理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
奴隷の容姿についての話。

奴隷を、私が、どう思っていたのか?ということ。

奴隷の存在価値というのは、容姿で決まるものではないのは、明らかで、それよりもっと大事なものがたくさんあると私は思っているのだが、

容姿のことというのは、コンプレックスなんかとも繋がってくる話だったりもして、それほど重要ではないと思いつつも、

そこから影響が出てくる問題は、とても多かったように思う。

私も、容姿に自信がない人間だから、余計にそういうことが気にかかったのかもしれないし、また、奴隷の中のコンプレックスを何とかしてやりたいと、強く思っていたことは確かだ。


私は、ブログでもそうだし、twitterでも、奴隷のことを”美しい”と表現する事が多い。

”可愛い”とも、”綺麗”とも、よく書いているように思う。

実際、奴隷をこう表現するのは、ちょっと照れくさい。

私は、女性に「綺麗だね」とか、スマートに言える人種ではないので。

奴隷が髪型を変えたり、新しい服などを着てきたり、アクセサリーをつけてきたりしても、褒めたことはあまりない。

奴隷に、

「美容院、行ってきたんですけど、どうでしょうか?」

なんて言われても、

「そうか」

なんて、答えになってない事を言って、終わったりするタイプだ。

褒めたくないわけでもないのだが、なんだか照れくさいし、御主人様としての妙なプライドもあったりして、素直に褒めたことはあまりなかったと思う。

でも、このブログでは、私が、感じていたことは、そのままに、素直に書くと決めているので、こんなことになっている。

実際には、言葉や態度に出して、褒めたことは、少ないのだが、心のなかで思っていたことを書いている。

それで、私が、”美しい”とか、”可愛い”と、結構な頻度で書くことに気が付かれた方から、気軽な話として、

「vetさんの奴隷さんは、綺麗な方ばかりだったのですね」

と言われた。

私にとって、奴隷たちというのは、どれも、綺麗だし、可愛いし、美人だと言い切れる。

本当に、魅力的に思っていたから。

容姿も、私はそのままに認めていたつもりだし、実際、とても好きになっていた。

でも、一般的な意味での、美人と、それが重なるかどうか?ということは、よくわからない。

無理矢理に、もう少し客観的に考えるとする。

もしも、そういう評価があるとするなら、容姿の良し悪しが職業に影響する女性たちというのが、一般的に、美人なのだと言ってもいいのではないかと思う。

例えば、モデルとか、女優とか、そういう人達。

もう少し広くすれば、コンパニオンとか、ミスなんとか、とか、そういう人達もそうだろう。

もちろん、そういう方々が、容姿だけで仕事をしているとは言わないが、容姿が、ある程度のウェイトを占めている職業であることは確かだと思う。

私の奴隷たちが、そういう職業につけるのか?と考えてみたが、正直わからない。

理沙などは、元コンパニオンだったから、一般的な意味でも美人の部類に入るのかもしれない。そういう奴隷も居た。

でも、当たり前だが、容姿は個々に違った。

だから、私の奴隷について、「綺麗な方が多かったのですね」と言われると、一般的な意味では、違うのかもしれない。

ごく普通の女性という風に思っていただければ、多分それが近いのだろう。

ただ、”私にとって”、ということになると、違う。

一般的な評価は、どうでもよかった。

私の中での奴隷たちというのは、どんな、モデルよりも、女優よりも、美人であるとか、可愛い存在であると言える。

それに、上で例に挙げた、理沙だけが、奴隷たちの中で、特に美人だったとか、可愛いとかそういうふうに思っていたわけでもない。

それぞれが、それぞれに、個性があり、特別で、私にとって、どれも美しく、可愛い存在だった。

そして、私の中の美人の基準は、奴隷たちになってしまっている。

だから、これからも、奴隷のことは、美しいとか、可愛いとか、書くと思うし、私は本気でそう思っているので、違和感は全くないし、無理やり書いているとか、そういうこともなく、私の気持ちのままに、奴隷の容姿を評価するとそうなるから、そのまま書いているだけだ。

それが照れくさくはあるのだが。

ただ、上でも書いたが、奴隷に対して、美人だとか、可愛いとか、そういうことはあまり言ったことがない。

本気でそう思っていたのだが、あまり言えなかった。言わなかった。

これも牝奴隷には言えない話。になるのかもしれない。

というより、私がもしも御主人様ではなく、普通の彼氏だったとしても、彼女を褒めるのは照れくさいから、きっと言わない。

おそらく、性格的に。

だから、私がなかなか言えなかった話。になるのだろう。

それでも言ったことが無いわけではなく、私の気持ちとして、言いたいと強く思った時、また、奴隷が容姿のコンプレックスを気にしていた時なんかには、私が思っている事をそのまま伝えたこともある。

「お前は、可愛いものだ」と。

そんなことを言うと、今度は

「私なんて可愛くないです」

と言い出す奴隷がいたりする。せっかく、私が言ったのに、それを奴隷自ら否定する。

それは、許さない。許せない。

だから、そんな時に、

「”私は可愛いです”って、自分で言ってみろ」

なんて、命令をして、無理矢理、何回も、言わせたこともある。

私の認識を共有し、自覚しろということだ。

また、外で、手をつないで歩くことも、私は少なかったのだが、珍しく繋いだ時に、

「私なんかと手をつないで歩いたら、御主人様が変に見られそうです」

と言って、手を離そうとした奴隷もいた。

そんな時、私は、奴隷の手をさらに強く握って思いを伝えたつもりだった。

否定はさせない。それは、私の思いだから。

実際、私にとっては可愛いのだから、それはそのとおりに認識させる。

そう思っていた。

でも、普段は、

「最低のメス豚」

なんて、言っていたから、奴隷たちは、私が容姿に関しても、本当に気に入っていて、他の誰よりも良いと思っていることは、わからなかったのかもしれない。

今思うと、もう少し、言ってやっても良かったのかもしれない。

でも、結局、それはあまり言ってない。

「お前はお前でいい」ということ、認めているのだということは、は伝えたつもりなのだが…。

それが、奴隷たちにはどんな風に解釈されたのだろう?と思う。

仕方なく、私が認めたのではなく、私は本当に、良いと思って、他の女よりも、可愛いと思って認めたのだと、わかってくれていたのだろうか?

私の中では、本当に、美しく、可愛い、ものだったと。

言わないのに、わかれというのも、酷な話かもしれない。

でも、私はそう思っていた。


これは、後になってから、奴隷と別れてから、私がもっと素直に、自分の気持ちを言ってやっても良かったのではないかと思うことの一つだ。

コンプレックスを軽減してやりたいとか、そういう意味もあるにはあるのだが、純粋に私が思っていたことだったから。

そんな私の気持ちを、奴隷には、知っていて欲しかったなと、いまさらながらに思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


kyoは謝罪、私は事情説明。

これを、何度か繰り返した後、やっと、kyoは、最初に質問をしたいと言っていた、SMや主従の話を切り出すことにしたようだった。

というよりも、普通に話ができるようになった。

ホッとした。

そして、話に入る前に、kyoは、自らの名を名乗った。

そのM女は、恭子(仮名)といった。

名前の最初の部分をハンドルネームにしていた。

だから、”kyo”。

私がこの時、少し不思議に思ったのは、自分の顔写真は出したのに、名前をここまで名乗らずに来たことだった。

でも、それは、簡単な理由だった。

恭子は、SMの掲示板で話をする前、彼女の友人と一緒に、SMとは全く関係のない別の掲示板で、話をしていた。

その時、恭子は、最初、本名で書き込んだらしいのだが、それを、友人に指摘され、ネットで、本名(や仕事や電話や住所)を出すのは、良くないと言われていた。だから、いきなり本名は出さなかった。

だが、その友人は、顔写真を出すなとは、言わなかった。

恭子は、きちんと話をするなら、自己紹介をするべきだと、頑なに思っていたのだが、本名を出すことは止められていたから、顔写真を出した、とのことだった。

kyoという、本名の一部をハンドルネームにしたのも、そういう気持ちからだった。

私にしてみると、顔写真も本名も、リスクとしては大差ない気がするのだが、恭子にとっては、友人に止められなかったものだから、大丈夫というか、

本名を出せないのだから、せめて顔を出すことが礼儀だと思っていたという、やっぱり、とても真面目なことを考えていたのだった。

あの頃は、ネット初心者もまだまだ多かったから、どこまでのことを、ネットに晒してもいいのか、わからない人も、かなりいたように思う。

まあ、本名が駄目で、顔写真がいいと思っていたという、恭子は、ちょっと珍しいとは思うが…。

そういう背景を考えると、恭子が個人情報を書くことを礼儀だと思っていたことは、仕方がないと思ったのだが、私にしてみると、少し危なかしく見えた。

そして、私と本格的に話をすることにしたので、やはり、本名を名乗りたいと思ったとのことで、恭子は、自ら、名乗った。

私は、名乗られてから、「本名を名乗る必要はなかったのですが…」と、言ってしまったのだが、やっぱり、恭子は、ちゃんと話をしたいので、どうしても知っていて欲しいと言った。

恭子のそういう気持ちというか、性格は、段々と私も理解してきていたから、名乗ったことに関しては、それ以上、なにも言わずに、受け入れた。

ただ、仕事や住んでいる場所など、もっと詳しいことは、言わなくても、失礼になることはないので、大丈夫だからと、言い聞かせて、個人情報を、恭子が私に伝えるのは、とりあえず止めたのだった。

私は、聞きたくなかったわけではないし、そういうことを聞いたとしても、その情報を何かに悪用する気は、当然無いから、聞いても構わないといえば、構わないのだが、それでも、そういうことは避けさせた。

恭子が、掲示板に画像を投稿した時から思っていたが、他の人と話をする時にも、同じ事をしてしまいそうな危うさを、恭子から感じたからだ。

とにかく、そういう個人が特定できる情報については、気をつけたほうがいいということは、何度か言った覚えがある。

私としては、恭子の友人が止めていたにも関わらず、本名を言われたことは、それだけ、信頼されているということだから、嬉しいことは嬉しいのだが、それよりも、心配な気持ちのほうを強く持っていた。

恭子は、メールの文面を見る限りでは、とてもしっかりしているように、感じられたのだが、こういう危うさがあった。

どちらが、恭子の性格に近いのか?というのは、この時点では判断できないことではあったのだが、私は、メールから受けたしっかりした印象と、危うさのギャップから、危うさの方を、心配しながらメールを続ける感じになっていた。

こんな風にして、恭子との話は、始まった。


始めてみると、恭子は、やっぱり、前に書いてきたメールの通り、とてもしっかりと話をしていた。

話の内容自体に、危うさは感じられない。

ネットでの個人情報に関する意識が私とは違っていただけで、他の話がうまく出来ないとかそういうことはなかった。

むしろ、とても、的確に話をする。

でも、私は、危ういイメージを持ってしまっていたから、最初はそれに戸惑いながら話をしていたというのが、本当のところだったと思う。

それでも、きちんと話をしてくれたから、話しやすかったのは確かだ。

というよりも、恭子は、相手が話しやすいようなメールを書くことができた。

おそらく私に合わせて話をしていた。

その技術というよりも、おそらく、相手を思いやれる気持ちが、そこに現れていたのだろうと思うのだが、それは、とてもすごいことだと思った。


そんな恭子から最初に受けた質問。

それは、

「私なんかでも、奴隷になることはできるのでしょうか?」

というものだった。

この質問には、色々な意味がある。

容姿が気になるとか、性格が気になるとか、年齢が気になるとか、他にもあるが、自分が、この世界に適さないのでは?と思う何かを、持っているということだ。

そして、恭子の場合、この質問の意味は、

「私は、傲慢だとか、生意気だとか、調子に乗っているとか、言われているのを知っています。きっとそうなのだと思います。そんな女でも、奴隷になれるでしょうか?」

ということ。

性格的な意味でもあり、また、自身の仕事やその立場という意味でもあった。

この質問と併せて、仕事でどんな立場にいるのか?ということを恭子は説明した。

具体的な勤務先などは、あとから知ったのだが、名前を聞けば、誰でも知っている、ある大手銀行で、恭子は働いていた。

そして、年齢にしては、かなり重要な仕事を任される立場にいた。

そのことを鼻にかけている。

自分ではそんなつもりはないのだが、そう言われてしまっている。

だから、きっとそうなのだと思う。

そんなことをメールに書いていた。

少し、話がそれるが、その銀行で昇進するには、半年に一度くらい、試験があり、そのための勉強を必死でやった結果として、恭子は、その立場にいた。

それは、恭子の努力であり、ずる賢く、世渡りをしていたとは、私には全く思えない。

むしろ、恭子は、生きることに不器用だったように思える。

でも、こういう試験があることなどは、私はかなり後から知ったことで、この時点ではわからなかったから、私は、恭子が、自分の性格を、傲慢だとか、生意気だとか、言うのであれば、そうのなのかもしれないと、思いながら、メールを読んでいた。

そして、そんな自分が、奴隷になれるのか?

この質問から、恭子との本格的な話が、やっと始まったのだった。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


これは、連絡用エントリーなので、私にメールを送ったことがない方、送る予定がない方は、スルーして、先ほど書いた、こちらのエントリーを読んでいただければと思います。


私にメールをくださる方に、ご承知おき頂きたいことがありまして、書いております。

最近、メールを頂くことが、また少し、増えた気がします。それ自体は、別に困っているとか、迷惑だとか、そういうことはありません。

とても嬉しいので、喜んで読ませていただいているのですが、たまに、私からのお返事が遅れた場合に、「遅い!」と怒ってしまわれる方、

また私へのメールに失礼なことを書いてしまって、私が不快に思っているからメールの返事が来ないのではないか?と心配に思われる方がいらっしゃるので、それについてのお話。


私は、メールのお返事を書くのに、時間がかかることがあります。

例えば、とても深刻なご相談などをいただくと、やっぱり、それについて、じっくり考えます。何の考えもなしに、簡単に返すことは、私にはどうしても出来ません。

気軽なお話に対しては、私も気軽にお返事を書きますが、そうではない場合には、やっぱり考えます。

よく、考えすぎと言われますが、それは私の性格なので、仕方がありません。

真剣なお話であればあるほど、メールのお返事に、時間をかけてしまいがちです。

それでも、私の中で、すでに定まっていることに関しては、まだ早いのですが、そうではなく、こんなこともあるな、あんなこともあるな、と、色々なパターンを考えてしまう事柄に関しては、かなり遅いです。

また、メールへのお返事は、基本的に、頂いた順番にしています。

事情や内容によって、お付き合いの長さなどによって、前後することもありますが、できるだけ、順番に書くようにしております。

そうなりますと、気軽な話のメールを送った方であっても、その前に、大変な、お悩みのメールに私がお返事を書いていたりしますと、やっぱり遅くなってしまいます。

それから、急ぎの方がたまにいらっしゃいます。

例えば、「明日、御主人様候補の人と会うのですが、心配なので、相談のメールを…」なんてことも、ありました。

事情が事情なので、早く返事がほしいということを、書いてくださるのは、構いませんし、出来る限り、そうしたいと思います。

ですが、確実にできるとは、限りません。

私の都合や、頂いているメールの数や内容によって、やっぱり左右されます。

こんな事情がありますので、その点を、私にメールをくださる方に、ご承知おき頂きたいなと思っております。

簡単に書きますと、気長に待って欲しいということです。

早く返事が来たら、ラッキーというくらいに思っていただけると、私としては気が楽です。

メールを出した、次の日の朝とかに、「返事が遅い」というメールを頂いても、ちょっと対応できないのです。申し訳ないのですが…。

もう少し、考えずに、お返事を書けばいいのかもしれませんが、やっぱり、私にはそういうことはできませんので。

それと、私は、メールを無視することは、まずありません。

お返事不要と書かれた場合には、お返事をしないことも多いですが、不要と言われても、ちょっと気になることがあると、その部分だけ、返していたりもしますので、うざったい奴かもしれません。

私がお返事を書かないのは、スパムや、明らかに不真面目で、イタズラだとわかるもの、それから、男性からのメールにたまにありますが、M女性を紹介して欲しいといった類のもの。

そういうメールでない限りは、これまで全てお返事を書いたつもりですし、これからもそうしたいです。

仮に、私がメールを頂いて、それを読んで、不快になったとしても、また辛い話であったとしても、お返事は書くと思いますし、実際、私に否定的なことを書いてこられた方とも、かなりお話をさせていただいております。

ですので、私が、不快だという理由でお返事を書かないことは、まず無いと思っています。不快なら、不快だという、お返事をおそらく書くと思います。

それに、実際、普通にお話をさせていただいて、これまで不快になったことは、ほとんどありません。

Sで、変態で、御主人様なんてやっていた私ですから、怖いとか、怒りっぽいとか、沸点が低いと思われているのかもしれませんが、多分、普通だと思います。

もしも、真面目にメールを書いたのに、お返事が無い方がいらっしゃるなら、それは、私がミスで書き落としてしまったか、何かの理由でメールが届いていないか、だと思います。

ですので、私にメールを送って、2週間位経っても音沙汰がなかったら、その時は、「返事がない!」と、言っていただけると助かります。

私がパソコンからメールを書いている関係で、携帯、スマホで、受信に失敗している方が結構、いらっしゃるようですので。

それ以外でも何かの都合でメールが届かないことはあると思いますので、その時はお知らせください。


以上のようなこと、メールを送られる方に、わかっていていただけると幸いです。

このことを承知していただいているのであれば、遠慮なく、メールくださればと思います。

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報