理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛系のオフ会なんかで、話をした時に、

「奴隷がいるなら、いつでもセックスできていいですよね」

というようなことを、男女関係なく、言われたことが、結構ある。

皮肉というか、批判というか、そういう意味を込めている人もいれば、他意はなく、そういう行為ができることを、羨む気持ちで、言っていた人も居たと思う。

それは、どちらだったにしても、私は、そのままに受け止めてお話をしたのだが、その時に、心のなかで、苦笑いしていたことが一つあった。

それは、

「別に、セックスできるからってわけでもないんだけどな…」

ということ。

これは、後のほうになってから、特に思うようになったことだ。

初期の頃は、調教というか、奴隷と会って、二人きりの部屋に居る時に、セックスをしないことというのは、ほとんどなかった。

だから、この指摘のように、”いつでもセックスできる”というのは、奴隷の価値として、大きくあって、セックスするために、奴隷と会っていたと言われても、反論できないだろうと思う。

でも、徐々に、奴隷と居るときにすること、というよりも、一緒にいることの意味が、私の中で、変わっていった。

その結果として、やることが変わったと言う方が、正しいか。


性処理に代表される、性的な行為、調教、躾に代表されるSM行為(S性を刺激されること)、会話、食事、…。

これ以外にも、奴隷と一緒に居た時にやったことといえば、たくさんあるのだが、それら色々な事柄について、意味合いが変化し、それにともなってやり方も変わった。

セックスに絞って言えば、それをするかどうか、というのは、あまり大きなことではなくなっていった。

私が、奴隷との時間に求めていたのは、性欲のはけ口として使うという、だけではなく、もっと、別のものだということに、いつしか、気がついた。

だから、”いつでもセックスできる穴”として、奴隷を飼っているのだと、言われると、違和感を感じるようになったのだと思う。


まず、主従としての雰囲気の中にいることが”気持ちいい”ということに、いつの間にか、気がついていた。

主従という、ちょっと不思議な、空気が心地いい。

これは、主従関係を持ったことがなければ、理解し難いことかもしれない。

奴隷が奴隷としての立場にいて、私が御主人様としての立場にいる。

それを、ある程度以上の緊張感と、雰囲気の中で、強く感じられる時間。

そんな時間を過ごすことが、奴隷と一緒にいたいと思う、大きな要素だと思った。

日常の中には、絶対に無い時間。

心地よい時間。

主従として、一緒の時間を過ごすことの意味というのは、主従であることそのもの。

立場に違いがあること、辱め虐げ貶め、支配しつつ、本気で守りたい対象。

それが、目の前にいることによって、S性が刺激されていることが、大きいと思うようになった。

奴隷が床に正座し、私がそれを見下ろす位置にある、椅子やベッドに腰掛ける。

気まぐれに、奴隷の顔や、首筋や、髪を触る。頬を打つ。

首輪や、リードや、髪を引き、頭をこちらに向けさせる。

乳房を乱暴に掴む。

性器を無造作に蹴る。

土下座をさせ、頭に足を載せて床に押し付ける。

足を舐めさせる。

奴隷に、理不尽なことを言っては、困らせる。

主従としての会話をする。



ただ、椅子に座り、奴隷を前にしただけでも、こんなことをして、時間を使っていられた。

それが楽しかった。

こんな楽しみが、セックスをしなくても、他にもたくさんあった。

これらは全て、性的満足感ではなく、S的な満足感だ。

私の性器に触れさせてもいないのだから、確実にそう言えるだろう。

だから、「いつでもセックスできていいですよね」という風に、御主人様である私が当然持っている権利を指摘する言葉は、私にとっては、なんだか、違和感があるものになっていた。

「確かに、言うとおりだが、それだけがよくて奴隷と一緒の時間を過ごしているわけでも無いんだが…」

そんな思いがあった。

そして、自分の奴隷に対して、そう思うのは、多分、その奴隷のことが好きだからだ。

こういうことを言うのは、照れくさいし、奴隷には言わないことではあるが、好きな女(奴隷)と一緒にいたい、好きな相手だからこそ、そういう行為だけでも、楽しい。

私は、Sだから、好きじゃなくても、S性を刺激されれば反応はする。

快感にも感じる。

それはある。

でも、それなりに多くの時間をこんな過ごし方でも、満足できたのは、やはり、奴隷のことを好きだと思っていたからだと思う。

普通の男女関係で、好きな人と話をしているだけでも楽しいという経験がある人は多いと思う。

セックスしなくても、一緒にいるだけで嬉しい。

それは、恋人同士なら、普通に湧いてくる感情なのではないかと思う。

それと同じ感じで、私は、上記のような、軽い行為でも、好きであるからこそ、より強い刺激となり、奴隷と居ることを、とても楽しめたのかも知れないと思う。

私の愛情表現というのは、こういうことだったのだろうなと思う。


とはいえ、私はもともと、セックスが好きだ。性欲も大きいほうだ。

だから、セックス抜きで終わる調教というのは、そんなに多くはなかったのだが、それでも、好きなようにセックス(性行為)できるから、そのことだけで、奴隷を持ちたい、奴隷と会いたいとは、私は思っていないのだろうなと、自覚している。

別に綺麗事を言いたいわけではなく、素直にそう思っている。

奴隷との時間というのは、私なり(Sなり)のやり方ではあるが、愛情を確かめられれば、また、奴隷の奴隷たるところを見られれば、それを支配し、同時に守っている感覚をしっかりと持てたなら、それが一番嬉しい時間だったように思う。

こういう言い方は、それこそ本当に綺麗事に聞こえるかもしれないが、

奴隷のことが、単に、好きだから一緒に居た。

という、だた、それだけのことだったのだろうなと、最近は、思うようになっている。

付き合いが長かった奴隷もそうだが、とても短い時間しか一緒に居られなかった奴隷も居る。

でも、今まで奴隷にしてきた、全てのM女のことを、私は好きだったのだと思う。そう思える。

恋愛でいうところの”好き”と、私の奴隷に向けた”好き”は、また少し違う気もするのだが、やっぱり、それを表現するなら、”好き”ということになるのだろうと思う。

それ以外に言いようが無い気がする。

だから、一緒にいた。そのことを幸せに思って過ごしていた。

そういうことだ。


それにしても、今回のエントリーは、結構、照れくさい…。



テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト


このエントリーは、最上部に掲載していましたが、そろそろ、見てくださっている方には、お伝え出来たと思われますので、通常の設定に戻しました。

でも、この連絡は、今後も有効ですので、もしも以下のことに心当たりがある方は、いつでも遠慮無く、メールを下さい。

それから、このエントリーを見て、メールをくださった方にも、お返事がまだ行っていない方がいらっしゃいますが、今少しお待ちいただけると幸いです。

======== 以上、9月8日追記 ========



私にメールを出したことがない方、出す予定のない方には、関係のない連絡事項です。

この次のエントリーが、最新のものですから、そちらから、見ていただければと思います。



先日書いた、この記事のお陰で、数人の方がメールをくださいました。ありがとうございます。

おかげさまで、メールのお返事をしたかしないか、わかりましたので、とてもありがたいです。

順次、お返事をさせていただきますので、もう少々、お待ちください。


ですが、まだ、おそらくメールのお返事を私がしていない方がいらっしゃると思われますので、このエントリーを、これからしばらくの間、一番上に表示されるように、設定しました。

vetにかなり前にメールを書いたのに、まだ返事がないという方、以下の事情で、とっちらかってしまっておりましたので、ご連絡いただけると幸いです。


エントリーの順番が、逆になってしまっていますので、ブログとしては、少し見難いですが、暫くの間、ご容赦を。


======== 以上、7月24日追記 ========



これは、メールに関する連絡(事情説明)と、お願いのエントリーです。

だから、私にメールを出したことがない、出す予定がない方は、スルーしていただければと思います。


最近、この手のエントリーが、多くなっています。

というのも、とっちらかっているからです。

今回は、その事情を書きます。

そして、お願いがあります。


メールのお返事について、3月、4月くらいの私の忙しい時期に、待っていただきたいとエントリーにしたあと、5月になって、少し時間ができたので徐々に、お返事を書いているということも、お知らせしました。

実際、その後、お待たせしてしまっていた皆さんに、徐々にお返事を書き、大部分の方には、お返事を書いたつもりでいたのですが。

それは、本当に”つもり”でした…。

書いたつもりで、実は、ゴッソリと、忘れてしまった方々がいらっしゃるのです。

ということに、気がつきました。

というか、先日、気がつかせていただきました。


皆さんからいただくメールを、私は、お話の種類とか、どのくらいの頻度でやりとりしているか?とか、緊急のものかどうか?とか、そういうことで、フォルダ分けして、整理しているのですが、

そのフォルダの中に、お返事を書いたと思いつつ、実際には全く書いていないフォルダが一つあるということが、最近、ある何人かの方にメールを頂いて、わかりました。

フォルダ、一つ分、お返事を書いたと思っていたのに、抜け落ちていたんです。

本当に、申し訳ない。

それで、更に申し訳ないのは、そのフォルダにメールが入る方の中に、私がお返事を書く前に、次のメールを下さって、それに対しては、私がお返事を書いている、なんて方が、複数いらっしゃったり、

スマホなどのPCからの受信拒否設定のために、私がお返事を書いたけれども、エラーで返ってきていて、実際には届いていない方もいらっしゃったり、

同じ方で、途中でハンドルネームを変更された方がいらっしゃったり…。

そんなことになっておりまして、どの方に、メールのお返事を返していて(届いていて)、どの方に返して(届いて)いなかったのか?というのが、ぱっと見では、わからない状態になってしまっています。

見事に、メールの整理に失敗したわけです。

忙しい時期だったとはいえ、メールのお返事をためてしまった私が悪いのですが…。

送受信したメールは、全てとってありますので、メールを一つ一つ突き合わせれば、もちろん分かるのですが、量が多すぎて、ちょっと厳しいことになっています。

そういう意味で、とっちらかっている、というか、とっちらかしてしまった、ということなんです。

まことに情けなく、申し訳ないこと、この上ない状況になっています。


それで、以下、とても心苦しいお願いがあります。

まず、私からの返事がなかったからといって、私が話をしたくないと思っているとか、面倒だと思われたとか、私に対して迷惑なこと、嫌なことを書いてしまったとか、そういうネガティブなことは、思わないで頂きたいのです。

そんなことは、一切ありません。

スパムなどは別ですが、皆さんにいただくメールは、ブログの感想でも、ご挨拶でも、ご相談でも、その他のものでも、また、ブログに対する批判的なご意見(それが冷やかしなどではなく、真面目に書いてくださったものであれば)であっても、どれも、とても嬉しく、有り難く、有意義で、楽しく、暖かいものと、感じております。

私は、今、函館という土地に居て、以前のように、SM関係のオフ会などに行く事もなかなかできなくなりましたので、主従のことをお話できるのが、とても楽しいので、メールを頂くこと、SMや主従の話ができることを、とても喜んでおります。

だから、メールフォームを設置したのであり、メールを受けることにしているわけです。

ですから、私からの返事が無いからといって、「自分が送ったメールが悪かったのでは?」ということは、思わないでください。

それが、一番のお願いです。

自分のメールが悪かったということは、一切思わないでくださいね。

メールの返事が行かないことで、そういう風に思わせてしまうことが、私がとても心苦しく思うことなのです。

よろしくお願いします。

本当に、他意はなく、ただ単に、私が、ミスをして、メールの返信をし忘れていた、そして、とっちらかしてしまって、メールの返事が難しくなってしまった、ということなのですから。


そして、もう一つ。とても、図々しいお願いが、あります。

もしも、私の返事がなくて、今更ではありますが、vetとまだ話をしたいと思ってくださる方、「返事がまだです」とメールを下さい。

かなり時間が経っている方もいらっしゃいますので、すでに、話題が古くなってしまっていて、状況が変わったりして、違うことを話したいということであれば、それを新しく書いてきてくださってもかまいませんので、それは、遠慮なさらずに。

上で書きました通り、どなたにメールをちゃんと返信し、どなたに返信していないのか?届いているかどうか、を、確かめるのが、大変な状態になっております。

なので、これから、私にメールを下さった方に、お返事をお返ししていく形で、まずは、この、とっちらかった状況を改善していきたいと思っております。

もしもわかるようであれば、「何月何日にメールしたが、まだvetからの返事がない」と、書いていただけると、ありがたいです。

そうすれば、私も、どの話題のところで、途切れさせてしまったのか、わかりますので、それに対するお返事を、ちゃんとお返しできると思います。

という、とても身勝手な、お願いなのです。


私は、スパムなどでない限り、全ての方にお返事を返してきましたし、これからもそうしたい気持ちは変わらないので、お手数をおかけすることになります。

多分、一番古い方で、今年の2月くらいに、私にメールして、まだ、お返事が届いていない方が、いらっしゃるように思います。

それでも、構いませんので、その旨、メールをくだされば幸いです。

一言、「○○ですが、私への返事がまだです」でも、OKですので、よろしくお願いします。

きちんと、お返事を送らせていただきます。





それから、上記とは、別件です。

一応、とっちらかってはいるのですが、それでも、なんとか、わかる方には、メールのお返事は、徐々に書いているのですが、そのなかでも、返事が届かない方がいらっしゃったりします。

●6月14日に、auの携帯かスマホ(ezweb.ne.jp)から、メールくださった方、そのメールには、ネットからのメールの着信を拒否していたとのことを書いてこられたので、着信拒否を解除してくださったのかと思って、お返事を再送させていただいたのですが、やっぱり、着信拒否されておりまして、エラーで返ってきてしまいました。

お手数ですが、”携帯、スマホからメールをくださる方へ”に書いた方法のどれかをなんとか、実行されてから、またメールいただけると助かります。よろしくお願いしますね。




以上、メールに関する、かなり身勝手なお願いでした。

本当に、申し訳なく思っております。お手数ですが、ご協力いただけると幸いです。

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。