、言ってやることにした。

奴隷であることを、改めて認識させる。それは同時に、奴隷として価値を私が認めているということを示すことになるから。

それが多分、一番、奴隷が安心できて、私の思いが最も伝わると判断したのだった。

「お前、かなり馬鹿なのか、それとも、俺のことを馬鹿だと思っているのか、どっちかだろうな」

「えっ?」

「自分がなんなのか、わかっているくせに、なんで不安になる? お前は、自分で言ってるのに、わからないのか?」

「なにが、ですか?」

「”私は性処理穴”だと、さっき自分で言わなかったか?」

「はい、言いました。でも、私では、女優の人には勝てないですから…。だから…」

「あっちはAV女優っていうれっきとした職業だ。人間の女として金をもらって出演している。俺も女として見ている。でも、お前はなんだ?」

「私は…。御主人様の奴隷です」

「そうだな。それに、お前がさっき言った通り、ただの穴だ。仕事でもないし、強制されたわけでもなく、お前の意思で俺の性処理穴になった。違うか?」

「はい。でも…」

「おまえは、ただ、俺が必要なときに、黙って穴を差し出せばいい。AV女優のように仕事で見せるセックスを望まれているわけじゃない。穴として、俺に使われるためにいる。それとも、女として、そこにいるのか? 女として扱って欲しいのか?」

「いいえ、そんなことは…」

「それなら、俺は、お前とAV女優を比較することは、絶対にないな。穴と人間を比べるなんて、ナンセンスなこと、俺はしない」

「女優さんにも、穴はあります」

「まあ、それはそうだ。でも、お前という穴はここにある」

そう言うと、私は、奴隷の股間に強引に手を入れ、その性器に、容赦なく、指を突っ込んだ。

「あぁ…」

「お前の穴は、こんな風に、いつでも使える。でも、AV女優の穴はどこにある? こうやって、すぐにかき回せるところにあるのか?」

「い、いいえ…」

「お前の穴は、画面の向こうの、挿れる事もできない、AV女優の穴にも負けるのか?」

「それは…。わかりません」

「わからないわけがないだろう。お前はわかっているよ。穴っていうのは、実際に使えないと意味が無いんだ。意味の無い穴と、意味のある穴、どっちが俺にとって必要か、本当にわからないか?」

「そ、それは…。わかります」

「だったら、お前は、俺の近くにいて、いつでも俺を受け入れられる穴であれば、それでいい」

そう言って、奴隷の性器に入れた指を、思いきり中に押し込んでから、一気に抜く。

「あぁ…」

また、奴隷が切なげな声を上げる。私に好きなようにいじられていることを、認識している。

「穴として、俺が使いたい時に使えるのは、AV女優じゃなくて、お前の穴の方だ。それに、お前の穴が使いやすいから、俺は使っている。俺にしっくり合うように、調教してきた俺のための穴だ。だから、これからも俺の都合で使う。それで問題ないな?」

「はい。でも、本当に、使って頂けるんですよね?アダルトビデオを見ても、私を使ってくださるんですよね?」

「前にやったように、AVを見ながらお前の穴だけを使うこともあるだろうな。でも、穴としては使う」

「それでもいいです。それでも、使っていただければ、私は、嬉しいですから。だから…」

「お前の穴に飽きない限り、使ってやる。性処理穴だと自覚できているなら、俺がいつでも気持ちよく使えるようにしておけ。俺が使いたいと思う穴でいろ。それが、奴隷の勤めだな」

「はい、わかりました。そうします。穴としては、負けないように、ちゃんとしておきますから」

「じゃあ、それでいいな? 不安は、どうだ?」

「不安は、まだ、ちょっと…。でも、少しすっきりしました。ありがとうございます。本当に、使ってくださいね。いくらでも、使ってくださいね…。気持よくなって頂けるように、努力しますから…」

そう繰り返して言いながら、奴隷は少し不安が和らいだような顔で、嬉しそうに微笑んだ。

性処理のための穴だと言われ、それを自らも認め、そして、そこに価値があると言われれば、それが嬉しい。

奴隷の、奴隷らしい考え方だと思う。


こんな話をしたことがあった。

内容はその都度違うが、この奴隷とも、また別の奴隷とも、不安の話はたくさんした。

私は、奴隷には、自信を持って、私の奴隷でいて欲しいと思っていた。

私が奴隷として飼っているということは、私が最大限に認めているということであり、受け止めたいと思う相手だということだとわかって欲しかった。

直接、それをあまり言わない私も悪いのは確かだ。

でも、御主人様としては、軽々しくそんなことは言えないと思っていた。

だから、自分から気づいて欲しかった。

顔がどうこう、体がどうこう、穴がどうこうではなく、AV女優よりも、私にとっては、自分の奴隷のほうが、圧倒的に価値があると思っている、なんてことは、私が言うまでもなく、わかって欲しかったのだが…。

奴隷の容姿、一般的な、美人とか、色っぽいとかの基準で見れば、AV女優に負けるかも知れない。

でも、私にとっては、全く関係のないことだ。

私の奴隷は本当に美しいものだし、大切なものだった。愛おしいものだった。

性欲をそそると言う意味でも、最高だった。

そして何よりも、私に奴隷として仕えているということ。

その気持ち、想い、それを私に向けてくれていることが、重要なのだ。

このときの、この奴隷で言えば、私に使って欲しいと必死に思っている、その想いだけで、十分に魅力的だった。

それさえあれば、容姿なんか、どうでもいい、といっては、乱暴かもしれないが、私は確実に奴隷をとる。AV女優に負けることなど、絶対にない。比べることすら無い。

でも、私がそう思っていても、なかなか、すぐにそれを信じられない奴隷もいる。不安が尽きない奴隷もいる。

主従関係だからといっても、やっぱり、奴隷は女であり、女としての価値を他の何かと比べてしまうことがある。

そして、不安になることがある。

実際、不安を完全に払拭するのは無理なのかも知れない。

心のどこかに、「自分はこの人に本当は必要とされていないのではないか?」という思いは、あるのだと思う。

それは、男として、御主人様としての私も同じだが、こういうことは、わかっていてもなかなか無くせないし、相手の想いを信じきるというのは、難しいものだ。

やっぱり不安は出てきてしまう。

相手を大切に思えば思うほど、大きくなるものなのかも知れない。

前に書いたが、コンプレックスの話にも似ていると思う。

長年、主従関係を持っていると、少しずつこういうことは解消していけるのだが、それでも、出てくるときには出てきてしまう。

付き合いが短ければ、なおさらだ。

そういうとき、私もそれについて考えるし、奴隷もやっぱり考える。

そして不安を消せる時もある。

でも、考えすぎて逆に不安になる奴隷もいたりする。

だから、本当に難しい。

普通の恋愛関係、さらに、普段の人間関係でもあると思うが、ちょっとしたことからでも出てくる不安というのは、なかなかに厄介なものだと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト



今回は、ちょっとゆるい話。多少照れくさい話。

特にこれということも無い、普段の奴隷との過ごし方の一部の話なので、すぅっと流して読んでもらえれば幸い。


私はお酒は好きだ。ただ、ビールは苦手だ。

一応、仕事の打ち上げの飲み会なんかで最初に言われる、「とりあえず、ビール」の乾杯には、付き合うが、できれば、それも遠慮したいと思っている。

だから、がやがやとした、ノリで飲むような飲み会というのが、そもそもあまり好きではない。

もちろん、人付き合いは大切だから、そういうものを嫌がったりはしないし、誘われればいくことも多い、行けばそれなりに話もするし、多分、ごく普通に過ごしていると思われるが、どちらかというと、苦手だ。

気の合う人、気兼ねしなくていい人、ノリとかそういうものを持ち込まない人と、じっくり飲みたい。

静かに話をして、ゆったり笑っていたい。

自分の好きなお酒を、好きに頼みながら。

私は、お酒の中では、日本酒が一番好きなのだが、それをちびちび飲めれば、幸せだ。

ただ、私は、下戸に近い酒好きという、寂しい体質なので、日本酒が好きといっても、数杯飲んだら、もうそれで終わり。

それ以上飲むと、完全に酔う。

暴れたり、暴言を吐いたりすることは無いようだが、どんどん口数が少なくなって喋らなくなるらしい(自分では普通にしているつもりなのだが…)。

それでも飲み続けると、最終的には、眠くなって、寝てしまう。

そういうことになるから、余計に、「とりあえず、ビール」の最初のアルコールが、邪魔に思える。

それさえ無ければ、好きな日本酒がもう少し飲めるのに、と思うのだ。

そんな、私の酒事情は、奴隷も、しばらくすると認識することになる。

そして、奴隷は色々な反応を示すのだが、一番多いのは、私の前でお酒をあまり飲まなくなるというパターン。

私が、あまり飲めないことを知ってしまうと、遠慮するようだ。

奴隷として、御主人様よりも、飲んでしまうのがまずいと思うのかも知れない。

でも、私は、奴隷が、御主人様よりも酒を飲んではいけないとか、そんなことを思ったことはない。

せっかく飲んでいるのだから、飲みたければ飲めばいい。

そう思っているし、奴隷にもそれは伝えるのだが、やっぱり、私が飲まないと、奴隷は飲みにくいようだった。

でも、私は、一定量以上、飲めない。

飲んでしまえば、確実に寝る。

そんな私に、

「ちゃんと介抱しますから、飲みたいだけ飲んでください」

なんて、ほとんどの奴隷が言ってくれていたのだが、奴隷の前で酔いつぶれるのは、カッコ悪いという、また余計な御主人様プライドがあったりするので、意地でも、そうなることは避けたいと思っていた私だ。

だから、自然にセーブする。

そうすると、それを見た奴隷は、飲みたくてもあまり飲まなくなる。

そういう遠慮はさせたくないとは思うのだが、

「俺を気にせず、飲みたかったら飲め」

なんて言っても、

「私だけ、ガブガブ飲むのは、ちょっと…」

という感じで、奴隷もあまり飲まなかったことが多い。

だからといって、お酒を無理矢理に、飲めと、強要するようなことはしなかったから、結局、私と一緒に飲むと、奴隷は飲み足りなかったのではないか?なんて思う。

本当は、私が、もっと飲めればよかったのだが、体質的にたくさんは飲めないので、仕方がない。

しかも、アルコール度数の低いビールが苦手で、アルコール度数の比較的高い日本酒が好きという、厄介な好みだから、余計に飲む量は減るのだ。

だから、酎ハイなんて頼んで、アルコール度数を下げてたくさん飲めるようにして、奴隷に付き合ったりもしたのだが、甘いお酒もそれほど好きでは無かったりする。

だから、それも、そのうち見ぬかれて、

「どうか、お好きなお酒を召し上がってください」

なんて言われる。

そんな感じだった。

だから、奴隷と飲むと、なんだか、奴隷が満足できないのではないか?ということが、気になっていた。

でも、奴隷の方は、そういう素振りを見せたことはなく、いつも、楽しそうにはしていたのだが…。

そのあたり、本当はどう思っていたのか、知りたいところだ。


そして、飲むと、面白い事を言い出す奴隷もいたりする。

酔っているからそういうのか、酒の席の話として、そういう話題を出したのか?は、いまいちよくわからないが、

なんとも奴隷らしいことを言って、苦笑させられたことがよくあった。

例えば、

「私を、御主人様の酒の肴にして欲しいです」

なんて言われたことがある。

これ、どう解釈すればいいのか、よくわからない。

余興でもやってくれるのかとおもいきや、特に何もしないで、これだけ言うのだから、不思議だ。

でも、奴隷は真面目な顔でこういった。

だから、私も考えた。

そして、奴隷の頬を軽くつねってみたり、鼻をつまんでみたり、耳を引っ張ってみたり、唇を弾いてみたり、首筋に手を当ててみたりした。

一応、酒の肴だということで。

なんでそんなことをしたのか?といえば、酒の肴、つまり、”おつまみ”、ということで、奴隷の体を色々とつまんでみたのだが…。

私のやってることも、馬鹿なダジャレでしかないのだが、なんだか、それが楽しかったし、奴隷も嫌がらずに、受けていた。

多分、それでよかったのだと思う。


他にも、ある。

「御主人様、お酒、美味しいですか?」

なんて聞くから、

「ああ」

と答えると、

「どんなふうに美味しいですか?」

なんて、さらに聞くので、

「普通に」

と答える。

「普通ってどんな感じなのですか?」

なんて、さらなる質問をするので、

「そんなに気になるなら、頼めばいいだろ」

と言ったら、

「いいえ、頼んでまではいらないのです」

「いらないのか」

「はい…」

といって、なんだか、寂しそうな顔をする。私を非難するような顔をする。それを見ると、なんとなく、奴隷が思っていることがわかる。

少し照れくさくなる。

でも、言ってやらないと、奴隷のその表情は変わらないから、仕方なく私が言うのだ。

「”これ”を飲みたいなら、最初から、そう言え」

と。

「そんなこと、言えません」

「お前の態度は言ってるのと同じだ」

「でも、私は言ってないです」

「そうか。せっかく飲ませてやる気になったけど、いらないな」

「いいえ、いります!」

なんて、最後は必死で言うので、私は、苦笑しながら、私の飲んでいたグラスを奴隷に渡す。

それを飲んで、奴隷が嬉しそうに微笑む。

御主人様、としては、奴隷の言いなりだから、甘いのだろうが、酒の席で奴隷がこういうことを言ってくるのは、可愛らしいと思った。

だから、私もそれに乗って楽しんだ。


また、私の好きな銘柄の日本酒というのは、そのうち、奴隷もわかるようになるのだが、それを、何本も買って、部屋にストックし始めた奴隷も居た。

部屋に行くたびに、少しづつ増えているので、

「こんなに買わなくていい。俺が、そんなに飲めないの分かってるだろう」

「でも、こうして用意しておいたら、御主人様、たくさん来てくださるように思いますから」

なんて言って、ニコニコしている。

「酒で釣る気か?」

「はい。釣れるなら、どんな手を使ってでも釣ります」

と、得意げに胸を張って言う。

「…」

「これで、釣られてくださいますか?」

なんて聞かれた。

確かに、魅力的ではある。そして、私のために、そんなことをしている奴隷が可愛らしいとも思った。

でも、このままそれを認めるのは、御主人様としては、どうにもカッコがつかないように思った私は、

「釣るなら、自分の体で釣ってみせろ。いくら酒があっても、お前が、使い勝手のいい奴隷じゃなければ、来ないからな」

なんて、言い放っていた。

まあ、照れ隠しなのだが…。

しかも、結局、その奴隷の部屋で飲むことは、結構あったのだった。

結果的に、釣られたと言える。

こんなこともあった。


奴隷と飲むとこれ以外にも、色々なことがあった。

楽しかった思い出のほうが圧倒的に多い。

奴隷として、御主人様に楽しんでもらいたいという気持ちや、お酒の席だから少し甘えたいという思いから出てくることなのだろうが、それが、微妙にずれていたりもすることがあるから、見ていて面白かった。

もちろん、こんなこともなく、真面目に話をしながら飲んでいたこともあるのだが。

それでも、奴隷と飲んでいると、心が落ち着いた気がする。


だが…。

外(居酒屋など)で飲むときは、なんとか酒量を守って、寝ることはあまりなかった私なのだが、家で飲むときとか、ホテルの部屋に入って飲むときには、奴隷以外に誰もいないし、そのまま寝ても問題ないから、やっぱり多少安心するのか、いつの間にか、限度を超えて飲み、不覚にも、寝てしまったことがある。

これはあとで気がつくのだが、かなり悔しい。

奴隷の前で、酔いつぶれるという、情けない姿を見せてしまったことに、自己嫌悪になる。

だから、そういう意味では、カッコ悪い御主人様でもあったかも知れないが、その場では、気持ちよく飲んで、好きなように横たわって、奴隷の膝枕で寝られるのは、至福だなと思っていた。

特に、スカートをちょっと捲り上げて、パンストを履いた太ももの肌触りを直接感じながら寝るのはこの上なく幸せだった。

酔っていても、フェチはフェチだ。こういうところだけは変わらないのが、変態だ。

本当に、情けないのは、この部分だったのかも知れない。

これだから、変態って、嫌なんだ。

はぁ…。

まあ、それはそれとして。

奴隷と飲むのは、私はとても好きだった。

奴隷は、私に遠慮して、満足に飲めたわけではなかったかも知れないから、どう思っていたかはわからないが、少なくとも、私は楽しかった。

心を通わせた奴隷とゆったりと飲む酒。

とても、うまかった。

好きな銘柄の日本酒はあるのだが、こういう時には、特別にこだわらなくてもいい。

銘柄でも、味でもなく、誰と、どんなふうに飲むか?

それが、多分、一番重要だと思う。

そういう意味で、奴隷と飲むのは、最高の時間だった。

とはいえ、あまり飲めない、残念な男なのではあるが…。



ちなみに、このエントリー、twitterで、ちょっと書いた、”わかめ酒”に関して、理想と現実の話(要するに、私の馬鹿な話)を書こうと思って書き始めたのだが、書いているうちに、前置きが長くなり、いつのまにかメインになってしまったので、”わかめ酒”の話を割愛した。

酔っているわけでもないのに、何をやっているんだ…。

”わかめ酒”の話は、そのうち、気が向いたら、書こうと思う。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報