理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

これに関しては、私の中にも様々な思いがあって、多分、1回では書ききれない気がしているが、まずは、とっかかりのような感じで、少し書いてみようと思う。


御主人様と奴隷の関係というのは、この名称からもわかるように、主従関係だ。

そうじゃないなら、これは、彼氏と彼女だったり、結婚すれば、夫と妻だったり、そういうことになる。

だから、御主人様とか、奴隷とか、主とか、従者とか、飼い主とか、ペットとか…、言っている時点で、主従関係であろうと思うのだが…。

世の中、いろいろな人が居て、私が昔、話をした人の中にも、”主従関係とは?”ということに、自分なりの定義を持ち、それを頑なに守っていた人、そうじゃないのに主従を名乗っているカップルを否定していた人は居たから、そういう人にしてみると、

「”御主人様”、”奴隷”と、名乗ったくらいで、主従とは何事だ!」

なんてことになるのだろうが、私は、自分たちで、主従だと思っているなら、主従でいいだろうと思う。

というよりも、他人の主従関係に対して、それは違うとか、口を挟む気はないし、むしろ、面白い関係で、主従と名乗っている人達を見るのが、結構好きだったりする、ひねくれた性格なので、様々な形の主従があると、嬉しいかもしれない。

もちろん、私なりの”主従とは”というのはあるし、私が自分が主従関係を持つならそうしたいと思っていた(いる)ことはある。

自分なりの主従関係の定義は、もちろん、きちんと持っているが、今はそれを書くと長くなるし、ここまでのブログで、散々に書いてきているので、今回は割愛する。

少なくとも、他人の主従にまで、それを当てはめるつもりはなくて、他人の主従はそれが、私から見て主従っぽくなくても、主従だというなら、面白いなと思いながら、そのお話を伺うのが楽しいと思っている。

昔の奴隷制度(労働力としての奴隷)における主従関係に恋愛感情というのは、ない(ことがほとんど)のだろうと思う。

でも、私がこのブログで書いているような、男女間で結ぶ主従関係というのは、昔の奴隷制度とは、また違うものであり、SやMという性癖をお互いに満たしあって、幸せになることに主眼をおいた関係であり、恋愛とオーバーラップしている部分は大きいと思う。

これも、人によって色々で、恋愛の中の一つの形と思っている人もいるし、恋愛の延長線上にあると言う人もいるし、恋愛の濃密なものであると考える人もいる。究極の恋愛なんて言っていた人も居た。

もちろん、恋愛とは別物だと言っている人もいるが、現状で、よく見られる、主従関係と、恋愛関係というのは、切り離せるようで、なかなか切り離せない場合が多いのが実情だと私は思っている。

話がややこしくなるから、最初に一つ、SMをしたいためだけに結ぶ関係。SMをするときだけ会うとか、繋がるものは、とりあえず除いておく。

それは、恋愛でいうところのセフレなんかと同じだろう。セックスの快感のためだけのパートナーというのも、存在する。セックスするための時間と場所だけの連絡をして、そこで会い、セックスをして、別れる。

それと同じような関係が、SMにもある。SMプレイをするためだけの関係。SMのためだけの繋がりで、名前さえも知らずに、ただSMプレイをするという人たちも居る。

こういう人、純粋に、性的、性癖的な快楽だけを求めている、ある意味では、感情ではなく、利害が一致しているから、繋がっている人のことは、今回は、話の中にいれないでおく。

それが、悪いとか、そんなのは主従じゃないとか、そういう意味ではなくて、お互いに納得しているなら、それでいいと思うのだが、私の、自分の過去の奴隷との付き合いというのは、そういうものではなかったと思っているし、そういう場合には、割りきって考えられてしまうことでもあると思うので、除くということ。

主従関係でありながらも、目的として、SMプレイをすることだけではなく、一緒に居ることが、嬉しいとか、幸せだとか、信頼関係を感じるとか、受け止めて守られているように思うとか、そういう感情を相手に持っている、そんな主従関係について、恋愛関係との絡み方について、感じることを書いてみたい。


主従関係における恋愛感情。

簡単にいえば、主従関係を結んだ相手のことを、”好き”と思う気持ちというのは、最初から持っている人もいるし、そもそも、主従になるかどうかを決める時に、SとMの相性が合うかどうかと同等かそれ以上に好きになれるかどうか?を判断基準にする人も居る。

さらに、順調な付き合いが長くなると強く出てくることが多いと思う。

そして、いただくメールや、過去に会った主従などを見ていて、主従関係における恋愛(感情の存在)を強く望んでいるのは、M女性側、奴隷側が、多いように私は思う。

「御主人様が、私のことを好きかどうか知りたい」

「私はいつも、大好きですって言っているけれど、御主人様に、好きって言われたことがない」

「御主人様を好きになっていいのでしょうか?」



メールでも、過去に会ったM女性にも、こういうことを相談された事が結構ある。

これには、おそらくだが、2つの心配があるのだろうと思う。

一つは、言葉、そのままのことだ。

御主人様に、自分は恋愛感情を持っているのだが、それと同じ気持ちを御主人様は自分に対して持ってくれているのか?

ということ。

主従関係であり、恋愛関係であるのか?

恋愛関係を内包した主従関係になっているのか?

という、お互いの関係に対する認識を確認したいということ。

これはわかりやすいと思う。

そして、もう一つは、温度差だろうと、私は思う。

”好き”というのはとてもエネルギーの大きな感情だ。

特に女性は、好きな相手のためとなると、かなり強力なエネルギーを発揮するように感じる。

好きな人のために綺麗になりたい。とか、好きな人が喜ぶことをしたい。とか、好きな人のために、自分のある程度の部分を犠牲にするのも厭わない人は多いと思う。

それから、男女ともにだと思うが、好きになったら、その人が一番になる事が多い。

どういうことか?というと、一般的に見て、太っているとか、顔が整っていないとか、男だと背が低いとか、禿げているとか、女だと、肌や髪が綺麗じゃないとか、

他にも、性格が悪いとか、生活や、仕事がうまくいってないとか、社会的な立場などで、本当に色々と、ウィークポイントとして言われることはあるが、

好きになってしまったら、一般的に見てどうか?ウィークポイントと言われることということは、あまり関係なくなったりする。

その人が一番になってしまうから。

その人を否定する言葉が聞こえなくなる。

普段、「あれ、顎にニキビできてる?」って言われただけで、急いでトイレに駆け込んで、確認して、それが目立たないようにメイクしたりするくらい、人の目を気にしているのに、周りの友達、皆が、「あの男だけはやめておきなさい」と言っても、好きになったら、そんな声は届かなかったりする。

”好き”という感情は、周りの評価を軽く跳ね返す。

”好き”のエネルギーはこのくらい大きい。

恋愛関係を含んだ主従を望む奴隷は、その、”好き”のエネルギーを、御主人様にぶつける。

でも、御主人様から同じくらいの”好き”のエネルギーが帰ってこない。

そうなると、不安になる。

「自分だけが好きなのではないか?」

「自分だけが想っているのではないか?」

これは、普通の恋愛でも、あることだと思われる、感情の温度差に対する不安だ。

そして、主従の場合、これに加えて、さらにこんな疑問が出てきたりもする。

「そもそも、主従なのだから、御主人様のことを、好きになってもいいのか?」

「想いを御主人様に向けるのは、違うのではないか?」

御主人様との間に感じる温度差は、当たり前のことであり、むしろ、それを作ってしまっている(大きなエネルギーを持つ、”好き”という感情を持ってしまった)自分が悪いのではないか?

と、思う奴隷は、多いようだ。

主従関係の中で、恋愛感情をどうすればいいのか?

ということで、悩んで、ご相談される、M女性にお話をうかがうと、こんなふうに、主従関係というものに対する、ご自身の認識が、良いのか悪いのか、ということが、そもそも、揺らいでしまっているということを、お聞きする機会が多いように思う。

私が、ここで、それの良し悪しを書くのがいいのかどうか?は、少し疑問ではあるが、少なくとも、私の奴隷であれば、私のことを好きになってくれていいと思う。

むしろ、それは嬉しい。

というよりも、他のことを忘れるぐらい、本気で、好きにさせるだけの魅力を持っていたいと私は思う。

そうありたい。

御主人様としても、そうだし、一人の男としても、人間としても、そうだ。

奴隷が胸を張って、「御主人様のことが大好き」だと言える存在でありたい。

私はそう思う。

逆に言えば、好きにすらなってもらえなかったら、私は、まだまだ、力不足なのだろうと思う。

それは、S性だけでしか、奴隷を惹きつけられていないということだと、考えられるから。

もちろん、S性がMを引き寄せるというのは、それはそれで正しいと思う。主従の基本的な形をなすものだろう。

でも、私は、奴隷との主従関係を持つなら、やっぱり、”主と従(SとM)”としての繋がりの他に、”男と女”としての繋がりや、人間同士としての繋がりが、やっぱり欲しいと思う。

私は、主と従以外の繋がり、特に男と女の繋がりのことについて、言うのはプライドや照れくささがあるから、あまり得意ではないが、

私は、今までの全ての奴隷のことが好きだったのだから、少なくとも、私からの恋愛感情というのは、奴隷に対して持っていたと思う。

それを口に出したことは少なかったから、奴隷が感じてくれたかどうかも分からないが、私は、主従の中に恋愛があってもいいと思う。

むしろ、そのほうが、奴隷の想いというもの、またそれが満たされる事による、奴隷の幸せというものが、得られるだろうなと思う。

もちろん、恋愛感情など、主従に不要という人を否定する気はないのだが、私が見てきた中では、多くの奴隷やM女性が、それを望んでいるように見えたから、そんな望みが叶うといいなと思う。

とはいえ、難しい。

私のようなややこしい人間になると、さらに難しい。

奴隷にあまり好きだとか、言わずに、好きで居ることを伝えたいと思う。

奴隷に、「お前の恋愛感情は間違いじゃない」とわからせて、”好き”の大きなエネルギーによる、温度差の不安をとってやること。

私は、たぶん、これが、圧倒的に下手くそだと思っている。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


このエントリーは連絡用エントリーなので、私にメールを送ったり、送る予定があったり、コメントしたり、そういうことをしない方には、関係がないので、先ほど書いた”主従関係と恋愛関係”を読んでいただければと思う。

私は、あまり、仕事を理由にしたくはないのだが、実際に、この年度末は仕事が、非常に忙しいので、メールやコメントのお返事が、かなり遅れてしまっている。

期限が決まっている方とか、ちょっと大変な心配事の方には、早くお返事したりもしているので、完全に頂いた順番というわけではないが、だいたい、先に頂いたメールから順にお返事を書いている。

私は、前に、こういう、エントリーを書いた時、2週間位待ってくださいと、書いたと思うが、順番でお返事をしている方の場合、2週間では、お返事が追いつかなくなってしまっているのが現状になっていて、本当に申し訳ないと思っている。

もちろん、忘れたわけではないので、空いた時間に、コツコツとお返事はお返ししているが、現状で、2週間を超えて、かなりお待たせしてしまっている方がいらっしゃる。

でも、お返事は必ず返すので、もう少し、私の仕事が落ち着くのを待ってくださるとありがたい。


メールを頂くのは私はとても嬉しい。

色々な方と、SMについて、主従について、またその他のことについても、お話できるのは私も、楽しみにしているし、こういったことを通して繋がりができることは幸せだ。

だから、遠慮しないで欲しいとはおもうのだが、現状、こんな感じなので、今は、気長にお返事を待っていただけることを、前提に、メールを下さればと思う。

本当に、申し訳ないのだが。

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報