理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

今回は私が疑問に思っていることなのだが…。

もしも、知ってる人が居たら、真相をコメントいただけると嬉しい。

でも、おそらく大部分の人には、かなりどうでもいい話なので、気軽に流していただきたい。


自慰のためだったり、セックスや、調教の参考にするために、私はAVをかなりたくさん見た方だと思う。

特に、私は彼女や奴隷の居ない時期が長かったし、美佳とのセックスでは、かなり色々と考えさせられたので、そういう意味でも、AVは普通の男よりもたくさん見たと思う。

そんなAVの中に、中出しを売りにしているものがある。

今日はその話。

そういうAVで、女の中に射精した後、男がペニスを抜くと、射精したであろう精子が、女性器から、すーっと綺麗に出てくるのがたまにある。

私は、それがすごく気になって仕方が無い。

自分で中出ししてみると分かるが、あんなふうに出てこないことのほうが圧倒的に多い。

このブログを読むくらいの人なら、実物の精子は見たことはあるのではないかと思う(見たことが無い人は申し訳ない)が、

どう考えても、真っ白な液体が水のように、綺麗に流れ出てくるものだとは思えないのだ。

もう少し粘性があり、女性器から出てくるにしても、流れ出ると言うよりは、搾り出されてくるような感じに思える。

私の精子はAVでたまに見かけるような、あんなに均一で滑らかで、水のように良く流れる真っ白い液体ではないような気がするし、

自分のこととして考えてみたとき、あんなものが、しかもあんなに大量に出てきた日には、ちょっと体の具合でも悪いんじゃないかと疑ってしまいそうだ。

もちろん、そういう精子ではなく、私が奴隷に中出しした体験と同じような感じの中出しモノのAVも沢山あるのは知っている。

でも、たまに、水みたいに綺麗に流れるやつがあるから、私はそれを見るたびに首をかしげるのだ。

しかも、数人の中出しでも、全員がほとんど同じような精子を出すから、さらに不思議に思う。

あれを見ると、”精子ローション”みたいな小道具があって、それを使って中出し風に撮影しているのか?などと勘ぐったりもする。

そのくらい、なめらかだし、絶妙のタイミングで流れ出てくるAVがたまにあるのだ。

それを見ると、トリックがありそうに思えて仕方がない。

もちろん、私はAV界の事情なんて良くわからないので、勝手に想像しているだけなのだが…。

それとも、ああいう粘性が低いのに、色だけが濃い精子を大量に射精できる男がいるのか?

良くわからない。

ただ、演出としては良くできてると思う。

女の性器から、あれだけ綺麗に流れ出てくれば、無残に中出しされたことが強調されるので、もしも作りものの精子を使っているAVがあったのだとしても、もちろん、それを否定する気は全く無い。

むしろ、それはそれで、うまく考えて作ってあって、見る人の性欲を刺激するという意味で、よくやっていると思う。

ただ、自分のことを考えても、奴隷のことを考えても、日によって、精子や愛液の質や量が違うのは確かだし、

同じ私の精子を入れても、溶け方?が違って、最終的に穴から出てくる液体がAVみたいなのに近づく場合もあるし、そうじゃない場合もある。

それでも、水みたいなものになってものすごく綺麗に出てきた経験だけはない気がするのだが…。

女の愛液の成分と、男の精子の成分って、やっぱり個人差があるのだろうから、それが混ざったときの反応というのはやっぱり違うのだろうか?と思ったりもする。

また、奴隷の中で動いた時間の長さでも、状態が違ってくるようにも思う。

と、奴隷の性処理穴から出てくる液体を見ながら、私はこんなことを考えていることがたまにあった。

その間、奴隷は私の考えなど知らずに、身動きできないように縛られたまま、イッた余韻に体を震わせているというのに…。

あまり、中出しした精子について、他の男と話をしたことはないし、わざわざ話すネタでも無い。

もちろん奴隷にこんな話をするわけも無いのだが、ふと、「普通はこういうこと、考えないのだろうか?」と思うことがある。

もし、普通は考えないのだとすれば、私は変わっているのかもれない。

AVと比較しながら、奴隷の性処理穴から流れ出る液体の様子を観察していたりする私というのは、やっぱり理系Sなのだろうなぁなんて自嘲してしまうところだ。


テーマ:中出し生はめ生姦 - ジャンル:アダルト


ご無沙汰しております。
中だし精子ですか、私もAVはある程度見せなきゃいけないので作り物が結構あるのではと思っております。男優も体調などにより思ったような濃さの精液が出ない場合もあるでしょうし、映像的に絵にならない場合もあるのではないでしょうか?拡張系が好きなわたしにとってはフィストや浣腸など作り物では出来ない映像を女優やスタッフはどのように現場では対応しているのか、どこまで演技なのかどこからが本気モードで感じてるものなのかに興味があります。
もう少しハードに成るとそれこそSMやスカトロもどこまでが演技でどこからが本気か知りたくなりますね。自分で知ることの出来ない世界はとても興味が沸きます。
巷に出ている本には、AVは演技だと言い切る元AV女優もいますし、結構セックス中毒でのめりこんでいる女優もいると言う元AV女優のルポライターもいますしね。
本題とはずれてしまいました。
[2009/12/21 23:54] URL | masa [ 編集 ]

masaさんもそう思われますか。やっぱり、男優も仕事のたびに同じだけの精液を均等に出せるとはあまり思えませんから、色々な工夫があるというのは、なんとなく予測できますよね。もちろん、それ自体が演出として、効果的であれば、すごくいいと思うのですが。
拡張系のも、本当に腕が入ってしまうとか、ちょっと信じられないところですよね。手品とかのタネをつかっていたりする場合もあったりするのかもしれませんね。私も、そういう業界のことは全然分かりませんので、本当のところ、知りたいものです。でも、実際にやっているとなると、男優も女優も、すごいなと思います。

どこまでが本気なのか?というのも気になるところでもありますね。私もAV女優の書いている回顧録のようなブログとかも読んだことありますが、本気だと言う人と、全部演技だと言う人、居ますよね。人によるのかも知れませんが、あとから、「全部本気じゃなかった」と言われてしまうと、それを見ていた方としては、ちょっと寂しいものがありますね。
[2009/12/25 20:19] URL | vet [ 編集 ]

Wikipediaでキーワード検索すると説明がありますよ。
[2009/12/25 21:47] URL | はる [ 編集 ]

はるさん、ありがとうございます。
Wikipediaを調べてみたら、ありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/膣内射精
(”膣内射精”までを含めてURLです)

こういう事だったんですね。
全然知らず、Wikipediaに書いてあるのも知らず、なんだか、恥ずかしい限りです。
いろいろと疑念に思っていたことがすっきりしました。教えてくださって本当にありがとうございます。
[2009/12/29 13:06] URL | vet [ 編集 ]

とんでもないです…!(汗)実は私も、かねてから疑問に思っていたことでもあったので、ちょっと検索してみました。WikipediaはSMの用語に関してもいろいろ解説があって面白いですね。
[2009/12/29 23:30] URL | はる [ 編集 ]

Wikipedia、アダルト関係のこと、結構あるんですね。面白かったです。それに、今回見てみてすごく驚きました。私は、Wikipediaでも、アダルト関係はカットされるか、別扱い(18禁)されていると勝手に思っていましたので。
私ももっと、Wikipediaで、勉強しなければ(笑)
[2010/01/04 09:56] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報