理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美佳の話のところでも少し書いたのだが、今回は、奴隷が調教や性処理によってイクことについて書いてみようと思う。


まだ主従関係のないときに、美佳をイかせようと考えて様々な手を尽くした。

だが、普通にセックスをしただけでは美佳をイかせる事は、ほぼできなかったと言っていい。

ブログにも書いたが、性器や体の刺激する場所を色々と探ってみたり、雰囲気を変えてみたり、音楽を試してみたり、セックス本やAVを一緒に見てみたり…。

とにかく色々とやったのだが、どれも大きな効果は得られず、美佳をイクところまでは導けなかった。

最終的には、SMをすることに二人が合意したという、共通の認識というか、心のつながりを持てたときに美佳は初めてイッたのだった。

だから、結局のところ、私は心がつながっていなければ、本当の意味で女をイかせるというのは難しいのではないかと思ってる。

もちろん、これには異論があると思う。

私には、セックスのテクニックがそれほどなかったから出来なかっただけであって、テクニックでイかせることが出来る人というのも存在するだろうと思うし、また雰囲気をつくるのがうまいとか、その他、別の方法で女をイかせられる人もいるだろう。

そういう事例を私が否定しているというわけではない。

ただあくまでもあのときの私の場合には、ということ。そして、あのときの私と同様に特別にセックスが上手いわけではない男の場合と考えて欲しいと思う。

そういう男の場合、セックスで女をイかせるというのは、なかなかに難しい。

やはり、気持ちの部分での高揚感、お互いの信頼の確認、愛情の交換など、そういう心の共有といえばいいのか、そんな状況になんとかもって行けたときに、女がはじめてイクということも多いのではないかとおもう。

だから私は、美佳を普通のセックスでイかせることができたのは、たった一度きりだった。

その部分までは、以前、ブログに書いた。

だが、その後の話がある。

美佳が私の奴隷になって主従関係を結んでからの話だ。

それは美佳の話としては、省略した部分だが、もちろん主従関係を持ってからも美佳との性行為はやっていた。むしろ、主従になってからのほうが増えていた。

ただ、主従になってからは、普通のセックスというのはほとんどしなくなった。

常に調教や性処理という形で、SM的に行為をすることがほとんどだった。

そしてその時の美佳は、主従関係を結ぶ前の状態が嘘のように、よくイケるようになっていたのだった。

主従になる前は、あれだけ苦労して、イケるようになるにはどうしたらいいのか?と考えていたのが、馬鹿らしくなるほど、美佳は、私の普通のSM的な責めで、イケるようになった。

というか、責めどころか、私がそばに居る、私に命令されるというだけで、かなり性的なレベルが上がっていっていたように思う。

例えば、私は前にも書いたようにパンストフェチだったから、奴隷にもパンストを直穿きさせて楽しんでいたりしたのだが、そういう私の性的嗜好にも従順に反応していた。

パンストに愛液を漏らし、ほとんど私が愛撫もすること無く、パンストを直に履いたというだけで、イクようなことまで見受けられた。

それが、私にとってはかなり不思議なことだった。

主従になったからと言って、私のセックステクニックというか、愛撫や挿入などのやり方がすぐにうまくなったわけではないし、場の雰囲気の作り方が上手になったわけでもない。

御主人様になったからと言って、一朝一夕にそれらが変わるものではないのだ。

SM的な責めは、美佳のM性を刺激するようなことだったのだろうから、興奮度を上げる効果はあったかも知れない。

だが、私のSMでの調教が最初からうまかったわけでもないと思う。

緊縛にしても鞭にしても、最初はぎこちなく、手探りで、なんとかSMっぽい感じを出しているだけに過ぎなかったと思う。

本格的なSMでもなければ、おそらくM性をちゃんと引き出せるレベルのものでもなかったように思う。

だが、そんな私のSM初期段階ですら、美佳はイクようになっていた。

主従関係を結んだその日を堺に、美佳のイキやすさというのは、格段に上がったのだ。

私がそれほど変わっていないにもかかわらず。

当時、それがとても不思議だった。

なぜなのか?当時の私にはわからなかった。

ただ、美佳がイキやすくなり、行為から快感や満足感を得ることができるようになったことを喜ぶだけだった。

そして、今、あの頃のことを振り返ってじっくりと考えるに、女がイクことというのは、その後ろに、やはり、精神的なものが深く関係しているのだろうと思える。

美佳との関係が、普通の男女関係から、主従関係に変わったときに一気に変わったのは、私が御主人様になり、美佳がその奴隷に堕ちたという、立場。

つまり、お互いの精神的な部分、意識するものが大幅に変化したということだ。

その中でも、私が一番に思うのは、安心感や信頼感が格段に変わったのではないかと思う。

人間を動物として考えると良いのかも知れない。

女は、本当にイッたあと、すぐには動けない。

動けないということは、外敵に襲われたら何も出来ないということだ。

自然界では、それは致命的なことにつながる。

だから、信頼し、安心感を持って頼れる人の前でしか、女は本当の意味でイクことはないのではないか?と私は思う。

そして、主従関係というのは、普通のカップルと違って、御主人様と奴隷が対等ではなく、御主人様が優位に立ち、奴隷を従えているという、精神的な構造を自覚させる。

普通に考えれば、御主人様が奴隷を好きなように使える関係という風にこれを捉えることができるが、

もう少し突き詰めて考えると、何かあれば、優位なものは、従えているものを守るということを同時に約束した関係だと、認識することもできるのだろうと私は思う。

そして多くの奴隷は、御主人様に従うことで、御主人様に守られていると思っているのではないかと私は考える。

実際、私の奴隷たちの様子を見ても、私を頼りにしているという雰囲気は十分に伝わってきていた。

私のことを信頼し、極端な話、私になら命も預けられると思っていたのだろうと思う。

そのため、奴隷は素直に御主人様に身をまかせることができ、それができるから、御主人様さえいれば、いつでも無防備になれる。

御主人様がいてくれさえすれば、自分がどんな状態になっても大丈夫なんだという安心感を持つようになる。

その結果として、奴隷となった女はイキやすくなるのではないか?と私は考えた。

美佳は私の奴隷になった初期からそうだったし、理沙は私に譲渡されてから、徐々に私を信頼する気持ちが強くなっていったのか、時間が経つに連れて、イク頻度が高くなっていったように思う。

そういう経験があるから、私はこのようなことを思うのだろう。

さらに、それに加えて、M性のある女の場合には、SM的な責めによって、それを刺激されることも、精神の高揚につながるから、さらにイク可能性をあげることができるのではないか?とも私は思う。


もちろん、奴隷にならなくてもイクことのできる女もたくさんいるし、イかせることのできる男も多いと思う。

主従になどならなくても、うまくやっているカップルもたくさんいるのはわかる。

だが、主従関係という、精神的な立場をお互いに認めることで、女(奴隷)がイキやすくなるというのも確かなことではないかと私は思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

パンストフェチについて
vetさん、コメントはお久しぶりです。
でも、ずっとちゃんと読ませていただいていましたよ。

今回のお話、とても共感できて、ウンウンって頷きながら読ませていただきました。私も、奴隷になったら、よくイケるようになりました。御主人様と居るだけで濡れるし、声かけられたり、触られただけでゾクッとして、イッちゃいそうになることも…。彼氏がいた事もあったけど、そんなことなかったから、やっぱり御主人様の威力はすごいって思ってます。美佳さんもそうだったんですね。なんか安心しました。

それから、今回もまた、vetさんについて、疑問が出てきてしまったのですが、伺ってもよろしいでしょうか?
私って、なんか、質問するときだけ出てきてる気がするんですけど…(^^;
でも、いいですか?
ズバリ、vetさんのパンストフェチについてです!w
私もパンストはよく履くんですが、御主人様は、すぐに脱がしちゃうので、フェチじゃなさそうなんですけど、vetさんのパンストフェチってどんな感じなのかなぁって思いました。vetさんのパンストフェチの詳しいところが知りたいです!
なんて、質問、ダメでしょうか?

また更新楽しみにしていますっ!
[2011/01/19 19:12] URL | のぞみ [ 編集 ]

のぞみさん、お久しぶりです。お元気でしたか?
ずっと読んでいてくださったとのこと、ありがとうございます。

のぞみさんも奴隷になってから、よくイけるようになったのですね。今回のエントリーは、私が奴隷を観察した結果だけから書いているので、他の方が同じ体験をしているかどうか?というのは、全く考慮されていませんでした。ですので、のぞみさんも同じとのことを伺って、やっぱりそういう風になる人も多いのかなと思えまして、良かったです。
こうなると、主従関係というのは、うまく使えば、女性の性的な満足感にかなり寄与することが出来るのだなという思いを強くしました。

それから、疑問の方ですが、私のパンストフェチについてですか…。
詳しく語れとのことですね。
うーん、なんだか正面きって言われるとかなり恥ずかしい物がありますね。
自分のフェチをおもいっきり晒すというのは…。
とりあえず、保留にさせて下さい。
コメント欄に書くにはちょっと厳しい感じなので、書くかどうかも考えて、書くことにしたら、エントリーにしますので、しばしお待ちください。
でも、書けるのか…。
なるべく、善処します。
[2011/01/20 01:55] URL | vet [ 編集 ]
無理ならいいんです
あ、困らせてしまいましたでしょうか?ダメならいいんです。無理しないでください。
でも、ブログを拝見していたら、パンストフェチのこと、何度か出てきたので、どんな感じなのかなぁって思ってしまって。
vetさんのこと、凄く知りたい気持ちが出てきている私です(^^)
御主人様、ちゃんといるのに…。なんでだろう? vetさん、S男性にしては優しい感じだからかな?
[2011/01/20 22:56] URL | のぞみ [ 編集 ]

困っているわけではない、かな…。というか、私の気持ちの問題だけなので、ご質問自体は問題ないですよ。それに、似たようなご質問というか、「パンストフェチについて大いに語ってください!」という励まし?のメールも頂いたことがありますので、それも考えると、興味のある方も多少いらっしゃるのかなぁなんて、思いますし…。
ただ、なかなか書く決心がつかないので、しばしお待ちいただけますか?
なんだか、ちょっと優柔不断で情けないところですが、やっぱり、フェチを晒すのは、自分のブログとはいえ、少し恥ずかしいものでして。

私は優しいですか…。うーん、どうなんだろう? 自分ではあまりそうは思わないんですが…。

とりあえず、のぞみさんには、御主人様がいるのですから、私よりも、ちゃんと御主人様の方を見てくださいね。って、それは分かっているとは思いますが。
[2011/01/21 00:26] URL | vet [ 編集 ]
ラブラブです。
もちろん、わかってま~す! ちゃんと御主人様のことは見てますし、ラブラブ(古っ!)ですから。
でも、vetさんのことも気になるんですよ。特に、今のvetさんの事を書いたエントリーを読んでから。
「奴隷になりたいM女さ~ん、ここにとっても素敵なフリーの御主人様、いらっしゃいますよ~。早くしないと私がとっちゃいますよ!」
なんて、書いたらご迷惑ですか?ww
[2011/01/21 19:55] URL | のぞみ [ 編集 ]
はじめまして。
はじめまして。いきなりお話に割り込んでしまい本当に申し訳ありません。ちょっと知りたいことがありましたので、書かせていただきました。のぞみさんが書かれている、vetさんの今のことを書いたエントリーって、どこにあるのでしょうか?私も興味あるので読んでみたいんです。でも、探せなくて困っています。教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。いきなり出てきてすみません。最近、こちらのブログを見つけて読み始めたばかりなのです。迷惑だったらこのコメント、消してください。
[2011/01/22 00:10] URL | kiki [ 編集 ]
同意です.
vetさん,

今回の記事,私も実感するところがあるので,とても興味深く拝見させて頂きました.相手との信頼関係が深まれば,感度が格段に上がりますよね.心のつながりって大事だなと再認識することが多いです.私の場合は開発が主目的なのですが,SMはその手段の一つとして,大変有効であると考えています.ただし,度を超すと,危険かなとも最近感じるようになりました.

私も体験談と自分が感じるところを,そのうち記事にしようと思います(何時になるか分からないけど…(汗))
[2011/01/22 22:17] URL | Bluberry [ 編集 ]

>のぞみさん
あはは…。迷惑ではないですが、M女への呼びかけには、びっくりしました。
そんなに高く私を評価してくださっているとは、思いませんでしたので。ありがとうございます。
それよりも、とにかく、のぞみさんが、御主人様のことをちゃんと見ているとのことで、安心しました。これからもラブラブで頑張ってくださいね。


>kikiさん
はじめまして。コメント欄は好きに書いていただくようになっていますので、話の途中でも、割り込んでくださって問題ないですよ。迷惑でもありません。
私はこんな感じでそれぞれの方に個別にお返事を返しますので、大丈夫です。
それで、のぞみさんが書いていた、今の私のことに関するエントリーですが、”現状の私(http://mastervet.blog53.fc2.com/blog-entry-158.html)”というものです。これに、今の私のことが書いてあります。あまり面白くないんじゃないかなぁなんて思うんですが、良ければ読んでみてください。
今後とも、よろしくおねがいしますね。


>Bluberryさん
Bluberryさんも、私が感じたのと同じような実感を持たれているのですね。相手との信頼関係というのは、本当に重要ですよね。今回は、私の経験だけで書いたエントリーですので、皆さんがそう思っているかどうか?というのは自信がなかったのですが、同じような体験を書いてくださると、私も自信が持てて良かったです。ありがとうございます。

Bluberryさんの記事も楽しみにさせていただきますね。
[2011/01/22 23:08] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/01/26 19:33] | [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。