理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私は、自分が優しい人間だとは、思っていない。

人に優しく接したいとは思うが、それができているか?と自問すると、首を傾げる。

そもそも、人に優しくするというのは、難しいと思う。

月並み?な例を挙げるなら、仕事なんかで、ミスをした後輩に、それを指摘するとき、穏やかに言ってやるのも優しさだと思うが、あえて厳しく注意するのも、その後輩の成長を考えると、大きな意味での優しさなのかもしれない。

なんてことを思うわけだ。

優しさというのは、相手を見て、それに対して的確に発揮するもののようにも思う。

どうされたら、その人が嬉しいと思うか?

どうされたら、その人のためになると思うか?

相手のそれを察すること。

この辺りのさじ加減が、私はうまくないのだろう。

だからといって、私は、自分が鬼だとも、思っていない。

鬼になりきること、というか、非情に徹することもできていない気がする。

私は、人に優しくしたいなとは思うのだが、そうするのが、多分、苦手だと思う。

同様に、鬼になるのも苦手だ。

表の世界ですら、こんな感じだ。


そして、裏の世界。

奴隷に対しての優しさ、ということになると、さらに、それは難しくなる。

Mである奴隷に対して、優しく接してしまう。

それは、奴隷のM性を満たさない方向に行ってしまうことがある。

優しくされることを嫌う奴隷がいる。

御主人様には、いつも厳格であって欲しいと願っている奴隷がいる。

辛いこと、苦しいことを常に与えて欲しいと思っている奴隷がいる。

自分には、優しくされる資格が無いとすら思っている奴隷がいる。

それはわかっている。

だから、奴隷に対しては、態度としては、冷たく、そして厳しく、非情に接するということになる場合が多い。

奴隷が、私には抵抗できない、自分からは何も言えないような、雰囲気の中で、奴隷と向き合うことも多い。


その一方で、奴隷は、自分を受け止めてもらいたい、自分のことをわかって欲しいとも、思っていたりする。

奴隷が、自分のM性を持て余していることもある。

M性をどういう風に出していいのか、それもわからずに、迷っている場合もある。

M性だけではなく、性欲や他にも、変わった性癖を持っているが、それを言えずにいたりもする。

そして、M性などの性癖や性欲ばかりではなく、自分の性格や、容姿などへのコンプレックスを持っていたり、

日常生活の中で、仕事の中で、困り、迷い、追い詰められ、御主人様を、心の拠り所としているような場合もある。

そんな奴隷を、私は受け止めてやりたいと思う。

でも、奴隷のことを受け止める、奴隷を理解するには、まずは、奴隷の話を、しっかりと聞いてやることから、始めないといけないことが多い。

そうなると、奴隷が話しやすい雰囲気、態度を、示してやる必要もある。


奴隷は、私に対して、支配者らしく、厳しく、奴隷の言うことなど歯牙にもかけないくらいの姿でいて欲しいと望み、なおかつ、自分を受け止めて欲しい、苦しいことがあればそれを聞いて欲しいと願う。

そんな二面性を持っていることが、多かった気がする。

それに対して、どう接していけばいいのか?

私は、とても迷ったし、未だに、きちんとした答えというのは、持ちあわせていない。

私は、どちらかと言えば、奴隷に対して、厳しい態度をとる御主人様だったと思う。

元々、あまり、話をしないタイプの性格だということもあるが、

御主人様として奴隷の前に立つということは、まず、自分のS性を満たすこと、そして奴隷のM性を満たすことが、優先されるという風に思う。

つまり、奴隷を支配していることを表す態度をとるということ。

そして、奴隷は、そんな私を見て、自分は完全に、支配されていると感じられる状況になる。

そんな雰囲気を、調教の中で、また、普通に一緒に過ごしている時でも、奴隷に示し続けることが、御主人様のするべきことと私は思っていたし、今も思っている。

でも、その中に、奴隷が、話をしたいと思った時、私に受け止めてもらいたいと思った時、それを素直に言える、態度に出せる、そんな状態を、保っていたかった。

これを同時に成立させるのは、すごく難しいことだ。

奴隷に対して、厳しくすればするほどに、奴隷が、自分から何かを私に言う雰囲気というのは、損なわれる。それは、奴隷の悩みや、様々な辛さを受け止めてやる機会を失っていくということだ。

かと言って、奴隷に柔らかく接すれば、するほど、私の支配と、奴隷の被支配感は、薄れていく。つまりは、私のS性、そして奴隷のM性が、満たされにくくなっていく。

それは、わざわざ”主従”で居ることの意味が失われていくと言っても良いかもしれない。


私は、奴隷が好きだ。

どの奴隷も好きだった。

だから、裏の世界での幸せは、もちろんだが、表の世界でも、奴隷が、悩んだり、辛いことになっていたりするのは、嫌だった。

表の世界に、私が介入することは、あまりしなかったが、せめて、奴隷の話を聞き、それを受け止めてやりたいと思っていた。

それで、奴隷が少しでも、気持ちが楽になるのなら。

そういう部分があるから、奴隷に優しく接したい気持ちというのは、とても大きい。

いつでも、なんでも、話ができるように、受け止めてやることを、示していられるようにしていたい。

でも、御主人様として、奴隷の支配者として、厳しい存在として、非情な鬼として、奴隷の前に立つ自分も、必要なことは知っている。

そして、それは、私が望むことでもあり、そして、おそらくは、M性を持つ奴隷が望むことでもある。

そこに、お互いを満たしたいという意味での優しさはあるかもしれないが、表現としての優しさはない。

大きな矛盾だ。

奴隷にどのくらい優しく接するのか?

これは、難しいことだ。

未だに、私は、過去の奴隷に示した態度が、良かったのかどうかは分からないし、今なら、どうするのか?と聞かれても、明確に答えることはできない。

ひたすらに厳しく。

それが、私の基本路線だと思う。御主人様をする以上、これは変わらない。

でも、その中で、優しくもありたいと思って、やってきた。

いつも試行錯誤していた。

これでいいのか?という迷いは消えなかった。

多分、私が、奴隷に向けたつもりでいた優しさ(だと私が思っていたもの)は、そんな下手くそなものだったのだと思う。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト


これを書いたら、劇団四季の方々から怒られるんじゃないか?と思いつつも、過去にやった、変な調教を思い出したので、ちょっとだけ、書いてみる。

ちなみに、劇団四季が好きな人は、不快な気持ちになるかもしれないので、読まないほうがいいかもしれない。


私は、奴隷の顔や体に落書きをするのは、あまり好まない、というのは、前にブログに書いた通りで、奴隷が徹底的に惨めな姿なのは好きなのだが、使うなら、綺麗に使いたいと思う。

綺麗であるからこそ、そこに、付ける、縄や、鞭などの跡が、際立ち、更に奴隷の悲壮感を大きくするのだと思っている。

何もない肌に、一本の鞭の赤い跡だけが残る奴隷の背中などは、見ているだけで、ゾクゾクする。

だから、私は、奴隷に落書きとか、は、あまりしたことがない。

同様の感覚で、奴隷の表情が見えない、表情を強制的に歪めるものも、私はあまり好まなかったから、(全頭)マスクとか、鼻フック、ボールギャグや、開口具なんかも、あまり使わない。

奴隷の表情が好きだ。

奴隷がその表情を崩すなら、調教の苦しみや痛み、屈辱や羞恥や快楽で、自分からそうなっていく様を見るのが、私は楽しい。


でも、そういうことを、しなかったというわけではない。

SM行為と呼ばれることは、一通りは、やってみたと思うし、道具も、一揃い持っていたから、試してみたことはある。

何度か、やってみて、あくまでも私には、ちょっと合わないかな、と思うものを、しなくなっていったという感じだ。

だから、そういうSMプレイを否定するつもりもない。

奴隷に落書きして辱めるのが好きな御主人様は、それを大いに楽しめばいいと思っているし、顔に器具を取り付けて、変形させ、奴隷の羞恥心を煽るのも、いいと思う。

実際、以前に参加していた掲示板や、オフ会などでも、そういうSMプレイの話は、普通にしていたし、そういうことが好きな御主人様の面白いエピソードなんかは、楽しくて、自分でもやってみたいと思ったほどだった。

なので、本当に、否定する気は全く無く、ただ単に、自分では、あまり、やらないというだけのことだ。

御主人様や、その奴隷、それぞれの、嗜好、性癖を満たすことが許されるのが、主従であるとも、思っているから。

ちょっと話がそれたが、私も、自分には合わないと思ってやらなくなったことは、多々あるが、そういう中でも、たまに、ちょっとやってみたくなった、ある調教?の話。


ところで。

私は、猫が好きだ。

私の職場のパソコンの壁紙は、猫で、コーヒー用のマグカップも猫だったりするするくらい好きだ。当然、荷物はヤマトで出す。

だが、飼ったことはない。

野良猫と遊ぶ(遊ばれる?)くらいしか、触れ合った経験はない。

かなり仲良くなった野良は居るが、自分の猫として飼ったことはない。

だから、ある時、ふと思いついてしまった。

猫は飼っていないが、奴隷は飼っていることを。

じゃあ、奴隷に猫をさせてみようか。と。

そういうことを思いついてしまうと、やらずには居られない。

前にトナカイの話を書いたが、それと同じような発想だ。

そして、早速、奴隷を呼びつけると、その顔に、マジックで猫のひげを書いてみた。

口の周りに、点々の模様を書いてみた。

他にも、猫っぽい、ペイントを施した。

そして、私は凝り性なので、猫耳のカチューシャまで、奴隷に買ってこさせて、それを付けてみた。

そう、ちょうど、劇団四季の、ミュージカル、”CAT'S”にでてくる、俳優のメイクのように。

しかし。

もちろん、あんなにクオリティが高いものはできなかった…。

全く、猫に似ていない。

私には、残念なことに、絵心が、無かった。

そして、出来上がった奴隷の顔が、あまりにも、面白かったので、つい。

奴隷の前で爆笑した。

ひどい話だ。

奴隷は、全裸に、パンスト姿で、首輪を付けている。

それがデフォルト状態。

そこに、猫耳のカチューシャと、私が書いた、猫らしき何かのメイクという悲惨な姿。

それだけでも奴隷としては、かなり恥ずかしく、惨めだったのだろうと思う。

実際、涙目になっていたから。

だが、私は、そんな奴隷に、こういった。

「お前、その格好で劇団四季に出演してこい」と。

この上なく無茶で、理不尽な話だ。

どう考えても、劇団四季が、こんなほとんど全裸の格好、しかも踊りや歌が素人の猫を受け入れてくれるはずがない。

でも、奴隷は、それを私の命令として聞いた。

だから、奴隷が泣いた。

変な猫の顔で。


私は、こんなことをして、楽しんだことがある。

だから、奴隷に、落書きをする人、奴隷の顔を変形させて遊ぶ人の気持ちというのは、わからなくはない。

楽しいし、面白いものではあるが…。

やっぱり、その調教をするなら、書くセンスが必要だということを痛感したのだった。

ちなみに、奴隷があまりにも泣いていたので、後日、猫のぬいぐるみを買ってやったのだが…。

それを受け取った奴隷は。

また、泣いた。

こんな調教もある、ということだが、最初に泣いたのはわかるが、ぬいぐるみで泣いた理由は未だによくわからない。

なぜだったのだろう?


でも、やっぱり、奴隷は、牝猫ではなく、牝犬のほうが、合っているのだろうなということだけは、このとき、わかった気がする。

だからといって、犬のペイントをしたことはないが…。

というよりも、私に、犬と猫を描き分ける、画力はない。

それが、御主人様としての、私に欠けている能力の一つだと思う。


※劇団四季の関係者の方々、このブログを読むようなことはおそらく無いでしょうけれど、もしも、その目に止まって、このエントリーが、不適切であり、不愉快な思いをされたのであれば、謝りますので、その時は、お手数ですが、ご連絡ください。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト



今日は、飲めないなりに飲んでしまったので、ちょっと酔っている。

で、酒とは全く関係ないのだが、ふと、思い出したことを書きたい。


奴隷と一緒にでかけた時。

歩いていると、雨が降ってきた。

傘は、奴隷が持っていた折りたたみ傘、一本。

奴隷は、それを開いて、

「御主人様、使ってください」

といって、私に手渡そうとする。

でも、それを私は拒否した。

奴隷がずぶ濡れで、私だけが傘を使うことは、私にはできなかったから。

「それ、お前のだろ。自分で使え」

それに対して、奴隷は、

「御主人様、濡れてしまいます」

といって、また、傘を押し付けてくる。

私が拒否する。

そんなことを、数回繰り返してから、奴隷が言った。

「それなら、一緒に入りませんか?」

と。

しかも、嬉しそうな顔で。

でも、というか、だから、私は、やっぱり拒否した。

「嫌だ」

相合傘というのは、どうも、照れくさい。

奴隷は、やってみたかったようだが、明らかに、バカップルっぽくて、私は、やりたくなかった。

「とにかく、お前が使え」

そう言って、さっさと歩いて行く。

奴隷が追いつけば、傘を渡すか、一緒に入ろうとするから。

奴隷は、仕方なく、傘を差しながら(多分。私は、後ろは見ないで歩いていたので)、後を追ってくる。

御主人様の妙なプライド(というよりも、ただの意地っ張り)が、そんなところにもあったのだなと、今日、ちょっと雨が降っているのを見て思い出していた。


今の私なら、どうするのか?

受け取って、自分だけ、傘を使うのだろうか。

やっぱり、奴隷に使わせるのだろうか。

それとも、相合傘か…。

まあ、それはないな。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報