理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


私は、ビデオを見せることで、美佳の興奮を高め、雰囲気を作って、

なんとかセックスでイけるようにとやったことだったが、

それが失敗に終わったと思って、かなり凹んでいた。

だが、私は、それを美佳には悟らせないように、勤めて明るく振舞った。

美佳は、私に対して申し訳ないという気持ちがかなり強かったから、

私が凹んでいるようなそぶりをすれば、美佳のそういう気持ちが増幅されるのは、目に見えていた。

私は、少なくともこのときは対等の立場で付き合っていたパートナーである美佳に、そんな思いはさせたくなかったし、

美佳がそういう気持ちになってしまっては、さらにセックスの快感からは遠ざかるような気がして、

とにかく、明るく振舞ったのだった。

だが、今思えば、多分、美佳は私の心境もある程度は見抜いていたのだろうと思う。

私は演技がうまくないから、きっと不自然な部分があって、それはわかっていたのだと思う。

それに、美佳は人の気持ちを察することが出来る女だった。

だからこそ、余計に私に対しても、謝る言葉が増えてしまうのだ。

今思えば、そういう美佳の性格に気がついていたのだから、もっとなにかしてあげられたんじゃないか?なんて思うが、

そのときの私は、ただ明るく振舞うとか、話の矛先を楽しいものに変えるとか、その程度。表面をなんとか取り繕うだけで精一杯だった。

本当に情けないことだと思う。

そんな私が、ビデオを横によけて片付けたとき。

美佳が小さな声で、ポツリと言った。

そう、今思えば、この言葉が全ての始まりなのだった。

「私、いいよ…」

という、この一言が。

「ん?なにが?」

私は、美佳が言いたいことがすぐには理解できなかった。

「あなたが、これ、したいの分かったから…」

美佳が、横によけられたSMビデオを指差してから、私の顔を見てそう言った。

私はドキリとした。

心のうちにあって、それまで誰にも言ったこともなく、自分だけしか知らなかったはずの私のSの部分を、的確に指摘された。

しかもそれは、ノーマルではない性癖なのだ。

その瞬間の恥ずかしさ、そして美佳に嫌われてしまうのではないか?という不安。

それが、一瞬にして胸を圧迫してきた。

だから、私は必死て弁解した。

「あ、いや、したいって言うか、これはただ単に、雰囲気を作ろうと思って過激なのを用意してみただけだから…」

と、多分かなりオドオドと説明したのだが、美佳はちょっと首をかしげながら、にっこり笑っていた。

「なんとなく、分かってた。あなたがこういうの好きなの…」

美佳の顔はすごく穏やかで、私を嫌うとかそういうことではないように思えて、それが唯一の救いだったような気がする。

「え?…なんで?」

「セックス、無理矢理にしてるとき、とても楽しそうだから」

「そ、そうだったか?」

「うん。きっと、こういうことするのも好きなんだなろうぁって、結構前から思ってたの」

「でも、俺、美佳が嫌ならやらないから…」

「うん。そういう優しい人だっていうのも分かってる。でも、私も、少し期待してたから…」

そういうと、美佳は部屋の隅に這っていき、戸棚から一冊だけ買って持っている例のアダルト雑誌を取り出した。

そして、ペラペラとめくると、ある写真を私に見せる。

美佳が見せてくれた写真は、女が赤い縄で後ろ手に縛れて、フェラチオをさせられているものだった。

「この雑誌買って、こういう世界があるの、始めて知って…。こういうの、いいなぁってなんとなく思ってた。でも、そういうのが好きだって言ったら、気持ち悪い女だって思われそうだから、なかなか言いだせなくて…」

そう言いながら、美佳は恥ずかしそうに少しうつむいた。

「そうなのか…」

私もここで、美佳と同じ思いを持っていたことに驚きつつも、安堵していた。

このときのSMビデオは、美佳の気持ちを盛り上げて、美佳がイけるようにと考えて選んできたものだったが、

その意図とは別の結果を生み出したのだった。

美佳がMらしいというのが、このときわかったのだった。

それならもっと前に何とかできたかもしれないと思った。

だから、正直脱力した。

そして、やっと私は白状した。

「美佳の言うとおりだよ。俺もそういうの好きだから…」

「やっぱり…」

「それに、美佳がどんなセックスが好きでも、それを気持ち悪いとか、思わないし。美佳は美佳だからさ。だから、安心しろよ」

私は力強く言っていた。それに応える美佳も笑顔だった。

「うん。ありがとう…」

なんだか、妙な連帯感が生まれていた。

そして、どちらとも無く、自然に笑い合い、そして抱き合った。

別にセックスするでもなく、服も脱がずに、ただ抱き合って布団の上をゴロゴロしていた。

後から考えても不思議なのだが、ただ抱き合っているだけなのに、このとき、とても充実した気分だったのを鮮明に覚えている。

あんな気分になったのは、そのときが初めてだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


お帰りなさいませ!更新楽しみにしておりましたよ。

年若いお二人がここまでたどり着くのは長かったですねぇ。そしてお互いの性癖を互いに受け入れられると分かったことが、なんだか嬉しくも切ない感じですね。
皆さん、そういうお相手を探すのに苦労されてるんじゃないかと思うので、身近でめぐり合えた相手というのはもう奇跡なんじゃないかと、私などは感じてしまいます。でもなんとなくお互い「におい」って判りそうですけどね…目を見て判る、というか。この頃のvetさんも既にそういう目をなさっていたのでしょうか…
[2009/11/22 01:34] URL | はる [ 編集 ]

私の仕事は、長期出張とか仕事が特に忙しい時期なんかがありまして、ブログのほうも、書くときは毎日、書けないときは1ヶ月も書けないとか、なんとも不規則なブログなんですが、気にしてもらえて光栄です。

このときは、お互いにびっくりしましたし、分かり合えたことがとても嬉しく、この続きで書きますが、気持ちが一つになる感覚というか、そういうものを味わえた気がします。でも、おっしゃるとおり、こういう風に分かり合えるというのは、なかなか難しいことなのだと思います。カップルの全てがこんな風にはお互いを認識しているとは、思えないですし、やっぱりある程度のところで、とどめてうまくやっているという方も多いと思います。そういう意味では、私達は幸運だったのでしょうね。

「におい」というのは、私は多少わかるかもしれません。といっても、このときではなく、御主人様として長く過ごし、美佳もそうですし、別の御主人様やその奴隷とか、色々な人たちと会った経験の後で、なんとなくですが、感じることはあるように思えます。経験からくるものかもしれません。もちろん、100%わかるわけではないですが、「におい」があるのは確かだなぁと私も思います。
[2009/11/25 22:29] URL | vet [ 編集 ]
このエントリーみて、
何だか無性に恋がしたくなってしまいました。セックスするのでもなく、二人でゴロゴロ、イチャイチャするのって、楽しいですよね・・・私はセックスより好きかもしれないです。二人だけの空間にいて、二人だけの秘密を味わってるような、その感覚・・・うう~ん、いいなあ!!!羨ましい、このときのvetさんと美佳さん!!
[2009/11/29 21:37] URL | sabo [ 編集 ]

SMブログを書いていて、恋をしたくなったといっていただけるとは、思っていませんでしたので、驚きましたが、とても嬉しいです。ありがとうございます。

男の感覚としては、ゴロゴロしているよりもセックスして、その射精するときの快感というのが上かなぁなんて思ったりもしますが、このときは特別な気持ちのつながりがありましたし、お互いのことを深く理解したという充実感ですごく嬉しかったですので、セックスのときの快感を上回っていたように私も感じました。また同じような感覚を一緒に味わえる女性と出会ってみたいと思いますが、なかなか難しそうです(笑)
[2009/12/05 15:12] URL | vet [ 編集 ]
そうか~!
男の人の感覚って、やっぱり違うんですね~、何だか不思議。ゴロゴロより、やっぱり身体の快感か(っていうか、まあ常識的に考えてそうですよねw)でも、私もずっとゴロゴロだけだと、物足りないです。というか、すごい不安になるかも。「もう、私とセックスしたくなくなっちゃった?」って。 ちょっと話は違うんですが、男の人って、ヤリたい→好き→愛してる っていう順番だって、映画で言ってたけど、そうなんですか?でも、全員が全員じゃないですよね? 私は映画館で「そ、そんなの嘘だ~!!」って叫んでしまいました。いつまでも男の人に対して「爽やかでいて欲しい、エロ本でほにゃららとか、うそであって欲しい」という願望を持ってしまってる私www友達が「なに寝ぼけてるの」とか鼻で笑うほど、幼稚な男性願望。・・・でも、vetさんのブログ読んで、男性慣れが徐々にできてるような気がします。いろいろ勉強させてもらってます(実践する日は来るのかw?)。 
そんな素敵なvetさん、絶対、素敵彼女ができます、もうこれは間違いない(レズに断言されてもwすみません)!!美佳さんの大事にされっぷり、今までの私の数少ない経験からはありえないジェントル度ですもん(レズの経験を引き合いに出す始末)!!私、留学先で現地のマッチョメンにいきなり「sabo、セックスさせてくれよ。俺のジュニアって、すげーんだぜ」って、面と向かって言われましたからね!その屈辱と衝撃!!www 今だから笑える小話www 
[2009/12/05 19:27] URL | sabo [ 編集 ]

>saboさん
ゴロゴロしているのと射精の快感というのは、男の場合はもしかしたら、比べるものじゃないかもしれませんね。ゴロゴロも気持ちイイことは確かです。なのでそういう時間もいいんです。でも、それはそれっていうふうに、思っている部分もありますね。そのどちらがより優先されるか?というのは、その人によるのかもしれませんし、その時の気分だったりもあるのかなぁと思います。
”ヤリたい→好き→愛してる”というのは、どうでしょうね? そういう人が居るのは確かだと思います。ただ、全員がそれというのは、やっぱり違うんじゃないかと思いますよ。私の場合ですが、例えば、何かの集まりで初めて会って一緒に御飯なんかを食べるとき、ヤリたいと思うからその女性に話しかけるとか、積極的になるとか、そういうことでもないですね。その時に話をしていて面白いとか、和むとか、そういう気持ちよさがあって、初めて興味を持つという感じでしょうか。興味を持つから話をするし、話が合えば好きになると思います。好きになってからは、”愛してる”と、”ヤリたい”のどっちが先にくるのか?は、微妙なところですね。私もよくわかりませんが、その人を抱きたいと思う以上は、愛して居るべきだとは思います。
私のこと、かなりべた褒めしていただいて、嬉しいやら恥ずかしいやらです。彼女ができるなんて言っていただけるとは、とても頼もしいです。ただ、渡しの場合には、ジェントルって言っていいのでしょうかね? もともと、私は外見的にモテないので、女性には優しくする意外に取り柄が無いからなのかもしれないなぁなんて、自分では思います。振られるのが怖いというか、コンプレックスがあるから、女性に対する自信がない部分ってやっぱりあるんですよね。それだから余計に、色々と考えるのだとろうなぁと、自分では思っています。
それにしても、saboさん、留学先ではかなり大変な経験されましたね。そういうこと、私には絶対に言えませんが、そういうことを実際に言われた経験があると、最初の話のように、”ヤリたい→好き→愛してる”という順番というのがあるのか?と思われるのも、仕方が無いのかもしれないですよね。
[2009/12/12 00:56] URL | vet [ 編集 ]
感動しました。
なんだか感動して涙出ました。
僕も同じような経験を沢山したので。
性癖が分かり合えた時、お互いを受け入れられた時の、
気持ちは言いようの無い幸せですね。
[2011/12/10 19:37] URL | rei [ 編集 ]

>reiさん
読んでくださってありがとうございます。
感動したとのことで、なんだか、照れくさいですが、嬉しいです。
同じようなご経験があるとのことで、共感いただけたのでしょうかね。
おっしゃる通り、お互いを受け入れられ時の気持ちというのは、本当に幸せですね。
私も、未だにこの時の感覚というのは、鮮明に覚えています。
忘れられない出来事です。
[2011/12/11 22:01] URL | vet [ 編集 ]
はじめまして。
先日、偶然こちらのブログを発見し、初回記事から読んでいます。

何だかへんな気持ち・・・ドキドキしています。

[2012/04/17 09:46] URL | フラン [ 編集 ]

>フランさん
はじめまして。ブログ、読んで下さってありがとうございます。
最初から読んで下さっているとのことで、かなり大変だと思います。
更新頻度も、あまり高くないので、無理せずに、ゆっくり読んでいただければ、そのうち追いつけるのではないかと思います。

へんな気持ちとか、ドキドキしているとのことですが、何か気になることでも書いてあったでしょうかね?
もしもよろしければ、そういう感想なども、コメントでも、メールでも、いただけたら、嬉しいです。
今後とも、よろしくおねがいします。

[2012/04/23 00:51] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報