理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初の奴隷”のカテゴリでも書いたように、私が最初に奴隷を持ったときというのは、なし崩し的にと言うと言い方は悪いのだが、

「奴隷を持とう!」という決意をして、御主人様になる覚悟をちゃんと決めてから、奴隷を持ったというわけではなく、その場の流れで、主従関係を結んだようなところがある。

だから、私自身の「御主人様になる」という気持ちも、いい加減なものだったとは言わないが、少し甘いところがあったのは否めないと思う。

そういう私だったから、奴隷を持った初期の頃には、奴隷の心というか、その想いというのは、あまり良くわかっていなかった。

以前からのSMのイメージが強くて、奴隷の心に関して気を配るよりも、具体的なプレイをどうするか?とか、どういう雰囲気で調教をするか?とか、そういう方に神経を使っていたように思う。

つまり、見た目にSMらしいSMというのを作ろうとすることで精一杯だった。

そんな中で調教を進めていた。

でも、そんな私に対して、そのときの奴隷には、しっかりとした信念のようなものが存在していた。

それこそ、奴隷になると言ったその日から。

本当に、奴隷は奴隷としての覚悟をしっかりと備え、奴隷になりきって、私への想いをちゃんと持っていた。

そのことは、奴隷を何度か調教しているうちに、奴隷が言う言葉から徐々に伝わってきたのだった。

「私のすべてを御主人様に捧げます。それが私の幸せですから」

このようなことを平気で言う。

それも、適当な気持ちではなく、真剣な想いがそこに込められているとしっかり分かる言葉の数々だった。

こんなにもはっきりとした想いを奴隷が持っていることに、私は少なからず、衝撃を受けた。

そして、自分の考えの足りなさを反省するに至る。

奴隷に理不尽を強いているにも関わらず、私は奴隷の心を理解してやっていなかった。

奴隷の想いをきちんと受け止めていなかった。

わかろうともしていなかった。

それが、すごく申し訳ないことだということに、そのうち気がつくようになった。

今思えば、あまりにも気付くのが遅く、自分の愚かさが情けなくなるのだが…。

やっと気づいたときから、私は奴隷のことをちゃんと知らなければならないと思うようになった。

心を満たしてやりたいと思うようになった。

もちろん、奴隷の言葉だけでそんな風に思ったのではなく、奴隷の態度や、私への気遣いなど、この他の色々な事も含めて、段々とそういう気持ちになっていったというのが、正確なところだ。

私は奴隷との付き合いを続けるうちに、奴隷に触発される形で、主従関係というものに関して、本当に真剣に考えるようになっていった。

そして、奴隷が好きなプレイとか、性癖とか、どういうふうに扱って欲しいと望んでいるのか?とか、そういうSMのプレイ的な側面ももちろんだが、何よりも奴隷の心をしっかりと理解して、満たしてやらなければと、思うようになった。

そこからは、いろいろな手を尽くした。

まず気をつけたのは、普段から奴隷のことをちゃんと見ていてやること。

どんな小さなことでも、何か普段と違うようなことがあれば、その理由をきちんと考える、もしくは奴隷の話をきちんと聞いてやるようにした。

これは男女関係なんかでも同じだとは思うが、相手をしっかりと見つめて理解を深めるというのは、本当に必要なことだ。

主従関係だからといって、それが不必要になるものではないと私は思う。

御主人様なのだから、好きにすればいいと思う人は多いのかもしれないが、私はそうは思えなくなっていった。

そして、いい加減な調教をしてしまわないようにすること。

調教によって、奴隷の心にも影響は必ず出てくるから、それをちゃんと把握できるように調教の時の奴隷の様子を、しっかりと考えながら見るようになった。

もちろん、奴隷の心の中を直接見ることは出来ないから、すべて完璧に把握するなんてことは不可能なのだが、

ある調教に対して見せる奴隷の反応や、同じ調教に対しても、時間の経過と共に変わっていくこととか、そういうものをちゃんとわかって、

そこから奴隷が何を感じているのか、気持ちがどう変化してきているのか?ということを、私も推察するように務めた。

ただ漠然と調教をするのではなく、その奴隷への調教の意味を同時に考えるようになったと思う。

そして、最終的には、奴隷の心が満たされているのかどうか?

それを一番気にするようになった。

もちろん、調教のたびに、「調教はどうだった?心が満たされたか?」なんてことを聞いたりしたわけではない。

御主人様が奴隷の気持ちになど配慮することなく、好きなように調教をしているという風な形を取るのが主従だと思っていたし、

奴隷としても御主人様にそういう扱いを受けるということ自体に喜びを感じる部分というのはあると思ったから。

私はそういうことを直接聞く行為が、御主人様としての自信がなく、奴隷の顔色を伺っているように思われるのではないか?と危惧したし、何よりも、そういう事を聞くのは、御主人様として、恥ずかしいことだと思っていた。

だから、ストレートに「どうだ?」と、調教の感想を聞いたのは、会える時間がとても限られていた特別な奴隷の場合など、事情があるときくらいだった。

それはそれで、必要だと思ったからそうしたし、私の本来のやり方を曲げてでも、御主人様としてちょっとカッコ悪いと思ってでも、

なんとか心を満たしてやりたい、心残りがないようにしてやりたい、ちゃんと愛してやりたいと本当に願った故でのことだった。

私はそうしたことで、少なくともその奴隷を愛してやることだけはできたと思うから、そういうやり方で接したことを後悔はしていない。ただ、それが奴隷にとって本当に良かったかどうかは、悩むところだが。

こういう場合ではなく、通常、私がやったのは、もっと間接的な方法だった。

例えば、私の方から、調教中の奴隷の感想を言うなんてこともしていた。

「今日のお前は、本当に、いやらしい顔をしていたな」

などど、言うと、奴隷は、

「そんな…。恥ずかしいです。でも、ご調教はとても嬉しかったです」

なんて感じで答えることが多い。

奴隷の言葉自体に調教の感想が入る場合もあるし、話している表情をよく見ていると、その調教をしっかりと受け入れて、前向きにやりたいと思っているのか、それともあまり好きではないと思っているのか?というのは、なんとなくわかる。

また、心が満たされたかどうかというのも、調教や性処理の後に、奴隷と話をする時間を作ることで、ある程度、わかるようになっていった。

調教や性処理の後で、落ち着いた状態の奴隷と話をすると、心が満たされた感覚があるときには、その余韻が奴隷の中に残っていて、本当に、充実した笑顔を向けてくることが多い。

また、会話も、奴隷によって違うのだが、とても穏やかだったり、すごく嬉しそうだったり、また、私に甘えたがったりと、どちらかと言えば、ポジティブな反応が返ってくる。

そういう時には、奴隷の心が、ある程度、満たされているのだなと判断できるように思っていた。

逆に、その話の時、つらそうな顔をしていたり、なにか物足りなさを感じているような様子だったり、なんだか拗ねたようなことを言い出したり、余韻に浸るつもりもなく、さっさと普通の話題に切り替えたりということがあったときには、あまり満たしてやれなかったのだなと、判断することが多かった。

そして、そういう時には、何がいけなかったのか?と本気で考えるようになった。

だから、奴隷の心を満たしたいと思うようになってから、私は悩むことが増えた。

もともと、考えすぎの性格でもあるのだが、奴隷を満たしてやれなかったと判断したときには、本当にそれについて悩んだ。

本当は何をしてやればよかったのだろうか?と、必死で考えた。

次の調教で、しっかりと奴隷を満たしてやるために。

ちょっと考えすぎだろうと自分に突っ込みたくなるくらい深く長く考えていたこともある。

また、そういう調教のことというのは、よく覚えているもので、未だに思い出しては、あのとき、こうしてやればよかったな…、なんて、今更な思いを抱くこともある。

そんな私だ。

でも、それが悪いことだとは思わないし、苦痛にも感じていない。

一定の期間とはいえ、私に、身も心も委ね、不条理に耐え、必死で尽くしてくれた奴隷のことだ。

その心を満たしてやることを考えるのに、考えすぎということはないのだろうと思う。

奴隷が与えてくれたものの大きさを考えれば、私が悩むくらいは当然のことだ。

これは最初の奴隷から、最後の奴隷まで、全てに対して、同じようにした。

そして、私にはそのくらいしかしてやれない。

だから、それを全力でやった。

奴隷の心を大切にしたかったから。

満たしてやりたいと本気で思っていたから。

結果として、心を満たしてやれたのかどうか?本当のところは、わからない。

私が、満たしてやれたと判断したときでも、実際にはそうではなかったかもしれない。

それは、奴隷だけが知っていること。

だから、私は、ただ願うだけだ。

奴隷の心が少しでも満たされていればよかったな、と。



テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/09 19:03] | [ 編集 ]

2011/05/09 19:03にコメントくださった匿名希望さんへ。

なにやら大変だったみたいですね。
もう落ち着きましたか?大丈夫でしょうか?

リンクの件に関しては気にしないでくださいね。
色々と事情があったようですので、それは仕方がないですから。
新しく作られるとのことなので、
もしも、良ければ、そちらができたときに、また教えていただければ、
私の方からのリンクはさせていただきたいと思っています。

お忙しいようにお見受けいたしますので、
あまり無理はなさらないでくださいね。
私の方は、ゆっくり、お待ちしておりますので。
私には、あまり気を使わないでくださいね。
[2011/05/10 14:01] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。