理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


言い訳をするようで、なんだかカッコよくないのではあるが、このブログ内だけは、カッコ悪いことも素直に書くと決めているので、今日は言い訳じみたことを書こうと思う。

私が、色々な失敗をしつつも、最後のところで、御主人様のプライドを守ったというような感じでなんとか、調教を終えるように必死で色々と考えているのは、

もちろん、私が自分でプライドや威厳を保ちたかったというのが第一の理由ではあるのだが、もう一つ、理由がある。

それは、奴隷にとっても情けない御主人様の姿というのは、あまり見たくないのではないか?という風に思っていた部分。

勝手にそれを言い訳にしていたのだろう?といわれれば、そうかもしれないのだが、

私自身は、結構真面目に、「御主人様になった以上、ちゃんと御主人様らしくする義務がある」と思っていた。

ただ、これらが言い訳として通用するかどうかは、奴隷の性格やそのときの状況によって違う。

例えば、そういうたまの失敗もかわいいと思って、ニッコリ流せる奴隷もいれば、

理不尽に調教しているくせに、うまくやれないことに腹を立てる奴隷もいるだろうし、

本気でがっかりして、SM熱が冷めてしまう奴隷も多分いるのだと思う。

私の失敗を奴隷が見抜いていたかどうか?また、見抜いていたとして、それを奴隷がどう思っていたのか?というのは、今となってはわからないが、

私が調教した奴隷は、大抵は流してくれていたのだろうと思う。

私はこのブログに書いているように、結構、面倒なことをやらかしてしまう方なので、私の失敗を奴隷が一つも気が付かなかったというようなことはなかっただろうと思う。

きっと気がついていたものはいくつかあったのだろう。

実際、何度か突っ込みを入れられたこともある。

だが、そのときも、

「こんな感じのご主人様も、たまにはいいですね」

なんて、ニコニコしていたし、次の瞬間からは、また奴隷としての服従の態度に戻っていたから、それほど怒っていたわけでも、熱が冷めてしまうようなことになったわけでもないようだ。

でも、御主人様同士で話をすると、どうやらそういう寛大な?奴隷ばかりでもないようで、御主人様の失敗に奴隷が本気で怒ってしまい、

調教がその場で終わりになったのはもちろん、それ以降の主従関係がギクシャクして、うまく機能しなくなり、結局別れたという話も何度か聞いた。

私は幸いというか、なんというか、そういう別れ方というのはなかったので、よかったのだが、

主従関係とはいっても、人間関係の一つではあるので、それを壊す要因というのは、やっぱりどこかに存在していて、

それに触れてしまうと、主従関係も壊れてしまうし、主従というアブノーマルな関係であればこそ、

壊れはじめてからの、空虚な感じというか、白けた状態というのは、大きくなるように思う。

そういう経験のあるご主人様の知り合いが言っていた言葉だが、

「奴隷は(その関係に最後の時がくるならば)捨てるに限るよ…」

と、ポツリとつぶやいていたのが印象的だった。

これは完全に御主人様の側の勝手な意見なのだが…。

つまり、奴隷に捨てられる御主人様ほど、情けなく、滑稽なものはないと言いたいのだ。

今まで、従わせ、理不尽な要求に耐えさせ、組み敷いてきた奴隷。

それに逆襲されるようなもので、今までの全ての調教が、ものすごく虚しく、そして馬鹿馬鹿しい演技だったことになってしまう瞬間だから。

御主人様としては、その瞬間を味わいたくない、最初から最後まで、奴隷の上に君臨していたい。

そう願うのは、Sだからというのもあるが、やっぱり御主人様も人間だから、恥をかきたくないからなのだろう。

そして、私も同様、そういう状況には陥りたくないものだなと思う。

奴隷にとっては理不尽だったとしても、だ。

だから、必死に調教をするのか? そんな風にも思う。

とにかく、私が絶対に奴隷に指摘を受けない完璧な調教を目指そうとしていた理由というのは、そういうところにもあったのかもしれない。

御主人様だったときは、多分、無意識に思っていたことの一つだろう。

今、御主人様をやめてみて、冷静にあのときの心のうちを思い出し、その思考構造を考えてみると、こういうこともあったのだろうなと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


わ~、何か、とても興味深い内容ですね・・・素人(?)ながら、SMの関係って、どこまでが演技でどこまでが本気になってるんだろうとか、他人の前とか町で歩いてるときに、vetさんたちは普通のカップルとして振舞ってたみたいですが、その、SMモードからの切り替えのタイミングとか、急にご主人様から彼氏としての振る舞いに変える時の気恥ずかしさみたいなものってあるのかとか・・・。いろいろ聞きたいことてんこもりです。
「主従関係とはいっても、人間関係の一つではあるので、それを壊す要因というのは、やっぱりどこかに存在していて、それに触れてしまうと、主従関係も壊れてしまうし、主従というアブノーマルな関係であればこそ、壊れはじめてからの、空虚な感じというか、白けた状態というのは、大きくなるように思う。」ここを拝見すると、私の勝手な解釈ですが、そのしらけた感じっていうのが、やっぱりSMというご主人様と奴隷という限りなく素に近い、でも非日常な「演技」をしていて、それがいったん演技の波長が合わなくなったり、どちらかの演技が下手になったりすると、舞台を降りざるを得ないというか、いつまでもできない演技をやってること自体に不自然さがまとわりついて、終幕にするしかないっていう感じになるのかな・・・?と勝手に思ったんですが、どうなんでしょうか??別れてしまう要因は、そういったことが主なんでしょうか?カップル同士だと、よく「価値観が違う」とか、「気持ちがさめた」とかが原因になったりしますが、そういうのが原因で別れたりするんですか?すみません、質問多すぎw


[2009/11/05 18:25] URL | sabo [ 編集 ]

冷めてしまう…う~ん、分からないでもないですが、私からみるとそれは愛が足りないか、もしくはご主人様を偶像化しすぎてるからなんではと思ってしまいます。とかく奴隷は主を、自分より強く賢い存在として理想化したいものですからね…。
私にも勿論その欲求があり、特に最初のうちは舞い上がっているので余計その傾向にありました。でも、ある時から「ありのままの御主人様を受け止めて差し上げよう」と心に決め、それ以来、私の勝手な理想を投影しないように自制しています。それは主にとっても失礼なことだから…。
私の考えも及ばないことを理解している素晴らしいところも、我がままな子供みたいで、忘れっぽくて物をよくなくしたりするところも、すべて愛しい御主人様の一部です。
[2009/11/06 00:14] URL | はる [ 編集 ]

>saboさん
saboさんが書かれた中では、多分、「気持ちがさめた」というのが、最も近い表現ではないかと思います。そのために、エネルギーが無くなったのだと…。
SMというのは、アブノーマルな世界であるのは確かなので、それと日常とのギャップというのを飛び越えるには、やっぱりエネルギーが必要なのだろうと私は思います。本当にうまくいっているときというのは、内側から沸いてくるエネルギーで、軽くそのギャップを超えてSMの世界に入り込むことができ、超えているとか、エネルギーを使っているという意識すらもないのだと思います。むしろその世界にいる方が日常とすら思えるんですよね。だから、演技であるという風にも思わずに、ただ、それがとても心地よい空間として、ノーマルな世界に自然につながっているという風にイメージされると、一番近いでしょうか。なかなか、言葉が思いつかなくて、表現が難しいのですが…。
そして、私が今回のエントリーで書いたのは、そういうのとは逆の状況で、自然に存在するということに、何らかの違和感を感じ始めたときということです。そうなると、演技のような、頑張ってそれをやるという感じになっていくのではないかと。エネルギーが余計に必要になって、それが重荷になり、壊れていくのではないか?と私は思います。
こういう壊れ方は、私自身が経験したことではなく、私の想像や他の経験者からの話を聞く中で、そうなりたくないと私が思っていたことなので、実際にどうなのか?というのは、また違う感想になるのかもしれませんが、ノーマルな世界とのギャップが大きいだけに、それが壊れたときの破壊力も大きいのだろうと私は思います。


>はるさん
やはり愛情があるということ、全てをゆだねて許せること。御主人様も、奴隷もその部分は同様に。それがSMというアブノーマルな関係でもスムーズに進行させていける、ものすごく重要なファクターなんですよね。私もそれは同感です。ただ、やっぱり私も怖かった部分っていうのは結構ありました。それこそ、今だから言えますが、奴隷への調教を間違えたら、この関係は壊れてしまうのではないか?という気持ちというのは、やっぱり心のどこかにいつもあった気がします。もちろん、自信を持って調教していると思ってはいるのですが、それでも、奴隷にとって、理想的ではない、あるいは、耐え難い、とおもわれているのではないか?というのは、考えてましたね。
ただ、私の場合、奴隷が良かったのか、私が間違わなかったのかはわかりませんが、少なくとも調教の失敗と思われる別れ方ではなかったので、その部分は、今となってはすごくホッとしているところでもあります。やはり、もしも終わりが来るのであれば、奴隷にもすっきりとした終わり方を与えてやりたいと、私は御主人様になったときに思いましたから…。
はるさんのお話、すごくいいですね。ありのままの御主人様を受け止めるというお気持ち、本当に素晴らしいなと思いました。そしてきっと、御主人様も、ありのままのはるさんを受け止めた上で、調教をしているのでしょうね。
私が、御主人様だったとき、奴隷のありのままを受け止めようと思っていましたが、本当にできていたのだろうか?と、はるさんの文章を読んで、考えさせられました。
[2009/11/08 00:16] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報