理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日までだが、仕事をしていても、選挙の候補者の車が、外を通るのをよく聞いた。

今回は、時事的な話といえば、そうかもしれないが、選挙で、ふと、思い出したことがあったので、それを書いてみようと思う。

本当は、書こうと思っていたことがあったのだが、そっちはなかなかまとまらず、それよりも、こっちのほうが、早くまとまってしまったというか、一気に書けてしまったので、まずは、こっちをアップする。


奴隷と何を話すか?ということだ。

話すと言っても、何気ない話。”おしゃべり”のこと。

奴隷とのおしゃべりといっても、そもそも、私は自分から、奴隷に対して、あまり話をしなかったほうだったから、そんなに偉そうには、語れないのだが。


おしゃべりが好きな奴隷がいた。

もちろん、調教中は、その奴隷でも、そんなことは無かったし、調教の雰囲気を、奴隷もわかったはずだったから、

その時は、よく話をする奴隷でも、おしゃべりをしていたわけではない。

場の空気は、しっかりと読める奴隷だったから。

おしゃべりをしていい時なのかどうかはわかっていた。

また、私は、調教時に、調教に必要なこと以外の話をしながら、奴隷を責められるほど、器用ではないので、更に寡黙になることが多かった。

私の調教というのは、言葉としては、静かに進む傾向があった。

その静寂の中に響く、奴隷の喘ぎ声とか、苦痛や屈辱から出る、悲痛なうめき声なんかを聞くと、最高に楽しかったから、やはり、私は静かな調教が好きだったのだと思う。

少し、話がそれた。

ここで書きたいのは、調教中ではない、普段、過ごしている時のことだ。

例えば、一緒に、食事やお茶をしている時、外を歩いている時、電車に乗っている時、など。

私は、奴隷とは常に、主従としての関係は保っていたから、御主人様であり、奴隷でありという、立場はそのままだった。

でも、SMプレイや性処理をするときだけ、奴隷と会っていたというわけではない。

それ以外にも、二人で過ごした時間というのは、多くあった。

そんなとき、どんな話をするのか?

そういう話だ。


私が飼った奴隷の中に、よく、おしゃべりをする奴隷がいた。

その奴隷は、金融機関に勤めていた。

だから、仕事柄というのもあるのだが、世の中の動き、政治や経済、なんかにも興味があって、そういう話も、結構していた。

だから、選挙の時期なんかになると、選挙の話題を口にした。

「御主人様は、日曜日、投票に行かれますか?」

なんて、普通に、聞いてくる。

「ああ」

「もう、どこ(だれ)に入れるか決めているんですか?」

なんて感じで、話を始める。

本当に、ごく普通に話を始める。

そして、その奴隷は、その奴隷なりの、政治に対する意見というのは、ちゃんと持っていて、そんな話をしていた。

私は、自分の政治に対する意見というのは、それほど言った覚えはないのだが、政治の話をする奴隷を見ていて、嫌な気持ちになったりはしなかった。

私が言わないのは、政治の話が出来ないわけでも、興味が無いわけでもなく(奴隷よりも詳しかったかどうかは知らないが…)、ただ単に、政治の話を、楽しそうにする奴隷が、面白かったから、聞き役に回っていたというだけだ。

というよりも、あまり自分から話をしないタイプの私は、何の話をしても、自分から話しをしたがる奴隷と対したときには、聞き役に回ることが多かったのだが…。

経済の話なんかもした。

奴隷は、自分が、仕事をしている業界の話をすることもあったし、私の仕事の業界の話を聞きたがったりもした。

奴隷に請われて、IT関係の業界の話をしてやったこともある。

そんな話をしたとしても、やっぱり、口数は、奴隷のほうが多かった。

私を制して、奴隷が話をするということは、なかったのだが、私が話をあまりしないと、奴隷が、次々に話題を進めていく。

その姿には、ちょっと苦笑したものだった。

でも、そういう奴隷との会話というか、軽いおしゃべりは、とても楽しかった。

もちろん、政治や経済といった、比較的堅い話ばかりをしていたわけではない。

「昨日、食べた○○のケーキ、すっごく美味しかったんです」

なんて感じで、そのケーキについて、延々と語られたこともあるし、

「実家の犬が、調子悪いって、お母さん、言ってて、今週末に、見に行ってこようと思っています」

といっては、その犬のことを、ずっと話していたり。

…。

堅い話、ソフトな話、楽しい話、悲しい話、なんでもした。


私にとって、どんな話をしようと、やっぱり奴隷は奴隷だ。

ただ、話の内容として、私の知らないことなら、それにはとても感心したし、すごくしっかりと考えているなと、思うことには、尊敬していた。

尊敬している、とは、言わなかったが。

こんな感じで、私は奴隷とは、どんなことでも、話をしたと思う。

主従的にい言うなら、奴隷のおしゃべりを許した。

奴隷が、あえて避けた話なんかもあったのかもしれないが、話題として、出してきた話は、とりあえず、私は、そのままに聞いたし、その話題が私の興味をひくなら、それに乗って話をした。

そして、そういうことが普通なのだと、私は思っていたし、これから、奴隷を持つことがあったとしても、きっとそういう話は、普通にすると思う。


だが、これは、私だから。ということでもあるようだ。

もちろん、私だけの特徴ではない。

他にも、私と同じように、奴隷と普通におしゃべりをする御主人様というのは、たくさん居る。

でも、主従のこと以外の話を、ほとんどしない御主人様というのも、それなりに存在する。

それを最初に知った時、私は、結構驚いたものだった。

ずっとSMだけしているのか?と。すごい体力だなと。

ちょっと見当違いのことを思ったのだった。

オフ会なんかで会った、御主人様と、「奴隷と普段、どう過ごしているか?」なんてことを話していると、

本当に、SMをしたいと思ったり、性処理に使いたいと思ったときだけ呼び出して、使い終わったら、話もほとんどすること無く、帰すという人もいた。

また、奴隷をしている方からのご相談でも、御主人様と普通の話がしたい(楽しくおしゃべりがしたい)けれど、そんな話はしたくないと拒否されたり、無視されて、寂しい。ということで悩んでいるというのは、何人かの方から伺った。

だから、世の御主人様の中には、奴隷との関係というのは、あくまでも、SMをするためのもの、主従としてのみ過ごすための関係だと、きっちり線を引いている人もいる。

奴隷と何を話すのか?

御主人様と何を話すのか?

それは、それぞれの性格というのもあるが、主従としての関係をどんな風に認識しているかによって変わってくるものだ。

もしも、御主人様と、普通の話をしたいと思うなら、そういう話が出来る人を選ぶべきだし、そんなことを話すくらいなら、SMをひたすらにやっていたいと思うなら、そういう人を選べばいい。

奴隷が、御主人様を選ぶ基準というのは、いくつかあると思うが、その一つに、SMをしていない時の過ごし方、というのも、結構、重要な要素としてあるのではないかと思う。

普通の人付き合いでは、考えないことかもしれないが、何気ないおしゃべりを全くしない御主人様というのも、主従の世界には、いるからだ。


私は、奴隷の普段の話を聞くのは好きだ。

奴隷が主従以外のことで、どんなことを考え、何を思い、どんな生活をしているのか?そういうことには、興味がある。

無理に聞き出すようなことはしないが、奴隷が話をするのを聞くのは楽しい。

私は、多分、”奴隷”自体に興味が尽きないのだろう。

理解することは、支配することでもあるから。

自分の奴隷がなんなのか?もっと知りたい、もっと理解したい、そう思うから、奴隷とはたくさん話しをしたいと思っていた。

そして、純粋に、おしゃべりの時間を楽しんでいたと思う。

と言いつつも、私から普段の話をすることというのは、かなり少なかったのだが…。

それでも、奴隷との普通の話は、楽しかった思い出の一つになっている。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。