理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


人の性格というのは、色々とあるものではあるが、大人になってしまうと、結構決まっていて、それは、奴隷になったからといって、特別に変わるものではない。

私は、過去に飼った奴隷たちから、そう感じた。

もちろん、奴隷になったという自覚からだと思うが、”奴隷らしく”なるし、躾などで、私の好みに変えていくということも、していくのだが、性格の根本的なところというのは、変わらない。

三つ子の魂百まで。

というのが、正しいのかどうは知らないが、もともとの表の世界に居た時の性格が、奴隷になったからといって、いきなり豹変するということは無い。

もう少し、正確に言えば、奴隷になったことで、表の世界では隠して生活していた性格を、思いっきり、さらけ出せるようになる、という意味で、表の世界の顔とは全く違う顔を見せる奴隷も居るが、

そういう、隠していたというか、表の世界ではなかなか出せなかった性格も含めて、もともとの性格なのだとすると、やはり、奴隷になったことで、性格自体が大きく変わってしまうとは、私は思っていない。

少なくとも、”奴隷”になるということは、”もともとの性格の影響を受けた奴隷”になるということだと思う。

これに関しては、奴隷たちを、何匹か、見てきたので私は断言できるから、主従関係を持ったことのない男と話をしていて、勘違いしている人がたまにいることには、困ったものだなと思う。

「奴隷になったら、女が従順になる」というのは、勝手な理想であり、妄想であって、現実には、元の性格は、そう簡単には変わらないし、世に言うところの”奴隷の性格”とは、真逆にあると思われる、”気の強い女”なのであれば、まずは、”気の強い奴隷”になるのだと私は思う。

主従は、そこから、始まる。

そういう、元々の性格から、徐々に奴隷を、自分(御主人様)に合うように躾けていくのが、奴隷を持つこと、もっと言えば、支配し従属させることの醍醐味であるのだと私は思う。

これが、結構すぐに、うまくいくこともあれば、失敗が多く、手間取ることもある。

何事も、一筋縄ではいかない。

奴隷は、”人”ではなく、”物”だと私は認識させるし、そう振る舞うが、普通の物体とはまた違って、個々に別々の性格を持った、どれも、厄介な(そして、何よりも、面白い)、”物”なのだから。

なんだか、蛇足的なことを、ごちゃごちゃと書いたが、要するに、奴隷にも、性格はあり、それは、表の世界の性格を、ちゃんと反映している、ということ。

それを認識せずに奴隷を飼うのは、金魚を飼うのに、水槽に水を入れることを知らないのと同様の愚かさだと思う。


やっと本題。

今回は、私に対して、何かを言うのが、苦手だった、ある奴隷のことを書きたいと思った。

その奴隷は、自分からは、私に何も言わなかった。

私が話しかけて、はじめて口を開く。

というよりも、もともと、無口だったのと、自分の意見があっても、主張するのではなく、内に秘めてしまう癖があったのだと思う。

とにかく、おとなしい性格の奴隷だった。

この奴隷の話を書こうと思ったのは、そういうM女の方が、意外と多くて、そういう方に、御主人様側(といっても、私だが…)が、その性格を、どう思っていたのか?ということが、わかってもらえるかと思ったからだ。

私が思っていたことは、奴隷にはあまりちゃんと言っていない事柄になる。

牝奴隷には言えない話の一つだと思う。


その奴隷は、私が、話しかけなければ、何も話さなかった。

本当に、そうだった。

調教後、ホテルを出て、お互いに、アパートに帰るまで、少し時間があったから、喫茶店にでも入ろうということになって、席についても、黙ったままうつむく。

私が

「何を飲む?」

と聞かなければ、多分、何も頼まずに、出された水だけ飲んで出てきてしまう。

私が、何か話しかけなければ、そのまま。

また、私の部屋で、一緒に過ごしている時も、黙って、私の隣や、前や、私とのいつもの位置取りをとって、ひたすらに、私からのアクションを待っていたようにも思ったことがあった。

でも、待ってすら居なかったのかもしれないと、だんだんと思うようになった。

待っているようにも見えるのだが、そうして黙っているのが、その奴隷の”普通”の時間の過ごし方なのだと。


私と、その奴隷で過ごす時間には、沈黙が多かった。

私も、女性を喜ばせるような、軽快で、楽しい会話は苦手だ。

何気ないおしゃべり、というのも、それほどうまくないし、もともと、口数が多い方ではないから、何も話をしなくても、別に構わないと思っているタイプだ。

だから、その奴隷との時間は、とても静かに過ごしていたことが、多かったと思う。


はじめは、本当にそれでいいのか?と、思った。

コミュニケーションが不足することを不安にも思った。

だから、私は努めて話しかけるようにしたのだが、それでも、奴隷から話をしてくることというのは、とても少なかった。

そのことに、つい、イライラしてしまったこともあった。

そして、「何か、お前から話せ」と言った。

そうしたら、奴隷は、

「御主人様に楽しんでいただけるような、お話が、私にはないです。すみません」

といって、とても申し訳無さそうな顔をして、土下座した。

「そうか…」

「私に、何もなくて…。すみません」

また、頭を床に擦り付ける。

その姿、そして、奴隷が、あまりにも、簡単に、「自分には何もない」と言ったことが、妙に悲しかった。

「じゃあ、無理に、話さなくていい」

私は、そう言っていた。

普段なら、命令したなら、それを実行させるのが、普通だったが、奴隷のことを、私が悲しいと思ってしまったから、私は自分の出した命令を、取り下げていた。

投げやりに言ったわけではない。

ただ、その時の奴隷を見ていたら、それ以外に言えなかった。

でも、その時、奴隷が顔を上げ、私を見つめて、少しだけ、ニコッと微笑んだ。

私は、その微笑みの意味が、その時には、よくわからなかったし、あまり、大きな意味を感じることなく、ああ、こういう奴なんだなと、思った。

せめて、笑顔だけでも、返そうとしたのか、と。

結果として、それ(私が言ったこと)は、良かったのだった。後になって、そのことがわかった。


その奴隷との時間には、沈黙がとても多かった。

私は、何もない沈黙が、よくないことだと、最初は思っていたのだが、その奴隷にとっての沈黙というのは、別の意味を持っていた。

つまらないから、退屈だから、沈黙するのではなく、沈黙であることに、何も問題はない。

それが普通。

そこまでは、理解した。

性格的に、自分から話すのが苦手で、大人しいから、話さなくてもいい時間が、好きなのだと、私は、触れ合ううちに気がついた。

それが、この奴隷が、主従になろうと決意した動機の一つでもあるのだろうと思った。

もちろん、M性を満たしたいということはあったのだろう。

でも、主従でいるなら、自分のこの性格でも、無理に話をしなくても、御主人様である、私の足元に居るだけでいい。

それで、幸せに時を過ごせると、その奴隷が思っていたということを、私は後から知った。

その奴隷が、珍しく、饒舌に(といっても、その奴隷にしては、という意味で、他の女の普通の会話よりも少ないのだが…)話した時だ。

何がきっかけだったのかは、忘れたが、その奴隷が、私との主従を始める前に、ノーマルな男と付き合ったときの話をしていた。

ノーマルな男との付き合いの様子を、奴隷は、こう語った。

「何を話していいか、わからなかったんです」

と。やはり、積極的に話ができなかったことが、一番大きなことだったようだ。

「なんでも、いいだろう。その日の昼飯が、うまかったとか、まずかったとか、そんな話でも良かったんじゃないのか?」

「そう、でしょうか?」

「ノーマルな恋人同士が何を話すのかは、俺もわからない。でも、何気ない話で、いいだろ」

「でも、私、それが思いつかないんです…。いつも、何も話さないから、だから、その人を何度も怒らせてしまって…。すぐにフラレました」

「そうか…」

「もう、誰とも付き合うことは無いって思いました」

「じゃあ、なんで、俺の奴隷になった?」

「御主人様も、私に似ている気がしましたから」

「俺が?」

「はい」

「で、本当に、そうだったか?」

「半分だけ…」

「半分?」

「奴隷から、御主人様のために動かないとダメだって、わかりました」

「そうだな。俺の快適のために、尽くすために、お前がいるのだから」

「はい」

「で、残りの半分は?」

「はい。話さない雰囲気を、お持ちでした」

「俺も、おしゃべりは苦手だ」

「”無理に話さなくていい”って、前におっしゃってくださいました。とても、嬉しかったです…」

それを言った時、やはりその奴隷は、ニコッと微笑んだ。

「そうか」

その奴隷にとって、おとなしくしていること、というのは、別に、抑圧されていることなのではなく、

自然に、そうしたいと願うことであるということ。

それが、分かったから、私は、以前に何気なく言った、「無理に話さなくていい」という言葉が、その奴隷を認め、受け止めたことになる、一番嬉しい言葉であり、とても良かったのだなと思えた。

その奴隷が、私のところにいる大きな理由を与え、性格をそのままにさらけ出して、過ごせる雰囲気をも、与えてやることができたのだなと思えた。

最後まで、その奴隷は、そういう感じではあったのだが、私の前では、それでいいと心から思えたからなのか、徐々に、よく話をする時間というのも、出てくるようになった。

沈黙を許したら、逆に、話すようになった。というのは、ちょっと苦笑してしまう部分ではあるが。

とはいえ、基本、その奴隷との時間は、沈黙が支配することが多かった。


でも、私は、そんな奴隷の性格が、とても気に入っていた。

それだけは強調しておきたい。

そこが、その奴隷らしさなのだなと、認識した時から、それでいいと、本当に思えるようになった。

おとなしく、あまり自己主張ができないことは、表の世界、特に仕事などの場では、損をすることも多いと思う。

やはり、世間を渡るのに、自分の意志を、口に出して、主張することは大事だ。

それに、明るく、その場の雰囲気をうまく掴んで、上手に話のできる人というのは、男女問わず、それだけで、評価されることもある。

「女は愛嬌」なんて言葉が、今もまかり通るとは思わないが、女性は明るさ、かわいらしさを、世の中から、要求されていることが多いようにも思う。

そういう意味でも、その奴隷は、損をしていたのだろう。

でも、損をしてばかりだった奴隷でも、私にとっては、良かった。

私は、一緒にいて、楽しかった。幸せだった。

だから、そういう性格だったとしても、良かったと思う。

沈黙の時間も、大切な時間だったと思う。

これは、私が、昔飼っていた、ある、とてもおとなしい奴隷について思っていたことだ。

私が、思っていたことだから、世の御主人様が、皆、同様に、思うことではないかもしれないが、少なくとも、そういう奴隷を認め、受け入れてもいいと思う、御主人様も居るということ。


最後に、余談だが、私の過去の奴隷は、様々な性格をしていて、一匹として、同じ物はなかったのだが、それでも、どちらかと言えば、おとなしめの奴隷が多かったなと思う。

なぜ、そういう奴隷を持つことが多くなったのか?というのはわからない。

私と、そういう奴隷が相性が良いのかもしれないし、たまたま、そういうM女と出会う機会が多かっただけかもしれない。

それはわからないが、私は、おそらく、おとなしめの奴隷を、扱うほうが慣れているとは言えると思う。

私の方から、アクションをかけて、なんとか、言葉や行動を、引き出してやるようなことは、多分、自然にできているのではないか?と、自惚れかも知れないが、思う。

なんだか、妙な特技が、身についたものだ。

御主人様というのは、変わらないものだと思われるかもしれないが、奴隷が違い、性格が違えば、御主人様も影響を受け、変わる。

もちろん、根幹の部分、御主人様として、自分が満たされるための部分、譲れない部分、というのは、変わらないのだが、コミュニケーションの仕方は変えられる。

私は、それを実感しているし、それが、嫌なことではなかった。

だから、これも良く質問されることではあるのだが、どんな性格のM女でも、奴隷になることはできると私は思っている。

性格のことが気になって、奴隷になれないのではないか?と思うM女がいるなら、それは、あまり気にしなくていいのではないかと私は思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


今回は、ノーマルな方にしてみると、少し、酷いと思われる話かも知れない。

少し前のエントリーのように、奴隷を好きだと思っていたのも私だし、そして、これから書くような、S性や自分の興味をただぶつける相手として、奴隷を見ていたのも、私。

どちらも、私という、一人のS男。

そんな話だ。


私は、正直にいって、普通のセックスは、あまりうまくないと思う。

性処理という形で、奴隷を抱くことが多かったから、いわゆる”普通のセックス”は、私は多分、下手だろう。

そう思っている。

もちろん、奴隷を性処理に使うという場合でも、性的な快感をちゃんと与えたいと思えば、それなりのことをするし、雰囲気や、その時の気持ちも、とても大事だから、そういうものは、ちゃんとするのだが…。

それでも、やっぱり、ノーマルにセックスをした経験が、同じくらいの年齢の男性よりも圧倒的に少ないと思われるので、私は、普通のセックスは、下手なのだろうと、自分では思うのだ。

別に、それを引け目に感じているわけではないのだが、御主人様になるような人間は、セックスがうまいと思っておられる方が居るなら、少なくとも、この世に一人は、下手な奴も居るということだけは、覚えておいたほうがいいと思う。


ただ、私の場合、女の体への知識という意味では、ノーマルな男性とは、少し違ったものを持っているとは思う。

というのは、私は、奴隷の身体を好きなようにいじっているからだ。

いじっている、というよりも、分析している、と言う方が正しいかもしれない。

性器はもちろん、口の中も、アナルもそうだし、他の場所も、私が触りたいと思ったら、好きに触っている。

性器を開いて、ライトを当てて中を見ながら、場所を確かめつつ、触って、奴隷の反応を調べてみたこともある。

力を入れてみろとか、足を動かしてみろとか、深呼吸してみろとか、そんなことをさせたりもした。

女性器というのは、私には、付いてないので、特に初期の頃は、とても、興味をひかれるものだった。

他人の一部を、身体に受け入れるための穴っていうのは、男である私にすると、なにか、間違ってるんじゃないか?と思えるくらい不思議なものだ。

自分の身体の中に、他人をそこまで受け入れることなんて、私にはできない。

健康診断の肛門検査ですら、逃げているのだから。

そんな、興味深い穴。

女性器の中がどうなっているのか?

私が気にならないわけがない。

どんな色で、どんな形になっているのか?

力を入れると、どこが動くのか、そういうことを、確かめたくなる。

そして、その奴隷は女性器の中のどこに触れると、どんな反応をするのか?ということまで、私は知りたかった。

だから、徹底的に調べてみたりする。


普通のセックスのときに、そこまでする男は多分、あまりいないだろう。

なによりも、そんなことをしたら、女が、黙ってないと思う。

セックスするときは部屋の電気を付けることですらも、女は嫌がるかもしれない。

それなのに、性器の中まで、ライトを当てて、自分の興味の向くままに、調べまくった、私のようなことは、おそらくできない。

よほど理解があれば、させてくれるのかもしれないが、セックスをするということで、裸になったからといって、性器をジロジロ見られるのは、おそらく、大抵の女が、拒否すると思う。

でも、私の場合には、奴隷は私の”物”だったから、興味があれば、そこを私に差し出させる。

どんなに、恥ずかしかろうが、屈辱的であろうが、関係なく。


昔から、なにかの仕組みに興味がわく。

おもちゃなんかでもそうなのだが、ひと通り遊んだあとは、大抵のものは、分解する。

ネジを外して、どうしてこういう風に動くのか?というのを調べるのが楽しかったりする。

多分、それと同じ。

女性器の中がどうなっているのか?なんてことは、知らなくても、性処理に使うのには、支障はないのだが、やっぱり、気になるのだ。

ラジコンが動く仕組みなんて知らなくても、楽しく遊べるのだが、私はそれでは、つまらない。

やっぱり、どうしてちゃんと走るのか?を知りたい。

気になる。

調べてみたくなる。

たとえ、相手が女でも。

そういう意味では、私のパートナーが、奴隷だったというのは、好都合だ。

おもちゃと同じように、”物”として扱える。

「股を開いて、性器を晒せ」

と命令すれば、その姿勢でずっといるのだし、股を開いた状態で縛ってもいい。

奴隷は私の興味を満たしてくれた。

その身体で。

そして、散々に中を見たあと、

「無様な格好だな」

なんて言って、放置したりする。

仕組みや構造がわかると、それで満足することもある。

だから、調べただけで、性処理に使わずに、終わることもあった。

そんなとき、切なそうな表情をする奴隷の顔を見ることも、楽しかった。


だから、私は、セックスは下手だろうが、奴隷を性処理に使っている時、今、どういう状況なのか?というのを、把握することは、おそらく、他の男よりはできていると思う。

例えば、自分のペニスが当たっているところが、多分こんな色なんだよな、とか、そんなことを想像できる。

更に言えば、呼吸したり、力を入れたりということで、女性器がどんなふうに動くのかが、だいたい分かるので、ペニスを入れた時に、

「ちょっと深呼吸してみろ」

とか言って、思ったところが動くのがわかると、嬉しかったりする。

私が思ったように動いている。

仕組みを知るというのは、こういうことだ。

当然だが、御主人様が、みんな、こんな事をしているわけではない。

これは、私がやったことだ。

奴隷を本当に”物”として、それこそ、子供の時に、分解した、”おもちゃ”と同じように、その中身を把握することが楽しかった。

理系だからと、書くと、他の理系の方々に、思いっきり怒られそうなので、そういうわけでもない。

多分、私だけ?のことだ。

性処理をするにしても、別に必要のないことなのだが、良いことがあるとすれば、どこをどう触れば、奴隷がどういうふうに反応するのか?が、わかるということだ。

奴隷が性的に興奮しやすい場所や、しにくい場所がわかるので、奴隷の性的欲求を満たすか、満たさずに焦らすか?を私が選択できるということ。

簡単に言えば、イかせるか、イかせないかを、自由にコントロールできる。

はずなのだが…。

そんなにうまくいくわけがない。

”奴隷”と”おもちゃ”の違いはここだ。

精神的な作用を考えないで、こういう知識だけで何とかしようとしても、無理な話。

それは、嫌というほど思い知らされた。

奴隷(女)というのは、特にそうだ。

刺激のみでも射精できる、男と違って、気持ちが乗らなければ、奴隷(女)が、イクのは難しい。

雰囲気を作り、盛り上げていき、気持ちを乗せて、その上で、適切な行為をする。

また、セックスに入る前から、相手との関係を、しっかりと築く。

安心して、身を任せてもいいのだと、信頼させる。

それが、多分、セックスのうまい人のやり方なのだろう。

なのに、私は、性器の構造だとか、そういう知識に頼りたがる。

仕組みがわかれば、それでうまくいくような気になる。

悪い癖だ。

だから、セックスが下手なのだと、私は思っている。


奴隷は、性器の中までも、好きに見ることの出来た、分解できる”おもちゃ”と同じだったかもしれない。

でも、しっかりと接しなければ、快感も、幸せも、感じられない、おもちゃとは、到底言えないものでもある。

「お前は、俺の”おもちゃ”だ」

と、散々に言ったのに。

奴隷と接してみて、たくさん使い込んでみて、思い知ったことの一つだ。

そして、これが、奴隷が、他のどんな、おもちゃよりも、一番おもしろいと思う部分だ。

本気でぶつかって、受け入れて、気持ちを注いで、信頼を得て、始めてちゃんと動く、”奴隷”というものは、私にとって、最高の”おもちゃ”だと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報