理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


あるとき、奴隷に聞かれたことがある。

「私は、奴隷として成長したでしょうか?」

と。

何をしていたときか?ということ、アナルで私の性器を初めて受け入れられるようになり、アナルも性処理穴として本格的に使えるようになったときのことだ。

プレイの後、初めてのアナルでの性処理に、やはりグッタリとなってはいたのだが、それでも、確かめたかったのか、そんなことを私に聞いてきたのだ。

もちろん、というか、私の性格というか、御主人様としての条件反射として、

「この程度でか? ほんの少し、使える穴になってきただけだ」

なんて、多少は努力を認めつつも、完全に褒めるようなことはしなかったが、奴隷はそれでも、

「あぁ、嬉しいです。もっと頑張りますから…。御主人様の性処理穴として快適に使っていただけるようになりますから…」

と、アナルから精液を流しながら、喜んでいた。

私が少しは認めたということは、ちゃんと伝わっていたのだった。

そう、認めたことは認めたのだ。

前と変わったこと、アナルを拡張する努力をして、奴隷としての性処理の幅を広げたこと。

それは、間違っていない。

だが、アナルが使えるようになるということが、本当に奴隷の成長といえるのか?

なんてことを私は考えていた。

こうして、また考えなくてもよさそうなことを考え始めるのが、理系御主人様たる、私の性格なのだ。


女が奴隷に堕ちたとき、肉体的には、調教によって奴隷化すると私は思う。

それは御主人様の調教の仕方にもよるのだろうが、アナルを拡張するのもそうだし、膣のしまりを良くする(ための運動をしてそうなる)こと、

緊縛や蝋燭、鞭などの責めの痛みに耐えられるようになるのもそう、

また床に座るときの基本は正座だから、それが長時間できるようになるというのも、そうかもしれない。

また、性感帯が変わることがあるのかどうかはわからないが、感じ方も違ってきていたように思う。

私は医者ではないので、奴隷の体の変化がどこから来ているのか?ということに具体的な根拠を示すことは出来ないのだが、

奴隷の体は、女として扱われていたときとは、いろいろな面で変わるのは確かだろうと思う。

だが、そういった肉体的変化をもって、”奴隷として成長した”と言って良いのか?っていうことには、私はどちらかというと、懐疑的な思いを持っていた。

というのも、私が思うには、奴隷というのは、御主人様に無償で、しかも自分に不利益になることもいとわずに尽くすことを約束した存在であると思うから。

SMというとプレイの派手な部分が強調されがちだし、私がSMを始める前に持っていたイメージは、鞭や蝋燭などを使ったSMのAVのような具体的なプレイそのものを指していた。

だが、私は、実際にSMをやり、女を奴隷に墜とし、色々な知り合いが出来て、様々なSMの形を見てきた。

そんな経験を経た後で私が思うのは、プレイ一つ一つを奴隷が上手にこなせるか?こなせる体になっているかどうか?ではなく、

御主人様にどこまで無防備に全てを捨てて尽くしきれるか?というところにあるのではないか?と、どうしても思ってしまう。

もちろん、私が色々なSM現場を見てきたから、この主張が正しいのだ、などと言うつもりはないが、私自身の答えとしては、そういうものではないかと現状では思っている。

女の体を奴隷に落とすことは、心を奴隷に落とすことのための手段だと。

少なくとも私は、自分の奴隷にするなら、最終的には心を私の奴隷としてやりたいと思う。

御主人様が快楽を得ることを奴隷自身の快楽とし、御主人様の幸せを奴隷自身の幸せとするようなメンタリティを持つようになるとか、

奴隷として徹底的に御主人様に尽くし、心の全てで、それを喜ぶような気持ち。

そういうものを奴隷が持ったとき、またそれに近づいたとき、初めて成長したと言えるのではないかと私は思ったりする。

だから、アナルが広がって、アナルセックスが出来るようになったことが、直接の奴隷の成長とは言えないのではないか?なんて思うのだ。

ただ、もちろんそれが無駄だというのではなく、そこには御主人様にアナルも使ってもらいたいという奴隷の気持ちと努力があるわけで、

奴隷が御主人様に服従する心を形成する意味で、アナルの拡張ももちろん、その他、体を奴隷に落としていく過程というのは、立派に評価されて良いものだとも私は思っている。


なんだか、書いていたら、どちらなのか、明確ではなくなってきたような気がするので、どうもまとまりのない文章で申し訳ないが、逆に、奴隷を飼っていない今の私でも、そういう風にしかまとめられないということだから、きっちりとした私なりの答えがまだ出せていない部分なのかもしれない。

でも、こんなこと、普通の御主人様も、きちんと考えてSMをやっているのだろうか?

もしかして、私の考えすぎなのだろうか?

そんな部分も同様に、かなり気になるところだ。



お久しぶりでございます!
記事がたくさん更新されていて嬉しいです。
お仕事、ひとごこち着かれたのですね。

vetさんの考察はいつも深いです。
今回の記事もまた、「う~ん」とうならされてしまいました。

私の主は、縄も蝋燭も鞭も使いません。
けれど主に命令を下されるたび、私は翻弄されるのを感じ、
心の中ではエゴとの葛藤が生まれます。
(それは私が特に我が強いというか、自分を守りたい心が強いせいかも知れませんが)
肉体的な面ではいわゆるSMっぽい調教はとても少ないですけれど、
心の面では紛れもなく主従であり、服従を求められています。
もし私が、主従イコール鞭や縄やピアス、などと形にこだわるような傾向が
あったとしたら、この関係は成り立っていなかったのかも知れませんね。

「主従」と言っても形はそれぞれ。
それでも共通する核の部分は、vetさんのおっしゃるとおり
奴隷がどこまでも無防備に御主人様に尽くしきれること、心を奴隷に落とすこと、
なのだという気が致します。
[2010/09/13 16:00] URL | はる [ 編集 ]

>はるさん
お久しぶりです。本当に長らくブログを休んでしまいました。
仕事が殺人的に忙しかったものでして、ブログを書く時間が全くなくなっておりました。でも、なんとか仕事の方も一段落つきまして、時間もできたのでブログ復活してみました。早速コメントくださってありがとうございます。
ただ、まだ前ほど仕事が楽な時期ではないので、またたまに長期の更新停止とかがあるかもしれませんが、ブログをやめるつもりはないので、よければ気長に見に来てくださると嬉しいです。

はるさんの御主人様は縄も蝋燭も鞭も使わないとのことで、SMらしいSMというか、世に言うところのSMっぽい感じではないのですね。
それでも、服従するように、しっかりと調教なさるところはさすがというか、そういうことができるというのはすごいなと思います。私はやっぱり、ある程度は肉体への刺激というのを併用しないと、上手くできない方でしたので。それなのに、肉体よりも精神の方を奴隷に落とすことが重要だと思っていたのですから、もしかしたらすごく矛盾した行為をしていたのかもしれないなぁなんて、はるさんの書き込みを拝見しながら、思いました。それにしても、はるさんの御主人様はすごいですね。それにとても興味深い調教です。そういうこと、もしも私も出来ていたら、また違った調教や奴隷との関係になっていたのかもしれませんね。
”心を奴隷に落とすこと”という目的のためですが、手段が色々とあるというのも面白いところだなと思いました。
[2010/09/17 07:53] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報