理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン



美佳がイったあとも、私は美佳をそのまま抱いていた。

抱いていないと、美佳が崩れそうなくらいに、美佳の体は力が抜けているようだった。

表現は悪いが、全ての関節が外れて、グニャグニャになっているように私には思えた。

かなりしばらくして、美佳が余韻から覚めると、

「ごめんなさい…」

と最初に言った。

「どうして?」

「私だけ、だったから…」

「いいよ。美佳が気持ちよかったらそれでいい」

本当にそのときはそれで良いと思った。

私が意図した方法ではなかったが、美佳をイかせ、気持ちよくさせることができただけで、満足だった。

だから、美佳に笑い返して、頭をゆっくりなでてやった。

「初めてでびっくりしたの。こんな風になるって思わなかったから…。あなたと同じ思いになれたと思ったら、すごく嬉しくて、なんか、たまらない気持ちになって…。でも、ごめんなさい」

美佳は笑顔なのだが、涙をボロボロと流しながら言った。

「いいって。気にするな。俺も、美佳の気持ちが分かって嬉しかったから」

「でも…でも、あなたがこのままじゃだめだから」

「何が?」

「あなたはいつも、私も気持ちよくなるようにって言うでしょ?」

「うん」

「今は私だけしか、気持ちよくなってないから」

この時点で美佳が言いたいことはわかった。

美佳の言う、私の気持ちよさというのは、射精という意味だ。

私がいつも、”自分ばかり気持ちよくて美佳を気持ちよくさせていない”と言っては、いろいろなことを試していたから、

美佳は自分が気持ちよくなった以上、今度は私を(性的に)気持ちよくさせなければいけないと考えていたのだと思う。

美佳はどこまでも真面目な女だった。でも、そこが愛おしくもあった。

私も、そのときは性的に興奮していなかったわけではないのだが、美佳はせっかくイった余韻の中に居るのだから、それを壊してはいけないと思っていた。

だから、私の方からセックスをしようとは思っていなかった。

「そうか?俺もすごく嬉しかったよ。だから、気持ちよかったってことでもあるけど」

「でも、それだけじゃダメだと思う。あなたもちゃんと気持ちよくなって欲しい…」

美佳は笑顔ではあったが、懇願するように言った。

そのときの美佳が思っていたのは、言葉の通り、自分だけが気持ちよくなっていることが私に対して悪いと思うということだ。

それは、私が普段、美佳に対して抱いている気持ちと同じだった。

だから、美佳は私の性的な満足感も必要なのだと思っていることに私も気がついた。

「そうか…。わかった」

私は、そのまま美佳とセックスをした。

美佳の服を脱がし、パンストも下着も脱がした。

性器はドロドロと言ってもいいくらいに濡れていた。

パンストどころか、スカートにまでシミができていた。

そんな美佳の性器を見たのは初めてだった。

そのときのセックスも、ただの正上位だったが、私はものすごく勃起していたし、美佳の性器は十分すぎるくらいに濡れていたので、すんなりと私を受け入れた。

そして、私はあまり時間を置くことなく、すぐに果てた。

もう気持ちが高ぶってしまっていて、とても耐えられなかった。

だが、私が射精したときも、美佳は同調するように、またイっていたようだった。

それまで、AVなどを見て、いつも不思議に思っていたのだが、”一緒にイク”というのが、私にはどうも理解できなかった。

快感の波は、二人共に別々だから、一緒にイクことというのは、演技なのだろうと思っていたし、実際にそういうのも多いと思う。

だが、このときは、少なくとも私からは、美佳が演技をしているとは思えなかった。

気持ちが本当に合わさると、快感の絶頂部分も同調することが出来るのか、と、このとき初めて思った。

イったあと、しばらく二人とも動かず、私は挿入したまま、美佳の上に覆いかぶさって、キスなどをしていたが、その間にも私の性器は、美佳の性器の中で、まだ勃起しはじめていた。

それほど間を置くことなく、もう一度セックスが出来るようになった。

私は性器を抜かずに、もう一度美佳を犯した。

私は絶倫とかそういう人間ではない。性欲は強い方だと思うが、性的能力としては普通くらいだと思っている。

普段なら、こんなことは出来ないと思うし、試したこともなかった。

一回射精したら必ず、性器を抜いていた。

だから、そのくらい、私の性欲も普段以上に高まっていたということだ。

二度目は最初より少し時間がかかったが、それでも、そんなに長くは持たなかった。

美佳の中での二度目の射精。そのときも、美佳は体を震わせてそれに応えていた。

こんなに気持ちの良いセックスは初めてだった。

美佳がイク姿を見るのが、美佳と気持ちが一つになるのが、こんなにも私の性欲を高めるとは思わなかった。

とにかく、気持ちが良かった。


やっと私が美佳の体から性器を抜いたとき、美佳も、ぐったりと布団の中に沈み込んだ。
本当に全身の力が抜けているのが分かった。

普段なら、結構すぐにどちらかがシャワーに立つこともあるのだが、それもなく、二人で布団の上でボケーっとすごしていた。

その時間すらも、とても気分のいいもので、お互いに見つめあい、笑いあっていたのだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


本当にイッた時の女の子のアソコは、ものすごいことになってるので、女の子がイッたかどうかって、本当はすぐ分かるんですよね。それに、vetさんがおっしゃったように、体全体がものすごくグッタリして、力が入らない。でも、身体が敏感になってるから、直後にもう一回すると、すぐイッてしまうんですよね。連続でイクと、死ぬほど疲れますけどw頭のてっぺんから足の先まで、ビリビリ電流が走ったみたいになって、大変ですw男の人も、イクときってそんな感じなんですか?全身鳥肌立ったりするんですか?(何を聞いているのかw)  男の人って、大抵はイッてしまったら、連続でイクってことはあまりないみたいですね(体験した事がないので情報があまりにも乏しい環境での知識ですから、間違ってたらすみません・・・)。そこが女の子の身体と違うんだな~と思います。でも、そう考えたらvetさんすごいですね!美佳さん、良かったですね、大満足ですね(オヤジ的発言)w 
[2009/12/05 19:01] URL | sabo [ 編集 ]

途中から参加させて頂いてよろしいですか?
今年の初めからブログ読ませていただいている50代の既婚男性です。
SMや変態物はすごく興味がありここのブログを見つけて最初から見ております。
vetさんの心の動きがすごくよく判り、私の疑問に思うところも同じ所もあり、そうなのかと感心したり納得したりしております。
私も若いころは自分が逝くのが第一で相手は入れればOKと思っておりましたが、色々経験するうち(自分の体力も無くなって来たせいもあるかも)、自分が逝ってしまうだけでは面白くなく相手をいかせるのが楽しみになってきました。そうなるといかにいかせるかが主題になりAVをまねしてみたり、テクニックや雰囲気、おもちゃにも走りました。しかし納得いくことはありませんでした。とあるブログだったかサイトで女性の興奮と男性の興奮の違いを知り、極端な場合言葉だけでもいけるとあり、目から鱗でした。そしてこのブログと皆さんのコメントを見ていたらそうなんだぁと再確認した次第です。
SMは興味大有りで何度かトライしてみたりしているのですが、自分の中でいまひとつ乗り切れていないところがあります。今のところ拡張系に興味があります。
今後の展開に期待をして拝見させて頂きます。
[2009/12/07 16:27] URL | masa [ 編集 ]

>saboさん
AVで、イッた場面なんかがよくありますが、本当にイクと、あれじゃ済まないというのがわかってかなりびっくりしました(笑) AVって誇張している部分が多いですが、あれだけは、本物のほうがすごいなと驚かされました。女性としても連続でイクとかなり疲れるみたいですね。美佳もそれは言っていましたが、それでもその疲れを上回る悦びがあるとのことで、やっぱり嬉しいみたいでした。
男の場合は仰る通り、連続って言うのは、余程のことがないと無理ですね。一度射精すると、次にその準備ができるまでは、それなりに間隔を置く必要があります。でも、本当にすごく気持ちいい時というのも、やっぱりありまして、この間隔がすごく短くなることはあります。このエントリーで書いたのが多分そういうことですね。ただ、それでも、一瞬も間をおかずに射精した状態の快感や、性器の勃起状態をそのままに保持し続けるというのは、不可能なんじゃないかと、私は思います。
こんな感じなので、やっぱりこのときというのは、すごく私としても興奮した出来事だったのだと思います。


>masaさん
途中でも、古いエントリーにでも、コメントはもちろん大歓迎です。なかなか、こういうお話ってできないので、ありがたく思います。
拙いブログですが、読んで共感していたける部分があるとのこと、本当に嬉しいです。
私もこの時に思ったのですが、セックスというのは、お互いに気持ちよくなるというか、気持ちを高め合うことで興奮もより高いところに行って、それによってどちらもが大きな快感を得られるのだと思います。ご経験豊富なmasaさんに私が言うのも失礼でしたら申し訳ないですが、二人で成すものですから、片方だけではダメだと言うことに気付かされたのが、このエントリーに書いた時に思ったことです。気持ちをお互いに話して納得しあったり、お互いが相手がきちんとイケることを考えて努力してセックスしたりというのが、結果的に自分にも大きな快感として返ってくるというのが、よく分かりました。でも、なかなか難しい事でもありますよね。

SMはまたちょっと普通のセックスとは違って、ご主人様側に大きな力がある状態で奴隷とのバランスをとることが必要なので、それはそれでまた難しいですよね。私も試行錯誤は、奴隷を持ってからの方が多かった気がします。
この後、続き物の話はまた少し変わった展開になっていきますが、良ければまた読んでくださると嬉しいです。今後とも宜しくお願いします。
[2009/12/12 00:33] URL | vet [ 編集 ]
連続コメントですが…
素朴な疑問なのですが、性器を抜かずに二度目…っていうのは、
ゴムを着けた状態なのでしょうか??
それとも中出し…??でも美佳さんがピルを飲んでるとは思えないし…

女性側としては妊娠のリスクがあるので、ちょっと気になったので
質問コメントしてみました。
[2010/01/24 15:09] URL | シルク [ 編集 ]

>シルクさん
このときはゴムをつけた状態ですね。美佳を奴隷にする前はゴムで避妊していましたので。2連続で、しかも一度ペニスが少し収縮したのに、同じゴムを使い続けることって、かなりリスキーだったですね。言われてみれば、そうだと思います。
このときはそういうことを考える頭がまったく回ってなかったということだと思いますし、一回目ですらも、ゴムを付け忘れそうになっていたようなところがあったように記憶していますので、この時の精神状態というのは、やっぱり特別だったのだろうと思います。
でも、こういうのはきちんと男が気がついてケアしなければいけないことですから、いくらこういう状況の時とはいえ、ちゃんと私が考えていないとダメでしたね。今更ながらですが、反省です。
[2010/01/25 19:11] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報