理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


前に、”首輪考察”という話を書いたが、性懲りもなく、また書く。


私が首輪にこだわった理由というのは、前にも書いたかも知れないが、首輪が、”奴隷”というもの、主従関係での立場というものを象徴していると思っていたからだ。

このエントリーでも書いたが、主従関係を持っていた当時、奴隷の首輪の着脱の権限は私にしかなかった。

だから、首輪をされたら、奴隷は、私の奴隷であることを否応なく、認識する。

奴隷であることの象徴という意味では、私が一番好きだった調教器具の”縄”よりも、こちらのほうが強いように思う。

縄でがんじがらめに縛られるよりも、首輪を一つ付けられるほうが、多分奴隷への精神的拘束力、奴隷が奴隷であることを自覚する効果は、大きかったのではないか?と私は思う。

というよりも、そう思うように、奴隷を調教していった、という部分が大きいかもしれない。

また、昔、現実に居た奴隷というのも、首輪(枷)をつけられているのを、歴史映画などでよく見かけるし、飼われている(家畜、ペット)という意味でも、首輪はよく使われるアイテムだ。

そういう部分から湧いてくるイメージもあると思う。

それに、

”首根っこを押さえる”

なんて言葉もあるが、相手を完全に支配するなら、首を拘束してしまえ、ということだと思う。

”クビを切る”

という言葉もある。

今は、生殺与奪というところまではいかないが、昔はそうだったし、今でも、会社をクビになったら、大変なのは確か。

こういう言葉があることからも、「首を抑えた人には従わざるをえない」というような意識が、人にはどこかにあるようにも思う。

さらに、奴隷は自ら望んで、その首を差し出し、そこに、隷属する証たる首輪をつけてもらう。

そういう意味でも、奴隷の奴隷たる精神は、首輪によって形作られている部分も大きいと思う。

それは御主人様の意識としても、奴隷の意識としても。


そして、私との主従関係において、奴隷の首輪を外すとき、それは、「表の世界に戻れ」という意味があった。

主従関係を解消するわけではないのだから、首輪を外しても、奴隷という立場はもちろん変わらない。

私は御主人様で、奴隷は奴隷。

それは、首輪の有無に関わらず、同じだ。

奴隷の、私に対する言葉遣いも、態度も変わるわけでもないのだが、心境の変化はあったのだと思う。

無理に分けるとすれば、段階が3つあるということだったのかもしれない。

首輪をつけた、奴隷として、最も奴隷らしい段階。

外を一緒に歩く時(表の世界に接している)、私と離れていて電話やメールをする時など、首輪を外しつつも、私と過ごす、会話をする、少し奴隷としての拘束が減っている段階。

ここまでが、奴隷。

そして、私と完全に繋がりが切れていて、女として、人として、表の世界を生きている段階(家族や友人と過ごす、仕事をする、等)。

首輪というのは、奴隷を、奴隷の時でも、最上の段階に引き上げるものだったのかもしれない。

少なくとも、私の中では、そういう認識だなと思える。


私が、奴隷の首から、首輪を外す時というのは、別れ際が多かったから、表の世界に戻ることが、近いことをも示していた。

それは奴隷も十分に承知していた。

だから、私に首輪を外されるのを嫌がった奴隷も居た。

何か強い想いがある時には、外さないで欲しいと、泣いた奴隷までいる。

そこまで行かなくても、首輪を外されるのを残念そうに見ていた奴隷は多く、その表情は、本当に印象深い。

終わってしまう、裏の時間を、惜しむような、そして、始まる、表の時間への覚悟を決めるような…。

奴隷の”奴隷”としての想いが凝縮したような表情だったように思う。

また逆に、首輪を外して欲しいと言った奴隷も居る。

ちょっとややこしい事情があり、その事情は、ここには書かないが、その時は、それが必要だった。

外すことの意味を知った上で、奴隷は、外して欲しいと言ったのだった。

私も、その奴隷の、複雑な想いはわかっていたから、外すときには、手が震えていたような気がするくらいだった。

外さないで欲しい。

外して欲しい。

どちらにしても、奴隷が心に抱いていた想いは、大きかったと思う。

首輪を外されることの意味を、奴隷はわかっているから。

私の奴隷には、首輪の意味をきちんと躾け、教えこんだから。

私から離れ、現実世界に戻り、女として、”表”の生活をする。

私の奴隷は、首輪を外された時、それを実感していたのだろうと思う。

私にとっても、思いはあったが、奴隷にとっては、かなり大きな気持ちの切り替えが必要なことだったようだ。

また、その切替えのためのスイッチの役割も、首輪は果たしていたように思う。


こう考えてくると、首輪というのは、本当によくできたアイテムだ。

奴隷に首輪を付けないという、御主人様もいる。

奴隷には、余計なものは付けない、必要ないと考えている人もいる。

また、四つん這いで犬のように引きまわす調教をする時だけ付けるような、リードを付けるための道具としての首輪、という使い方(首輪に特別な意味を持たせない)をしている人もいる。

奴隷が何かを達成した時に、そのご褒美として首輪を与えるなんてこともある。これは誕生日にアクセサリーをプレゼントするような感覚に近いのかもしれない。

他にもあるだろう。

だから、首輪の用途、それに対する想いは、主従によって、御主人様によって、奴隷によって、それぞれだ。

私は、奴隷には首輪が最初から必要だと思うタイプだった。

首輪に、大きな意味を持たせるから。

私といる間、いない時でも、表の世界に出ない間は、できる限り、最初から最後までつけておきたいと思っていた。

首輪をつけてこその奴隷。

また、首輪をつけることで奴隷であることを、徹底的に自覚させる。

私の首輪の使い方は、こんな感じだ。

シンプルなことではあるが、わざわざエントリーにして書きたいと思ったくらいだから、私にとっては、主従にとって、重要なことの一つだった。

だから、これから先、私が奴隷を持つことになれば、その時はやっぱり、首輪を着けてやるだろうと思う。

私の奴隷になった証として。


テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


このエントリーは、ほぼ、”言い訳”のためのエントリーなので、特に読まれなくても問題ない。

先ほど、普段のエントリーを書いたので、こちらを読んでいただければと思う。



ここ数ヶ月、というよりも、今年に入ってから、私は、仕事がすごく忙しい時期が続いていて、ブログの更新もままならない状態になっていた。

「コメント欄に、お返事を書きます」なんて、エントリーも書いたにも関わらず、コメントのお返事もできていなかったりする。

また、いただいたメールやtwitterにも、お返事が返せていない方が、結構いらっしゃる。

せっかく書いてくださったのに、申し訳ない。

ただ、お返事は、書けずにいても、頂いたコメント、メール、twitterについては、全て拝見させていただいている。

無視しているわけではない(返事をしなければ同じだろうと言われれば、返す言葉は無いのだが…)ので、お許しいただければ、助かる。


それで、やっと仕事については、この週末で、一つの山を超えた。

なので、前から、書きたかったエントリーを、先ほどアップした。

とはいえ、このブログを始めた頃に比べて、最近の私の仕事は、ちょっと忙しさが増してしまったので、最初の頃のような勢いで、エントリーを書いたりするのは、しばらくはできないと思っている。

ただ、コメントや、メール、twitterへのお返事については、やはり、遅くなったとしても、お返ししたいと思っている。

やはり、私のブログを読んで、私に対して、話しかけてくださることというのは、本当に、嬉しいことであり、ありがたいことと思っているから。

少なくとも、読むことはできているので、無視しているわけではないことだけは確かだ。

だが、お返事をお返しできるタイミングを、お約束できないのが、申し訳ない。


私の仕事事情で、かなり、以前と、状況が変わってしまった感じではあるのだが、もしも、それでもよろしければ、そして、気長にお付き合いいただけるならば、エントリーを読んでいただければ嬉しい。

そして、コメントやメールなど、もしも、気が向いて、寄せていただけるなら、本当に、幸せに思う。

テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト



かなり前だが、黒いタイツやストッキングを履いた女性の写真を集めた本が出版された時。

「vetさん、買いました?」

というメールやコメント、twitterを、ありがたいことにたくさん頂いた。

「vetさんなら、買いましたよね?」

と、すでに、断定した口調で、書いてくださった方までも、いらっしゃって、本当に、私のブログを、隅々まで、よく読んでいてくださる方が多くて、涙が出た。

いろいろな意味で…。


先日、私の近況というか、ちょっと仕事が忙しくなってしまっているという状況を、エントリーにしたが、

ブログを書くのは、私の気持ちの整理でもあると同時に、忙しい日々の中での、たまの息抜きでもあるので、今日は、息抜き側の話を書こうと思う。

それで、過去に見た、SM世界での、面白い出来事や、変わった人たちの話など、ブログに書いていないことは、多々あるので、そういうことを、書こうかなと、考えていたのだが…。

それにも関わらず、「よし、書こう」と、思いたったのは、パンストフェチの話だ。

それがこのエントリー。

やっぱり、いろいろな意味で、涙が出そうだ…。


そういうことなので、今回は、特に重要な話ではないから、vetのフェチが、奴隷にもたらしてしまう、困惑しそうな状況を、笑って読んでいただければ、幸いだ。


以前、お話をさせていただいた方に、言われた、一言がある。

「vetさん、パンストフェチなんて、たくさん居ますから、大丈夫ですよ」

なにが、どう、大丈夫なのか?は、教えてもらえなかったが、とりあえず、大丈夫なようだ。

なので、私と同じフェチを持っている方、あなたも、大丈夫だ。

多分。


ちなみに、フェチ、フェチと、軽く言っているが、実は、これは医学的に、ちゃんとした診断基準で、決められている。

DSMという本?に、フェチとしての医学的な診断基準が、書いてあるのだそうで。

なので、本当に(医学的に)フェチかどうか?というのは、その基準を満たすかどうかで決まる。

でも、一般に言われる、”フェチ”というのは、医学的な基準とは別の意味合いで使われているものと思うので、

仮に、私が、DSMの基準に該当しなかったとしても、「私はパンストフェチではない!」と、高らかに胸を張るつもりはない。

もちろん、「私はパンストフェチだ!」と高らかに胸を張るつもりも全くないが…。

どちらかと言うと、ひっそりと、静かにしていたい。

※このフェチについての、医学的な基準に興味がある方は、DSM-5というのが、最新版のはずなので、調べてみてくださればと思う。

まあ、この辺りは、どうでもいい豆知識だ。

話が、それた。


それで、別に戻らなくてもいいかもしれないが、私のパンストフェチの話に戻る。

と、その前に、少し、元御主人様らしいことを書いておこう。


奴隷に対して、”奴隷として、私の前にいる時”に課していたこと、良く言うところの、”奴隷の躾”と言われるものがある。

私の主従感というか、奴隷の理想像というか、私のS性を刺激するもの、とも言える事柄だ。

私の場合、例えば、部屋にいて、座るとき。

私が、椅子やベッドに腰掛けているなら、床に正座しろ(私と同じ高さの目線にならない。常に私に見下されている状態を保て)。

とか、

敬語で話をしろ。

なんて、奴隷としての、過ごし方や話し方なんかも、その一つ。

また、体のことで言えば、陰毛はしっかりと処理して、パイパンにしていろ。

なんてことも、ある。

アクセサリーの類を過剰に付けるな(奴隷がアクセサリーで飾り立てることが奴隷らしくないという私のイメージもあるし、単純にSMプレイをするときに、危ないから)というのもある。

他にも、”私の思う、奴隷らしさ”、ということで、奴隷に課したことは、いくつかある。

どれも、奴隷に、支配されていることや、奴隷という身分に堕ちたことを自覚させるために、私が”躾”ていたことだ。

こういうことは、多分、御主人様によって、かなり違ってくる部分だと思う。

こんなことは全く必要としない人も居る。

逆に、もっと厳しい決まりを作って、躾をしていた人も居る。

私は、私の中の、奴隷像から、このようなことを、奴隷に課していた。


その中に、「奴隷なのだから、下着はつけるな」というものもあった。

奴隷の分際で、なぜ下着をつける?

下着をつけることができるのは、普通の女性だからだ。と。

普通の女性から堕ちたのだから、奴隷に下着など、必要ない。

下着も付けられない惨めな存在になったことを自覚しろ。

私は、奴隷にそれを求めた。

(もちろん、私と会っていない時には、下着は普通に履くようにさせていた)


そして、やっと、というか、とうとう、パンストフェチの話になる。

私は、前から、ちょこちょこ書いているように、残念ながら、パンストフェチだ。

そして、そんなフェチを奴隷にも、強いていた。

正確に言えば、フェチだということを、直接的に言うのは恥ずかしいし、御主人様プライド上、できないことだったので、なんとなく、やんわりと、言外に、それとなく、雰囲気的に、パンストにスカート姿がいいということを、伝えていた。

今思うと、こんなことをしていたのは、情けないというか、もっと堂々と言い渡したほうが、潔く、御主人様らしいのかもしれないが、今でも、このフェチをこうしてブログに書くことですら、かなり、照れくさいことだから、当時はさらに無理だった。

でも、私の奴隷達は、幸いなことに、察しが良かった。

なので、いつの間にか、パンストにスカート姿でしか、私の前に出てこなくなっていった。

本当に、ありがたい奴隷を持ったものだと思う。


ここで、上の話と交わる。

私が奴隷に課した、「下着をつけるな」という、奴隷像。

そして、「パンストを履け」という、フェチの圧力。

この2つが、合わさるとどうなるか?というと、パンストを直履きするという状態になる。

奴隷にとって、これは、恥ずかしく、屈辱的な格好だったと思う。

羞恥や、屈辱を与えるという意味では、いいかもしれない。

でも、その羞恥や屈辱は、SM的な、厳しい躾の中だけから来るものではなく、なんとなく、笑える、私のフェチからも半分は来ているものだ。

奴隷にとっては、私のS的な嗜好や主従の厳格な雰囲気から来たものであれば、「はい、承知いたしました」と、真剣な気持ちで、受け止めるところなのだろうが、

その源泉が、私のちょっと恥ずかしいフェチという事になれば、「仕方がないですよね(苦笑)」と思って、そうしていたのかもしれない。

性器に直接パンストが当たるという、恥ずかしく、また変態的な状況になりながらも、奴隷は、苦笑していたのかな?と、当時のことを思い出していたら、考えてしまった。

そう思うと、今更ながらに、照れくさい気持ちになる。

はぁ…。

本当のところ、奴隷が、私のパンストフェチをどう思っていたのか?はわからない。

フェチについても、真剣に受け止めてくれていたのかもしれない。

それは、今思い出しても、どちらなのか?判断はできないが、少なくとも、奴隷が、私をからかうような感じで、このフェチについて、言ってきたことはなかった。

そういう奴隷たちのことを、思い出すと、気遣いでそうしてくれたにせよ、真剣に受け止めてくれていたにせよ、私は、とても、幸運だったのだなということを、本当に思う。

そして、これから奴隷を持ったとしても、おそらく、私のフェチは変わらないし、奴隷像も変わらないから、奴隷の状況も、きっと変わらない。

下着はつけない。なのに、パンストは履く。

奴隷像と、フェチという、私の持っている2つの性癖が、融合した状況。

これが私のありのまま。

それを、奴隷が、そのままに、受け止めてくれたなら、私は、また、幸せを感じられるのだろうなと思う。

素の私で、いられるのだから。

とはいえ。

考えただけで、涙が出そうだ。

やっぱり、いろいろな意味で…。


テーマ:脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報