理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷の調教を始めると、まず一番最初に、奴隷に挨拶をさせるというのが定番化している主従も多いのではないだろうか?

例えば、こんな文句。

「御主人様、こんにちは。

今日も、卑しい牝奴隷の〇〇にお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

私の醜い穴と体を使って御主人様にご奉仕させていただきたく思います。

〇〇の体で、御主人様にご満足いただければ、〇〇は本当に幸せです。

どうぞよろしくお願いします」

とか、まあ、おそらくそれぞれの主従で、挨拶の文句はかなり違うと思うが、こういうようなことを言わせ、

さらに、一言でも間違えたら、その都度ムチを入れるとか、スパンキングをするとか、そういうことを併用している場合も多いように思う。

また、このご挨拶は、御主人様の前で、床に正座し、三つ指をついて頭を下げて(ほとんど床に額をつけて)行われるなんてこともあると思う。

私の場合には、そういうスタイルだった。

そして、気が向けば、その頭に私は足を乗せたりして、挨拶の邪魔をしては、うまく出来なかったと言って、お仕置きをしたりしていた。

挨拶部分から、かなり理不尽な話なのだが、これもすでに調教の一部なので、それは仕方がない。

奴隷も、それは分かっていたから、挨拶に何度か失敗することにも、そのうち慣れていたように思う。

そんな奴隷のご挨拶だが、私は御主人様になりたてのころ、これをそれほど重要なこととは思っていなかった。

私は最初、調教のやり方がよく分からなかったので、その時知り合いだったベテラン御主人様に、ある程度の段取りを習ったり、SMのAVを参考にしたりして始めた。

だから、挨拶なんて項目が、私の調教に加わったのだが、教えてもらっていなければ、私はおそらく、挨拶なんてさせていなかったように思う。

なによりも、SMはプレイ(緊縛、蝋燭、鞭、スパンキング、浣腸などの定番の責め)が一番大事だと思っていた時期だったから、

調教の最初からいきなり緊縛をするとか、そういう風な入り方をすることに、何の疑問も持っていなかったのだった。

そういう考え方だったから、私は、最初の頃、この奴隷の挨拶を省略したことが何度もあった。

挨拶を聞いているのが煩わしかったというか、とにかくすぐにプレイに入りたくてウズウズしていたというのが、正解だろう。

それだけ余裕がなかった時期というか、プレイに対する好奇心がかなり強かった時期とも言えると思う。

とにかく、挨拶をかなり軽んじていたのは確かだった。

だが、そうしているうちに私は段々と、調教というか、主従関係というのは、プレイをするだけではないのではないか?と思うようになっていった。

もちろん、プレイによって奴隷に痛みや苦しみや屈辱感を与え、それを快楽に変化させるという意味での効果を忘れたわけではないし、

それがSMの一部をなし、奴隷のM性を満足させるための重要な一つであることは私も分かっている。

だが、SMのプレイを重ねるうち、それだけで、主従関係を成り立たせるのは難しいのだということに、私は気がつくようになった。

目新しかったSMプレイが、そのうちマンネリ化してきてしまうのだ。

はじめは痛みや恥辱に震えていた奴隷もそのプレイに耐えられるようになり、もっと大きな刺激を与えなければプレイだけでは持たないということに気がついた。

だが、大きな刺激を与えるということは、奴隷の体を損傷するリスクも上がるということだから、それにもいずれ限界がくるということは、容易に想像がついた。

ならば、SMを長く続けるのであれば、プレイ以外の何か?奴隷の心を満たしてやれる他の何かが必要であるということに必然的に考えが至ったのだった。

それはなんだろう?とその頃の私は考えた。

SM、主従関係をかなり長く経験した今の私なら、もっと色々な、プレイ以外での奴隷への刺激や心を満たす方策を思いつくが、

その頃の私はプレイこそがSMと思っていたし、その意識からの転換を図ろうとしていたところであり、何がプレイの穴を埋めてくれるのか?ということに頭を悩ませた。

そして、私は調教の流れを最初から一通り考え直すことにしたのだった。

そこで、一番最初に出てきたのが、この奴隷のご挨拶なのだった。

挨拶を間違えたときには、スパンキングなどの痛みを与えることもあるが、基本的に挨拶は挨拶であり、プレイとは別物と言っていい。

だがそれを最初にさせることで、奴隷は主従関係を再認識し、SMの世界への雰囲気にしっかりと入ることになる。

そう、この、”雰囲気にしっかりと入る”という部分が、主従関係を長く保つことに寄与するのではないか?と私は思ったのだった。

というか、その時になってやっと気がついたと言うことだ。かなり遅い。

だが、それ以後、私は調教の前には必ず、挨拶をさせることにした。

しかも、かなりの時間をかけ、挨拶だけで奴隷が股を濡らすほどに念入りにさせることも増えた。

そうしたら、奴隷はプレイの前に、すでにSMの世界に酔っているような様子を見せるようになっていったのだった。

さらには、主従関係を強く意識した様子で、自らが奴隷に堕ちたこと、そして御主人様が絶対の存在であることを、本当に素直に受け入れて調教に臨んでいることが見て取れるようになった。

それを見たときに、私は、この最初の挨拶の重要性にやっと気がついたのだった。

私に、SMのセオリーを教えてくれたベテランの御主人様が、なぜ挨拶などという、面倒なことを入れているのか?が、その時になってやっとわかった。

ベテランだったからこそ、プレイのマンネリ化を防ぎ、主従関係を長く保たせるための方策をきちんと盛り込んでいたのだ。

奴隷のご挨拶。

それは、プレイを楽しむということを考えた場合にはとても面倒で、省いてしまいたくなることかも知れない。

だが、プレイの質、全体としての雰囲気、主従の認識の度合い、その全てを引き上げる効果が、挨拶にはあると思う。

だから、それに気がついたあとの私は、この最初の奴隷の挨拶を欠かすことはなくなった。

御主人様の中には、初期の私と同じように、最初の挨拶を省略する人もいるだろうと思う。それはそれで、もちろん問題はない。

だが、なにかプレイに満足感がなくなってきたり、奴隷が奴隷らしくない態度を取るように感じられるようになってきたりしたときには、挨拶をきちんとさせてみるというのは、それを解消する一つの方策ではないかと私は思う。

一般的に、挨拶というのは人間関係を円滑にする効果があるが、主従関係でもそれは同じで、挨拶は、大きな効果を持っている。

そのことに気づけるかどうかで、主従関係も変わってくるような気がする。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


なるほど~。
私は今までご挨拶は改めてさせられることはなかったのですが、
自分の気持ちを新たにすることができ、また御主人様も喜んでくださるのなら、
次にお会いするときは始めにきちんとご挨拶いしてみようと思います!
[2011/01/29 00:52] URL | はる [ 編集 ]

多分、それぞれの主従で、ご挨拶をするかどうかというのは、判断が分かれるところだと思います。私もエントリーで書いたように、させていない時期もありましたし。
なので、調教に必須とは思いませんが、主従の関係をはっきりさせる、その認識を改めて確認するという意味では、かなり効果的かと思います。
はるさんが、今までされていなかったのでしたら、やってみると、少し気分が変わるかも知れませんし、今までとは違った新鮮な感じがするのでは?と思います。私としては、おすすめです。
[2011/01/29 20:53] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報