理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと、今日の日付を見て思ったので、書いておく。


私は、奴隷に愛情を持って接していたいと思う。

関係を続ける中で、愛情は育つものだとも思っているから、いきなり、それができていたとは言わないが、

最終的に、愛情を向けないままに、奴隷を飼っていたことはないと思っている。

奴隷は、私のS性をぶつける対象であると同時に、私の、多分、自分勝手な愛情を、ぶつける対象でもあった。

愛情っていうのがどういうものなのか、未だに、わかったようなわからないような、そんな気がしているけれども、でも、私が思うところの愛情は、これまでの全ての奴隷に対して、持っていたと思う。

奴隷が、納得したものだったかどうかは分からないが。

御主人様なのだから、奴隷が納得するかどうかなんて気にする必要はないのかも知れないが、私は、奴隷が、私の奴隷であることを幸せに思えるような、愛情を持って接していたかった。

これは、私がしたいこと。私の意思。

私の思う、奴隷への愛情っていうのは、こういうものだ。

その形は色々だった。

押し付けがましいものだったり、勘違いだったり、私の思い込みだったり、していたかもしれない。

それは、受け止めていた、私の奴隷にしかわからないが、私の精一杯だった。

これからも多分、精一杯のことしかできないと思うが、私は、そうすることでしか、主従を持てないと思う。

愛情のない主従や、SMなんていうのも、たくさん見てきた。

それを良しとする人、望む人、望まないのに、そこに追い込まれて泣いている人も見てきた。

愛情のない関係を否定する気はないけれど、羨ましいと思ったこともないし、そもそも、私がそんな風に、ある意味、ドライに、奴隷を飼うことができるとも思えない。

奴隷にとっては、面倒かもしれないし、お節介で、うざったいかもしれないけれど、私は、奴隷に、痛みや、屈辱や、羞恥や、支配などと、同時に、愛情を与えたかったというか、それがあるのが普通だと思って接してきた。

今も、そう思っている。

主従と愛情の話。

前にもエントリーにしたことがあるが、読み返してみたら、何やらすごくややこしいことを書いていたので、ちょっと苦笑した。

あれも私の考え方ではある。でも、こと、私だけに限れば、今回のように書ける。

というよりも、書いてみたくなった。

御主人様であった私の、奴隷への愛情のこと。

メールなどで、よく聞かれることでもあるし、私のある奴隷が、とても気にしていたことでもあり、そして、私が大事にしてきたことの一つでもあるから。

愛情で繋がった主従というのは、とてもいいなと、今の私は素直に思える。

でも、ただ一つの問題は。

今日の話は、かなり照れくさい。ということだ。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


恭子が最初にした質問。

「私なんかでも、奴隷になることはできるのでしょうか?」

というのは、前のエントリーにも書いた通り、恭子が自分のことを、傲慢だとか、強気だとか、生意気だとか、そういう風に、周囲から評価されているのを知っていて、きっとそれが自分の性格なのだろうと、思っていたことからきている。

そんな性格の人間が、ある意味、それとは、真逆のイメージがある”奴隷”というものになれるのかどうか?ということを、私に質問してきたということだ。

この辺りも、私は、ブログでは、前回のエントリーから、ここまで、かなり長く書いているが、恭子からのメール上では、要点はきちんと押さえてあり、さらに余計なことが少ない、わかりやすく、かなりさっぱりとしたものだった。

やっぱり、ビジネスメールに近い感じがした。

そして、この質問に、私が答えるということで、私のその時の認識を少し書いておこうと思う。

私は、それまでに2匹の奴隷と付き合い、別れた。

また、SM系の掲示板やそのオフ会などで、この世界での知り合いも増えて、色々な主従の形を見てきたという、状態。

だから、ある程度のことは、わかっていたと思う。

でも、今と比べると、整理されていなかったところはあって、私の中というのは、経験や見聞きしたことはあふれていたが、それが、ごちゃっと、雑多に、いっぱいある状態といえばいいと思う。

ただ、それは、今の私から見てそう思うというだけで、あの時の私は、私なりに意見もあったし、”こうあるべき”という、考え方も持っていた。

だから、あの時の私として、恭子には、答えているから、これから、恭子との話の中で書くことというのは、私の今の意見と同じ部分もあるが、違う部分も多い。


恭子の質問に対して、私は、少し頭を抱えた。

今の私なら、「問題ないと思います」というだろう。

それは、性格と、性癖というのは、別物だという認識に立っているからだ。

また、職業という意味でいえば、表の世界と裏の世界も、きちんと分けるもの、分かれているべきものという思いがあるから。

いくら強気な性格でも、傲慢でも、そして、堅い職業で、さらにキャリアを積み重ねていても、Mという性癖がその中にあるのであれば、奴隷になることはできる。

裏の世界を持つことはできる。

今の私はそう思っている。

奴隷というと、やはり、イメージされるのは従順さとか、気弱さなのだと思うが、私が接したり、見聞きしてきた主従の奴隷が、全て、こんな性格だったとは、絶対に言えない。

私の奴隷でさえ、それは言えないから、これは経験則としてもわかる。

前に、お話をさせていただいたSの方などは、ご自身の奴隷を、”猛獣”のようだと言っていた。

それをうまく調教し、躾けて、奴隷にしていくのだと。

そのSの方は、猛獣のようだと評した”性格”とは別に、”性癖”としてのM性を見出していたから、奴隷にできると考えていたのだろうと思う。

実際、奴隷として、しっかりと躾けて飼っている様子が伺えた。

だから、こういう認識は、私以外にも持っている人はいるのだと思う。

性格と、性癖は違う。

奴隷になれるかどうか、御主人様との間に、絶対的な立場の差を付けられ、屈辱的なことや、苦痛や、その他の、ノーマル女性にはとても耐えられないであろうことに、喜びを見出せるかどうかは、主に性癖からのものであると、今の私は思う。

もちろん、性格が性癖に影響を及ぼし、M性があっても、どうしてもそれを開放できなかったり、その逆もあるのはわかるが、基本的には別物と思っている。

でも、その頃の私は、性格と、性癖の間に、今ほど明確な線引きをしていなかった。

それまでに奴隷にしたのが、ある意味、とても奴隷らしい、美佳と、理沙だったから、性格が、奴隷になれるかどうかを決めている部分が多いと思っていた。

だから、恭子の質問に対して、頭を抱えたということだ。

性格が、奴隷らしく(当時の私の中での奴隷のイメージでは)ないということに。

なので、慎重に話を始めた。

私はまず、

「なぜ、奴隷になりたいのか?」

ということを、質問した。

質問に質問で返していたのは、私が、答えに迷ったからだと今なら思える。

その性格で、表の世界では活き活きと、生活しているように見える恭子が、わざわざ奴隷になることを考えている理由が、知りたかった。

すると、恭子は、その理由を小さい頃からの体験などから話し始めた。

恭子にしては、長いメールが届いた。

もちろん、蛇足な部分が多くて長くなっているのではなく、要点をまとめても長くなる、つまりは、「奴隷になりたい」と、恭子が決意するまでには、紆余曲折の色々なことがあったということだ。

「缶けりの鬼になるのが好きだったんです」

恭子が書いてきたことで、これが、とても印象に残っている。

恭子には、兄が居て、小さい頃は兄の後をついて遊ぶような子供だったという。

だから必然的に、兄の友達とも一緒に遊ぶ。

年齢が上の男の子たちの中に、恭子が一人、入って遊ぶということになっていた。

そこで、缶けりをする。

缶けりのルールを、知らない方は調べていただくとして、その鬼というのは、缶を蹴られたら、それを拾ってきて、定位置に置き、その缶をまた蹴られないように注意しつつ、逃げた人たちを見つけるという役目。

この遊びは、走るのが早い人が、圧倒的に有利だ。

でも、恭子が鬼になった場合、周りはみんな、年上の男の子。

走力で、恭子が勝てるわけがなかった。

だから、簡単に、缶を蹴られ、せっかく捕まえた人も、また逃げられる。

全員を捕まえることができず、延々と鬼を続けさせられる。

一人で、何度も、蹴られた缶を拾いに行く。

拾っても、拾っても、また蹴られて、拾いに行く。

恭子の足が遅いのがわかっているから、兄や兄の友達は面白がって、恭子をからかいながら蹴っていく。

普通、そんなことを繰り返されたら、鬼は嫌がって、やめると言い出すところなのだが、恭子は、そういう風にされるのが、嬉しいと感じていた。

だから、ひたすらに、蹴られた缶を拾いに行き、また蹴られて、拾いに行き、…というのを、繰り返した。

それが、楽しかった。

とてもドキドキした。

兄達が、からかいながら、自分がせっかく拾った缶を軽々と蹴って走り去るのが、嬉しかった。

いじめにも近いような、この状況で、そんな気持ちになったのだという。

それが変だ、普通ではない、ということは、恭子は、幼いながらも、気がついていた。

もちろん、その正体はわかっては居なかったが、常識的な感情ではないことは認識していたと言った。

他の男の子が、鬼になった時、あまりにも、それが続くと、嫌がって、鬼を変わってくれと願い出て、それが認められていた。

だから、恭子も、そう言えば、認められたのだろうと思う。

でも、恭子は一度も、鬼を変わってほしいとは、言わなかったそうだ。

言いたくなかった。

鬼をやっているのが、楽しかったから。快感だったから。

せっかく拾って来た缶を、何度も、何度も、蹴られるのが嬉しかったから。

「これって、変ですよね? でも、今思うと、これがはじめて、M性に気がついた時だったのだと思います」

恭子は、缶けりの話を締めくくった時に、そのように書いてきた。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。