理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーは、特にSMとは関係ない、私の現状について書くという、非常に個人的な話だ。

なぜそんなことを書こうと思ったか?というと、私の現状について、ご心配くださっている読者の方が、少しいらっしゃるようなので、それにお応えするという意味合いだ。

私の現状になど興味のない方はかなり多いと思うので、そういう方は、読み飛ばしてくださって構わない。

興味のある方だけ、読んでいただければという、エントリーで、なんだか申し訳ない。



さて、ありがたい事に、ブログをやっていると、メールやコメントを頂くことがある。

ブログを始めようと思ったときには、こんなエロ動画も、調教写真も、官能小説もないSMブログに、誰も興味を持ってくれないんだろうなぁなんて思っていた。

だから、私のSMについての過去の気持ちや経験を整理するために使おうと思って立ち上げた。どちらかというと、自分の為に。

最初は、どうせ来ないだろうから、コメント欄もメールフォームもつけないでおこうかと思った。

でも、やっぱり私は誰かとコミュニケーションがしたかったのだと思う。

感想を聞きたかったのだと思う。

私が書く昔の思い出話に少しでも付き合ってくれる人がいてくれたら嬉しいと思っていたのだと思う。

だから、コメント欄も残したし、メールフォームもつけた。

それに、たくさん人が来てくれれば、興味を持ってくれる人ももしかしたら居るのではないかとおもったから、ブログランキングにも参加してみている。

そして、今、私の当初の予想に反して、コメントもたまに頂くし、メールもかなりの数、いただくようになった。

いただくのはメールのほうが多いのだが、やっぱりこういうブログだから、公開されてしまうコメント欄には書きにくいのだろうか?なんて、そんなことを考えたりもするようになった。

とにかく、当初考えていたよりも、色々な方とのコミュニケーションが出来ていて、私としては非常に嬉しく思っている。

そんなコミュニケーションの中で、多くの方に聞かれたことがある。

それは、「今のvetさんはどうされているのですか?」ということだ。またそれに付随して、「もう御主人様をやる気はないのですか?」ということも聞かれる。

こんなご質問をいただくのは、かなり驚いたし、しかも一人ではなく、複数の方から同様に聞かれたから、さらに驚いた。

奴隷を失った御主人様のその後というのは、惨めで興味をそそるものなのだろうか?なんてことなのかなぁと思ったら、実はそうではなく、私が世捨て人になっているんじゃないかと心配してくだっさったり、もう女への興味をなくして無気力になっているのではないかと危惧してくださったり、と本気で私のことを気にかけてくださっている方ばかりで、驚いたと同時にありがたく思った。

なので、メールを下さった方にはお礼のお返事と私の近況を書いたのだが、そういうメールが何通も来たり、コメント欄でも聞かれるということは、メールやコメントを下さったことのない読者の方の中にも、同じような疑問を持たれている方がいらっしゃるのではないかと思い、このエントリーを書くことにした。

このエントリーは、そういう経緯で書いている。


なんだか、前置きが長くなった。

私の現状を書く。

まず、今は私は東京にはいない。

奴隷をすべて失ってから少し経って、北海道の函館という街に引っ越した。

今はその街で暮らしている。

仕事の都合で、引っ越したということだ。でも、残ろうと思えば、東京に残ることもできた。

だから、奴隷を失ったことが東京を離れることになんの影響も与えなかったか?といえば、それは違うような気がする。

やはり多少のショックがあり、そこから逃れようと、住む場所を変えたいという気持ちが少しもなかったとは言い切れないと思う。

でも、少なくとも、悲しみにくれて東京をあとにしたというような大げさな気持ちの揺れがあったわけではない。

私としては、仕事が一番の理由であったということに、心のなかではなっている。

本当のところはどうなのか?というのは私にもよくわからない。

そして、今は奴隷もいないし、普通に付き合う女もいない。独り身の状態だ。

今は独り身というのは、ブログの中で何回か書いたのだが、それも皆さんにご心配をおかけする要因になっているようだ。

でも、悲嘆にくれて、「女なんてもういい…」とか思っているわけではないのでそれは心配しないでいただきたい。

単に、付き合う相手がいないだけだし、奴隷がいないのも、現在は出会うための努力をしていないだけだ。

ただ、前ほど奴隷(または女)との付き合いに積極的ではなくなっているという気持ちはあるような気がする。

是が非でも、奴隷や彼女を作らなければ!という気持ちは今はあまり湧いてこないから、そういう面では消極的になっているかもしれない。

奴隷を失ったことというのは、やはり私の心境に影響を与えていると思う。

でも、メールをくださった方の中に「人によって傷付いた心は、人によってしか癒されない」と言ってくださった方がいらっしゃるのだが、その言葉にはすごく励まされた気がする。

私の中の消極性を見抜かれ、そうアドバイスして背中を押してくださった。

ありがたい事だ。

こういうことも、ブログでコミュニケーションをする可能性を閉じずにいてよかったと思うところだ。

だから、私は「もう御主人様をやる気はないのですか?」という、もうひとつの質問には、明確に答えられる。

「機会があればやってみたい」と。

ただ、それは現実的に考えて、今すぐにできるとは思っていない。

そう簡単に奴隷となるM女が見つかるとは思えないし、それを探すために今すぐに私が行動を起こすということも今は考えていない。

もちろん、私の奴隷になりたいというM女がいきなり見つかってしまえば、御主人様にすぐにでも戻りたいとは思うが、そんなM女が道端にホイホイ落ちているものではないので、そんな可能性を本気で考えているわけではない。

今はまずブログに過去を書く事で気持ちの整理をつけ、次へ向けたステップにしていきたいと思っている。

その後になるか、その途中になるかはわからないが、縁があれば、また奴隷を飼ってみたいと思っている。


ということで、現状の私は、こんな感じだ。

だから、あまり心配しないで欲しい。

というか、ご心配いただけるのはとてもありがたく、光栄なことなのだが、皆さんにご心配をおかけするほど私はひどい状態というわけではないということをわかっていただければと思う。

奴隷を求めるための行動が積極的とは言いがたいが、かといって奴隷を得て御主人様に戻ることも含めて、何もかも諦めているというわけではないし、ましてや世捨て人になってるわけでもないので、大丈夫だ。

時が来れば、自然に奴隷を求めるようになるのかも知れないと思っているし、今すぐに奴隷が見つかれば御主人様に舞い戻る覚悟というのもある。

だから、「奴隷にして欲しい」というM女がいれば、私はそのことについて真剣に前向きに考えると思う。

ただ、今は、奴隷はいないので、ブログを書きながら、過去を振り返りつつ、先を見据えてじっくり過ごしているところだと思っていただければ、それが一番当たっていると思う。

ということで、今回のエントリーは、今までで一番面白くなかったかと思うが、一応このブログのWEBマスターとして、書いておきたいと思ったことなので、許して欲しい。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

良かったです!
vetさん、エントリー拝読させていただきました。
私の不躾な質問にこんなにも丁寧にお答えくださってありがとうございます。
vetさんが、世捨て人になってしまっていないということや、今は先を見据えているということを伺ってすごく安心しました(^^)
そして、御主人様に戻る気持ちもしっかりとお持ちだとのことが、のぞみには一番嬉しいです!やっぱり、vetさんは御主人様じゃなきゃって思っていますから。早く、奴隷になるM女性が見つかるといいですね。私、応援しちゃいます!!
こんな素敵なご主人さま、そうそういないですから、vetさんの奴隷になれるM女性って幸せなんでしょうね。私も、やっぱりvetさんの奴隷になりたいかも!でも、他の人の奴隷でした(あはは…)。
[2010/12/17 19:27] URL | のぞみ [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
のぞみさんのご質問もありましたし、メールでも同じようなご質問をいただいていましたので、いずれは書かないといけないかなぁと思っていたところでもありましたから、良いきっかけを頂いたと思っています。そういう意味でも、のぞみさんのコメントはありがたかったです。
エントリーに書きましたように、さすがに世捨て人になるにはまだ早いような気がしますし、もう少し先に希望を持って暮らしていこうかなと思っております。確かに奴隷を失ったことはショックではあったのですが、それでも、前に進まないといけないと思いますので、今はそういう気持ちでおります。
御主人様に戻るという気持ちも、捨てずに持っていますので、今の私の奴隷になってもいいというM女が現れて、相性がよければ、主従関係を結ぶことも考えています。すぐに見つかるとは思っていませんが、見つかればいいなとは強く思います。応援、ありがとうございますね。
私のことを素敵と評価いただいて光栄です。ありがとうございます。でも、のぞみさんにはしっかりと御主人様が居るのですから、私の奴隷になりたいとか、言っちゃだめですよ。
[2010/12/20 17:06] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/01/13 22:11] | [ 編集 ]

2011/01/13 22:11に書きこまれた匿名希望さん、はじめまして。

当ブログにようこそ。
今回は、足跡だけとのことですが、それでも嬉しいですよ。
ありがとうございます。
また気が向きましたら、コメントなどもいただけると嬉しく思います。

匿名希望さんのブログもあるそうですので、今度時間があるときにじっくりと拝見させていただきますね。
せっかくですので、リンクもさせていただきました。

今後ともよろしくお願いします。
[2011/01/14 17:10] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。