理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
今回は、私のパンストフェチについて書こうと思う。

自分のフェチについて、話をするというのは、なんとも照れくさいというか、恥ずかしいというか、そういう気持ちを抑えることは出来ないのだが、

このブログに関しては、私は自分の気持ちも性癖も過去の出来事も、素直にありのままに書こうと思っているので、書くことにした。

と言いつつ、かなり前に一度書いているのだが…。

今回、もう一度、書くことになったきっかけというのは、「私もパンストフェチですので、奴隷にどうやってやらせていたか、大いに語って欲しいです!」なんて、ご要望を受けたり、メールを定期的にやり取りしている方のお一人とパンストフェチについて色々と語り合ってしまったり、先日、コメント欄でも私のパンストフェチについて教えて欲しいという、ご質問を頂いたことなどがあったから。

そして、私自身も、ブログの中で、たまにパンストフェチだと書いているのに、そのことについてあまり深く触れないでいるのは、潔くないかな?と思ったというのもある。

とりあえず、そんな事情で今回、かなり思い切って前回よりも詳しく書こうと思った。


まず、私が奴隷に求めたファッションの話から入ろうと思うが、私は、奴隷に「こういう服を着ろ」とか「こういう髪型をしろ」とか「こういうメイクをしろ」とか、そんな指示を直接出した覚えはない。

せいぜい調教の中で、「下着は付けるな」と言ったくらいだ。

私が、ファッション、特に女のファッションに疎いということもあるのだが、服や髪型やメイクに関しては特に指定することもないと考えていたからだ。

だから、奴隷のファッションに関しては、自由にさせていた。

だが、私にも奴隷が着ているものとか、している髪型やメイクの好みというのは存在した。

それは、服は、上はブラウスで、下は膝が少し出るくらいの長さのスカート。そして、その中にパンストを履くというものだった。

ガーターやニーソックスも嫌いでは無いというか、むしろ好きな方ではあるのだが、やはりスカートをめくったときに、ちゃんと尻や性器までもを覆っているパンストが一番好きだった。

髪型は名前がよくわからないのだが、とりあえずパーマとかをかけていないストレートな黒髪が好きで、メイクもあまり派手じゃない、すっぴんに近いナチュラルなほうが好みだった。

そして、奴隷がたまたまそういう格好をしているとき、私はそれを見て「今日は俺好みだ」と、言っていた。

そして、そう言われると奴隷は、次第にそういう格好をするようになっていき、それを見て私がまた「好みだ」というので、最終的には奴隷はそういう格好ばかりするようになっていった。

直接の服装や髪型、メイクの指示はしなかったし、自由にさせてはいたものの、私好みの奴隷になりたいという奴隷の心理からすれば、私が奴隷のファッションについて、「好みだ」と言ったことは、間接的に指示していたことになるように思える。

とにかく、こんな感じで、私の奴隷は、私に会うとき、上はブラウス、下はスカートで中にパンストを履くという形が定番化していった。髪もあまり染めたりしなくなり、メイクも控えめになっていった。

ちょうど、銀行員などの制服や、女子アナ、飛行機のキャビンアテンダント、リクルートスーツの女子学生のような感じだ。

ちなみに、私は奴隷がズボン(パンツルック)を履くというのが、嫌いだった。

というのもズボンというのは、すぐに性器を晒すことが出来ないという意味で、奴隷にはふさわしくないものだと思っていたし、

スボン姿の奴隷を見ると、私の性欲は明らかに落ちていたから、生理的に好みじゃなかったのだろうと思う。

だから、奴隷がズボンを履いていたときには、調教も性処理もしないとか、そういう事がよくあった。

奴隷もそのうち、私のそんな気持ちに気がついたらしく、私の前でズボンを履くことはほとんどなくなっていった。

少し脱線した。話を戻す。

上で書いたように、私の奴隷は、ブラウスに、膝が少し出るくらいの長さのスカート、そしてパンスト姿という格好がかなり多かったので、その格好だけで、私のフェチな部分を刺激してくれていた。

私としては、そんな姿を見るだけでもかなり嬉しく、性欲を刺激されていたのだった。


そして、次にスカートの中。

パンストの話になるが、私はごく普通の無地のパンストが好みだった。色もベージュとか、ブラウンとか、黒とか、そういう一般的によく履かれているものを好んでいた。

全面に柄が入ったパンストとか、パンティ付きのパンストとか、派手な色のカラータイツなんかもあるが、同じパンストでも、そういうのは、私の好みではなかった。

柄が入っていても、せいぜい、ワンポイントくらいが限度だと思っている。

だから、奴隷が、たまにバリエーションを付けて、上で書いたような変わったパンストを履いてくると、「それは、あまり好みじゃない」と言ったり、調教のノリが悪くなっていたような気がする。

そういう私の態度も徐々に奴隷に伝わっていったので、最終的には、やっぱり私の好みのシンプルなパンストを奴隷はいつも履くようになっていった。

今思うと、結局は、自分のフェチに奴隷を付き合わせていたわけだが、私は自分のフェチを最初からはっきりと言うのが気恥ずかしい感じがしたのであまり言わず、奴隷が察して、自分から履くように仕向けるという、なんともまわりくどい方法をとっていた。

自分がパンストフェチだと最初から奴隷にあまり言わなかった(言えなかった)のは、御主人様としての私の妙なプライドのようなものがあったからだが、それでも、自分の好みは奴隷にわからせたいという、我侭な心理が私にはあったのだった。

最終的には、奴隷に伝わっているので、私がパンストフェチだというのは、奴隷は嫌というほど分かっていたし、私も最後はパンストフェチであることを認めてはいたのだが、それでも、直接的に指示していないということで、プライドが保たれたと思っていた私だ。

今思うと、何をやっていたのかと、笑ってしまうのだが、その時は自分のフェチを隠しつつ、やっぱり奴隷には思い通りの格好をさせたいという欲求を見事に達成したと喜んでいたのだった。

かなり滑稽な話だ。

そんなパンストフェチの私がやった、パンスト関係の調教だが、一番多かったのは、奴隷にパンツを履かせず、パンストのみを直履きさせて、しばらくそのまま出かけたり、家事をさせたり、自慰をさせたりして、パンストの中に愛液をたっぷりと出させるというのもの。

奴隷が、パンストを愛液で汚すという惨めな姿に蔑みの言葉を浴びせたり、またそうなったパンストの上から性器を愛撫するのが楽しかった。

また、パンストを破くという調教もよくやった。

これは、AVなんかでも頻繁に見かけるが、私もそれが好きで、よく破いたものだった。

でも、ここにもパンストフェチなりのこだわりがあって、私はパンストを全面にわたってビリビリと破ることは少なく、性器周辺だけを破り、そこから奴隷の性器をいじったり、私の性器を入れて性処理をしたりというのが多かった。

奴隷の足は、パンストにきっちり包まれている方がいいという思いがあったので、そういうことが多かったのだと思う。

また、たまに全面的に破るときも、大きな穴をガバガバあけるのではなく、伝線したような感じに破いて、その伝線部分から脚の肌が少しづつモコモコと露出するようにするのが好きだった。

こんな調教をよくしたから、パンストはすぐに使い物にならなくなり、奴隷はいつもバッグの中に、予備のパンストを何枚か持っているのが普通になっていった。

また、調教とは言えないかも知れないが、私は奴隷がパンストを履いているときの感触が好きだったので、テレビを見ながら、パンストを履かせた奴隷の尻や性器の部分をずっと触っていたり、パンストを履かせて正座させ、その膝枕で寝たり、そういうこともやっていた。

とりあえず、パンストフェチの私としては、奴隷にこんな事をしていたのだった。

他にも、色々とやったが、それは他の話の中でまた書くことにするので、そのうちまたパンストの話は出てくるだろうと思う。

パンストフェチについて、ある人とメールで詳しい話をしていたときに出た話題なのだが、そんなにパンストが好きならば、私自身もパンストを履いたことがあるんじゃないか?と聞かれた。

だが、それはない。

私のパンストフェチはあくまでも、奴隷に履かせて楽しむものであって、自分で履きたいとは全く思わないのだ。というよりも、自分で履くなんてことは逆に嫌悪感を抱くくらい不快なことだと思っている。

フェチと言っても、パンストならなんでもいいわけではなく、フェチだからこそ、そういう部分にこだわりがあるのだ。

まあ、こだわりがあるだけに、それに付き合わされた私の奴隷たちは、厄介なものだと思って呆れていたのではないかと、今にしてみると思うのだが…。

ちなみに、私の知っている御主人様のなかにも色々なフェチの人が居た。

脇フェチ、首筋フェチ、鎖骨フェチ、胸フェチ、脚フェチなんていうのはまあ、まだ普通かもしれないが、スカトロ系の人では、奴隷の肛門の臭いフェチとか、尿フェチなんて人もいたし、O脚フェチという私にはよくわからないフェチの人とも話をしたことがある。

服装にしても、短パンフェチとか、ブルマフェチとか、スクール水着フェチとか、そういう学園コスプレっぽいものを望む御主人様にも会ったことがある。

私とは真逆で、奴隷はスボンを履いていないと駄目だと言っていた人もいたので、人のフェチというのは、色々なんだなと思った。

Sや御主人様というのは、ただでさえ、世間一般からみると変態だと思われる立場ではあるのだが、それに輪をかけてそういうこだわりがあったりするから、手に負えない。もとい、面白い。


それにしても、今回、私のパンストフェチのことをここまで書いてしまって、良かったのだろうか…。

まあ、今の私もパンストフェチな部分は変わらないから、街中で上で書いたようなファッション(黒髪のストレートに、薄化粧、上はブラウスに、下は膝が出るくらいまでのスカート、そしてパンスト)をしている女を見ると、つい目が行ってしまう。

だから、このブログにおいては、隠すことではないのだろう。

でも、なんだか、あとから、これを書いた恥ずかしさに後悔しそうな気もするが、とりあえず、私はこんなフェチの持ち主だ。

もう、笑われても良いと思って書いているので、笑って流してもらえれば、幸いだ。
ありがとうございます!
私の無理難題に答えてくださってありがとうございます!
今回の記事のvetさん、凄く恥ずかしそうに書いていらっしゃるので、無理させちゃったかなぁと、ちょっと反省です(^^;
でも、隠さずに書いてくださってすごく嬉しいです。感謝、感謝です。
そして、またひとつ、vetさんのことがわかったので、嬉しいです。
パンストフェチといっても、vetさんの場合は、女性の色っぽい格好が好きということみたいに思えます。その象徴がパンストなのかなぁって。なんか、あんまり下品じゃない感じで、女性の私から見ても嫌じゃなかったです。ますます、vetさんのファンになりました。
また、なにかあったら、質問させていただいてもいいですか?

更新楽しみにしていますっ!
[2011/02/07 20:35] URL | のぞみ [ 編集 ]

無理はしてないですので、大丈夫ですよ。
恥ずかしかったことは確かですが…。
でも、下品じゃないとか、嫌じゃないと、女性に言っていただけるのは、私としても救われた気分です。ありがとうございます。
ご質問は、いつでも大歓迎ですよ。ただ、答えられるかどうか(精神的に(笑)はわかりませんが。
遠慮なく書いてみてください。
今後とも、よろしくおねがいしますね。
[2011/02/10 20:18] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報