理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

色々なことで、「扉を開ける」とか、「一線を越える」という言葉を使うが、私がここで書くのは、”主従の世界に入る”ということについて。

色々な方と、主従関係についてのお話をしてきた。

それは、主従になる前の話か、なった後の話の、どちらかしか無いわけで、その、なる前の話の中で、一番多いのが、一線を越えるかどうか?ということだったと思う。

今、いただくご相談のメールなどでも、なる前のM女性からのお話で、一番多いのが、この話題だったりする。

そんな中で、私の場合は、どうだったのか?ということを、聞かれたので、思い出して書いてみることにする。


私が主従の世界に入った時。

それは、美佳との話の中で書いたが、美佳と、主従関係になることに、合意した時だ。

あのときは、それまで頑なだった美佳とすごく分かり合えたと思えた気持ちのままに、一緒に、扉を開けた。

多分だが、一緒にこの世界に入った美佳にも、一線を越えたのだという強い意識はあまりなかったのではないかと思っている。

誰かに引っ張られたわけでもないし、背中を押されたのでもなく、2人で手をつないで、「じゃあ、行くか」という感じで、自然に、主従の扉を開けたのが、私達の場合。

また、その前にも、オフ会などで主従の世界の人達と交流していたのは、ブログにも書いた通りだが、そういう下地みたいなものもあったので、さらに、私は抵抗がなかったのかもしれない。

私の目の前にあった一線、その扉というのは、踏み越えるのに大きな覚悟を試すものでもなく、また重たい扉でもなかった。

もちろん、軽い気持ちで入ったわけではないし、不安も躊躇もあったのだが、私と、美佳にとっては、そこに入ることが、必然のように感じた。

美佳との性に関する悩みのほうが、重かったから。

それが解決できるなら、一線だろうが、二線だろうが、超える気持ちは、強くあった。

恋愛世界にとどまるよりも、主従世界に踏み出すほうが、私達にとっては、合っているとお互いに思ったから、抵抗があまりなかったのだと思う。

だから、入ろうか入るまいか迷って、主従という扉の前で、ずっと考えていたという記憶は私にはない。おそらく、美佳にも、それほどなかったのではないか?と思う。

だが、あとから、色々な人と話をしたら、こういう入り方というのは、珍しいのだとわかった。

Sの側はまだ、躊躇は少ないようなのだが、主にM側について。

自分のM性を自覚し、入ろうかどうかを考えている人というのは、結構いるのだが、その入る段階の、本当に手前のところで、立ち止まっている人も多い。

あの頃の掲示板でもよく見たし、このブログを始めてからのメールなどでも、お話をいただく。

何よりも、私の奴隷にも、私の物になる前に、そんな迷いの中にいた女がいる。

私は、何度も書くようだが、M女性には、ちゃんと考えて、納得し、覚悟を決めてから主従の世界に入るようにと思うから、立ち止まっている人をおかしいとは思わない。

むしろ、その逡巡は必要だと思っている。しっかり考えていることは、良いと思っている。

それに、私はそんな人の背中を押したりしないし、引っ張りこむつもりもない。そして、止めることもない。

自分で決めて、自分で入るべきだと思う。

そして、この世界に入ったM女を、特別に変態だとか、淫らだとか、言うつもりはない。

また、やめるにしても、自分で決めて、自分でやめればいい。

そのM女を、臆病だとか、思い切りが足りないとか、そんなことも思わない。


でも、最近、メールでこういう話をさせていただいた時、ちょっと思ったことがある。

美佳は、主従の世界にすんなり入った(ように、少なくとも、私には感じられた。あの時の美佳はそう見えた)。

でも、入れないでいる人は、美佳と何が違うのか?ということだ。

美佳の性格を思い出すと、決して自分から新しい世界に飛び込んでいくタイプではない。引っ込み思案で、奥手で、臆病だった。

例えば、普段行き慣れないお店に入るのだってそうだ。

自分から、先頭を切って入っていった美佳の姿など見たことがない。いつも私の後ろからついてきた。私が手を引いて、「来い」と促さなければ、入れなかったりもする。

そんな美佳なのに、私が見る限り、主従の世界に入るとき、そんなに躊躇は無かったように思う。

どちらかと言えば、私のほうが歯切れが悪かったくらいだ。

「本当にいいのか?」と何度か確かめたりもした。

私よりも先を歩いて入ったとまでは言わないが、少なくとも、美佳は私と並んで入ったと思う。

それを思い出してみて、ちょっと不思議だった。


もちろん、理由は、想像できる。

美佳は、両親への気持ちで割り切れない自分には、この世界が合うのだと、強く思えたのだと思う。また、入るための敷居が低くなっていた。

この世界に入る前、美佳とのセックスは、私が無理矢理にするほうが良かった。というよりも、そうしないと、セックスが成り立たなかった。

美佳の中にあった、両親に対する罪悪感、”悪い子”になってしまうことへの恐れを断ち切り、没頭するには、私が無理やりに犯したという条件がどうしても必要だった。

そして、主従関係というのは、私が主導するから、常に、この条件が成立し続ける。

セックスやその他の性行為に対する罪悪感を持つ美佳にとっては、非常に納得しやすい関係だったのだと思う。


そして、自惚れかも知れないが、美佳の御主人様が私になることが、確定していたということ。

私の性格を知っていた。私がどんな想いで、美佳を奴隷にしようとしているかも知っていた。

”御主人様としての私”というものは、当然、美佳も知らなかったが、それでも、そこまでの恋人付き合いの中で作り上げてきた信頼感というのは、持ってくれていたと思う。

さらに、美佳は、確実に、奴隷になれるとわかっていた。私と一緒に主従になろうと決めたのだから、それは当然だ。

「奴隷にしてください」と美佳が言っても、私が「お前は奴隷にできない」とは、絶対に言わないとわかっていた。

確実に奴隷になれるのだと、知っていたから、美佳の躊躇はさらに少なくなったのではないか?とも思う。

もしも、これらの確証がなかったら、美佳の性格からして、おそらく、踏み出さなかったのではないか。

美佳は、そのくらい奥手だった。自分に自信を持てていなかった。

でも、そんな性格の美佳の前に、意識的にではないにしても、こういう条件を提示できたことは良かったと思う。私は、なんとか、美佳と一緒に進めるように用意ができたのだと思う。

それはとても嬉しいことだ。


多分、こういうことが、一人で御主人様探しをしているM女性と、美佳との、一線を超える上での違いなのだろうなと思った。

これから入ろうとしている、新しい世界に、確定的なものがいくつかある。

そのことは、美佳の中での、この世界への敷居をかなり引き下げたのだと思う。

御主人様になる人と、リアルでちゃんと会っている、長い付き合いもある、相手を知り、また自分のことも知ってもらっている。そして、手を取り合って入るのだから、拒否されることがない。

また、ノーマルな関係で居るよりも、主従関係になるほうが、自分たちにはプラスになるだろうという、確信に近い予測もある。

例えば、ネットで、御主人様探しをしているM女性なんかが、これだけの条件を揃えるのは、かなり難しい。

メールやチャットで話をして、一度も会わないうちに、電話で声を聞くこともなく、主従関係を結ぶかどうかの決断を迫られている人もいるくらいだ。

そこにこんな条件は一つもない。

その状態で、納得できる人は、決断すればいいのだが、不安で、後ずさりする人も多いのは、過去に会ったM女性や、今、いただくメールを拝見していてよく分かる。相手に関する情報が少なすぎるのだから。

その世界に飛び込んで、果たして、思っていたことが満たされるのか?わからない。

そもそも、相手のことがよくわからない。

また、M女性が、御主人様になって欲しいと思う相手を見つけたとしても、今度は、別の心配が出てくる。

「奴隷にしてください」と言ったところで、「お前など、奴隷には出来ない」と、フラれる可能性が、ずっとつきまとう。

私も、昔はとても強く思っていたことだ。相手に拒絶されるのはショックだ。

告白に失敗することが怖い。

気に入っている相手にフラレたくない。

特に、普通の告白ではなく、奴隷にしてほしいという告白なのだ。それに費やす勇気の大きさは、恋愛のそれよりも大きいのではないかと私は思う。

扉の前で立ち止まるには、十分な理由だと思う。


でも、私と美佳のように、一緒に扉を開ける相手がいるのでなければ、この心配は消しようがない。必ずついて回ることだ。

実際、私の他の奴隷は、そうだったのだ。

私と一緒に、入ったわけではない。その時、私はすでにこっちの世界に居たのだから。

恋人から、一緒に、主従関係になっていったカップルは、私の知っている中にもいる。

そういう状況で入った人は、入りやすさという意味では、とても幸運なのだと思う。私もそうだ。

でも、そういう機会を持てる人ばかりではない。そうじゃない人のほうが、圧倒的に多いと思う。

だから、どんなに、不安でも、奥手であろうと、また、奴隷になる自分に自信がなかろうと、この扉だけは、自分の力で開けないといけない。

その先に、今の世界よりも、満たされる世界があるかもしれない、自分を受けとめてくれる人がいるかもしれないと思うなら。



と、なんだか、まとまらない文章になったかもしれない。

それから、この書き方だと、私がM女の背中を押しているように取られそうなので、一応書いておくが、扉の前で立ち止まって、しっかり考えていいと思うし、引き返すのも、当然ありだ。

主従以外の扉も、人生にはたくさんあるのだから。

だから、本当に、よく考えてから、扉を開けてほしいと思う。

いくら迷ってもいい。

時間がかかってもいい。

焦る必要は、全くない。

でも、一度開けると決めたなら、思い切って開けたらいいと思う。

そして、その扉の先が、貴女の満足のできる、幸せな世界であることを願っている。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報