理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恭子の小さい頃から、その年齢に至るまでの、M性と関係ありそうな話というのは、前回、エントリーにした、缶けりの話の他にもいくつもあって、それを、恭子は延々と書いてきた。

というよりも、私も恭子のことを知らないといけないと思ったので、関係ありそうなことで、書けることは、書いてきてくださいと、伝えたら、そういう話が、続々と、出てきたのだった。

私は、それを読み、考えた。

恭子の質問は、

「私なんかでも、奴隷になることはできるのでしょうか?」

というものだ。

その質問になんとか、恭子が納得できる答えを、私なりにではあるが、出してやりたかった。

恭子は、誰かの奴隷になりたいという欲求を持っていたが、それに全く自信を持てずに居る。だから、私に相談しているのだ。

世間で、だれでも知っている一流企業、大手銀行で、それなりのキャリアを積んでいる恭子。

そこに至るまで、仕事で、人に対して、厳しいことも言ってきた。

周りからは傲慢だとか、気が強いとか、そんな評価をされている。

そんな恭子が、奴隷になれるのか?

というよりも、なりたいけれど、何とかならないのか?という気持ちが、メールを重ねるたび、恭子からは、強く、伝わってきていた。

でも、その頃の私は、すぐにはそれに答えられなかった。

そんな、ある種、私と、恭子とのせめぎあいの中での、幼少期からの話だった。

その話からは、私も恭子の中にある、M性というのは、感じた。

というよりも、M性を私に見せることで、”それなら、奴隷になれるよ”と、私に言って欲しかったのではないか?と思った。

心の深いところでの、その頃の恭子の思いは、今の私にもわからないが、こんなふうに考えていたのだろうと、推察する。

その頃の私は、恭子と同じように、幼少期のM性の話をしていた奴隷の方とも、オフ会で、お会いしていたから、恭子の中には、奴隷になるくらいのM性があるということは、思うようになった。

でも、私は同時に、”M性があるから奴隷になれる”という風に、単純に考えてはいなかった。

やはり、”もともと持っている性格”というのも、奴隷になれるかどうか?に、かなり関係してくるものであると、考えていた。

だから、私は、恭子と、そういう話をしながら、その内容には、もちろん、注意を向けていたのだが、メールの書き方、表現の方法や、私への配慮などから恭子の”今”の性格を感じ取ろうと、思うようになっていった。

本当に、恭子が周りの人間に言われているように、傲慢で、強気で、奴隷のイメージとは、全く違って、奴隷になることが難しい性格なのか?ということを、見極めようとしていた。

そういう視点も持ちながら、恭子からのメールを読んでいた私が、最初に、またとても大きく感じたのは、恭子の真面目さだった。

それが、強すぎて、ネットに自分の個人情報を出してしまったくらいだったから、そのことは、恭子の性格の特徴として、とても、重要な部分なのだと思った。

恭子から受け取ったメールに、失礼なことが書かれていたことは、私の記憶にはない。

ビジネスメールっぽかったから、テンプレート通りに書いているようにも思えて、そもそも、失礼に書きようがないのか?ということも、考慮しながら読んでいたのだが、どんなにメールを重ねても、恭子のメールがほころびを見せることはなかった。

私が、恭子からのメールに、ほんの少しでも、傲慢さを感じたことはなかったと、断言できる。

ビジネスメールのテンプレ通りの書き方だったとしても、何度もやり取りをしていれば、恭子が本当に傲慢な性格なのであれば、それは、メールのどこかに出てくるはずだと思っていたのだが、それは、私には見つけられなかった。

ただ、強気な部分というのは、少し見受けられた。というか、言うべきことはきちんと、はっきりと言う、という、姿勢は、しっかりと持っていたように思う。

恭子は私からの言葉が、恭子の認識と違う、納得出来ない、と思えば、それは明確に否定した。

「vetさんが、前回のメールに書いてくださったことですが、私には、どうしても、そのようには思えないのです。それについて、私は~のように考えますが、どうでしょうか?」

こんな感じで書いてきたことは、何度かあった。

だから、気弱で、流されやすいということは、無いと思えた。

自分で考え、そして、意思をしっかりと持っているし、それを主張もできる。だから、私の言ったことを否定することも言える。

でも、その否定が、私を馬鹿にするような書き方ではなく、あくまでも、純粋に意見が違うということでの思考の結果であり、議論の途中であることが、わかるように、ちゃんと書いてきていたのは、確かだった。

そういうところに、恭子は適切に配慮をしていた。

というよりも、そういう配慮がきちんと出来る女性なのだと、私には思えた。

その部分からも、私は、とても真面目というか、真面目すぎるくらいだなと、恭子を評するに至っていた。

そこに、私は、恭子が言っていたような、傲慢さというのは、感じていなかった。

私がそういう風に、恭子のことを思うに至るまでメールをしたあとで、やっと、恭子の質問に答えようと思った。

「恭子さんが私におっしゃった、ご自身の性格と、私がメールから感じる恭子さんの性格は違います。奴隷になれない性格だとは、思えません」

と。

そして、私がメールのやり取りから、恭子の性格をどう判断したのか?というのを、書いて返した。

傲慢なのではなく、真面目で、きちんとしたいと思う気持ちが強いのであり、強気な部分は確かにあると思うが、それをゴリ押しするようなことはなく、相手への配慮という、優しさの上にある、通常の自己主張の範疇だと思う、というようなことを、伝えた。

でも、奴隷になれるとは、書かなかった。そして、なれないとも、書いていない。

今思うと、曖昧な返事だったのだろうが、メールだけで断定するのは、よくないのではないか?という判断もあってのことだった。

だが、その答えに、恭子はすぐに納得しなかった。

「では、なぜ、私は、そんなこと(傲慢だとか、強気だとか)を、仕事仲間に言われるのでしょうか?」

やはり、周りが恭子を評する言葉というのは、とても気になるようだった。

「それは、お仕事をされている恭子さんを知らない、私にはわかりませんが、本当に一生懸命にお仕事をされているから、周りにとっては、厳しく映ってしまうのではないかなと、推察します」

私は、そのように返したのだが、恭子は、やっぱり、納得できなかったようだった。

「一生懸命でも、周りとうまくやっていける人も居ると思います。でも、私はそのようにできていないと感じています。ですから、私の周りへの接し方や、性格が悪いと思っているんです」

「確かに、うまくやれる人も居ますよね。でも、もしも恭子さんの接し方が、本当に悪いものなのであれば、今の、恭子さんのキャリアは無かったのではないでしょうか?」

メールごとの話なので、もちろん、もっと長いのだが、要約すると、こんな感じで、恭子とやりとりをしていた。

相手を論破しようという意図の言い合いになったとか、雰囲気が悪くなったというわけではないのだが、話の内容としては、平行線のような感じで、しばらく、メールのやりとりが続いた。

そして、そのうちに、恭子は、こんなことを言い出したのだった。

「もしもよろしければ、お電話でお話できませんでしょうか? メールでは伝わらない、私の話し方がきついとか、そういうことも、あるかもしれません。vetさんに、そういうところも、見ていただきたいのです」

と。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

私と奴隷だけでいるときには、奴隷は裸に首輪をつけた状態にしておくことが多かった。

そのことに何の疑いも持っていなかった。

奴隷が私の部屋にきた時、私が奴隷の部屋に行った時、ホテルの部屋に入った時、

私と奴隷だけの場所、主従の雰囲気で満たされた空間を得た瞬間から、私は、

「脱げ」

と、特に躊躇もなく、それを当たり前のように、命令していた。

でも、奴隷はその命令に、最初、簡単には従えない事が多かった。

脱げと言われて、すぐに脱げない。

”羞恥心”と戦っていた。

でも、私は、再度、命令する。

「脱げ」と。

静かに。

でも、強い目で。

そのうちに、奴隷は、ゆっくりと脱ぎ出す。

上着を脱ぎ、スカートを下し、ブラウスのボタンを外す。

下着姿になったところで、また、手が止まる奴隷も居る。

私に向ける視線が「これも脱ぐのですか?」とあからさまに聞いてくる。

でも、やっぱり、私が言うのは、「脱げ」という短い命令。

「脱がない奴隷になど興味はない」と言わんばかりに、奴隷を視線で射抜き、告げる。

奴隷の顔が、少し歪む。

奴隷は、そこから、おずおずと、下着に手をかける。

本当にゆっくりと脱いでいき、それをすべて脱ぎ終わった時、やはり、手で、性器と、胸を隠す。

私は、命じる。

「その手をおろせ」

と。

その命令に、抵抗しつつも、やっと奴隷は手をおろし、私の前に、その裸身を晒す。

ここまでするのに、かなりの時間を要する。

これが、初期の奴隷。

羞恥心と、必死で戦っていた時の奴隷。


だが、そのうち、奴隷は、裸でいること、服を脱ぐということの羞恥心がだんだんと薄れてくる。

羞恥心との戦いに簡単に勝つようになってくる。

始めのうちは、上記のように、裸になるように言っても、かなり躊躇しながら服を脱いでいたのだが、

そのうち、私と二人だけになると、「脱げ」という命令への、抵抗感は少なくなっていく。

さらには、部屋に入ること、主従だけの空間が出来上がることへの条件反射のように脱ぐようになり、

もっと進むと、奴隷の部屋に私が行く場合などに、私の到着時間を見計らって、脱いで、全裸で土下座をして、私を玄関で待っているようになる奴隷もいた。

それについて、当初、私は、何も言わなかったから、奴隷は奴隷として考えて、私が、すぐに調教に入れるようにという気持ちから、したことだったのだろうと思う。

だから、これは仕方がないことだし、全裸の上にさらに恥ずかしい色々な調教を施すのだから、全裸くらいでいちいち、恥ずかしがっていては、それ以上のことが出来ないという事情が一つ、主従というか、SMプレイをする上では、あるのは事実だ。

だが、一方で、私は、奴隷が”羞恥心をなくすこと”というのは、問題だと思っていた。

恥ずかしがらない奴隷に羞恥心を刺激する調教などしても無意味だ。

それに、あまりにも羞恥心がない奴隷は、面白くない。

恥ずかしがることもなく、さっさと服を脱いで、「はい、どうぞ」と、体を差し出す奴隷は、私の奴隷としての自覚がとても大きくあるのだから、可愛らしいものではある。

それを否定する気はないのだが、そこに羞恥心が見えなければ、私は不満を感じてしまう。

これが、羞恥心の矛盾。

というよりも、私の理不尽な考え方。

私自身、思っていること、望んでいることと、実際にさせていることが、矛盾していると、自分で苦笑したところだ。

部屋に入り、二人きりになったら、すぐに「脱げ」と命令し、また、普段から、「奴隷の分際で人間の服を着られると思うのか?」などと言って、全裸にさせておきながら、

「裸でいることの羞恥心を持て」などと、また厄介なことを言い出すのが、御主人様という生き物だ。

少なくとも、私は、そういう理不尽なことを望んでいた。


前にも、ブログに書いたことがあるが、私は、奴隷には、女であって欲しいと願っていた。

女らしくあれ。

淑女であれ、と。

別に、派手に化粧をしろとか、着飾れとか、そういうことではなく、女であることを強く意識し、古臭いのかもしれないが、”女の美徳”とされることに忠実であろうとすること。女としての自分を磨くモチベーションが常に高いこと。

それを、私は、奴隷に求めていたのだと思う。

そんな、”女の美徳”の中に、”羞恥心”という項目は、しっかりと入っているのだった。


人前で裸身を晒すこと。

それを恥ずかしがる気持ち。というのは、私が奴隷に求めたものだ。

なのに、私は、奴隷を頻繁に脱がせた。

一緒に部屋にいるとき、奴隷だけが裸で居ること。

それが普通の状態にさせた。

「奴隷のくせに、なんで、お前は服を着ている?」

なんてことも、言った。そうやって、裸で、長い時間、過ごさせた。

そんなことを繰り返すから、奴隷は、裸で居ることに否応にも慣れる。そして、私の前では、裸で居るべきなのだと、覚え、実践しようとしていく。

それは、奴隷にとっては、自然な思考の流れだと思う。

でも、それが、私は、嫌だった。

「奴隷なのだから、裸でいるのは当然だ。でも、それをものすごく恥ずかしいことと思え。裸で居ることに慣れるな」

無茶苦茶な言い草だと自分で思う。

もしも、私が、言われたなら、確実に腹が立つだろう。

でも、私が、奴隷に求めたのは、こういう矛盾だった。


主従という関係には、そもそも、矛盾点が多い。

それは、いくつも、私は意識していたことで、その中の一つが、これだ。

特に、奴隷にとって、どちらを選択しても、結局は手詰まり、という、ジレンマに陥るようなことは、たくさんある。たくさんさせる。

そして、それは、御主人様の理不尽を、奴隷が許容するという形で、処理されていく事が多い。

それが「主従という関係なのだ」と、言ってしまえばそれまでなのだが、

理不尽を許容することを嬉しく思えるから奴隷をやることができ、

理不尽を受け止められる奴隷かどうかを見極め、それに対して、平気で理不尽を言えるから、御主人様でいられる、と言えるかもしれない。

矛盾を矛盾と知りつつも、それを、両者が、快感や、楽しみや、幸せに変えていく。

そう、”思える”。

これは、主従関係を成立させる時の、一つの重要な要素なのだと思う。

もしも、そう、”思えない”なら、主従関係は成り立たない。

というよりも、奴隷が、その矛盾に耐え切れなくなって、関係が崩壊に向かう。

少し話が大きくなってしまった。


こんな風に、色々と、考えを巡らせたとしても、やっぱり、私は、自分の望みを変えることはできない。

私は、奴隷に羞恥心を忘れさせたくはない。女として、淑女としての羞恥心を忘れた奴隷は、とても残念だと思う。

でも、奴隷の正装は、裸に首輪だと思っている。

やっぱり、私は、奴隷に、「脱げ」と、命じるだろう。

これは変わらない。

絶対に。


望みと行動の矛盾。

私の中に、普通にあるものだ。なくならないものだ。

本当に、厄介なものだなと、思う。

でも、これがあるから、主従でもあるのだと思う。


※今回は続きがある。

下の”続きを読む”のリンクから、読んでもいいけれども、恥ずかしいので読まなくてもいい。(スマホ版だと、リンクがなくて、勝手に続いているみたいだが…)



続きを読む

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

題名の通り、携帯やスマホから、私にメールをくださる方へのご連絡です。

最近は、いただくメールの多くが、スマホからになりましたね。なので、結構、たくさんの方に関係があるお話です。

もちろん、私にメールを送ったこともなく、これからも送るつもりがない場合には、無視してください。

そういう方は、昨日書きました、こちらのエントリーを。


それで、携帯やスマホから、メールを送ってくださる方の中で、私に初めてメールをされる方、また、キャリアの変更や、機種変などで、メールアドレスが変わったり、メールの設定が、変更になった可能性がある方に、お願いがあります。

私からのメールの返事は、全てパソコンで作成し、フリーメールのメールアドレスから送られます。

ですので、迷惑メール対策などで、パソコンからのメール(フリーメール)を受け付けない設定にされている方(設定を自分で変更しないと、最初は受け付けないことになっている場合が多いようです)、私からお返事を書いても、届きません。

先ほど、何通か、メールを返信させていただいたのですが、受信拒否で、届かずに、エラーが帰ってきた方が、何人かいらっしゃいました。

せっかくですので、メールのお返事はちゃんとお届けしたいのです。


ですので、以下の2つの方法のうち、どちらかをしていただけると、嬉しいなと思います。やりやすいと思う方を選んでください。

●携帯やスマホのメール設定をパソコンからのメール(フリーメール)を受け取れる設定にしていただく。細かく言えば”hotmail.co.jp”からのメールは受け取るようにしていただければ、私からのメールが届きます。
受信拒否の設定を解除していただくということです。

●もしも携帯やスマホの設定を変更するのが、嫌な場合には、G-mailや、yahooメール、outlook.com(旧hotmail)などなど、フリーメールのアドレスを取得するなどして、パソコンからのメールを受けられる状態にした上で、そのアドレスを、私に教えてください。


上記、どちらかをしていただければ、私からのメールを受け取ることができると思います。また、これ以外でも、例えば、家にパソコンがある方などは、プロバイダのメールアドレスなどもお持ちかと思います。そのアドレスをお伝えいただくなど、パソコンのフリーメールからのメールを、受け取れる方法があるなら、上記以外でも構いません。

私からのメールを受け取れる状況が整いましたら、ご連絡いただければ、メールの返信を再送させていただきます。

以上、よろしくお願いしますね。



恭子が、電話で話をしたいと言った。

あの頃、電話と言ったら、そのまま”電話”だった。

今は、skypeやLINEなどの、パケット通信による音声の送受信、アプリなどを入れてつなげる、いわゆる、無料インターネット電話を使う人も、多いと思うが、あの頃は、それほど普及していたわけではなく、電話と言ったら、普通に、電話の通話機能を使って話をすることを指している。

お金を払う種別で、分けるなら、通話料金であり、パケット料金に当たる部分ではない。

だから、電話番号を交換して、そこにかける。

なんで、こんな周りくどい言い方をしたか?といえば、skypeなどとは違って、顔を見て話すようなことや、チャットやメッセージの送受信機能が付属していたり、写真や動画なんかを転送できたり、そんな便利なものは、ついていないということ。

声のみで話をする。ということ。

そして、私は、これがあまりうまくない。

正確に書くなら、要件をやりとりするのが主体の、仕事の電話なんかで、不自由したことは私は特に無い。

そういう電話は、別に問題ないし、苦手でもない。

私がうまくないのは、電話で自分の感情を表現するということ。

気持ちを伝えるということ。

また、相手の言葉から気持ちを察するということ。

それが、その頃の私は特に、うまくなかったと思う。

家族や、気心の知れた友人なんかとの電話なら、特に何も考えずに話をしても、伝わるのは、わかる。

そういう人たちとは、実際に会って話をして、積み上げた時間が膨大にあるから、遠慮もないし、相手がどんなことを考えているのか?も、だいたい予測がつく。

もっと言えば、男友達との電話なんかは、長々と、話をするようなことは、まず無い。

今度どっかに遊びに行こう、仕事帰りにでも、たまには飲もうか? なんて連絡事項だけだったりするから、感情をそこに入れて話をすること自体があまりなかった。

だから気軽に電話ができる。

でも、恭子は、そうではない。

オフ会で一度会っているとはいえ、私は、覚えていなかったし、恭子も私を見ていただけで、会った時間も、オフ会の間の、数時間。

こんなものは、会ったとは言えないだろう。

恭子の顔は、私も写真を見たからわかるが、履歴書に貼るような写真から、恭子の真面目な感じは伝わるが、心に思っている何かが読み取れるものではない。

恭子が気にしている、話し方がきついとか、そういうことがわかるわけでもない。

そして、恭子との電話は確実に気持ちの話になる。

恭子がどんな気持ちで、主従になりたいのか?

それを、恭子の口からの直接の訴えとして聞くのだろうから。

だから、恭子に「電話で」と言われたとき、ちょっと迷った。

どうせなら、会って話をしたほうが早いのではないか?

と、一瞬、思った。

顔を見て話をしたほうが、私は、ちゃんと話せるのではないか?

でも、その時の私は、会うことも、躊躇していた。

変なことを考えたのだ。

「恭子は美佳と話をしたんだよな…」と。

恭子と会ったら、美佳のことを思い出しそうだった。

それが怖かったのだと、思う。

あの頃は、怖いとは認識していなかった気がするが、今考えると私は、別れた奴隷である、美佳という存在が、出てくることを、恐れていたように思う。

だから、会うという選択肢は、その時点では、避けたかった。

そうなると、やはり、不得意な、電話になるか…。

どうしようかと思った。

しばらく考えた。

恭子の真面目さというか、私が質問すれば的確に答えてくるメールのやり取りだけを考えるならば、メールで十分ではないか?と考えた。

電話までしなくても大丈夫ではないか?と。

でも、話し方など、恭子の持っている雰囲気や、それを含めた気持ちの部分の話となると、恭子との間で、メールでやりとりすることで理解するには、限界を感じ始めていたのも確かだ。

実際、恭子もそれが伝わらないと感じたから、電話にしてほしいと言い出したのだ。


少し話がそれるが、このブログを始めてからも、ご相談をメール受けていて、話をしている途中で、「できれば、電話で話をしたい」と、言われたことが結構ある。

でも、私は、電話で、ご相談の話をすることは、あまりない。

それは、あの頃に比べると、メールでも、しっかりと話ができると思えるようになったからでもある。

また、電話番号という個人情報を、ご相談者の方から伺うことに、抵抗感が少しある。

もちろん、電話番号を伺ったからといって、私が、それを悪用したり、誰かに漏らしたりすることはないし、ご相談が終わって着信などの履歴を削除して欲しいと言われればそうする。

だから、電話で、お話をすることは、別にかまわないと、今も思うが、メールだけのほうが、ご相談者さんに、安心して頂けるかな?ということは、思っている。

今なら、私は、恭子の、この提案に対して、「もう少しメールで」と言ったかもしれない。

ちなみに、ご相談のために、わざわざ、函館に来てくださった方もいらっしゃる。そういう方とは、電話ではなく、お会いしてお話をしている。のだが、それは、また別の話だ。

ともかく、その時は、メールだけで、恭子の懸念を払拭する、もしくはそれが当たっていると判断するだけの自信が、持てなかった。

恭子は、いつでも的確にメールをするが、雰囲気や、その想いを理解するには、的確さだけではない、何と表現していいのかわからないが、もう少し、”柔らかな”、会話の方法が、必要だと感じ、それが、電話なら、できるのではないかと、あのときの私には思えた。

というよりも、恭子のメールというのは、どこまでも、ビジネスメールのようであり、恭子の口調などの特徴を含めて、気持ちを話し合うには、硬いものと感じていた。

だから、「電話がいいのかもしれない」

恭子との話をどう進めるか?を、ずっと考えているうちに、そういう風に、私は考えるようになっていった。

そして、次のメール、私の電話番号を書いて、送ったのだった。

「私は、電話は苦手ですが、それでもよければ、お話しましょう。でも、私は、本当に、自信はないですよ」

という、なんとも、情けないことを、書き添えて。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。