理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
奴隷を性処理に使う。

これはごく普通にしていたことだった。

大抵は、奴隷の性器に私の性器を入れ、普通のセックスのように奴隷を見て、奴隷に触れて興奮し、射精する。

その時、奴隷を縛っていることもあれば、何か枷のような物で拘束している時もあるが、普通の性処理の場合には、基本的に”奴隷を見て、奴隷に触れて”、行っていた。

だが、同じ性処理でも、性処理用の穴としてのみ奴隷を使うということも私はやったのだった。

それは、普通の性処理と何が違うのか?といえば、本当に穴のみが必要とされ、奴隷自身を性的興奮の材料とは見ていないということだ。

具体的に書けば、奴隷の性器に私の性器を入れているのは、性処理と同じだが、性処理の時のように、奴隷を見て、奴隷に触れて、私が興奮するのではなく、私は、AVなど、他の女の映像を見て興奮するということだ。

つまり、私は奴隷のことなど全く見ずに、AVで自慰をしていて、その精子を出す先がたまたま奴隷の性器ということ。

そんな性処理を私は何度かやったことがあった。

初めてそれをやったときのことは今でも覚えているが、奴隷は自分がただ穴としてしか使われていないこと、私が他の女を見て興奮していて、自分のことを全く見てもくれていないことに、寂しさや屈辱を覚えた様子だった。

そして、私が射精に至る前に、私に対して、自分が興奮しているということを示すように声を上げた。

だが、そんな奴隷を私は平手で打った。

性処理の穴としてのみ使っている時なのに、自らをアピールするようなことをした奴隷に、罰を与えたのだ。

そして、私は不機嫌な顔をして奴隷の穴から、自分の性器を抜く。

奴隷は、そんな私に不安そうな顔を向けて、こう言った。

「御主人様、どうしてお止めになるのでしょうか?」と。

それに対して私は、

「何を思い上がっているんだ?」

と冷たい目で見下ろした。

「ただ、御主人様が、ビデオの方に目を向けておられたので、私の方も見ていただきたくて…」

「なにを訳のわからないことを言っている?お前は俺の物になると言ったはずだな?」

「はい。それはそうです。ですから、私のアソコは、御主人様に好きに使っていただけるものです」

「そんなのは当たり前だ。俺は、今日は、お前の穴だけが必要だったんだ。お前に欲情するつもりはない。AVを見て、オナニーしたかっただけで、そのために穴を使ってやってる」

「私は…」

「ただの精子を捨てるための穴だ。一人で俺がオナニーするときのティッシュと同じだな」

「…」

「それが嫌なら、俺の物とは言えない」

私は突き放すように言った。すると、奴隷は、

「そんな…。申し訳ございません。ただの穴で構いませんから、使ってください。お願いいたします!」

と必死で頼み込んできた。

「じゃあ、自分のことをなんなのか、ちゃんと説明してみろ」

「は、はい…。私は、御主人様の精子を入れていただくためだけの穴です」

「それで?」

「穴ですから、私のことを見て欲しいなんて思いません。穴としてだけ、ご自由にお使いください」

そう言いながら、奴隷は、涙を流した。

自らを穴としてのみ使われ、私の欲情の対象にすらしてもらえないことを自分で認めたのだ。

近くにいて、肌を合わせているにもかかわらず、AV以下の扱いを受けることを承諾したのだ。

それを受け入れることは耐え難い屈辱だったのだろう。それが、涙となって流れ落ちていた。

だが、そうなって、やっと私は、また元のように、奴隷の穴に性器を入れた。

そして、やっぱりAVを見る。奴隷の方には一切視線を向けない。

今度は、奴隷は自らをアピールするような声をあげることはなかった。

ただの穴として、私の性器を受け入れ、そして私がAVで自慰をし、射精すると、精子をだまって受け止めた。

そして、

「穴としてお使いいただいて、ありがとうございます」

と深々と頭を下げたのだった。

その時も奴隷は泣いていた。ずっと泣き続けていたのだと思う。

私は、奴隷の方を見ていなかったから、分からないが…。


これが、最初に穴としてのみ性処理に使ったときの様子だ。

まだ、奴隷は、自分を完全に御主人様の物として思えていない時期のことだ。

というよりも、御主人様の物になるということのほんとうの意味を理解していない時だった。

だが、時間が経ち、奴隷が奴隷としての自覚を持ってくると、これも変わっていった。

最終的には、私に穴としてのみ使われることでも、喜びを感じるようになっていった。

そして、しばらく経ったとき、また同じことをした。

私がAVを見て自慰をし、奴隷の穴への射精をする。

すると、奴隷は、以前と同じように、

「穴としてお使いいただいて、ありがとうございます」

と言いながら、やっぱり涙を流すのだが、その涙は、自分を欲情の対象としてみてもらえなかったことへの寂しさや、屈辱からくるものではなく、

純粋に穴として使ってもらえたことへの感謝や喜びから来る、嬉し涙へと変わっていた。

それは、奴隷の表情から、明らかにわかる。

本当に嬉しそうに微笑みながら涙を流していた。それは、一番最初に穴として使われたときには出来なかった表情だ。

奴隷を穴としてのみ使う。

これも、初期においては、奴隷にかなりの精神的なショックを与える調教だと思う。

だが、これを乗り越えたとき、奴隷は本心からご主人様の物となり、自由に使われるということの本当の意味を理解するようになると思う。

そのために私は、この調教は必要不可欠だと思って施していたし、私としても、Sの部分をかなり刺激される調教だった。

穴奴隷や精液便所なんてことをよく言うが、奴隷を本当にただの物とし、性器をただの穴として使うというのはこういうことだと私は思う。

ただ、これをやったからと言って、すぐに奴隷が自らを御主人様の物として認識するか?というとそれには私は疑問を持っていた。

実際、すぐに奴隷が納得したわけではないように見受けられたから。

だから、これで全てがうまくいくというわけでもない。それは仕方がないということも私は思っていた。

また、ここまでする御主人様が多いかどうかは知らないが、私は奴隷を物として扱うと、奴隷には宣言していたので、ここまでのことをやったのだと思う。

今思うと、精神的にかなり厳しい調教だったと思うが、私の奴隷がこれに耐え、そして物として扱われることに心底喜び、涙を流していたのを見たときの達成感というのは、かなり大きかった。

だからこれは、私が御主人様としての満足感を得るためのものだったのかも知れない。

本当に奴隷のための調教としてよかったのかどうか?という視点で考えてみると、今でもよくわからない部分でもある。

はじめまして
はじめまして。遥といいます。
はじめてコメントします。

何度か訪問してエントリー読ませていただいていました。
自分自身迷ったり、悩んだりの毎日ですが、頑張ってます。

今回のvetさんのエントリー、何だか今の遥の心にジーンと入っていってしまいました。
モノになりたい...遥はそういつも思っているけど、間違っていた自分もいたのかもしれないって思いました。
考えさせられました。
でも、いろいろと理解できました。
ありがとうございました。

また、おじゃまします。
[2011/01/18 19:05] URL | 遥 [ 編集 ]

遥さん、はじめまして。
エントリーを読んで下さり、ありがとうございます。

今回のエントリー、遥さんの心に何か残るものがあったようで、良かったです。
私も書いた甲斐がありました。
モノになりたいと思っていても、なかなか難しい部分ってありますよね。
そこで考えたり、迷ったり、いろいろだと思います。
私もそれは、過去の奴隷たちの反応からよくわかります。
今回、少しでも、遥さんの考えの助けになれたのでしたら、良かったなと思います。
こうしてコメントいただけて、こちらこそありがとうございます。

それから、ブログを書いておられるようなので、勝手ながらリンクさせて頂きました。
もしもダメだったら、言ってください。

それでは、今後とも宜しくお願いしますね。
[2011/01/19 09:42] URL | vet [ 編集 ]
ありがとうがざいます
素敵なお返事を頂きありがとうございます。

みんなそれぞれ悩み、迷いながら成長していくものなんだな...って思いました。
頑張ろうと思えました。
ありがとうございました。


それから、リンクありがとうございます。
ぜんぜんかまいません。遥も貼らせて頂きますね。


こちらこそ、仲良くしてください。
またおじゃまします。
[2011/01/19 17:38] URL | 遥 [ 編集 ]

いえいえ、こちらこそコメントいただいて励みになります。ありがとうございます。

そうですね。やっぱり悩みながら、手探りしながら、
自分の道というか、良い方向を見つけていくというのが、
人生もそうですし、その一部であるSMでも同じなのかなぁと思います。
誰かに言えた立場の私ではないですが、がんばってくださいね。

リンクも承諾下さり、また相互リンクにもしてくださってありがとうございます。
今後とも、よろしくおねがいしますね。
[2011/01/20 01:46] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/05/11 19:16] | [ 編集 ]
ただの愚痴
はじめまして。SMに関心はもっているのですが、SでもMでもありません。
ですが私ももしやるなら、体に瑕が残ったりするのは嫌なので、管理人さんのポリシーには賛同し楽しく拝見していました。
今回、部外者の私がここにコメントを残そうと思ったきっかけは、自分の体験からです。
トラウマを刺激されたからと言ってもいいかもしれません。
ですが、悪気があって書いているわけではありません。
ちょっと愚痴ってみたかった。それだけです。

私と夫は結婚当初からセックスレスでした。
別れようとは、思ったのですが、嫌いで結婚したわけではないという点と
別れたいというと、夫が泣いて嫌がるので、流されてしまったという事だと思います。

私も子供が欲しかったので、不妊治療に通いながら
排卵日に精子だけ流し込んでもらうというような感じで
子供を作りました。

まさに、AV見ながら穴に入れてもらって終わりという感じです。

今回Sのご主人さまをして、かなり厳しい調教という発言を書かれていました。

奴隷でもなくそういう扱いされていた自分と、そうして生まれてきた自分の子供について
なんだったんだろうなと、ふと思いました。

真面目な話をすると、性について真面目に語り合う事、逃げずに考える事
それが私たち夫婦に足りていなかった事なのかもしれません。

ただ、語り合ったからと言って解決する問題ばかりでもないのも身をもって味わってもきました。

そのプレイに対して、あなたが必要だと思うのなら、それがあなたの答えなんだと思います。

ただSでもMでもない私にとっては、人を幸せにできる人があえて、人を不幸にして
それはただのゲームなのかもしれないけれど、もったいない事だと思いました。

人を不幸にしかできない私の夫には、その方法しかなかったんだと思うのですが
向き合える人が、あえてしなくてもいいのではと、思いました。

ただの愚痴で、悪気はないのですが、余計な事かいてすみませんでした。
[2016/02/12 23:23] URL | ゆずぴ [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報