理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


このエントリーは、書いていて、自分でもかなりややこしい書き方になってしまったなと反省しているが、どうにも、直しようがないというか、私の考えていることを自然に書いたらこうなったというものなのでそのままにアップすることにした。

「ややこしい!」と思ったら、途中でも読むのをやめることをお勧めしておく。

本当に、ややこしい奴だなと、自分でも思うのだが、なかなか治らないものだ。



御主人様になった時に思ったこと。

というか、私の中にあった、”御主人様イメージ”での御主人様の態度の中の一つに、”否定”がある。

奴隷を否定する。

奴隷の言うこと、奴隷の望み、奴隷の気持ち、など、諸々のことに、賛同しない。

たとえ、奴隷のほうが正しかろうと。

否定することで、主従関係は成り立つと思っていた部分が結構ある。

今にしてみると、特に色々と思い出す。

このブログ内では、よく、”御主人様プライド”とか、”妙な意地”なんて感じで書くことがあるが、それとも似たものだと思う。

御主人様が、主従関係を主導すると考えた時、奴隷を否定することで、御主人様が正しいのだと主張できる、そのための一枚のカード、というよりも、大量に”否定”というカードを所持し、色々な場面で使っていた気がする。

もちろん、当時、こんな風に分析的に考えていたわけではないのだが、奴隷の言うことや態度、その望みを、素直に認めることに、抵抗感があったのは確かなこと。

特に御主人様になりたての頃はこの傾向が強かった。

奴隷がなにか言ったら、とりあえず、それを否定したい、否定しておかなければならない、という感情というか、反射にも近いものがあったような気がする。

そして私は、屁理屈のような理屈をつけて奴隷を否定していたから、なおさら厄介だ。

否定することで、御主人様としての威厳を保てる。

つまり、「相手を否定することで自分の正当性を主張する」という、かなりシンプルな方法を使っていた。

実際、これを使う御主人様は多いと思う。

そもそも、命令というものは、相手の意思を無視して発動される。つまり、奴隷の側に、その命令に異論があれば、それは全て否定になる。

もちろん、奴隷の言うこと、というか、望みをそのままに受け入れ、全て肯定していたら、御主人様もそうだが、おそらく、奴隷も満たされないのではないか?と思う。

奴隷や、そのM性というのは、命令などによって、束縛や制限をされることで満たされる部分も、大きくあるのだから。

つまり、奴隷は、そのM性ゆえ、自分の”表面上の”望みを否定されることを望むことがある。

ということだ。

そういう意味では、御主人様が”否定”というカードを使うのは別に間違いじゃない。

M性を満たすために必要でもある。もちろん、奴隷が否定され、苦しむ様に、S性が満たされるという部分もある。

全ての”否定のカード”を私が否定しているわけではない。

私が言いたいのは、不必要な否定があったような気がするということだ。

御主人様が、御主人様であることを守るためだけにのみ使う否定。

もっといえば、そんなことをしなくても、御主人様であることが揺らぐことさえないのに、その恐怖感から使った否定。

そんな否定というカードだけを積み上げて、構築しようとする主従関係への疑問は、ある程度、時間が過ぎた時期から、私の中にあった。


全てを捧げるという、奴隷を本当に受け入れるなら、”肯定”というカードをどこかで、ちゃんと切らないといけない。

でも、これを切るのが、多分、私は怖かった。

否定というカードで構築された御主人様の砦を、肯定というカードは、軽く突き崩すのだと思っていたから。

簡単にいえば、御主人様であることに自信がなかったということだ。

「使えない奴隷だな」

「奉仕もまともにできないのか?」

「ダメだな」



こんなことは、いくらでも言えた。

でも、

「お前は、お前だ。それでいい」

と、奴隷に私が、抵抗なく言ってやれるようになったのは、しばらく経ってからだったと思う。


人というのは、否定されるのが嫌なのは、おそらく確かなことだ。

そして、奴隷とはいっても、否定されることが嫌なのはおそらく同じだ。

ただ、否定されることを覚悟しているところがあり、さらには、異論のある命令などにも服従することで、M性を満たされる、という性質も持っている。

でも、根底の部分で、否定され続けることが心地良いわけではないと思う。

むしろ、私は、奴隷と接するうちに、奴隷というのは、ものすごく自分を肯定して欲しいと思っているのではないか?と思うようになっていった。

「すべてを捧げます」と言った奴隷は、私が、自分をものすごく強く肯定してくれると思ったから、そう言えたのではないのか?

受け入れてもらうということは、肯定してもらうということと、同じように思う。

そして、奴隷が肯定して欲しいことの一番大きなものが、”素のままの自分”のような気がする。

一番わかり易いのは、”M”という、普段は出すことができない、性癖だろうと思う。

それを認めてくれる存在だから、御主人様を見つけ主従になる。

でも、厄介なことに、奴隷自身は、その”素のままの自分”を嫌悪していたりする。

だから、そんな嫌悪を”否定”して欲しい。

そう思っていたのではないのか?

奴隷が、自分の欠点を挙げて、落ち込むような場合など、それを否定して欲しかったのだと思う。

真に否定のカードを使うべきはここではないかと私は思う。

「私、こんなですから…」

とか、

「私はかわいくないです」

とか、

その他もろもろ、奴隷が奴隷として自分を貶めて言うのとは別に、本当の意味で自分で自分を悪く言うことというのは、よくあった。

でも、奴隷がそう思っていても、私がそう思わないなら、私は否定した。

私の奴隷に対する評価と、奴隷が奴隷自身に持っている評価というのは、奴隷のほうが低いことが結構多い。

そして、それを気にして、落ち込む奴隷が居る。

落ち込ませるなら、私が落ち込ませる。私が私の手で落とす。

私の奴隷なのだから。

なのに、勝手に落ち込むのは、腹が立つのだ。

特にコンプレックスに思っていることなどについては、気にするなと言っても、やっぱり気にする。

でも、そんな奴隷の評価は否定する。否定し続ける。

かわいくないなんて言わせない。

私にとって奴隷はかわいいものだ。

だから、それを言っていた奴隷には、「私はかわいいです」と言えと、命令して、何度も言わせたこともある。

そう思って欲しかったから。

私が心からそう思っているのだから。

奴隷の自己否定を私が否定することで、”素の奴隷”を肯定する。

その為の否定。

否定ではあるが、”本当の肯定”なのだと思う。

それは、私がそうしたかったことだ。


奴隷を否定することで、御主人様を演出するのは、手軽かもしれないが、必ずしも、良い方法ではないような気がする。

ただ単に、否定するのは、受け入れることとは違う。

否定も肯定も普通にすればいい。

奴隷のそのままを、そのままに見て、それについてどう思うか?

また御主人様としてどんな気分なのか?ということは、率直に告げていいのだと思う。


だが、否定なしに、素直に奴隷を肯定してやるのは、私は下手くそだ。

奴隷のいいところをたくさん知っているのに。

奴隷のいいところを見つけると、本当に嬉しかったのに。

それをちゃんと伝えながらも、しっかりと主従を保てる人がいる。御主人様として、問題なく過ごせている人がいる。

なのに、私は、なかなか素直に出来なかった。

もう少し、ちゃんと、”本当の肯定のカード”を使えていたらと、今になると思う。

そして、”適切な否定のカード”も。

自分のため、御主人様としての立場を守ろうとするためではなくて、もっと、しっかりと奴隷のために使えていたらなと、思うし、そうしていれば、おそらく御主人様としての立場が揺らぐなんてことはない。守ろうとして、あがくよりも、きっと強固に守れるのだと思う。

奴隷が、私の前では、”素の奴隷”でいていいのだと、常に思えるようにしてやりたかった。

また、奴隷がそうなれたなら、私も”素の私”でいられるから、私自身のS性や性癖なんかも、気にせずに出すことができて、満足が大きくなる。

こんな私でも、後になるにつれて、この使い分けも、できるようになっていった気はするのだが、それでも、何か、もう少しできたのではないか?なんてことを、今でも考えてしまうし、多分、今でも、この2種類のカードの使い方は、あまり上手くないのだろうなと思う。

それが、私らしいのかもしれないが。


テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


これはコメントを下さった方への、連絡エントリー、というか、むしろ、言い訳エントリーなので、コメントを書いたことが無い方は、無視して、先ほど書いた、こちらのエントリーを読んでいただければと思う。



普段は、コメントを頂くと、次のエントリーを書いた時に、お返事をさせて頂いていた(それでも、最近は一ヶ月後だったりして、申し訳なかったりする)のだが、

前回、ちょっと、忙しい時期にあたってしまって、コメントのお返事をせずに、過ごしてしまった。

その後、時間を作ってお返事しようと思っていたのだが、今度は、年度末の仕事に、追われて、なかなか書けずに居た。

今も、お返事はまだ書けていない…。

ただ、やっと、年度末を乗り越えたので、これから、徐々にお返事を返せればと思っている。

コメントに、お返事をしないことにしたわけでも、したくなくなったわけでも、ましてや、不愉快に思っているとか、そういうわけでもないので、気長にお待ちいただけると幸いに思う。

これだけお待たせしておいて、更に待てってどういうことなんだ?と、言われそうだが…。

本当に、申し訳ないが、私にとっては、コメントをいただけることもすごく嬉しいことだから、お返事は時間がかかってもお返ししたいと思う。
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報