理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

少し前、ふと思い立って、twitterで書いたのだが、そこからまた考えたことがあったので、ブログは、文字制限がないから、もう少し、いつもの私っぽい(理屈っぽい)話にして(なってしまうが)、書いておこうと思う。

主従に関して思ったことは、やはり、ブログに書き残しておきたいので。



主従を始めるとき、どちらが言うのか?はわからないが、やはり、”始まりの言葉”というのは、ある。

「俺の奴隷になれ」

「私を奴隷にしてください」

というような、言葉。

恋愛関係で言うところの告白のようなもの。

どちらかが、「好きです。付き合ってください」というようなことを言って、それに、相手が、肯定の返事を返せば、そこから恋愛関係が始まる。

もちろん、そんなふうならずに、なんとなく、雰囲気で一緒にいるようになって、付き合っていくカップルもいるのだろうが、やはりそれでも、どこかでけじめは付けるように思う。

もしも、始まりの言葉がなかったなら、

「私達、付き合っているの?」

なんて、疑問が、わくのではないか?

そういう、不安を消すためにも、この言葉というのは、重要なものなのではないかと思う。

プロポーズなんかが、一番わかり易い例かもしれない。

恋愛関係になる時に、付き合って欲しい、そしてそれに対する肯定的な返答、という、始まりの言葉があったとしても、やっぱり、結婚し、夫婦関係という、新しい関係になるには、別の”始まりの言葉”が必要なのだと思う。

プロポーズもなく、いつのまにやら結婚していたという人は、現代においては、それほどいないのではないか。

私は、結婚したことがないから、プロポーズの意味とか、その時の気持ちやその後に対する影響など、本質的な部分ではわからないことだが…。


深い関係、結婚であれば、人生を変えるような関係になるだろうが、相手とそういう関係になろうとすれば、”始まりの言葉”というのは、自然と重要になってくるのだと思うし、大抵、あるのだろう。

”始まりの言葉”と、ここでは、書いているが、”けじめの言葉”と言い換えてもいいと思う。

異性との関係を構築する場合には、特に、この言葉が必要なことは多いように感じる。

逆に、同性の場合には、”わざわざ感”があるようにも思う。

誰かと、友達になる時、「今日から、友達になろう!」といって、なる人はあまりいないような気がする。

私も、自分の友人とのことを考えてみて、わざわざ、最初に宣言してから友達になったという記憶はない。

例えば、同じクラスになり、いつの間にか話をするようになり、遊ぶようになり、一緒にいる時間が長くなり、友人関係ができていく。

この夏休みにも、函館に遊びに来るとか言って、未だに連絡をしてくる、20年以上の付き合いになる友人もいるが、彼とも、「友達になろう」なんて言った覚えはない。

ネットであっても、いつの間にか話をするようになり、メールのやり取りなんかが増えて、関係が深くなっていく人のほうが多い。

別に、「友達になってください」とか、言った覚えもなく。

そして、しばらく会わなくなったり、メールをしなくなったりしても、お正月だったり、誕生日だったり、また、人生の節目だったりには連絡が来たりする。

そんな関係というのもある。

もちろん、親友だと思っていると、伝えたことのある人もいるが、それと他の親友と思っている人が、何か、違うわけではない。ただ、それを伝える機会があったかどうか。だけの違いで、同じように大切な友達だ。



でも、”主従”というのは、異性間(同姓の場合は私は知らないので、除く)、男女の関係であり、また、精神的にも肉体的にも、深く繋がる関係であると思う。

だから、やはり、”始まりの言葉”が、あることが多い。

というより、それがあることが、ほとんどだろう。

主従になりたい、という意思表示。

それが、示されることが、必須とは言わないが、かなり重要なもののように思う。

主従関係の場合には、恋愛関係よりもさらに、しっかりとした、始まりの言葉というか、確認が必要な気がする。

始まりの言葉もなく、なし崩し的に、いつの間にか自然に、主従関係になる、というのは、なかなか私には想像しがたい。

まあ、S男が、まだ迷っているM女に「俺の奴隷になれ」と強い口調で言って従わせることを、M女の気持ちを無視して、なし崩していると言うなら、別だが、

その「奴隷になれ」という強引な言葉も、始まりの言葉であるとすれば、やはり、主従の場合には、必要な言葉なのだろうと思う。


そんな、始まりの言葉。

自分のことを考えてみた時、私は、始まりの言葉を、私の口から言ったことが少ないなと思った。

私から「俺の奴隷になれ」と言った経験は少ない。

M女から「私を奴隷にしてください」と言われて、それに応える形で、話をし、最後に、私から、「それじゃあ、お前を奴隷にしてやる」とか、「俺の奴隷になれ」といって、M女の気持ちを受け止め、了解したことが多かった。

直接、会っていたときの話でもそうだったし、メールなど、ネットで話が進んだ時でも、先に主従関係になりたいと言ったのは、M女の側だったことのほうが、私の場合には多い。

ここで、勘違いしないで欲しいのだが、別に、私は、何も言わなくても、M女が寄ってくるくらい、自分がモテると言いたいわけではない。

私は、基本的に、女にあまりモテないというのは、ブログにも以前、書いたとおりだ。

大学も終わりくらいになるまで、”女の子”というのものとそれっぽい雰囲気になったことすらなかったのだから。

私をモテると思うならそれは間違いだ。

でも、その後、私のことを、御主人様として、良いと思ってくれたM女というのは、幸いにして、何人か居てくれた。

だが、話を続けていても、私は、いつまでたっても「俺の奴隷になれ」と言わないし、誘わないから、業を煮やして、M女が先に言ったのではないか?と思っている。


私は、前にもブログに書いたように、M女には納得して奴隷になって欲しいと思っている。

S男の言う、「俺の奴隷になれ」ということと同様の言葉は、きっと、M女にとっては、とても強い力がある。

特に、それを言われたことがない、主従関係を持ったことがなくて、S男に免疫がないM女や、気の弱いM女なんかは、特に、そう感じるのではないか?と私は思っている。

S男である私の言葉は、M女の冷静な判断を狂わせる、もしくは、焦りを誘発するもののような気がしている。

そういうことがなく、きちんと考え、納得して、主従の世界に入って欲しい、私の奴隷になって欲しい。

そんな風に思いはじめてからは、特に、私は私の方から、始まりの言葉を言わなくなっていった気がする。

そして、もう一つ。

これを、twitterにも書いたのだが、私は、フラれるのが怖いのだと思う。

勇気がなく、臆病なのだと思う。

だから、「俺の奴隷になれ」という風に、私の方から最初に誘うことが、なかなかできないのだろうなと思う。


M女に対して圧力をかけたくない、M女が冷静に考え、納得して主従になることを第一にしたいという考え方と、そして、フラレるのを恐れる勇気のなさだから、きっとこれからも、”始まりの言葉”を私の側から言うことは、無いような気がする。


そして、そこで、思ったことがある。

私が、フラれるのが怖い、臆病な気持ちがあるのと同様に、M女も怖いのだろうな、ということ。

「奴隷にしてください」と言った時、それを断られるということは、自分を否定されることだ。

誰でも、自分を否定されたくは無い。

特に、自分の”M”という、隠しておきたいかもしれない性癖まで晒して、告白するのだ。

それを断られることは、とても大きな傷になるのだろうなと思う。

だから、怖い。


そして、怖さというのは、他にもある。

主従の世界に対する怖さ。

これは、主従の世界にどっぷりと浸かって、感覚がこっちの世界に慣れてしまった私には、もうあまり無いことだから、推測になってしまう部分ではあるが。

主従の世界で、蔑まれ、苦痛を受け、好き勝手に扱われるのは、奴隷の側だ。

どんなことをされるのだろう?という、未知に対する恐怖。

だから、相手に「奴隷にはできない」と否定される以外にも、M女には、別の怖さが、あると思う。

例えば、御主人様にしたいと思う人と、話はとても合うし、いいと思っても、すでに奴隷がいて、多頭だったりすることも、あるかもしれない。

でも、本当は、御主人様に、自分だけを見て欲しいと望んでいる。だが、奴隷が、そんなことを言うのは許されるのか?もわからない。

主従の世界の”しきたり”のようなものを知らない。

奴隷の”常識”もわからない。

本当は、そんなものなど、無く、御主人様との間で作り上げていくものであると、私は思うのだが、そんなことは、多分、主従になったことがなければわからないだろう。

自分から、奴隷にして欲しいと言うなら、相手が要求することは全て受け入れなければならない。それがたとえ、自分が望んでいないことであっても…。

そして、それは、とても怖いことなんじゃないかと、私は推察する。

ご相談を頂いたりすると思うのだが、そんなことを思っているM女は、実際、多い。

こんな考えになってしまうというのも、主従に踏み出そうとするときの怖さの一つだと思う。

他にも、絶対にしてほしくない調教を、相手がするのではないか?とか、奴隷になれたとしても、ちょっとした事で、それこそ本当に”物”のように、簡単に捨てられるのではないか?とか、

普通の男女関係ではない世界のことで、”始まりの言葉”を口にして、実際に主従になってみないとわからないことというのは、やはり、多くあると思う。

それが、不安にさせるのだと思う。

恐怖につながるのだと思う。


なんだか、ダラダラと書いてしまったから、少し、まとめる。

主従の世界への”壁”を高く、分厚くしているのは、自分を否定されるかもしれないという不安と、主従の世界への不安の2つが、大きいのではないかと思う。

この壁は、特殊な事情がない限り、主従を目指すなら、どうしても、立ちはだかるものだろう。

M女の前には、もちろんだが、S男の前にも、その大きさは別として、やっぱり、壁は存在すると思う。

そして、この壁が、”始まりの言葉”を言うのをためらわせる。

そのことで悩む人を、S男、M女、共にたくさん作り出しているように思う。


でも、上で書いたように、”始まりの言葉”を言わなければ、主従が始まらないことがほとんどだ。

どんな壁が立ちはだかっていようと、これは言わないといけない。

壁を超えて。

そして、私の過去の奴隷たちは、それを私に言ってくれた。

だから、私が奴隷を持つことができた、という一面は、あると思う。

そんな、”壁”を乗り越えた奴隷たちの勇気に、私は、きちんと報いることができたのだろうか?ということを、ふと、先日考えたのが、あのtweetになったということ。

その壁を突破するために、絞り出した大きな勇気と、等価以上の何かを奴隷たちに与えてやることができたのか?

そんなことを思った。

もちろん、それはわからないことだし、奴隷たちの言った「幸せです」という言葉を、信じて自分は良かったのだと思うしか無いのだが、それでも、こんなふうに考えることがある。

「考えすぎ」と、よく言われるのだが。


上記の、壁の前で、立ちすくんでいると思われる方に、ご相談をいただく事がある。

主従になりたい相手がいるのだけれども、どうすればいいのかわからないという感じのものだ。

お返事には、書かせていただいたが、私がお伝えできる答えは一つしか無い。

本当に、主従の世界に入りたいとか、その相手を御主人様(奴隷)にしたいのなら、勇気を持って、壁を超える。

それ以外に、方法はない。

”始まりの言葉”を、相手に伝えるしか無いと、私は思う。

恋愛でもそうだし、仕事なんかでも、よく言われることだが、待っていても、自分の思う状況にはならないことが多い。

よほど、他人よりも飛び抜けているとか、そういう部分があるならば、黙っていても、相手の方から声がかかるかもしれないが、

そういうものが特にないのであれば、自分から、声を出すのが、求める世界や、求める人との関係を作り、主従を幸せに楽しむための、多分、一番の近道であり、もしかしたら、唯一の道なのだろう。

主従の世界に入ること、誰か気に入った人と深い関係持つことで、得られるものが、とても大きいと思えるのなら、そのための勇気を振り絞ることは、決して無駄ではないと、私は思う。

これは、ご相談者さんや、壁の前で立ち止まっている他の方々への言葉でもあるが、私自身への自戒でもある。

この世界に入りたいなら、立ちはだかる壁の前で、それを破る勢いで、始まりの言葉を叫ぶしかない。

あなたに、主従になるための覚悟と納得が、十分にできているのなら、私は、勇気を出して、叫んでみればいいと思う。

”始まりの言葉”を。






テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報