理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷が、主従になる前に言っていたことの傾向の一つとして、”自分への評価が低い”ということが、結構あったなと、思い出す。

奴隷にする前の奴隷(と書くのが大変だしややこしいので、以下、”奴隷候補”)と、主従関係を結ぶかどうか?という話をしている時、奴隷候補によく言われた言葉がある。

「こんな私でも、いいのでしょうか?」

と。

これには、色々な意味があったと思う。

自分への自信の無さであったり、コンプレックスであったりもある。それは、その時、すでに持っている、過去から現在までの自己評価。

奴隷候補が、自分をあまり価値の無いものであるというか、女性としての魅力に欠ける、もしくは、その奴隷候補と主従関係を結ぶことが、私にとって、有益ではないのではないか?と思って言った言葉。

そういう意味合いというのは、一つ大きくあったと思う。

そして、主従という、知らない世界に順応できるのかどうか?私を満たすこと(また、自分のM性を満たすこと)ができるのかどうか?など、そういう、主従になってからのこと、その後の未来に対する不安から出た言葉。

そういう意味合いも、大きく、もう一つあったと思う。

他にもあったかもしれないが、大きく、この2つが、「奴隷になりたい」、「奴隷にして欲しい」と願いながらも、おそらく、奴隷候補が気にしていたこととして、

「こんな私でも、いいのでしょうか?」

や、それと同様の言葉となって、出てきたのだろうと思う。

私はそう思っているし、とても印象深く覚えている言葉だ。

これは、奴隷候補が主従の世界へ踏み出すときの躊躇の要因だと思う。


私は、恋愛関係のことには疎いから、告白前の男女間でのやり取りということと、実体験として、比較することはできないが、私以外の人の話も聞く限りにおいては、

奴隷候補は、奴隷にして欲しいと言いながらも、自分の魅力やこれからの明るい展望をアピールするのではなく、自分が思っている欠点や不安を言うことが多いように感じる。

今回はそういう話。


上で書いた2つ、順番とは逆になるが、まず、主従になってから、これからの未来に対する不安という意味では、奴隷候補の思っていることは、とてもよく、わかる。

特に、奴隷になったことがない奴隷候補、主従の世界にこれから踏み込もうとしている時、そこに、適応できるのか?というのが、気になるのは、ごく自然な思考だと思う。

自分では、Mだと思っていても、奴隷になって、それを快感と思い、御主人様のS性を満たして、やっていけるほどのM性があるのかどうか?ということは、おそらく考えるのだろうと思う。

特に、性格的に、心配症の方というか、真面目な方というか、責任感が強い方というか…。

例えば、普段の生活でも、新しい何かにチャレンジしようとする時、

それに期待し、ワクワクするよりも、不安を抱え、オロオロする気持ちの方が大きくなるような性格のM女の場合には、奴隷候補となったとき、この傾向が強く出るのは、当然だろうと思う。

仕事で、異動するとか、転職するとか、そういう場合に、それを自分で望んだのだとしても、期待よりも、不安が上回る人は、やはり、結構居るだろうし、新しい環境を怖いと思うことは、あるだろう。

そういう意味で、SMや主従の世界というのは、情報が少ないことも、期待よりも、不安の側を大きくする要因になっていると思う。

もちろん、雑誌や本やAVもあるし、ネットを探せば、そういうブログやサイトはたくさん見つける事ができる。話のできる掲示板やSNS、チャットなんかもある。

だから、探せば情報を得ることはできるとは思うし、昔に比べたら、今はかなり充実していると私は思う。

でも、例えば、料理や、ガーデニングや、ペットの飼育や、何らかの資格をとる勉強なんかを、新しく始めるということを考える人に比べて、情報が少ないのは明らかだ。

書店の教養本の本棚に、”奴隷になるための10の方法”だとか、”実践、奴隷になるには?”なんて、ハウツー本が並んでいるのは見たことがない。

結局、あまり表に出てこない、裏の世界から情報を得ることになる。

その情報ですらも、多くのSMのAVなんかは、個人のSMとはかなり違う部分も多いから、参考にならないことも多々あったりする。

もっと言えば、奴隷候補の中には、自分が選んだ御主人様にだけ尽くしたいと思っている人も多いと思うが、SMのAVなんかを見てみると、一人の御主人様にだけ使われるのではなく、他の男との絡みだとか、貸し出しだとか、抱かれてこいという命令だとか、そんなことが、出てくるほうが多い。

有名な”O嬢の物語”しかり、少し前に流行った”私の奴隷になりなさい”しかり。

一人の御主人様とだけの愛情の中にあるSMを描いたAVなど、私は見たことがない。

でも、奴隷候補が求めているのは、一人の御主人様と、愛情や信頼関係で繋がっていたいという世界が多いのだと思う。

もちろん、複数を相手にすることや、SMプレイだけできればいいということを思っている奴隷候補も居るけれども、私が出会ってきた奴隷候補のM女(特に、はじめて主従の世界に入る場合)は、主従の中に1対1の関係を求めている人が多かったように思う。

AVなどで描かれる世界ではなく、実際に個人で行われる主従においては、一人の御主人様に、一人の奴隷というパターンは多く見てきた。

だから、御主人様と奴隷の関係については、特にAVなどが、参考にならないというのは、私は分かるのだが、奴隷候補には、おそらくそのことは、わからない。

AV等で描かれるように、複数人に抱かれ、奴隷として使われることが多いのだと、思っている人も多いだろうから、そこからも、不安が出てくると思う。

本当に、”実際のSMの教科書”、”実際の主従の参考書”的なものは、AVや、商業的な本などの中には、あまり存在しないと言っていいので、情報不足からくる不安というのはとても大きいと思う。

それこそ、奴隷候補(M女)であれば、同じようなM女で、奴隷になっている人のブログなんかを読むのが一番わかり易いのかもしれないが、読んでしまったがために、

逆に、「私にここまでできるのだろうか?」なんてことを考えて、余計に不安になってしまうということもあるようにも思う。

「”恋愛”に教科書はない」なんて言葉を聞くことがあるが、それが真実だとしても、自分の周りに恋愛や結婚をしている友人を探すのは、そんなに難しいことではないと思うし、その人に恋愛の実際のところを聞くことも、可能だろう。

自分の持っている恋愛観が、通用するものなのか?を相談することもできると思う。

でも、主従の場合には、そもそも、周囲に、主従の世界にいることが明白な人を見つけるのがかなり困難だから、そんな相談は、殆どできないだろう。

そういう意味で、この世界のことが、「わからない」から、不安が大きくなり、「私でいいのでしょうか?」という言葉として、出てくるというのは、理解できる。

恋愛関係の付き合いで言えば、「この人と一緒にいたい」とか、「この人と話をしたい」とか、「この人と居ると嬉しい」とか、そういう気持ちを持てるならば、私は、”恋愛”というのは、始められるのだろうと思う。

また、そういう気持ちというのは、比較的、自覚しやすいものでもあると思う。

それに比べて、主従というのは、上記のようなこともあり、それに加えて、M性なんていうものが、必要になり、

それも、ある程度の強さがなければ、1回のSMくらいなら耐えられても、主従として継続してやっていくことには、耐えられないとか、

そういうことも出てくるだろうと思うし、それが不安の種になることもあるのだろうと思う。

自分がM女であると、思っている奴隷候補ならば、「いじめられるのが好き」とか、「屈辱的な扱いをされることに快感に感じる」とか、「誰かに跪いていたい、支配されたい」とか、「束縛されていたい」、などなど…

そういうような気持ちは、自覚しているのだろうと思うが、それが果たして、主従になってやっていけるほどのものなのか?という判断は、初めて主従の世界に入ろうとする奴隷候補にとっては、難しいだろう。

最初から、この意味での「私でいいかどうか?」という心配をしなくていいのは、本当に強力なM性があるのを自覚している奴隷候補くらいのものだろう。

上記のような気持ち、M性は強く感じるものの、それが御主人様に奴隷として飼われることに快感や幸せを得られるほどのものなのか?ということがわからないという人が持っている不安が、この言葉を言わせる要因の一つなのだと私は思っている。

また、以前にお話をさせていただいた奴隷候補の方や、奴隷になりたいという悩みのご相談を頂くと、そういう思いを持っているM女が多いということも思う。

だから、一歩踏み出すことのできないM女もまた多くなるのだろうとも思う。

ただ、これに関して言えば、はっきり言い切ってしまっていいと思うが、「貴女で、いいかどうか?」は、多分、誰にもわからない。

特に、初めてこの世界に入るなら、奴隷になってみないと、本当にM性が奴隷としてやっていけるほどのものなのか?というのは、判断できないと思う。

また、御主人様のS性との相性などもあるから、初めてでなかったとしても、判断するのは難しいかもしれない。

それほど強いM性を感じていなかったのに、試しに主従になってみたら、とても良かったという人もいたりするし、その逆に、M性を強く感じていると思っていたのに、実際にやってみたら、幸せに思えなかったという人、両方を私は知っているから余計にそう思う。

これが、主従になる前に判断出来るのであれば、主従の世界に入るかどうか悩む、また主従になってしまってから悩む人は、大幅に減ると思うので、理想だと思うのだが、それができないから、そういう悩みが深くなる。

また、奴隷になると、身体を好きに使われたり、精神的にも奴隷として扱われ、屈辱感なども与えられたりするわけだから、”自分を守る”気持ちが強ければ、

主従で得られる幸福感や、快感が、そういう”自分を捨てて”でも、選ぶ程のものなのか?という疑問は、やはり不安を大きくするのだと思う。

自分を差し出しても、得られるものが何もない、むしろ苦痛だけになるなら、主従になる意味はない。

とはいっても、やっぱり、これも、主従の世界に入ってみないと、また御主人様を実際に選んで付き合ってみないと、わからないことだから、

不安になることはものすごく理解できるが、良いと思った人を御主人様にしてみるしか無いとしか、私にも言いようがなかったりする。

ただ、こういうことは、当たり前だと私は思うので、未来に対する不安、主従の世界に入った後に対する不安ということで、「私でいいのでしょうか?」ということを相手に対して、思う必要もあまりないと私は思う。

この不安が大きいのであれば、主従になる前に、相手との話をしっかり、納得できるまですることで、ある程度、解消、もしくは小さくできることではあると思うし、私はそれをお勧めしたい。

「私でいいのでしょうか?」と言うのも仕方がないが、その時にでも、「主従という世界に対して、今の私はこんなことを思っています」と、正直に告げて、御主人様候補と話をすると、より良いと思う。

相手のS男も初心者だったら、その時は、本当に分からないが、ある程度、経験がある人であるならば、そういう話をしていけば、判断するための、何らかの指針を与えてくれるかもしれない。

御主人様にするなら、「最初に話をしっかりとしてくれる人を選ぶほうがいいと思う」と、私がこのブログに書くことが多いのは、こういうことでもある。

と、長くなったので、今回はここまでにしておく。


「こんな私でもいいのでしょうか?」と、奴隷候補が言う場合の、もう一つ。

心配しているのであろうことについての話、

自分の女性としての自信の無さ、コンプレックスなどについては、次回、続きを書こうと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報