理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
私は、SMのための道具は色々と買ったし、奴隷が買った物も多かった。

SM道具に関して、他の御主人様がどう思っているのかは良く知らないが、私はかなりこだわったほうだと思う。

一つには、やっぱり自分の満足ということがある。

ちゃんと納得した道具で奴隷を責めたいという気持ちが強かったから、道具に対してはかなり考えたし、そのために、良いと思えるものを探すことが面倒だとは思わなかった。

もう一つには、奴隷に対して使って、万が一のことが起きないようにという配慮もあった。

もちろん、そんな配慮をして道具を考えている、なんてことは奴隷にはあまり知らせなかったが、私は奴隷の安全という部分は譲れなかった。

前にも何回かエントリーにしたことがあるが、道具を奴隷に使う前に、自分で試したりもしていた。

その試す過程で、色々とやらかしたりしたことも多いのだが…。


そんなSM道具の中でも、私が一番買ったのは、多分、縄だと思う。

私は、SMプレイの中では、緊縛がかなり好きだったから。

本当に良く奴隷を縛った。

それに、縄は消耗品なので、奴隷を何度も縛っていると、使えなくなってくる。

縄というのは、使い勝手があって、買ってきた当初(奴隷に使う前の前処理をした直後)は硬くて少し使いにくいのだが、それをしばらく使っているうちに、柔らかくなってきて、一番使い心地が良い状態になり、それが少し続く。

私はその時の縄が手になじむようで好きだった。

でも、そのうちに、さらに柔らかくなってしまって、なんだかだらしない感じになるので、そうなると私はあまり使いたくなくなる。

私に言わせると、ヘタっているという状態。

縄としての強度などはまだ全く問題ない時期なので、別に使えなくなるわけではないから、そのまま使う人も多いと思うが、私は、どうもしっくり来ない感じが嫌で、こうなると取り替えていた。

縄に見切りを付けるのが、かなり早い方だったと思う。

だから、そこで買い換えるということになるので、私は、かなりの縄を消費した。

前に、twitterでも少し書いたことがあるのだが、私が奴隷に使った縄の総延長はどのくらいになるのだろう?なんて、バカなことを考えたりする。

でも、そのくらい、縄というのはよく買っていたということだ。

色々な縄を買ってみたから、中にはちょっと使い勝手の悪いものもあったのだが、それでも、買って失敗したことというのが少ない道具だった。

それに縄に関しては、そのうち、店頭で見て、パッケージの上から少し触るだけでどんなものなのか?私に合うのか?というのが、買う前に、ある程度予想できるようになってしまった。

そこまで縄のことがわかるようになるまで買い続けたというのは、なんか、やり過ぎのような気もしないでもないが…。

というか、そんな能力を身につけて何になるんだ、なんて思ったりもするのだが、身に付いたものは仕方がない。

まあ、それはいい。

とにかく、私は、縄で縛られて、自由を奪われている奴隷を見るのがすごく好きだったし、縄酔いしているような、恍惚とした奴隷の表情も好きだった。

それに、股縄をされて、性器に縄を食い込ませている奴隷の姿には、かなり性欲を刺激された。

奴隷の体を縄で締め上げる時、股に縄を食い込ませるとき、「あぁ…」と奴隷が切なげなうめき声を出す。それを聞くのも、快感だった。

また、縄を解いた後、奴隷の肌に残る縄目の跡を見るのもいい。

調教を終えた奴隷が、自分の体についたその跡を、指で静かに触っているところなどは、見ていてゾクゾクした。

自分が自由を奪われた証を確認しているその姿は、私の支配欲を大いに満たしてくれた。

そういう意味で、私にとって、縄というのは、必要不可欠なSM道具だったし、多分、一番相性の良かった道具だったと思う。


だが、それとは逆に、相性の悪い道具というのもあった。

その一番は、多分、洗濯バサミ。

これとの相性は最悪と言っていい。

と言っても洗濯バサミが嫌いとか、使いたくなかったとか、そういうわけではない。

使うものの中で一番使い勝手が悪かったという意味だ。

洗濯バサミは、主に、奴隷の乳首や乳房、そして性器やその周辺に付けて痛みを与えるのに使うのだが、それが、しっくり来たことがあまりないのだ。

洗濯バサミも、私はたくさん買っていた。

いろいろな種類を買った。

普通によく使われている、プラスチック製の、洋服などを止めるための物が一番多いが、これも種類があって、微妙に大きさや形が違ったり、先の部分の作りが違ったり、バネの強さが違ったりする。

また、同じプラスチック製でも、女性の下着などデリケートな物を止めるための物もあって、これは少しバネが弱かったり、先の部分に凹凸がなく、平らだったりするのだが、それがいいかなと思って買ったこともある。

特に初心者の奴隷なんかには、バネが弱い方がいいかなと思っていたから、そういう時期の奴隷にはこれを使うことが多かった。

また、雰囲気的な意味で、良さそうだなと思ったのは木製の洗濯バサミ。これも何種類か買った覚えがある。

さらに、洗濯バサミではないのだが、事務用のクリップなんかも買っていた。

洗濯バサミに比べると、ばねの力が比較的強く、かなり痛いので、使いどころという意味では、洗濯バサミよりも少なかったのだが、お仕置きのときなど、奴隷に大きな痛みを与えるような場合に主に使っていた。

これにも、色々と種類があって、その時々で、用途に合わせて、一番良いと思われるものを買っていた。

もちろん、SM器具として売っているクリップも買ったことがある。

これには、チェーンなどが付いていて、奴隷につけてから引っ張ったりするのにはちょうど良いのだが、私としてはなんとなく、好きになれなかった。

安物の洗濯バサミで責められているという、なんだか無残な感じが好きだったから、奴隷のためにわざわざ買ったのが確実なSM用のクリップというのは、どうも雰囲気が違うような気がした。

こんな感じで、今思い出しても、かなりの種類が浮かぶのだが、「この洗濯バサミが良かった」、と思えるものというのが、あまり記憶にない。

それよりも、「これはまずかったなぁ」とか、そういう思いがするものの方が多い。

洗濯バサミに私が求めたのは、適度な力で奴隷の肌を挟み、じわじわとした痛みを与え続けること。

狙いとしてはこれだけなのだが、これを忠実に果たしてくれる洗濯バサミというのが、なかなか見つからないのだった。

まず、私は、奴隷の肌に余計な跡がつくのが嫌だった。

跡を付けるのであれば、私が意図してつけたいという思いがあるから。

つまり、縄の跡とか、鞭の跡とか、そういうもののように、この場所につけるんだと思って、つける跡というのが理想で、洗濯バサミのように、痛みを与えるという他の用途で使ったのに、跡がついてしまった、というのが、なんだか納得できない感じがするのだ。

肌を挟むのだから、跡がつかないほうがおかしいのだが…。

ただの私の我侭なのだが…。

私の要望は、取った時にできるだけ跡が目立たず、それでいて奴隷にちゃんと痛みを与え続けるということだったから、そんな洗濯バサミを求めて彷徨っていた感じだ。

でも、結局のところ、最後まで、これだ、というものに出会えず、彷徨い続けたという印象がある。

どうしてそうなったのか?と考えると、まず、奴隷ごとに肌の引っかかり具合が違うというのが最大の要因だと思う。

奴隷の肌は、当然ながら奴隷によって違うし、その日の体調なんかでも変わってくる。

でも、洗濯バサミは同じだから、ちゃんと挟める時もあれば、挟んでもちょっと動くとすぐに弾けて取れてくる時もあり、一定しない。

かといって、挟む力が強く、先の引っかかりが良い洗濯バサミを使ってしまうと確実に跡がつくから、あまり使いたくない。

さらに言えば、その日の奴隷の肌の状態に合わせて、洗濯バサミを何種類も試すなんてことを調教の最中にするわけにも行かない。

最初に決めてそれで通す。優柔不断なところなど、奴隷に見せたくないから。

だから、”これを使えば常に大丈夫”という洗濯バサミが欲しかったのだが、結局、そういうものに出会えていないのが、寂しいところだ。

私の要求というのが、無茶なことなのかもしれないが、そういう洗濯バサミを常に求めていたので、何かよさそうなものを見つけると、すぐに買ってきてしまっていた。

もう、洗濯バサミマニアといってもいいくらい、私のところにはたくさんの洗濯バサミがあった。

しかも、全部、一度は自分につけてみて試している。

試したところで、私の肌と、奴隷の肌もやっぱり違うから、あまり意味はなかったかもしれないが…。

さらに、洗濯バサミで言えば、奴隷を傷つけてしまったことが何度かある。

奴隷の乳首やクリトリスに、洗濯バサミを使ったときのことなのだが、洗濯バサミを私がはずすのではなく、勝手に弾けて取れてしまった場合などに、その一部の皮を引っ張ってしまい、そこが擦り剥けて、血が出たことがある。

そういう部分の皮というのは、他の肌の皮と違って、かなり薄いので、洗濯バサミでつまんで引っ張っただけでも、剥けることがある。

それを私が調教の一つとして、意図的にやったのであれば問題ないのだが、勝手に弾けて取れてしまった場合なんかはもちろん私の意図ではない。

私としては、そういう意図しない怪我は避けたかったから、その洗濯バサミを選んだのはは失敗だったように思っている。

もう少し、ちゃんと配慮ができなかったことをかなり反省した。

また、どの洗濯バサミを使うとそういう風になってしまうのか?ということの判断が難しいという意味でも、やっぱり洗濯バサミ選びは、私はかなり苦手だった。

だから、私にとっては、すごく相性が悪い道具だと思っている。

それなら使わなければいいと言われるかもしれないが、やっぱり使いたくなる魅力はあるのだ。

ジリジリとした痛みに耐え続ける奴隷を見るのも好きだったから。

Sの悲しいサガなのだと思う…。

でも、洗濯バサミには、結局最後まで翻弄されることになったのだった。


それにしても、この洗濯バサミ。

他の御主人様って、ちゃんと選べてるんだろうか?

それとも、私ほどこだわらないのだろうか?

すごく気になる。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

売ってる洗濯挟みは
なかなかいいのないですよね
うちにあったヤツでいいものを2種類盗んで使ってました。
新しく買ってきた洗濯挟みのバネが強かったので、
洗濯挟みを調節するのではなく、私が訓練しました(^w^)
痛すぎる所にもまた魅力はありますよ
どんなに痛くても絶対につけると決めること!
いつしか痛みは鈍痛になり…さらなる痛みを求めるようになりますw
それは私が筋金入りの乳首マゾだからですかね(笑)
[2011/05/25 01:54] URL | さや [ 編集 ]

>さやさん
そうなんですよね。洗濯バサミって、なかなか良いものがないんですよね。
まあ、もともと、人の肌を挟むためのものではないので、仕方が無いんですが。
それにしても、理想の洗濯バサミがないなら、体のほうをそれに合わせればいいという、さやさんの考え方、そしてさらに痛みを求めるようになるというのが、なんともマゾっぽくていいですね。
私も道具の方を変えるのではなく、奴隷をそれに合わせるという考え方でも良かったのかもしれません。
さやさんのように、その強い痛みに快感を感じる方もいらっしゃるわけですし。
でも、道具にこだわってしまう私なので、なかなかそういう風には考えなかったです(笑)
[2011/05/25 08:28] URL | vet [ 編集 ]

初めまして。

唐突ですがオススメさせて下さい。

洗濯バサミ程強い力がないと、vetさんの様な厳しい調教にはもしかしたら効力がないかもしれませんが、

オススメしたいのはイヤリングです。
中には点と点で挟むものではなくて、
事務クリップのように線で挟むものもあります。
イヤリングは耳に付けていても長くつけていると痛くて外したくなります。
デリケートなところなら…
長くつけられ、最初は何でもなかったアクセサリーが、時間が経てばたつ程、どうしようもない気持ちになってきます。

見た目も美しい。女性なら喜ぶと思います。

垂れないタイプで線で挟むタイプがいいと思っています。

色々試せてないので、
実際はわからないのですが、
ネジで強さを調節するとか、重さで調教の程度を変えるとか、
出来そうな気もします。

突然 失礼しました。
[2014/01/31 15:01] URL | [ 編集 ]


>お名前無しさん
はじめまして。ブログ、読んでくださってありがとうございます。

洗濯バサミの代わりにイヤリングですか。
それは、全く気が付きませんでした。
乳首に穴を開けて、ピアスを通す人というのは、いますので、思いついても良さそうなものですが、全く考えたことがなかったです。

これは面白いですね。
線で挟むタイプでしたら、それこそ小さな事務用クリップのようなものですしね。
それに、ネジで強さを調整するなら、奴隷の状況に合わせて、変えることもできますから、理想的かもしれません。
とてもよいアイデアを、ありがとうございます。

[2014/02/18 23:55] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報