理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
このエントリー、第62話となってはいるが、第61話のときから、1年くらいあとの話なので、別の話として読んでもらっても構わない。

そのため、カテゴリも分けて、この話から”二匹目の奴隷”というカテゴリにしておいた。

第61話のときからかなり経過しているので、状況も気持ちも、多少変わっている。

そのあたりは追々書いていくので、ゆっくりお付き合いいただければ幸いだ。




最初の奴隷である美佳は基本的にヤキモチ焼きというか、私に捨てられることにビクビクしているような女だった。

奴隷と御主人様としての間柄になる前、さらにセックスをする前、私が風俗に興味を持っただけで、

自分が捨てられるのではないかと思い込んでしまったくらいだったから、独占欲が強いというか、自分に自信がないという美佳の性格は分かっていた。

そして、私も、どちらかというと独占欲が強く、美佳を他人に渡したくないと思っていた。

そういう意味では、二人とも似ていたのだと思う。

だから、主従関係を結んでからも、スワップや貸し出しのようなことに私も美佳も参加したことが無かったし、特別に興味も持たなかった。

ただ、美佳は奴隷になり、私の所有物として認められてから、少し安心したのか、私が他の女に興味を持つことには寛容になった。

自分が他の男に抱かれるということだけは奴隷になっても頑なに拒む気持ちが伺えたのだが、私が他の女を抱くことには、それほど大きな抵抗がなくなって行ったようだった。

それがどうしてなのか?という美佳の内心の本当のところは私には分からなかったが、美佳と主従の関係を結んでから、

色々なSMビデオを見たりしたし、一緒に他のSMカップルと話をするような機会を持ったりしているうちに、美佳の中で心境の変化があったらしい。

奴隷になってしばらくしてから美佳が言ったことだが、

「御主人様が他の女性(奴隷?)にもモテる男性であることが私は嬉しいです」

というふうな心境になっていたようだった。

もちろん、私がモテていたとはお世辞にも言えないが…。

客観的に見て、私がモテないのは事実なのだが、美佳としては自分の御主人様が他の奴隷にも自慢できる御主人様であると思っていたかったのだろう。

奴隷になった美佳と一緒に、SMビデオで大人数で一匹の牝奴隷を犯すようなものも見たが、私がそういうのに参加したいのであれば、それでもいいということも美佳は言った。

ただ、それでも私は美佳以外の女を抱く気はなかった。

結局、風俗も行かなかったし、SMがらみで知り合いになった人たちに、私一人だけでもいいから、スワッピングの会に参加しないか?というような誘いをもらったこともあったのだが、それも全て断っていた。

その仲間内で、私は、”奴隷に惚れて支配されている御主人様”だとか、好意的に冷やかされたものだが、それでも、別にそれが屈辱的な気分なわけでもなく、むしろ誇りにさえ思っていた。

私はそのとき、美佳のことが奴隷としても、そして女としても本当に好きだったから、美佳がいればそれで良かった。


そのころ、私と美佳は、他に6組くらいのSMカップルと特に付き合いが深かった。

その集まりも、やはりネットの掲示板で知り合い、その後のオフ会などで何度か会ううちに、なんとなく気が合う同士で集まるようになったという感じだった。

中には、スワップや、不特定多数の男に奴隷を貸し出すようなプレイも普通にこなし、スカトロや露出なども日常的にしているカップルもいたし、

普通の公園の男子の公衆トイレに奴隷をつなぎ、本当に精液便所としてしまうプレイをしていたりとか、ホームレスが集まるところに裸で奴隷を行かせ、犯してもらうとか、そういうどこかのAVでやるようなことまでしているカップルも居た。

また、逆に私と美佳よりもウブというか、ソフトに縛るくらいのSMしかしていないカップルも居たが、お互いにプレイスタイルを尊重しあう人たちだったので、うまくいっていたのだと思う。

また、みんなで会うときは、話題としては、SMやプレイの話をしているのだが、

実際にプレイをすることはあまりなく、河川敷でBBQをしたり、一緒にレストランでご飯を食べたりとか、

ドライブに行ったりとか、そういうことをして普通に楽しんでいたことが多い遊び仲間だった。

だが、そのうちの一組のカップルのある事情が、私と美佳との関係に新しい変化をもたらす発端になるのだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

長々とすみません、
ものすごく素人な質問を連発してもよろしいでしょうか?vetさんの書かれた内容の
「スワップや、不特定多数の男に奴隷を貸し出すようなプレイも普通にこなし、スカトロや露出なども日常的にしているカップルもいたし、普通の公園の男子の公衆トイレに奴隷をつなぎ、本当に精液便所としてしまうプレイをしていたりとか、ホームレスが集まるところに裸で奴隷を行かせ、犯してもらうとか、そういうどこかのAVでやるようなことまでしているカップルも居た。」
この部分に衝撃を受けてしまったんですが、奴隷を貸し出すというのは、全然知らない全くの他人に貸す、ということでしょうか?あと、精液便所ってことは、普通にトイレに入ってきたSMプレイも何も知らない一般(?)の男性が、そこにいる繋がれた奴隷さんを犯すんでしょうか?実際には、公衆トイレに入っていきなり女の子が全裸でいたら、ちょっと驚くっていうか、瞬時に「よし!こいつを犯してやれ」って思えるものなのかなあって素朴な疑問が・・・「え?これ、ドッキリとかじゃないよね?」ってその一般男性たちがビビッてしまって、プレイにならないこともあるのでは・・・?ホームレスのプレイもそうですが。そういう、素人の人たちの好きにさせるプレイって、成功する率って高いんでしょうか?また、そういう時に、HIVや性病への予防というか、対策みたいなものってしてらっしゃるんでしょうか?(もし、興ざめな質問だったらすみません) プロテクターなどを使わないプレイはそういったリスクは高くなると思うんですが、vetさんの知ってる方で、そういった病気に感染してしまった奴隷さんなどはいらっしゃったのかなあと・・・(答えたくないぶしつけな質問だったらすみません!)また、いろんな奴隷さんの中で、そんなプレイはイヤだったのに、とか、精神的に追い詰められてしまった方はおらっしゃらないのかなあと、すごく気になってしまいます。今のような質問は、多分vetさんが実際にしたことのないプレイに対してなので、答えられないものばかりかもしれませんね、すみません!実はvetさんの記事を読ませていただいてから、性病などに関してずっと疑問に思ってたので。。。私は同性愛者の友達もいるし、自分もレズビアンなので、よりそういうことに神経質なのかもしれません。いろいろとデリケートな問題に対して、ぶしつけな質問をしてしまったのではないかとちょっと心配です。。。vetさんのお気に触ってしまったら申し訳ないです。

[2010/01/22 23:15] URL | sabo [ 編集 ]

>saboさん
長いコメントでも、問題ないですよ。あまり気にせずに。

不特定多数とのセックスをさせる調教ですよね。私も、最初に聞いたときには衝撃的でした。AVの中だけの話だと思っていましたので、もうびっくりです。でも、実際にあるので世の中、色々な人が居るものだと、驚かされますね。

まず、saboさんもわかっているように私がやったことではない、聞いた話なので、正確かどうか?というのはちょっと自信が無いですが、雰囲気からの推測も交えて、お答え出来そうな部分で書きます。

奴隷を貸し出すとか、公衆トイレにつないだりして、精液便所にしてしまうというのは、そういうのに参加したい男をあらかじめ、サイトなどで募集してからやるみたいです。募集をするのは、御主人様で、事前に審査のようなことをして、大丈夫な人だけを集めておいて、日時を決めてそこに来てもらうということみたいです。なので、私が”不特定多数”という風に書いたのは、もしかしたら、当たらないかもしれませんね。審査をしているので、”特定多数”ってことになるでしょうか。ただ、前からの知り合いではなく、そのためだけに募集した人達らしいので、不特定かな?と私は思ったので、そう書きました。
そして、奴隷には事前に募集や審査をしていることは全く知らせずにおくので、奴隷にとってはいきなり来た人に犯されているという状況になるということだそうです。私がそれをやっていた御主人様から聞いたのはこんな感じですね。
なので、犯す方の男はそこに奴隷が居るということはわかっているので、ドッキリだとかそういうものだとは思うこともなく、すぐに精液便所として使うということができるんだろうと思います。そこから推測するに、ホームレスの方も、御主人様が事前に話をつけておいてから、奴隷を連れて行っていたのだろうと思います。こちらは、ちょっと聞いただけなので、詳しくはわかりません。

また、私が知っている奴隷の中で、そういうプレイで性病になったという話は聞いたことはないです。上で書いた審査の時にそういう病気が無いことも確かめていたのかもしれませんね。ただ、実際、性病になっていたら、それを私に言うとは思いませんので、本当に一人もいなかったかどうかはわかりません。
奴隷がそういうプレイを嫌がっていたり、そのせいで精神を病んでいたりとか、そういう様子も私が見た限りにおいては、見受けられませんでした。話をしていると、むしろ御主人様の命令に従って犯されたことを喜んでいるようにすら見えましたので、プレイ自体は奴隷も納得づくのように私からは見受けられました。また、他の男に無残に犯されることで感じる奴隷(また、それを見て興奮する御主人様)という性癖の話も聞きましたので、そういう部分で快感を得られる行為なのかもしれません。

と、このくらいしかわかりませんが、答えになっていますでしょうかね?

ご質問に関しても、あまり気にせずにドシドシ聞いてくださって問題ないですよ。ただ、答えられることと、知らないとか、その他の理由で答えられないことがありますので、答えられないときにはお許しください。

[2010/01/25 19:06] URL | vet [ 編集 ]
ありがとうございます
こんなに丁寧に答えていただいて・・・ありがとうございます!!
そうですよね、いくらなんでも「精液便所」で一般の人、はないですよね; なるほど、ちゃんと事前審査みたいなものがあるんですね。なんだかほっとしましたw

vetさんのブログを見させていただいてつくづく思うのは、SMのご主人様って、奴隷さんのために(特に凝ったプレイのとき)いろいろ準備したり練習したり・・・考えれば、とっても大変な立場だなあということです。奴隷さんのことをどこまで理解できるかがキーとなり、どこまでが調教の範囲になるかを見極めて、ギリギリのラインでいつも勝負するなんて、まさに神業!と言わざるを得ません・・・vet様、万歳!!(?)
またボケボケな質問を繰り出すと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
[2010/01/26 21:29] URL | sabo [ 編集 ]

私も、もうちょっとちゃんと説明を書くべきでしたね。ですので、こういうツッコミを入れていただくのは、後からきちんと説明出来てありがたいですよ。質問はどんなことでも気にせずに、これからも気軽にしてくださいね。

御主人様も色々な人が居ます。私みたいな感じで準備万端に整っていないと調教に入らない人から、その時の思いつきとか、流れとかでうまく調教に入っていく人まで居ますから、私のブログを読んで、御主人様がみんなこうだと言うのはちょっと違うかもしれませんね。ただ、saboさんが言われたように奴隷の耐えられるラインを考えるとか、そのギリギリのところを見極めると言うのは、御主人様には必要な能力だと私も思います。でもこれがなかなか難しいんですよね。私も多分きっちり出来ていたとは言えないと思いますので、神業なんて言われると、かなり恥ずかしいです(笑)でも、本当に神業だなと思わせてくれるご主人様も見たことありますので、世の中は上には上が居ると言うことですよね。
[2010/01/31 20:09] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報