理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
SMでは、奴隷に首輪をつけさせるというのが、よく行われる。

それは調教というよりは、奴隷にするための儀式に近い物のように思える。

私が過去に話をした大半の御主人様は、調教をするときには、奴隷に首輪をつけさせていた。

そして、私も例にもれず、調教前に奴隷に首輪をつけさせるのが基本だった。

奴隷を調教するとき、また奴隷と二人だけで居るとき、というか、奴隷が奴隷である間といったほうが良いだろうか。

私がいない間でも、首輪をつけて居ろと命じていたこともあったから。

だから、奴隷にとっては首輪が付いている間は本当に奴隷、そして首輪を外されたときももちろん奴隷ではあるのだが、普段の生活をするために便宜上、女という立場になることになっていて、首輪というのは、それを切り替えるためのスイッチのようなものだと考えて良いように思う。

もちろん例外もあり、例えば一緒に外に出かけるときなどだが、その時も主従関係はもちろん継続しているから、奴隷は奴隷で、決して普段の生活をするための女に戻してやっているわけではないのだが、

どう頑張っても服の下に隠すのは難しい首輪をつけたまま外出させるというのは、私はほとんどさせなかった。

首輪の代わりに私が渡したペンダントやチョーカーを付けさせるというようなことをしたことはあるが、それもいつもやっていたわけではない。

だから首輪が完璧なスイッチだったとは言えないのだが、基本的に、首輪は奴隷が奴隷である象徴として、装着させるようにしていた。


ちなみに、私には首輪にもこだわりがあった。

アダルトショップなどに行くと色々な首輪がある。

かなり幅の細いものから、首を全部覆うような太い物、たくさんの鋲がうってあるもの、金属の棘が出ている物、さらには全体が金属で出来ているようなものまで、形状や材質は多種多様だ。

だが、私は首輪に関して言えば、あまりゴツイものや奇抜なものは好きではなかった。

お金が無いからそういうのを買ってやらなかったという理由もなかったわけではないのだが、一番の理由は、立派な首輪を付けると、その存在感に奴隷が負けてしまうように思えたからだ。

首輪は奴隷の首を押さえておく、奴隷として飼われているという意識を奴隷に持たせておくという機能を持ってさえいれば、それ自体が大きく主張するようなことはないほうがいいと思っていたのだった。

奴隷が、御主人様によって、首という体の重要な部位に輪をかけられているという感覚さえ、いつも感じられるようであれば、それでいいと思っていた。

だから、私は、オーソドックスな、犬用の首輪を使うことを好んでいた。

そして、色々な色の首輪を買ってやった記憶があるが、その中でも特に、赤い首輪が私は一番好きだった。

なぜ赤だったのか?というのは私にもよくわからないところだが、奴隷の体に赤い首輪という取り合わせがしっくり来るような気がして、赤の首輪をつけさせるのが好きだった。

ただ、私は、首輪を買うとき、奴隷に色だけは選択権を与えることも多かった。

その首輪でこれから犬のように首を拘束され、調教でその首輪に汗を染みこませ、首に馴染むまで付けさせられ、そして、御主人様の牝奴隷として飼われることを象徴する首輪だ。

だから、それだけは選ばせてやろうと思ったのだった。

また、自分で選ぶことで、自ら御主人様の奴隷となるという気持ちにさせるという意味もあった。

そんな私から、選択権を与えられたときの奴隷の反応は様々だった。

自分で選ぶのではなく、私に選んで欲しいと言う場合もあったし、私に「こんな色にしたいのですが、いいですか?」と確認しながら選ぶ場合もあった。

また、「これが可愛いです!」なんて、自分から言う時もあった。

選び方も、奴隷によって、またそのときの状況によって、違っていたので、それはそれで面白く、私は首輪は結構たくさん買ってやったほうだと思う。


話が大幅にそれた。もとに戻す。

私は、首輪には特別な意味があるように感じていたし、そういう意味を持たせるような使い方をしていたと思う。

上でも書いたように、奴隷としての生活と、普段の生活とを分ける境界線としての意味だ。

それは私の方にもあったし、そして、奴隷の側には本当に強烈な意識として、認識されていたようだった。私の想像以上に…。


それを示す、こんな出来事があった。

ある時、奴隷の調教が終わり、私は奴隷の部屋から帰ろうと、玄関で靴を履いていた。

その日は、私は用事があったので少し急いでいた。

奴隷は、私が靴を履く間も、床に正座し、三つ指をついて私の様子を見つめていた。

そして、

「それじゃあ」

と言って、靴を履き終えて私が立ち上がる。

すると奴隷は、

「今日も、この卑しい牝奴隷に、ご調教をしていただき、本当にありがとうございました。とても幸せでした。また、よろしくお願い致します」

と言って、深々と頭を下げ、床に額を擦り付ける。

その時、奴隷の首には首輪が付いていた。

「ああ」

と私は短く応じ、そして、そのとき、私は、そのまま玄関を出ていったのだ。

急いでいたから。奴隷の首輪を取ることをせずに…。

普段であれば、奴隷が長い土下座を終え、顔を上げるのを待って、首輪を外してやってから、帰るのであるが、その日は急いでいたせいでそれをし忘れたのだった。

奴隷の首に首輪を残したまま、私は奴隷の部屋から帰ってしまった。

つまり、奴隷と普段を分けるスイッチを奴隷の側にしたままで…。

そして、そのことを私はすっかり忘れていたのだった。


その日の夜のこと。

私の携帯に一本の電話がかかってくることになる。

それは、奴隷からだった。

調教をした日に電話をかけてくるというのは、珍しいことだった。

何かあったのか?と思い、私はその電話に少し焦りを感じながら出たのだった。

もちろん、そんな私の内心を感じさせないような声で。

「どうした?」

「御主人様、夜分に申し訳ございません。どうしてもお願いがあるのです」

「なんだ?」

「明日、会社なんです…」

「うん。それはそうだな。それでどうしたんだ?」

「首輪を…。どうか、首輪を外していただけないでしょうか?」

「首輪?」

と言いつつ、私は、奴隷の部屋から出てきたときのことを考えていた。そして、急いでいたため、首輪を外し忘れて来てしまったことに思い至ったのだった。

そう、首輪を外さなかったことで、奴隷は奴隷のままで今いるのだ。

しかも、奴隷には、自分で首輪を付けることも、外すこともしてはいけないと言いつけてある。

奴隷であることと、普段の生活との間のスイッチは、常に御主人様が握っているということを、嫌というほど分からせてあったから。

だから、奴隷は途方に暮れたのだった。

犬用のそれほど大きくない首輪とはいえ、いくら頑張っても、それを服で隠すことなど出来るはずはなかった。そんな格好で会社に行けるわけがない。

だったら、自分で外せばいいと思うかも知れないが、ここで首輪の意味というのが見事に発揮されることになる。

奴隷は、首輪を付けているということで、自らがまだ奴隷として私の支配下にあると思っている。

そんな奴隷には、私の言い付けを破って自分で首輪を外すようなことは出来ないのだった。

また、私が意図的に、首輪を残したまま行ったのではないか?ということも思っていたようで、どうすればいいのか?と悩んだ末の電話だった。

完全に私のミス。

だが、それを認めたくない私としては、やっぱり強がったことを言ってしまう。

「そのまま会社に行ってみるか?」

「そんな…。お許しください、御主人様…」

奴隷は電話の向こうで泣いていた。

それでも、自分では首輪を外そうとはしないのだった。私に外してもらうまではいじってはいけないという言い付けを守ろうとしている。

これが、首輪のことを、奴隷に強く意識付けた結果だった。

これが、首輪の強い拘束力なのだった。

私は、奴隷がこのくらいに思うほど、首輪に関しては、強く意識させていたのだった。

だが、自分でそうさせておいて、この状況になったときには、自分で驚いてしまった。

ここまで従順に首輪のことを気にするのかと。私の想像していた以上だったから。

こういうふうにすることが調教として良かったのかどうかは分からないが、少なくとも奴隷にとって、首輪をされている時というのは、奴隷であることを心底から認め、私への忠誠を誓っている時間だったことは確かなのだった。


ちなみに、このときはどうしたか?というと、次の日の朝、早くに私が奴隷の部屋に行って、首輪を外してやったのだった。

本当は、電話で首輪を外しても良いと許可を出せばいいだけではあるのだが、御主人様だけが着脱をする権利を持つ首輪によって管理されているということを、そこで崩してしまうことが、その後の調教に良くないと思ったので、私は面倒な早起きをして、会社に行く前に、奴隷の部屋に行ったのだった。

そういうことは、マメにやっていた私だ。

今考えると、もう少し良い方法があったようにも思うので、あの頃の私の行動には多少疑問もあるところなのだが、本当に真剣に考えていたんだなというのは、今こうして書いてみてすごく思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


そこまで強いのですね....ちょっとビックリしましたが,二人の絆がそれだけ強いということですよね.

ちなみに私も動物の首輪が好きです.ハンズかペットショップに一緒に買いにいきます.
[2011/02/26 21:30] URL | Blueberry [ 編集 ]

首輪に関しては、それをしっかりと気にするようにと調教しましたので、奴隷もかなり意識していたとは思うのですが、正直なところ、私も、ここまでとは思わなかったですね。なので、調教した私も驚いた出来事です。本当に真面目な奴隷だったということもあるかもしれませんが、おっしゃるように、絆が強かったというのはあるのかなと思います。

やっぱり動物の首輪っていいですよね。あまり主張しすぎず、それでもしっかりと拘束して奴隷としての立場をきっちりと示すことが出来ますから。それに、Blueberryさんがされているように、わざわざアダルトショップに行かず、ペットショップやホームセンターとかで気軽に買えるのもいいところかもしれませんね。
[2011/02/27 19:11] URL | vet [ 編集 ]

今日はすごく反省モードです・・・

私も犬用の赤い首輪(ご主人様が選んで買ってくださった…)を着けております。
いつもお会いしたときに最初に「お願いします」とお渡しして着けて頂くのですが、外すときはご主人様も私も忘れていたりで、お帰りになったあとに「あ、忘れちゃった…」とこっそり外してしまったりすることがしょっちゅうなのです。
実はつい今朝も、シャワーを浴びるのに首輪を濡らしてしまうのが嫌で、とは言えまだお休み中のご主人様をお起こしするのも…と、躊躇しながらも自分で外してしまいましたi-238
本当は着けるときと同じに、ご主人様のお手自らで外して頂きたい、というのが本心ではあるのですが、そのあたり私はすごくおざなりで・・・それに比べて、この奴隷さんのなんて従順で一途なことか…
今、自宅に戻ってこの記事がアップされているのを見て、恥ずかしさと情けなさでいっぱいになってしまいました。でも気づかせて頂いてありがとうございます。奴隷としての象徴、もっと大切にしなきゃと思いますm(_ _)m
[2011/02/28 17:38] URL | はる [ 編集 ]

首輪に関しては、それぞれの主従で、意味が違うところもありますから、私のように、首輪を奴隷としての自覚に徹底して関連付けた調教をしていなければ、多分もう少し緩やかというか、奴隷自らが付けたり外したりということもあったのかな?とも思います。また、同じ私の奴隷でも、今回書いたのは美佳のことなんですが、美佳は特に真面目でしたから、こういうことになったという部分もあると思います。
ですので、ここまで徹底するかどうか?というのは、本当に、主従の関係から決まってくるものだろうなと思いますので、これは私と、美佳との場合という風に考えていただいたほうがいいかも知れませんね。
はるさんとしては、もう少し、このあたりをしっかりさせたいとのことのようですから、それは、されてみてもよいと思いますが、私のように、外すのを忘れて帰ってしまったりとか、そういうこともたまに起きますし、書かれているように、シャワーを浴びるときにわざわざ寝ている御主人様を起こすのか?とか、そういうこともありますので、そんなときにどうするか?なんて事は、御主人様と事前に決めておかれると良いかなぁって思いました。
でも、こうして、首輪について大切にしたいって、奴隷が思っているということは、御主人様にとってはかなり嬉しいことだろうなと思いますので、はるさんの思いというのは、すごく素敵なことだなと思いました。
[2011/03/02 14:13] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/03/02 18:22] | [ 編集 ]

2011/03/02 18:22に投稿された、匿名希望さんへ
書いておられたメールアドレスの方へ、お返事しておきましたので、そちらを読んでいただければと思います。
コメントありがとうございます。今後とも宜しくお願いしますね。
[2011/03/02 21:04] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報