理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


直樹に、

「もう、SMは嫌いですか?」

という質問をされた時、ドキリとした。

それは、私の中での、SMへの気持ちをストレートに問うもので、その時期の私が一番わかっていなかった部分だったから。

どう答えていいのか、迷った。


SMが嫌いというわけではない。

それは、奴隷と別れてからも、SM関連のところに出かけたり、借りてくるAVが、SMものばかりだったりしたことからも、わかる。

SMという行為自体が嫌いなわけでもないし、ましてや、私の中からSの性癖が消えたとも思えなかった。

だから、直樹の質問にストレートに答えるなら、「嫌いではない」と言えばよかったのだが、

私が、それを躊躇したのは、理沙と別れ、そして美佳とも別れたことで、その奴隷たちに向けていた気持ちが絶たれたという、心の大きな変化があったからだと思う。

そして、その絶たれた気持ちというのは、SMや主従というものと、切り離せていなかった。

だから、SMや主従というものを考える時、どうしても、別れた奴隷のことが、同時に思い出される。

そういう状態だから、”奴隷の思い出とリンクしているSM”というのは、嫌いというか、辛かったのだと思う。

だから、もしも、kyoがメールに、私に話をしたいと思った理由として、美佳のことを書いてこなければ、”奴隷の思い出とリンクしたSM"ではなく、

私は純粋に、”SM”の話をしたいと思ったのかもしれないから、そもそも、断らなかった可能性もあったようにも思う。

と、今は、こういうことを考えていた時期だったのだと整理して思えるのだが、あの頃はこのような、明確な分け方ができていたわけではなく、

SMや主従というものに、靄がかかったような、興味が失せたわけではないけれど、積極的に近づくのも、どうも気が進まないというモヤモヤした感じで、私の中にあったのだった。

だから、kyoへの対応も、中途半端だったのかもしれない。

メールで話をするのを断っておきながら、その動向が気になって、掲示板を見ていたのだから。

そんな私だったから、直樹からの質問への答えが、すぐにはちゃんと思いつかなかった。

なので、

「嫌いではないですけれど、前のように、自分から求める気持ちがあまり湧いてこない、っていう感じでしょうか」

というような、煮え切らないことを返していた。

でも、そんな私に対して、直樹が言ったことが、とても印象深い。

「前のパートナーさんが、本当に、素晴らしい方だったってことですね。そんな関係、羨ましいですよ」

多分、直樹は何気なく、感想を言ったのだと思う。

私が、煮え切らないのは、過去の奴隷のことを考えているということがわかって、それに思考が引っ張られているのは、その頃のことが、とても良かったからだと、直樹はおそらく思ったのだと思う。

だから、それを言ったのだろう。

でも、その言葉は、私の中の、モヤモヤしたものに対して、少しの明かりを照らしてくれた気がした。

別れた、ということについて、私は、とてもネガティブなことしか思考していなかったということに気がついた。

基本的に、関係が破綻したのだから、ネガティブなことではあるのだが、それに全てを飲み込ませる必要がないということが、なんとなく理解できた。

今にしてみると、なぜ、ネガティブなことだけしか考えなかったのか?と思う。

別れた奴隷との思い出は、幸せなことが多かったのだし、それが、別れたことで否定されるわけでも、塗りつぶされるわけでもない。

奴隷とやったSMの、とても良かったことまで、なんで否定しているのか?触れることを怖がっているのか?

そんなことを思った。

もちろん、私は、考え過ぎるくらい考える性格なので、その直樹の一言で、全ての思考に決着がついたわけではないのだが、

それでも、それは、私の中の、SMや主従にかかっていた、霞のようなものを少し晴らしてくれた。

その後、直樹としばらく話をしたのだが、直樹は、特別なことを言ったわけではない。

普通に話をして、最後に、やっぱり、「掲示板の、対応をしてくれて本当にありがとう」と言って、電話を終えたのだが、

そのあと、私の中のSMや主従への気持ちというのは、少し変わった気がする。

奴隷と過ごしたことのなかで、良かったことは良かったのだ。

そのことが、なんだか、そのまま受け入れられるようになった気がしていた。

そして、そうなると、本当に、kyoに悪いことをしたと思った。

ちゃんと答えてやれば良かった。

私が、奴隷に、とても幸せな気持ちにしてもらったSMのことを。

そうすれば、kyoは、掲示板で、あんな暴挙をしなかったのに。

だから、掲示板で、勝手に写真を削除した対応について、私が出したメールに、kyoから、もしも、返信が来るのなら、また、私と話をすることを、kyoがまだ望むなら、そうしてもいいと思った。

ただ、もちろん、kyoが返信をよこすかどうかはわからないのだから、そのときは、仕方がないとも思った。

というよりも、とにかく、kyoに謝りたかった。

それが強く思ったことだ。

そして、次の日。

kyoから、返信が来ていた。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト



「御主人様が、奴隷を選ぶ基準って、すごく厳しそう」

ノーマルな方とのメールの中で、こういうお話になって、私はちょっと驚き、主従関係というものについて、一般的に思われているイメージ、そして、主従世界の常識で普通に思考している自分に、やっぱり苦笑してしまったので、書いておこうと思う。

この、お話というのは、要するに、恋愛関係と主従関係で、相手を選ぶ基準の違いということなのだが、その違いを私はあまり意識したことがないので、改めて、こういうお話になって、そんな風にも思われているのだなと、気付かされた。

御主人様というのは、ものすごく厳しい審査基準で、奴隷を吟味しているように思う、と伺い、私は、そんなことは無いと思うと、お返事をさせていただいた。

その方には、ブログで話題にするということには、ご賛同いただいた。そういうことなら、是非書いて下さいと言われた話の一つ。

最近は、ご質問を頂く方の中にも、お返事は、メールではなく、ブログのエントリーでも構いませんと言われることもたまにある。

他にも同じような悩みや疑問がある方にも、参考にしてもらえたら、というお気持ちから、そのように、言って下さる方もいらっしゃって、とても感謝している。

もちろん、全てのメールにブログでお返事するつもりはなく、普通に書いてくださったメールにはメールだけでお返事をさせて頂くし、

ブログで、と書いてくださった方にも、メールの返信はもちろんするから、私から何も返事がないということはないので、何のことわりも無しに、いきなりブログで返事をされるとか、そういう心配は、しないでいただければと思う。

と、前置きはこのくらいにして。


奴隷を選ぶ時の御主人様の基準。

最初に私の結論を書いてしまうと、「M性があるのか?主従になっても大丈夫か?については、できる限りちゃんと見る」という点を除けば、恋愛と変わらないと思っている。

主従関係を持つ時、そんなに厳しい”奴隷審査”みたいなことを、御主人様(その時はまだ、ただのS男ではあるが…)がしているというイメージを、もしもあなたが持っているのであれば、それはおそらく誤解だと思う。

少なくとも、私、そして、私が見てきた人たちが、奴隷候補のM女性に対して、そんなに高いハードルを設定していたようには思えない。

性格について考えても、奴隷っぽいということで、従順なというか、大人しいとか、自己主張があまりできない人が、奴隷になりやすいのか?というと、そういうわけでもなく、私の奴隷にしても、性格は、それぞれに、かなり違っていた。

他の御主人様の奴隷にしても、オフ会などでお会いして話をさせていただくと、積極的にお話をしてくださった方もいらっしゃるし、かなり強気な性格の方にも、普通に出会っているので、奴隷になっている方が、皆、従順な性格であるとは全く思えない。

ブログや、twitterなんかを見ていても、奴隷でありながらも、御主人様への不満をかなり書いている人も見かけるし、

自分の御主人様へのそういった愚痴を、私は過去、M女の友人に散々に聞かされたことがあるから、彼氏や、夫への不満をぶつける人と同じような思考を、奴隷もしているのは確かだ。

地味で、大人しい感じの女性が好きなS男が多い傾向はあるかもしれないが、それが基準だとまでは、言えないと私は思っている。

社会的な立場や、経済的なレベルも、私が出会った奴隷の方々に共通するようなものは、なかった。色々な職業や、立場を持ち、収入も違う。

奴隷だからといって、表の世界でも、上司などに言われるままに仕事をする、権限が少ないポジションの人ばかりがいたわけではない。会社の役員とか、個人で事業をしている人なんかもいた。

経済的に恵まれている人もいれば、そうでない人もいた。

だから、こういう面での基準も存在しないと思う。

容姿にしても、太っている方から、痩せている方、背の高い方から、低い方まで、色々だった。顔なども同様。

これについても、普通の恋愛と変わらないのではないかと思う。主従だからといって、特別に、奴隷にしたいと思う容姿の基準が存在するとは、私には思えない。

また、服装などのファションにしても、千差万別だったから、そういうセンスに関することで選ばれているとも思えない。

それから、男を喜ばせることのできる、性技が使えるとか、セックス経験が豊富だとか、そういうことも、御主人様が、奴隷を選ぶ基準として考えるのではないか?と、お話をした時に言われた。

これについては、私は、自分以外の、奴隷の方のそういう部分まで知っているわけではないので、確かなことは言えないのだが、

私の奴隷について言えば、奴隷にするかどうかを話していた段階で、そんなことを気にしたことはなかった。

奴隷を”躾ける”とか、”仕込む”という言葉があるように、それは、奴隷になってから自分に合うようにさせるものだと思っている。

こんな自分の経験や、お会いしてきた、奴隷の方々の様子を拝見するに、御主人様が奴隷を選ぶ基準と、恋愛で男が女を好きになる基準というのは、M性があるかどうか?以外に、それほど変わりがないと私は思っている。

もちろん、この場合、ただ単にSMプレイがしたいだけとか、Sだと言えば、従順な女性を見つけられるとか、そういうことを思っている男は、別だ。

といっても、SMプレイがしたいだけという場合でも、同じといえば同じかもしれない。

ノーマルでセックスがしたいだけ、セフレを見つけたいだけで女性に声をかける人と同じという意味で。

結局それも、「M性があって、SMプレイを受け入れることができる」という基準が、セフレ探しの時に追加されるだけだと思う。

また、Sだといえば、従順な女性を見つけられると思っている人は、そもそも、従順な女性が好みというか、気の強い女性と一緒にやっていく自信がない場合もあるように思うから、それは、主従ということとは、また違うのだろうと思う。

そういう人の中には、相手を見つけてしまったら、それでよし。主従ということは、もう、関係なくなって、普通の恋愛でもいい、という風になってしまうこともあるように推察する。

こういう場合を除いて、きちんと、”主従関係”として、長く付き合いをするということを考えた時に、私が思う恋愛と主従での基準の違いは、その女性の、M性の有無。

具体的に言えば、SMプレイを快感に感じられるかどうか、主従という、かなり偏ったパワーバランスでの関係を許容し、それに幸せを感じ、自ら求めるかどうか?という部分だけだと思う。

あとは、恋愛の時に、相手を好きになる基準と同じだろうと、私は思っている。


以前、私は、”私の好み”というエントリーを書いているが、あそこに書いたことは、M性の部分を除けば、そのまま私の”女性”の好みになるので、私自身のことを考えても、やっぱり、奴隷にするかどうかの基準というのは、恋愛のときの基準と、ほぼ同じだ。

とはいっても、私の場合には、そもそも、恋愛関係を持ったことがあまりないから、恋愛関係を持つなら、何か別の基準が出てくるのかもしれないが、それは自分でもわからない。


こうして書いていて、思い出したが、M女性とのご相談メールなどでのお話の中で、「御主人様というのは、どんな奴隷を望むのか?」というような話題になることが、たまにある。

純粋に”奴隷”に望むものというのは、御主人様が、奴隷にしてから、調教したり、躾けをしたりして、実現させるということが、多いように私は思う。

最初からその状態を望む御主人様も居るのはわかるが、経験上、いきなり奴隷が、御主人様の”理想の奴隷”になっている状態など、まず無理だ。

そう思っているので、私は、そんなこと、全く望んでいない。

これは、別に私が悟っているわけでも、諦めているわけでも、なんでもなくて、多分、御主人様経験がある人なら、私と同様に、そのことはわかるはずだ。

”奴隷”は、最初から”理想の奴隷”なのではなく、”理想の奴隷”に仕上げていくものだ、もっと言えば、良好な主従関係というのは、最初からあるのではなく、構築していくものだということは、奴隷を飼えば、自然に認識させられると思う。

だから、最初から理想の奴隷であることなんかは、少なくとも、私は望まない。

M女を奴隷にするかどうか?の時点で、SMプレイで何ができるとか、セックスの技術が上手いとか、そんなことは、どうでも良いといっては、投げやりに聞こえるかもしれないが、考慮したつもりはない。

つまり、そのM女を、奴隷にするかどうか?を判断する基準には、含まれていない、ということ。

事前の話の中で、主従になったら、何がしたいか?とか、どんな状況を想像しているか?なんて話はするが、それはそのM女の希望や、どんな主従を思い描いているのか?を確認しているのであって、

私の側として、主従になった時、それを与えてやれるのか? 満たしてやれるのか?という意味で、話をしている部分だ。

”表の世界”にはないことをする、特殊な世界に入るのに、最初から理想状態の奴隷でいるなんてことは、幻想だ。それは、御主人様側もわかっていることだ。

わかっていないなら、御主人様も幻想に溺れているのだと思う。

だから、奴隷にする時に基準として考えるならば、奴隷になってから、御主人様の理想に近づけるようにしたいと思っているかどうか?ということは、あるだろうと思う。

それが、御主人様が奴隷を評価する部分、つまり、「奴隷に望むこと」だと思う。

そして、御主人様が「望むこと」に向かって、奴隷が気持ちを向けること、すなわち「相手に気に入られたい」という気持ち、というのは、恋愛でも同じようにあるのだろうと思う。


「御主人様はどんな基準で、奴隷を選ぶのか?」

ということから、少し、話が広がってしまった気はするが、奴隷だからといって、特別に厳しい基準というのは、無いと言っていい。

もしも厳しい人がいたなら、その人はきっと、恋愛関係を持つときの基準も多分厳しいのではないかと思う。

そういう意味で、恋愛関係と同じだと私は思っている。

私が奴隷を持つことを考えるときも、M性の無い相手を奴隷にしてしまうことだけは避けないといけないから、そこに関しては、当然、たくさん話をするし、その中で何度も確認をするし、

もしも、後からそれが無いと気がついたなら、その関係を、主従として継続していいのかを考えるだろうが、他の部分に関しては、恋愛で好きになる人と、変わらない。

だから、御主人様候補が、恋愛関係よりも、ものすごく厳しい基準で、奴隷にするかどうかを考えている、というのは、多分、違うと、私は思う。

主従関係という、一般的には変態と呼ばれ、恋愛よりも、厳しいと思われていることをする関係であるが故に、やはり厳しい基準がそこに存在するとイメージされているのだと思う。

もちろん、奴隷にするとき、厳しく吟味する御主人様がいないとは言わないが、私自身、そして、見てきた多くの主従からは、そんなことを感じなかった。


ちなみに、今回は、「御主人様の奴隷を選ぶ基準が厳しそうだ」という話から始まったことなので、御主人様が選ぶという視点で書いてきた。

でも、当然だが、M女性が御主人様を選ぶこともあるし、色々なものを捧げることになるM女性の方こそ、厳しい基準でちゃんと御主人様候補を吟味して欲しいと私は思っている。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報