理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷の一生懸命な姿は、とても可愛いなと思っていたし、印象にも残っている。

それが、迷っているところでも、なんだか混乱しているところでも、私の思ったことと違うことをしていても、たとえ、怒っているところであっても。

一生懸命に気持ちをぶつけるから、SM(主従)は成立するのだと思う。

前に、雰囲気の話を書いたが、SM(主従)を成す”御主人様”と”奴隷”という存在は、普段の世界にはないものだ。

だから、どちらもそれに、一生懸命にならないと、多分、白けるのだと思う。

SMをやる雰囲気というのは、なかなか出来上がらないだろう。

とはいっても、御主人様の側は、一生懸命であることを、あまり出したがらないだろうし、それを奴隷に悟られるのは多分嫌だと思うから、

「仕方ないから、飼ってやる」「片手間に、使ってやる」的な雰囲気を纏っている人も多いと思うが、それでも、そういう雰囲気を出している時点で、

自分の中にあるイメージの御主人様っぽく居ようとしているのだから、一生懸命なのだと思う。

私も、こういうタイプで、必死なくせに、それを奴隷に悟られるのが絶対に嫌、という、変なプライドがあるので、奴隷の前では、余裕がある、フリをしていることがよくあった。

御主人様の中には、本当に余裕がある人もたくさんいるだろうし、本気で、「仕方ないから、飼ってやっている」なんて人も居るのだろうが、

私はそういうことは多分できないし、おそらくこれからもそんな心境にはならない気がする。

私は、奴隷の前では、かなり必死だった。

もしも、また奴隷ができたとしても、やっぱり一生懸命に御主人様をするのだと思う。

そして、それを隠そうとするのだと思う。

きっとそれが楽しいし、そうするから、自分の素の部分を出していけるのだとも思う。

私が、SM(主従)に臨む時の心境の一つ。


奴隷の側もそうであって欲しいと思っていた。

もちろん、奴隷側は、一生懸命さを隠す、というのはしなくていい。

むしろ、ひたすらに一生懸命な姿を見せて欲しい。

余裕な雰囲気の奴隷というのは、それが本当に余裕であれ、それを装っているのであれ、なんとなく、私は違和感を持つ気がする。

また、奴隷に余裕など与えたくないとも思う。


初心者奴隷の方や、奴隷未経験のM女性に、いただくご質問で、「御主人様への接し方がわからない」「奴隷になったら何をすればいいのかわからない」「ちゃんとできるかどうか、心配」という感じのものは多く、それに私は個々にお返事を書いているけれども、

結局は、「一生懸命に自分の思ったことをして、必死で御主人様についていく」ということで、いいのだと思う。

「奴隷らしくする」とか、「奴隷として…」とか、そういうものっていうのは、大抵が、”御主人様の思っている奴隷らしさ”なのだから、御主人様が違えば、それも変わってくる。

なんとなく、大抵の人に認知されている奴隷像というのは、無くはないと思うが、それにしても、奴隷初心者が、奴隷として躾けて貰う前に、完璧にできるほうが、珍しいと思う。

最初は失敗したり、御主人様の命令の意図とは違うことになるのが、当たり前だ。

でも、それでいい。

御主人様側としては、それに対して、罰を与えるだけだから。

少なくとも私は、一生懸命な奴隷が何かができなかったとしても、徹底して罰は与えても、見放す気はなかった。

その罰を受けたくないなら別だが、それをも受けることを覚悟しているから、奴隷なのだろう。

むしろ罰を受けたい。

罰を受けることに奴隷としての嬉しさがある。そういう想いも持ってしまう。そんなことを奴隷から感じていたように思う。


奴隷になったら、一生懸命に奴隷をやれば、多分それでいい。

例えば、奉仕、フェラチオなんかでもそうだ。

フェラチオが下手だからという理由で、奴隷を捨てるという発想になることは、私はない。

上手いフェラチオが必要なのは、それを職業にしている人くらいだと思う。

仕事なら上手くなければいけない。プロなのだから、プライドを持って誰よりも上手くやってくれと思う。

でも、奴隷の、「手を抜いた上手いフェラチオ」と、「一生懸命だけど下手なフェラチオ」なら、どっちがいいかと聞かれたら、私は後者だ。

フェラチオで、私を射精に導けなければ、罰を与えるだけだし、私が射精したければ、奴隷を使ってどうにでもするのだから。

フェラチオが下手でも、主従関係になんらの問題も発生させることはない。

でも、手を抜いた奉仕をされることほど、屈辱的なことはない。

奴隷が適当にやっているのだとわかった瞬間に、私は冷めると思う。

それに、奴隷のフェラチオが下手なら、責める口実ができるので、むしろ、私は大歓迎だった。

まあ、口実がなくても、その時の気分で責めることには変わりはないのだが…。

でも、私は、ちゃんとした理由があることを好む。

「奴隷が至らないから、罰を与える」

というのは、非常に納得できる話であり、私としては、スッキリ、楽しい。

その楽しさのベースになっているのは、奴隷が一生懸命だということだ。

少なくとも、私は一生懸命な奴隷の姿を、可愛いと思ったし、綺麗だとも、愛おしいとも思った。

奴隷になったばかりの頃、必死で奴隷らしくいようと頑張っていた姿は、それだけで、私を満たしてくれるものだった。

もちろん、時間とともに、私のことを理解して、色々なものが上手くなっていかないと、それはそれで、ため息は出るかもしれないが、

そこに一生懸命な気持ちがちゃんと見えるなら、私は、おそらく、つまらないと思うことはない。

もちろん、至らないことを責める。やっぱり、罰を与えるのだが。


「どんな奴隷が欲しいですか?」なんて、聞かれると、「スカートにパンストが似合う奴隷」とか、答えている私だが、それはそれで、ある意味、重要ではある。

でも、「一生懸命な奴隷」がいいと、あの頃、思っていたのだなと、ふと思った。

また、それは今も思うことだ。

そして、一生懸命な奴隷っていうのは、手放したくないものだな、と思う。

私は、手放してしまったけれども…。


奴隷にとって、いつまでも一生懸命でいられることというのは、とても大きな要素だと思うし、

奴隷が、「この御主人様のためなら、一生懸命に尽くしたい」と思える存在であり続けることが、御主人様にも求められるものなのだと思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

スマートフォンで、このブログを見たときのことについて書くので、パソコンや、携帯でしか見ない場合には、スルーしてくださって構わない。

先ほど、別のエントリーを書いたので、そちらを読んでいただければと思う。


スマホで、このブログを見た時、PC版を見た後に、スマホ版にしようとしても、出来ないことがあるという、ご指摘を、コメント欄で、りのさんにいただいた。

コメント欄でお返事をしようかとも思ったのだが、最近は、いただくメールのアドレスなどを見ても、docomoとかauとかSoftBankのことが多いから、

スマホで見てくださっている方のほうが多い気がするので、他にも同じような方がいらっしゃるかと思い、エントリーにした。

私は、スマホを持っていないので、普段はパソコンからしかブログを見ていなかったりする。

当然、気が付かなかったので、教えてくださった、りのさん、本当にありがとうございます。


それで、PC版から、スマホ版にする方法なのだが、一応、2つある。

一つは、このブログのアドレスの最後に”?sp”という3文字を追加していただければ、それでスマホ版のブログが見られるようになっている。

つまり、以下のようなアドレス。リンクしておくので、これをタップしていただければ、それでOKかと思う。

http://mastervet.blog53.fc2.com/?sp

ちなみに、これはFC2の決まりなので、他のFC2のブログでも、同じだから、もしも他のブログを見ている時に同様のことがあったら、こうすれば多分解決する。

なので、これでもいいのだが、もう一つ方法がある。

というか、このブログのPC版をスマホで見た時に、何故か表示がおかしいということが、今回わかった。

それが、以下の画像。

スマホ


スマホで、このブログのPC版を見ると、こんな風に表示されているらしい。

りのさんも、この状態なのかどうかはわからないので、これだとは言い切れないのだが…。

それで、この状態の何が悪いのか?というと、

”ここ”と赤い矢印で書いた、グレーの部分、本来は左側まで、伸びているのだが、ブログの上部が重なってしまっている。

そして、本当は、その真ん中に、”スマートフォン版で表示”と書いてある切り替え用のボタンらしいのだが、それが隠れてしまっている。

だから、PC版を表示してしまうと、これが見えなくなって、スマホ版への戻り方がわからなくなるということ、らしい。

それで、この状態になったら、”ここ”と書いた、グレーの部分をタップすると、スマホ版に戻れるらしいので、この方法か、上のリンクか、どちらかを試してみていただければと思う。



どうして、私のブログだけ、こんな、おかしな表示になっているのか?というのが、今のところちょっとわからないのと、

色々と試している時間が、今はないので、すぐには直せないが、そのうちなんとかするつもりなので、しばらくは上記の方法で切り替えていただければと思う。


それから、さきほどから、”らしい”を連発しているのは、これは私が撮ったスクリーンショットではなく、この状態を再現して、解決方法を教えてくださった方に頂いたものだからだ。


ご協力くださって、とても感謝しています。ありがとうございます。

ということで、一応、この方法で大丈夫かと思いますが、もしも、それでもダメな場合には、お手数ですが、教えていただければ幸いです。


なんというか、浦島太郎というのは、こういう状態なのか?と、ちょっと、思っていたりします。

というのも、ここ数日、インフレンザで寝込んでおりまして。

暖かくなってくると、かかる人も少ないらしく、医者に、

「え、今更? しかも大人でしょ?」

みたいなニュアンスを言われたのが、うっすらと記憶にあったり、なかったりします。

今回、タミフルという、ニュースでよく見た薬を飲みまして。

なんだか、妙なテンションになる薬だなと、危うい感じを味わってしまいました。

調べたら、子供が異常行動することがあるという、副作用があるとか。

私は、思いっきり大人のはずなんですけれども、脳は子供なのかと、深く悩むところですね。

異常思考はしたかもしれませんが、行動には移してないと思いますが…。

見た目は大人、頭脳は子供。

どこかの推理マンガのキャッチフレーズみたいですが、迷宮を彷徨っていたような、数日でした。

今日になって、やっと、回復。

気がついたら、福岡で桜が咲いているとか、WBCでヨーロッパ勢がなんか強い(キューバが負けているのがびっくり)とか、今回のコンクラーベはあっさり終わっていたとか、色々世の中が動いていて、私がいなくても世界は回ることに勝手にホッとしつつ、頭がやっと正常?に回り始めたことにも、ホッとして、ハッピーなホワイトデーかな?と、思った次第。

ブログも週一くらいで、最近は調子よく記事を書いていたのですけれども。

それも書けず、本当は、回復ついでに、御主人様時代の、ホワイトデーに関するジレンマの話でも、書こうかと思っていたのですが、

頭が回り始めても、血の巡りまでは良いわけではないようで、パソコン画面を見ると、ちょっと疲れる感じなので、その話はまた今度にします。

寝てる間も、ちょっとパソコンをいじったりはしたのですけれどもね。文字を書くのは、やっぱり違うようです。


ちなみに、ホワイトデーって、私は、昔、良いイメージ無かったのですけれどもね。

そもそも、バレンタインに、チョコ、もらえませんでしたから。お返しとか言われてもね…。と。

はっきり言うと、嫌いでした。

ひねくれておりましたが、今思うに、たとえ、バレンタインにチョコもらってなくても、男が告白しても、今日なら、頑張れるんじゃないかなと、思うわけですよ。

バレンタインと同じで、お菓子業界とか、その周囲の方々が仕組んだことだとか、そういうのはあるかもしれませんけれどもね。

逆にいえば、お菓子業界が、全力で背中を押してくれるんですよ。

あなたに「頑張れ!」と。

今日は。

あと、数時間だけですが…。

でも、日本というのは、クリスマスよりも、クリスマスイブのほうが盛り上がるように、1日くらいずれても気にしないのです。

正月なんて、大晦日付きの”三が日”ですからね。前に1日、後ろに2日間の猶予があると、日本人の大部分が認めているわけです。

つまり、16日までは、お菓子業界の助力を期待していいのですよ。

仕事の納期で、これをやると、マズイですけれども、イベント事は、少しずらして意表をつくのも、一つの手ということなのです。

だから、意中の女性が居るのなら、イベントの力を借りてみるのも、良いのではないでしょうか。

猫の手でも借りることができるのですから、数兆円規模のお菓子業界の力、存分に利用してみてはいかがかと思います。

と、病み上がりに、妙なことを考えてみましたが…。

まだタミフルか、インフルエンザのウィルスが残っているテンションかも知れませんが…。

でも、なんでもいいのですよ。

気持ちを伝えるための勇気に変えられるものがあるのなら。

私のような小心者っていうのは、こういうことが大事なのです。

自分だけで、力が足りないなら、何かを使って、勇気をブーストするのです。それでいいと思いますよ。

という、私からの、エールでした。という名の、自分への戒めでもありました。

病み上がりで、パワー不足ですが…。

男性もそうですが、女性もこういう時を利用して、力に変えるっていうのは、良いことだと私は思いますよ。


そうそう、それで、本題。

コメント、及び、メール、及び、twitterの返信が、すべて、滞っておりまして、明日から徐々にお返事させていただいきますが、本調子ではないですし、仕事もたまっているので、お待ちいただけると幸いです。

コメント、メールなど、いつも、ありがとうございます。

いただけるのは本当に光栄ですし、とても嬉しいです。

が、少々、返信が遅れます。もしも、私からの返信を待っておられたなら、申し訳ないです。

と、この部分が、実は本題でした。


皆さんも、もう暖かくなってきたからと言って、油断しないで、インフルエンザ、お気をつけください。

そして、良いホワイトデーを。

テーマ:アダルト総合 - ジャンル:アダルト



今回は、なんとなく、私の中でしっくり来ない話。

大抵の話がしっくり来てないだろう!と、自分で突っ込みそうなのだが、それはそれだ。

別に放置してもいいのだが、スッキリしたいことでもある。

この感覚、書いている私はわかるが、説明するのが難しいもののような気がしているので、そのような話として読んでいただければ幸いだ。


奴隷と一緒に、買物に行くことというのは、私は普通にしていた。

おそらく、恋愛関係にある人達が普通にする買物と変わらない。

買物の間、私が、恋人同士のように、奴隷との関係を対等にしたというわけではないのだが、一緒の買物という行為自体に、SM的な何かを入れたことはあまりなく、本当に普通だ。

そんなことは一切しないという人も知っているが、他の主従でも、一緒に買物にいくことは、特に珍しいことではないだろうと思う。

恋愛関係との一番大きな違いは、たとえ、大人のおもちゃ屋であろうとも、躊躇なく入れることくらいだろうか。

私も、奴隷を、デパートでも、スーパーでも、街の商店街でも、コンビニでも、私の好きな観賞魚の店や、マニアックな電子機器の置いてある店にも、気にせず連れて行った。

逆に、奴隷が行く店にも、私も行った。ちょっと苦手な店の場合には、外で待っている事はあったが。

買い物を一緒にしたことは多い。


そんな中、例えば、部屋に帰ったときに飲むための日本酒を、どこかの酒屋で買うとする。

その日本酒の入った袋を持つのは私だった。

日本酒といっても、一升瓶を買うことはまず無く、四合瓶が多いのだが、それでも私だった。

例えば、奴隷の部屋の掃除機が壊れたから、家電量販店にそれを買いに行った時。

やっぱり、その掃除機の箱を持つのも私だった。

コンビニでも同じだ。

2リットルのペットボトルなんかを買ったら、やっぱり私が持った。

奴隷と一緒に出かけた時の重い荷物。かさばる荷物。

特にそれを意識していたわけではないのだが、私が持つ事が多かった。

奴隷に持たせるという発想が、私には、あまりなかった。

でも、私は、重いものを奴隷に持たせて?いる。

後ろ手に縛り、正座させた奴隷の膝の上に、花壇の仕切りなんかでよく見る、3つくらい穴の空いた、コンクリートブロックを載せたりする。

奴隷が悲痛な叫びを上げる中、さらに、その上に載せる。

奴隷が泣けば、さらに、もう一つ載せる。

”石抱き”という江戸時代の拷問からヒントを得た調教で、和風のSMでは、それなりに有名なものだと思う。

本物の石ではなく、中がスカスカのコンクリートブロックだから、重そうに見えるが、実際にはそんなに重くない。これもやる前に自分で試してみたからわかる。

もちろん、一升瓶よりは重いが…。

そんな状態にした奴隷に、フェラチオをさせたり、鞭で尻を打ったり、そのままにして鑑賞したり、なんて調教もしたことがある。

愉悦の時間だった。

これは、私のS性を満たしてくれた調教の一つ。

奴隷に重いものを載せることには、私は抵抗がない。

それは確かなことだ。


なのに、奴隷に重い荷物を持たせることはあまりしてなかった。

これは、調教時と、それ以外の時との違いということでもあるから、それだけなら、納得できる。

最初は納得していたつもりだった。

ただ単に、状況を分けているだけなのだと。

でも、私が知り合った御主人様の中に、奴隷と一緒に外を歩いていても、一切、荷物は持たないという人も、結構な割合で居るのを知った。

たとえ、重い物を買ったとしても、奴隷が持つのが当然で、奴隷もそういうものだと思っているから、何の不思議もなく、それを持つ。

その事を聞いた時、主従ということなら、そちらのほうが、当たり前なのだろうと思ったことがある。

私のように、”常に主従で居る”、”奴隷はあくまでも奴隷である”と、考え、それを奴隷にも言った状態で、関係を持つのであれば、そのほうが、違和感がないような気がした。

その話を聞いた時、なんでそれまで、そうして来なかったのか?と思った。

その人の話や、実際に、別の主従と、どこかに出かけ、奴隷に重い物を持たせているのを見た時に、そちらのほうが納得できるように強く感じた。

私の頭の中での思考としては、それが”正しい主従の姿”だと判断された事柄だ。

でも、次に私が奴隷と買い物に行った時、奴隷に重い荷物を持たせたのか?というと、そうしなかった。

その買い物をして、レジでお金を払った時、奴隷に持たせるべきなのだろうということは考えたのだが、やっぱり、私は何も言わずに、そのまま、その荷物の取っ手を掴んでいた。

もちろん、奴隷が、私が男なのだから、そういうものを持つのが当然だと思っていたわけではないと思う。

特に奴隷の物を買った時、上で書いた、掃除機などのときには、取っ手に手をかけた私に、「私のですから…」と、言って自分で持とうとしていたから、私が持つことを奴隷が当然だと考えていたということではない。

奴隷はむしろ、自分が持ちたいと思っていた雰囲気があった。

でも、私が持ったのは、やっぱり、自発的にしたことだ。

これは、少し前に、ある奴隷の方のブログを読んでいて、思い出したことだ。

その奴隷の方は、御主人様の荷物を持って、御主人様の歩く速度に付いて行くのが大変だと書いていた。

でも、持っている荷物は、SM用の道具で、御主人様のものではあるのだが、それで責めてもらえるものだから、大切なものだから、そこで遠慮無く、「持て」と言われて、必死で御主人様の後を追いかけるのが嬉しい、と書いていた。

SMの道具だったら、私は納得したのか?と、思ったのだが、SMの道具にしても、私が持つことが多かったと思う。

私の部屋にあったから、私が持っていったというのもあるのだが、奴隷の部屋にも、道具はひと通り揃っていて、それを持って来いと言ったこともあったが、待ち合わせ場所で合流したら、その荷物は、私が、奴隷の手から取り上げた事が多かった。

私は、この事には、納得していないのだと思う。

常に、主従だというのなら、奴隷に持たせるほうが自然だと、今の私も思う。

でも、奴隷に持たせておくのはなんだか、違和感があった。

だから、このことに、無理矢理に理屈をつけるなら、私は他人の前で、奴隷が辛い姿を晒すのが嫌だったということなのだろうと考える。

私の奴隷は、私の前でだけ、私のためにだけ、苦痛を味わえばいいと、私は思っている。奴隷が、私の前でのみ、奴隷らしくいろ、という気持ちは確実に私にある。

それが根底にあるから、私は、普段、奴隷に重い荷物を持たせたままにすることが、あまり出来なかったのではないかと。


また別の主従の話を聞くと、御主人様が、車のドアを開けてくれたり、レディファーストを、自然に実践してくれるようなこともあるのは、最近もそうだし、昔も聞いた。

そういう御主人様というのは、本当に、紳士なのだろうな、と思うのだが、私は紳士というわけでもない。

私にとって、奴隷は女であるし、淑女であって欲しいと思うが、レディファーストの対象という風にはあまり思っていないと思う。

だから、やっぱり、私は紳士的な思考で、重い荷物を奴隷に持たせたのではないのだと思うのだが…。

「奴隷は、常に奴隷だ」と言いながら、それを徹底できず、そのことに頭ではやっぱり納得してもおらず。

かと言って、紳士にもなれていないのに、やっぱり、奴隷が荷物を重そうにしていたら、自然に手が伸びた私というのは、一体、どういうつもりなのだろうな、と、その奴隷の方のブログを拝見した時に、思い出して苦笑した。

私のような、中途半端な御主人様というのは、こういう妙なことで思い悩むものなので、本当に厄介だ。

そして、厄介な私を、奴隷たちはどう見ていたのだろう?と、思った。

とはいっても、奴隷たちは、私が荷物を持ちながら、そんな面倒なことをごちゃごちゃ思考していたなんて、わかっていなかっただろうとは思うが。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報