理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
以前、私が御主人様だった頃、よく掲示板に書き込みをしていたSM系サイトのオフ会に、私は結構参加していた。

オフ会といっても、そこでSMをするとか、スワッピングをするとかそう言うことではなく、いつも掲示板で話をしているので、たまには会って話しましょうという趣旨の、至って健全?な集まりだった。

私は、他の人とのプレイということに関しては、結構な抵抗があり、前に理沙のスワッピングの話は書いたが、ああいうことに行くのは本当に稀で、

オフ会は、普段掲示板で話をしている人と会ってみたいということで、話をするためだけに行く事のほうが圧倒的に多かった。

もちろん、合同プレイの誘いというのは、それなりに来るのだが、私は大半は断っていた。

美佳が他の人とのプレイを好まないのは知っていたから、美佳をそういうところに連れていったことは本当に一度もなかったし、理沙にしても、そんなに連れていきたいとは思わなかった。

要するに私は独占欲が強かったので、自分の奴隷の裸をあまり他の男の前に晒すようなことはしたくなかったということだ。

少し話がそれた。

それで、その、どこかの食べ物屋に集まって話をするだけというSM系サイトのオフ会の場合には、私は結構積極的に参加していたので、掲示板に来る人の知り合いは徐々に増えていった。

常に参加している常連さんとはかなり仲良くなったのだが、オフ会に1度か2度くらいしか来なかった人とかも結構いたので、そういう人とは知り合いどまりで、その時に話をして終わりということも多かった。

そんな中に、たまたま奴隷を失ったばかりの人がいた。

その人は、奴隷に一方的に別れを告げられたとのことでかなりのショックを受けており、その話というか、その人の愚痴にも近い事情説明とそれに対する皆の意見が、その日のオフ会のメインの話題になっていた。

私も、私の立場で、その話に参加したのだが、その時に思ったことと、その後、私も奴隷を失ってみてから考えたことを含め、今回は、”御主人様の資質”ということについて、書いてみようと思う。

究極的には、御主人様に本当に必要なものは何なのか?というのを私なりに考えてみた。


まず、私が奴隷を持つ前の感覚というか、一般的に思われているであろう理想的な御主人様像というのを考えてみる。

やはり、S性が強く、気が強く(精神的に強く)、包容力があり、性欲が強く、性的な能力が人よりもあり、そして様々なSMやセックスのテクニックに精通している、というのが、挙げられるのではないかと思う。

それが、理想的な御主人様なのではないか?と思われるのでは無いだろうか。

少なくとも、私が御主人様になる前には、そういうものを備えていなければならないのではないかと思っていたところがある。

そして、そのオフ会でも、奴隷にフラれたその人は、自分にそういう部分が欠けていたから、特に性的な能力が強くないから奴隷に愛想をつかされたのだと主張していた。

性的な能力が強くないというのを具体的に書けば、ペニスがそれほど大きくないとか、勃起の持続時間が短いとか、連続して勃起することが出来ないとか、そういうことだ。

それについて、その時に出ていたほかの人達の意見というのももちろんあり、性的能力ばかりが御主人様の資質ではないという風に言う人も何人も居たのだが、

いくらそういう意見を言っても、その人はそれを聞き入れず、とにかく自分の性的能力の無さにうなだれていくばかりだった。

それはそれで、なんだか見ていてかなり悲哀を誘うものだった。

そんな出来事を、私は思い出しつつ、このエントリーを書いている。

そして、いま、奴隷のいない冷静な目で見て、御主人様に最も必要な資質とはなんだろう?と考える。

私が奴隷と別れたときの話はまだブログに書いていないが、その時のことを思い返してみると、少なくとも私の場合には、性的な能力が足りなかったからだとは思えない。

これは、私の性的な能力が強いと言っているのではない。

私は性欲は強いほうだが、ペニスが特別大きいとか、絶倫だとか、そういうことは断じてない。

おそらくだが、ペニスの大きさも普通くらいだと思うし、勃起の持続時間にしてもそれほど長いわけではなく、連続して勃起し、射精しまくれるほどの精力があるわけでもない。

本当に、ごく一般的な日本人男性の性的能力しか持ち合わせていないと思う。もしかしたら、平均以下かも知れないなんて思うことすらある。

逆に、もしも、御主人様やSの人に、性的能力が強い人が多いというのであれば、私はその中では性的能力的には低レベルだと言ってもいいかも知れない。

こんなふうに正直に書くと、ちょっと恥ずかしいが、私は、私のことを、その程度のものだと自覚している。

だから、私は性的能力の強さで奴隷を持てていたわけではないと思えるのだ。

また、先ほど上で挙げた、理想の御主人様像の他の条件を私に当てはめて考えてみるとすると、まず、私はS性に関しては強かったと思う。それは間違いない。

次に、気の強さ(精神的な強さ)だが、私は気が強い方ではないと思う。かと言って気が弱いわけでもないだろう。だから、これに関しては普通程度と思う。

次に包容力だが、これに関してもそれほど自信があったわけではない。普通の男として持っている範囲におさまる程度のものだっただろうと思う。

次に、性欲に関しては結構強かったと言えるのではないかと思う。とにかくセックスやSMがしたいという風によく思っていたし、忙しさなどで、それが出来ない日々が続くと、奴隷が居たにもかかわらず、自慰もしたくらいだから、これは間違いない。

そして、セックスやSMのテクニックがあったか?ということだが、これに関してはそれほどあったようには思えない。

SMは、やっていくうちにかなり慣れてうまくなっていったとは思うが、はじめからうまかったわけではないし、うまくなったと言っても私よりもうまい人はたくさんいて、上記のオフ会などで会う人と話をしても、私が教えるよりも教えてもらうことのほうがずっと多かったように思う。

こんな感じで並べてみると、私は決して、御主人様の理想像に近い存在だったわけではないと言える。

それでは、なにが奴隷たちを私の奴隷としてとどめていたのか?と考えると、それは、私が常に意識していたことがよかったのかな?と今になって思う。

私が奴隷を持ってから常に意識していたこと。

それは、とにかく奴隷をよく観察し、的確にその状況を把握すること。そしてその情報を元に、きちんと考える事。

奴隷の心が今どんな気持ちなのか、何を望んでいるのか、そして、今望んでいるものを与えるべき時なのか?否か?

また、奴隷の肉体が今どんな状態なのか?調教や性処理をして良いのか?否か?

他にも色々あるが、そういった、奴隷の諸々の現状をしっかりと把握し見極めること。

それが、必要なことなのではないか?と私は思える。

そして、これだけは、私は常にやっていたなと、思えることだ。

私の場合には、奴隷のことを気にかけているということを奴隷に悟られるのが嫌だったから、奴隷に直接気持ちを聞いたり、体を労る言葉をかけたりということはほとんどしなかったが、それでも、奴隷をしっかり見て、普通に話などをしていれば、ある程度は状況はわかるし、そこからきちんと考えるようにもしていた。

そうすることで、奴隷に最適な調教を最適なタイミングで施すことが出来、奴隷の心を満たしてやることが可能になっていたのではないかと私は思う。

そして、こういうことをするために、私が最も重要だと思えるのは、奴隷に愛情を注ぐということ。

しっかりとした愛情を持つことで、奴隷に対する関心が薄れることはなく、常に奴隷のことを見ようとし、きちんと考えてやろうとする姿勢が生まれるのだろうと思う。

その姿勢こそが、奴隷が私の奴隷であることで心を満たされる感覚を得ることに繋がっていったのではないか?と。

だから、性的能力が強いわけでもなく、テクニックがあったわけでもなく、気が強かったわけでも、包容力が特にあったわけでもない私にあったのは、これだけだったのかも知れないなぁと、今になると思う。

奴隷に対する愛情。

これが御主人様になるための最低限の資質ではないだろうか。

なんだかありきたりな結論なのかも知れないと苦笑するし、愛だとかそういう事を書くのはちょっと照れくさい。

また、奴隷を物として考える場合、愛情を注ぐということに異論もあるように思える。

だが、私はやっぱり愛情というのは必要だと思うし、これに関しては、奴隷たちに、ちゃんと注いでいてやれたのではないかな?と、自惚れかも知れないが思える。

SMというと派手なプレイや性的な強さに目が行きがちで、そちらの能力が必要と思われがちだが、精神的な部分での奴隷との繋がりというのは、見落とすことの出来ない重要なファクターだと私は思う。

一般的に思われているであろう理想の御主人様像から、結構離れてしまっている私のような人間でも、なんとか御主人様を続けることができたのは、こういう精神面を大事にしたからだったのではないかと思う。

私ももちろん、最初からそれが出来ていたわけではないが、最終的にはちゃんとこのことに気がついていたように思う。

やはり、主従関係であっても、プレイだけではなく、愛情や精神的な繋がりは必要であり、愛情を持って接すれば、それに奴隷は精一杯応えてくれるものだと私は思う。















管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報