理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
 美佳を私の奴隷にすると言う話をした次の日から、美佳は、私のことを”御主人様”もしくは”vet様(もちろん、本当はペンネームではなく私の本名だが)”と呼ぶようになり、私とのすべての言葉を敬語で話すようになった。

美佳は、私の”彼女”から”奴隷”に堕ち、全ての自由を私に差し出して、性器もアナルも口も、全て性処理穴になった。

私は、このことは、全体的な気持ちとしては嬉しかったのだ。

だが、それでも躊躇もあり、奴隷を持ったということを複雑な思いで受け止めていた。

御主人様として、美佳をしっかりと調教してやれるのか?

すでにそこのことに責任を感じ、心配もし始めていたし、実際、気持ちの中で、美佳を”彼女”から”奴隷”にするまで、少し時間がかかったのも事実だ。

だが、美佳は私と違って、瞬時に切り替わっていた。

本当に次の日の朝から。

そして、何よりも、奴隷となったことを、とても喜んでいた。

いつだったか、美佳が何気なく言った言葉は今でも覚えている。

「私は、御主人様の奴隷にしていただいて、命令されたり縛られたりして、体の自由がなくなった分だけ、気持ちが自由になれた気がします。だから、すごく幸せです」

と。

多分、この言葉の通り、私の”奴隷”という立場は、両親の力も及ばない、美佳が待ち望んでいた落ち着き場所だったのだと思う。


以上が、私が美佳を奴隷にするまでの話。ここまでで、”最初の奴隷”のカテゴリは終わることにする。



普通のSMカップルがどのくらいで、こういう関係になるのかは良くわからないが、私と美佳は、出会ってからの年月を考えると、かなりかかっている。

それに、美佳の場合には、両親のことも絡んでいたから少しレアなケースだったと思う。

普通に何の抵抗もなくセックスが出来ているカップルの場合、主従関係になるのはもう少し早いのかもしれないし、

美佳のように無理矢理されるほうがいいという気持ちや、そういうきっかけがない分、時間がかかるのかもしれない。

それはわからない。

ただ、やっぱり、こういう、アブノーマルなことってお互いに言い出しにくいことではあるだろう。

特に相手がM(もしくはS)かどうかを見極めるというのは、なかなか難しいところだし、失敗すると、二人の間が気まずくなるというリスクもある。

私も御主人様を長く続けて、色々なM女を見てきたので、女と少し話をすると、なんとなくMっぽいとか、雰囲気で感じることもなくはないのだが、

それも100%当たるわけではないし、リスク無しに、主従関係に持っていけるというわけでもないのが現実だとおもう。

だから、普通に付き合っている男女がこういう関係を築くというのは難しい気がする。

ただ、それぞれのS性やM性を二人共に認識して、しっかりと相性が良かったときには、それまでにないほどの快感や幸福感が得られるのも確かだと思う。

だから、今、ノーマルしかしていない人にもオススメするとは言わないが、そういう世界があるということだけは、知っているといいかもしれないとは思う。



ブログのほうは、美佳との話としては、一端ここで終わりにする。

この後の美佳の調教については、ごく普通に、SMカップルの大抵がしていることと大差ないから。

普段からの言葉遣いが敬語になったことや、正座や、三つ指をついての挨拶や性器をさらしM字開脚をしての挨拶、足舐め、物や家畜として扱われること、

首輪を装着し、下の毛を剃り、犬食いやマーキング、縄での拘束、アナルの開発、鞭やスパンキング、ろうそく、性器へのピアス、水攻め、浣腸など、おそらく一通りはやったと思う。

ごく普通の奴隷とその飼い主という関係だ。

これらのプレイの中で、うまく行ったものもあれば、失敗したものもあるので、書こうと思えば色々とかけるのだろう。

だが、普通の調教については、特別に文章がうまいわけでもない私が書くことでもないというのが、本音だ。

そういう具体的なプレイは、他のブログなんかで写真や動画つきでたくさん紹介されているのが見られるから、そっちを見てもらったほうが楽しめるだろう。

それに、私は、奴隷とのプレイの写真は、奴隷を手放したときに、すべて処分しているので、今は資料がなく、リアルなものは書けない。

だから、それらのことは続き物の話ではなく、四方山話のカテゴリに、

失敗談だったり、ちょっと変わっていたり、面白かったり、何か考えるところがあったりしたものだけを特に取り上げて、軽いタッチで書いてみようと思う。

また、普段の調教を具体的に書いてしまうと、どちらかというとエロ小説に近い感じになってしまいそうで、

私の気持ちの部分や、本来このブログをはじめたときに書こうと思っていたことが書きにくくなりそうなので、そういう話はやめておこうと思っている。

ただ、今後の話の中で、何かの例として出すことはあると思うし、触れる機会もかなりあると思う。

調教自体の話よりも、そのときの私の気持ちや考え方の変化とか、奴隷の気持ちの表し方や態度、反応などから推察できる奴隷の心情など、そういうところを中心に書きたいと思っている。

もちろん、書くときには、あまりエロくは書けないのでそういう意味での期待はしないで欲しい。


また、今考えているところでは、ここまで書いてきた美佳との話の続きとして、美佳と奴隷としての契約を解消したいきさつを、そのうち書くつもりだ。

どちらかというと、美佳とは終わり方のほうが私にとっては衝撃的で、意外な形だったので、そちらの部分での気持ちの整理をつけたくて、ブログを書き始めたところもあり、

もしかしたら、そっちがメインになるかもしれないが、それにも、お付き合いいただけると幸いだ。


続き物の話としては、美佳との終わり方を書く前に少し間をおきたいのと、美佳と別れるまでの間に二人の状況がかなり変わるので、

それを含めた別の話を書いてみようと思う。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

わ~
お久しぶりです^^ わ~ついに美佳さん前編(?)終了ですか。お疲れ様でした。
美香さんとのその後がすごく気になります!vetさんの文章はきちんと整理されててとても読みやすいです、さすが理系ですねw 美香さんとの話の続き、ゆっくりじっくり続き書いてくださいね。楽しみにしてます。この頃寒くなってきたので、身体に気をつけてくださいね。
[2009/12/25 19:36] URL | sabo [ 編集 ]

一応、美佳を奴隷にする話は、ここで終了です。読んでいただいてありがとうございます。美佳の話はまだまだありまして、別れる前までに状況が変わるので、そういうのをまずは書いてから、最後に、別れる話を書こうと思います。ちょっと長い道のりになりそうですが…。

文章、読みやすいですか?それは良かったです。理系なもので、説明文を書くのはそれなりに出来るのですが、人に読ませる文章を書くのはどうも苦手なので、そう言っていただけると心強いです。ありがとうございます。

年の瀬ですし、saboさんも、お忙しいと思いますので、風邪やインフルエンザなど、かかりませんように、気をつけてお過しください。
[2009/12/25 20:25] URL | vet [ 編集 ]
感銘を受けています
はじめまして、マスター・アキと申します、SM経験は長いのですがごっこ的な経験しかなかったのが一昨年まででした、現在縁あって群馬で一人の女性と奴隷契約書を交わし主従関係を結んでいます、初めて奴隷を飼うことになり毎日が葛藤の日々です。
vetさんのブログの内容には共感する点が多々あり。またブログのファンになってしまいました、これからもコメント投稿をさせて頂きたいと思っています。
宜しければ仲良くして頂ければと思っています。
[2017/01/13 17:26] URL | マスター・アキ [ 編集 ]

>マスター・アキさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
なかなか、Sの方からのコメントというのは、いただけないので、こうして書いて頂けること、また、読んでいただけているのだなと思えまして、嬉しいです。

SM行為と、主従関係というのは、密接につながっているとは思いますが、主従として、しっかりと、関係を作るとなると、本当に、色々なことがでてきますよね。
私も、このブログに書いている通り、たくさんのことがありました。
そして、初めて、主従関係を持たれるとのことですが、何匹の奴隷を飼おうと、奴隷によっても変わることは多いので、いつも、新鮮であり、悩むことでもあります。
主従関係といっても、人間関係の一つですから、一筋縄ではいかないものですよね。
また、そういうお話もできたらいいですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
[2017/02/08 01:33] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報