理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは、普通のAVから見る。

それも普通のセックスというよりも、レイプ物に近い感じの、結構過激なものだったので、美佳の反応が気になってはいたのだが、特別、変わった様子もなく…。

いつものように、恥ずかしそうにうつむき気味に眺めている。

私は、やっぱり、ビデオでもダメなのかと、少し落胆し始めていた。

「なんか、雰囲気が変わるかと思ったんだけどな…」

なんて言ったりしていた。

次のビデオもレイプもので、かなり激しいものだったが、美佳の様子はやっぱり特に変わらず…。

その2本で特別な反応が見られないことに、私は本気で落胆したのだった。

そのときの私は、なんとも情けないというか、今にすると、微笑ましくすら思えるのだが、それでもあの時は必死だったから、余計に凹んだ。

今思えば、たった2本のビデオがダメだっただけなのに。

私の思考も単純というか、なんというか…。

だが、美佳はもともと、アダルト雑誌も、ビデオも、恥ずかしがるほうなので、ビデオも、あまり直視はせずに、うつむき加減で眺めいているという感じだった。

だから、そんなに落胆しなくても良さそうなものなのだが、2本のAVを見た時点で、私はすでに諦めかけていたのだった。

AVでも、やっぱり、美佳の気持ちを盛り上げるのはうまく行かないのだろうなぁと。

そして最後のビデオをセットしながら、

「なんかさ、ちょっと違ったものも見てみようと思って、こんなの借りてきたんだけど、かなり変なのだから、イヤだったら言えよ。途中でもやめるから」

と、半ば諦めたように予防線を張りながらビデオを見始めた。

それがSMビデオだった。

そこには、御主人様と、奴隷がしっかりと映っていた。

首輪をつけられる奴隷。

挨拶をさせられる奴隷。

縛られる奴隷。

御主人様の足を舐める奴隷。

尻を叩かれる奴隷。

イラマチオをさせられる奴隷。

バイブなどの器具でイかされる奴隷。

そして、体の自由を奪われてなすがままに犯される奴隷。

そんな光景が繰り広げられていた。

でも、これは、SMビデオの中では、ソフトなほうだったと思う。

蝋燭も鞭も無ければ、アナル開発や水攻めのようなものも無い。

スカトロや肉体改造などとも無縁な、ある意味、綺麗なSMビデオだった。

それを見終わったとき。

私は、かなり興奮していた。

私の中のSの部分が猛烈に刺激されているのが分かる。

すでにかなり勃起していた。

だが、美佳はその前の2本のビデオと同じく、うつむき加減で見ているだけで、特に違った反応は無い。

その様子に私は、ああ、やっぱりこれではダメなのだなぁと、ほぼ確信した。

雰囲気として、美佳が興奮するわけではないのだと思ったし、さらには、美佳のM性についても、

美佳はMではなく、ノーマルで、両親のことがあるから無理矢理にされることで安心するだけなのだろうということで、結論付けようとした。

そしてビデオを片付けながら、

「またなんか探してくるよ」

と、私はかなりがっかりしていたのだが、それを悟られないように、軽く聞こえるように言って、ビデオを片付けたのだった。


専門用語?
蝋燭とかムチって、SMのイメージなんですが、必ずしもいつもするわけじゃないんですね。すみません、スカトロはなんとなく分かるんですが、肉体改造って何ですか?専門用語・・・ですかね?
[2009/11/17 19:38] URL | sabo [ 編集 ]

お返事遅くなりました。仕事でたまに長期出張があるものでして、その間はブログもあまり見られず、こうなってしまいます。気長にお付き合いいただけると嬉しいです。


専門用語…。言われてみれば確かにそうかもしれませんね。意識しないと結構普通に使ってしまうので、ダメですね。今度から、もう少し説明をつけて書くようにした方が良さそうです。なるべくわかりやすくしたいと思っていたので、そういうご指摘は、ありがたいです。

それで、実際のSM現場というか、私の調教のときには、鞭は結構手軽なので、使ったことも多いです。なので、それも出てこない、このときのビデオは、SMものとしては本当にソフトなものだったと思います。

蝋燭はSMっぽいイメージがかなり強いかもしれませんけれども、後片付けが大変というか、奴隷が片付けるので、別に私は大変じゃないんですが、どうしても蝋が飛んで部屋が汚くなりやすいので、それほど頻繁にはやらなかったです。SMビデオですと、蝋燭攻めをやってることの方が多いかもしれませんが、普通のSMカップルだと、毎回やる人はそんなにいないんじゃないかなぁと思いますよ。

スカトロは、多分、saboさんが認識されている通り、大便小便の類ですね。これも後片付けは奴隷にさせるので別にいいんですが、私はちょっと苦手でしたので少なめでしたね。

肉体改造というのは、まさに言葉の通りで、奴隷の肉体を改造するというものです。やることは、かなり幅が広いですが一番SMでやっている人が多そうで、簡単なのは、奴隷の陰毛を剃ってしまうこと。それが一番軽い部類の肉体改造だと思います。次が、アナルプラグとかでしょうかね。アナルの拡張をして、アナルセックスが楽に出来るようにするとか、そういうもの。あとは御主人様や、奴隷によりけり、で、ボディピアスとか、タトゥーとかそういうのをやる人もいますし、かなりハードになると、焼印を押すとか、そういう人もいましたね。また、鞭の跡を御主人様につけてもらうというのが、奴隷にとっては喜びだったりするので、それが消えないようにずっとつけ続けてもらうというのも、肉体改造かもしれません。御主人様側からすると、鞭での調教というだけなんですけれども。

こんな感じでしょうか。肉体改造は色々なことをする人がいるのでなかなかディープです。
[2009/11/21 20:28] URL | vet [ 編集 ]
出張お疲れ様です
そうなんですか、それがいわゆる肉体改造なんですね。丁寧なご説明、ありがとうございますm(_ _)m 
私、前にvetさんが、奴隷さんの手錠の鍵なくしたときに、のこぎりで奴隷さんの手首を切ろうとしたパフォーマンスみたいなのがあったのを思い出して、もしかして体を切断とか、そんなのがあるのかと思ってました・・・でも、そこまでいったら犯罪ですよねw
[2009/11/29 21:29] URL | sabo [ 編集 ]

どこまでの範囲を肉体改造と呼ぶか?というのは、御主人様や奴隷によって微妙に違うこともあると思いますが、少なくとも私は、上記のように認識しています。

さすがに体の切断とかはないですね。おっしゃるとおり、奴隷が納得したとしても、それは犯罪ですから。そこまでは出来ないです。プレイとしての厳しさと、奴隷に障害を残すということは、やっぱり別物ですし、その分別がつかない人は、SMというのはやっちゃいけないんだろうと思います。

それと、肉体改造って、やられる奴隷もそうですが、やる方もやっぱりかなり怖いものがありますので、おのずと、ある程度の範囲に限定されていくように思います。
[2009/12/05 15:07] URL | vet [ 編集 ]
なるほどー
vetさん、こんにちは。
地道にじっくりとvetさんのブログを読み進めているシルクです。

vetさんのブログは笑える失敗談もあり、ご主人様としての心理が書かれていたりして、
本当に楽しく、そして参考になったり勉強になるなーと思いながら、読ませていただいています。

そして肉体改造はアタシも「??」だったのですが、上記の説明を読んで納得!!
実はアタシもとある事情から、去年の12月にご主人様の手によってパイパンにされて以来、
パイパンをキープするよう言われ、今も地味にキープしているのですが、これも肉体改造の一つなんですね!!

そういえばときどき、ご主人様がアタシの様子を見ながら、アナルに指を入れてくることもありますし…
これから先、そういう世界も待っているのかしら??なーんて思うと、怖さがないこともないんだけど、
ご主人様になら、なにをされてもいいかな…って思っている自分がいるのも事実です^^;

それにしてもvetさんって本当に真のs男ですね!!
アタシの持論として真のS男って、とってもやさしいっていうのがあるんです。
今までのブログ記事やコメントでのやりとりを拝見させていただいている限り、vetさんは
ご自分のことをやさしいわけじゃないっておっしゃっていますが、アタシはやっぱり
vetさんは、やさしい人だと思いますし、物事の真理をわかっていらっしゃる方だと思います。

今はお付き合いしている方もいらっしゃらず、奴隷もお持ちじゃないとのことですが、vetさんなら
奴隷とご主人様というSM関係を築かずとも、主従関係恋愛を育めるんじゃないかな…と感じました。

それにしても美佳さんとのお話はホントに興味深いです…。
それではこれからも、またじっくり読み進めさせていただきますね!!
(長々とコメントすみません…!!)
[2010/01/24 14:40] URL | シルク [ 編集 ]

>シルクさん
じっくり読んでくださっているとのことで、嬉しい半面、しっかり読まれると、なんだか文章下手なところがバレそうで恥ずかしいですね(笑)

パイパンを肉体改造と呼ぶか?というのは、人によるかもしれません。私は奴隷の肉体に調教のために外部から変化をさせる行為なので、肉体改造だと思っていますが、実際には毛を剃るだけですし、調教の一番最初にやる儀式のように思っている御主人様も多いと思いますので、肉体改造とまでは呼ばない人も居るように思います。これは人それぞれかもしれません。

シルクさんもパイパンにされているのですね。パイパンのことでも面白い話があるので、そのうち書こうと思っていましたが、あれって色々と大変ですよね。キープされているとのこと、頑張ってください。
また、御主人様はアナルのほうにも興味があるようですね。私はアナルはそれほど深く調教しなかったように思いますが、それはそれで興味深い調教ポイントかとも思います。シルクさんの御主人様がどんなことを考えておられるのか、ちょっと私も楽しみです。

私については、優しいですか? うーん、どうなんだろうなぁ…。ブログだけ、文章だけのお話なので、そう思われているのかなぁ?なんてことも思うんですよね。私自身としては自覚はないんです。でも、そういう評価をしていただけるというのは、とても嬉しいですね。本当にありがとうございます。また、今度誰かと付き合う縁があったら、その時は主従関係恋愛もいいかもしれませんね。

美佳との話もまだしばらくは続きますので、どうなっていくのか、お付き合いくださると幸いです。
[2010/01/25 19:10] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。