理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
M女の幸せがどこにあるか?なんてこと、Sの私が言える事じゃないような気がするので、これを書くのに少し悩んだのだが、

SMや、M性を満たされることに関して、かなり多くの方からメールをいただき、私もそれについて色々と考えたので、それを今回は書いてみようと思う。

でも、あくまでもM女(奴隷)と主従関係を持ち、その姿を見ていたり、他のいろいろな場面でM女の方とお話をした経験からの、私なりの考えなので、そういうものとして読んでもらえればと思う。


M女の方から、ブログに書いている、私の過去の奴隷達のことが幸せそうで羨ましいというメールを、かなりの数、いただくようになった。

気兼ねなくM性を開放し、私に身を任せられていることに、ご自分を重ね、すごく興奮するということも言っていただいた。

また、Mである自覚はあるが、主従関係を経験したことがないから、そうされたら、幸福なのでしょうか?なんてご質問もいただいた。

それから、SMの世界に踏み出すかどうか迷っていて、本当にそこに自分の求める幸せがあるのか?ということで不安に思っているというようなお話もいただく。

私としては、このブログでは、誰かを興奮させようとか、そういう意図はなく、ただ、自分の気持ちを整理するために過去の出来事を正直に書くことと、そこで思っていたこと、今思うことを、率直に綴っているだけのつもりなのだが、

それでも、そこに興奮を覚えたり、SMの世界に興味を持って頂けているということは、M性を開放し、またそれが満たされているような光景というのは、M女の方にとっては、M性をとても刺激されるものなのだろうなと思った。

こういうメールをたくさん拝見し、それぞれにお返事を書かせていただいていると、M女の方にとって、M性を満たすことができるかどうかというのは、とても重要なことなのだなと改めて思い知らされる。

そして、自分のM性に気がついているのに、それをすごく強く思っているのに、御主人様がいない、一度も調教を受けたことがないということに、ものすごい切なさを感じているM女の方も居ることに私は心が痛くなる思いがする。

そういう、M女の方の心が、少しでも満たされると良いなと思いながら、いつも、お返事をさせていただいている。

そして、M女の方の幸せというのは、どこにあるのだろう?ということを、自然に考えさせられた。


M女ということで、私が一番最初に思い出すのは、やっぱり、過去の奴隷達のことなのだが、それに関して言えば、調教の最中に、「嬉しいです」とか「幸せです」と言っていたことは、たくさん聞いた。

また、別れるときに、「とても幸せでした」と言われたこともあるので、おそらく、M女がM性を満たされている状態、また完全に満たされなくても主従関係という状況に置かれていることというのは、幸せなのだろうと、私は思う。

だから、そういう事から、私が、直接的(短絡的?)に考えるのは、Mにとっての幸せは、Sとの共存なのだろうということ。

また、S男である私が、自分自身のことを考えてみたときに思うことを、そのまま逆にしてM女に当てはめてみても、そういう結論が自然に出てくる。

私の場合。

M女、つまり、奴隷が居たとき、私は私の中にあるS性が満たされて、大きな幸せを感じていた。

でも、今は居ない。

奴隷がいない、という現状は、私のS性を満たせているわけではないから、Sという観点から見ると、幸せとは言いがたい。

少なくとも、今、自分のことを考えたとき、残念ながら、私は心の底から、本当に幸せだと胸をはることは出来ない。

仕事も家もきちんとあるし、両親も健在だし、兄弟もいるし、友だちもいる。

将来に向けてやりたいことの準備なんかもしたりして、かなり充実した毎日を送っていると思っているから、もちろん、不幸だとは思っていない。かなり恵まれている方だとも思う。

でも、何か足りないと私は考えている。

考えている、というよりは、なにか欠けている、という思いがしているという、もっと漠然とした感覚的なものではあるが…。

本当は、欠けているのは、他のことなのかもしれないが、今思い当たるものとしては、Sの部分が満たされていないことで、やっぱり心が完全には満たされないのだろうと私は思っている。

こういう状態が私の現状なのだが、これは、心が満たされていないと思っているM女にしても同様なのだと思う。

Mという観点から見たとき、M性を満たしてくれる相手が居ないという状況は、本当の幸せとは言えないのかもしれない。

でも、M性を満たされることではなく、別のことを本当の幸せだとして生きているM女もいる。

M性が満たされなくても、愛する人や、家族や、友達や、そういう人達に囲まれている自分を幸せだと思える人も居るだろうし、

仕事なんかの充実ぶりを幸福と考える人もいるだろう。

趣味やボランティアなんかに生きがいを感じたり、他にも幸せだと思える要素はたくさんあると思う。

Mという観点以外から見て、心が満たされ、幸せだと思える日々なら、それは間違いなく、本当の幸せなのだと思う。

M女だから、M性が満たされなければ、本当に幸せになれないとは、私は思わない。

性癖というのは、その人の一部であって、全部ではないから。

ただ、M性が強い人など、その心の中をM性が占める部分が大きくなってしまっている場合、そのMという観点で満たされなければ、本当に幸せだと感じられないというM女も一方で、存在するのだと思う。

それは、Mという性癖が、その人の全部ではないとは言っても、かなり優先度の高いものであり、それが満たされることが、幸せにつながる状態になっている、逆に言えば、それが満たされなければ、心が満たされたとどうしても思えないという状態。

そうであれば、Sと共にいて、M性を満たしてもらわなければ、本当に幸せだと感じる事はできないのだろうと思う。

結局は、その人にとって、M性が心を占める割合がどのくらい大きいのか?そして、M性が満たされることというのが、心を満たすため、幸せだと感じるために決定的に必要な要素なのかどうか?という部分で、M女の幸せというのは、決まるのではないかな?と思う。

S性で置き換えた場合の今の私がそう思うから。

私が、理想だと考えるのは、やっぱり、MはSと共にあること。M性をいつでも満たしてもらえる状態にあることだと思う。

でも、そういう状態を、常に作れるとも思っていない。

理想は理想で、むしろ、そうなれないほうが多いのだと思っている。

それは、この世の中に、SもMもそれほど多い存在ではないから。

それがうまく出会う確率というのもやっぱり低くなって、たまたま好きになり、選んだ彼氏が、SだったというM女は多分、あまりいないだろうと思う。

それは私も同じで、好きになった女性がMである確率というのは、かなり低いと思う。

だから、SとMとが合わさるという理想的な組み合わせというのは確率的に、ある程度存在するとしても、

そうでない場合のほうが多く、そして、そのときにM女が幸せを感じるためには、本当に良く考えて、心がどうなれば満たされるのか?何で満たすのか?ということを、しっかりと認識する必要があるように思える。

その上で、

●心の中や考え方を変えるだけでM性を抑えることができて、他の部分から幸福感を感じることができるようになれるのか?

それとも、

●パートナーがいないとか、Sではないパートナーで、どう考えても満たされないから、満たしてくれるSのパートナーを見つけるのか?

心が満たされていないと感じるM女は、最終的には、このどちらかの選択に行き着くのかな?と私は思う。

強いM性を持ちながらも、心が満たされ、幸せだと感じられるようになるためには。

どちらがいいとは私には言えない。

人によっても違うと思うし、その時の気持ちとか、周りの状況とかそういうものによっても、M性をどのくらい大きく感じるか、心のどのくらいの部分を占めるか?というのは、変わってくるものだと思う。

一度はどちらかの選択をして納得したとしても、時間が経つことや、環境が変わることなどで、また違う選択のほうを選ぶという場面も出てくるのではないかとも思う。

M性にしろ、私の持っているS性にしろ、こういう性癖というのは、ちょっと厄介だ。

普通の幸福感と少し違うところに幸せを感じる部分があるから。

心が満たされるための選択をするにしても、本当に難しいと思う。

普通以上のリスクが伴ったり、踏み出すのに勇気が必要なことがあるから。

だから、考えていると、嫌になるようなことかもしれない。

私も、自分のS性が嫌になることというのが無いわけではない。こんなものがなければ、悩むことは無かったのにと思うこともある。

でも、だからといって、幸せになろうということを考えるのをやめ、諦めて流されるのは一番良くないんじゃないかと私は思う。

私も考えることだけは、やめたくないと思うし、何か決意したらちゃんと行動したいと思う。

ちゃんと考えて行動した結果としての幸せや、もしかしたら、不幸せというのであれば、少なくとも納得することはできると思うし、真面目に自分の気持ちに素直になって考えたのなら、そこからしっかりとした教訓を得て、またやり直すことも出来ると思う。

だから、幸せだと感じることができないとか、なにか足りないと思える状況にいるM女の方には、自分の望むことや心の中の気持ちについて、どうすればいいのか、考えることだけは、忘れずにいて欲しいなと思う。

すぐに答えが出せなくても仕方が無いと思うし、迷うのも当然だと思う。また、考えすぎて不安になるようなこともあるかもしれない。そういう時は、もちろん休んで良いと思う。

でも、とにかく、自分の心を素直に見つめてその声をしっかり聞くこと。

何を望むのか、何が最善なのか、そのために何をするべきなのか、を考えることというのはとても大切なことだと思う。

そして、考えついたら決断し、頑張って行動すること。

それが、幸せ、心の満足感を得るための唯一の方策かなと私は思う。

もちろん、今、本当に心の底から幸せだと思える状況(それが、M性を満たされているからか、否かに関わらず)にいるのであれば、それにしっかりと浸ってそれを維持することに全力を傾ければ良いと思う。

でも、そう思えない部分が少しでもあるのであれば、また、何かの不安や、私のように何か欠けていると感じるようなところがあるのであれば、やっぱり考えることは必要だと思う。

これはM女に限らず、誰にでも言えることでもあるとは思うが、特にこういう性癖を持っている場合には、普通よりももっとしっかり考えることが大切な気がする。

そして、M女の方の心が、Sな人によってか、またそれ以外の人や何かによってかはどちらでもいいのだが、ちゃんと満たされ、本当に幸せだと思える状態になれることを私は願っているし、こういう感じの悩みでメールを下さる方には、こんな思いで、いつも私はお返事を書かせていただいている。


なんだか、今回は文章にまとまりがないエントリーで申し訳ない。

”幸せ”というのは、なかなか、掴みどころのないことでもあるので、こんな感じになってしまったのだが、私の言いたいことが多少なりとも伝われば嬉しく思う。

そして何よりも、M女の方(もちろんそれ以外の方もだが)が、本心から幸せだと言えるようになれればいいなと思う。

もちろん、私もそう言って胸を張れるようになりたいものだと思う。



テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

お邪魔します
はじめまして。
いつも楽しみにしてそっと見に来てる者です。
メールは贈ったことありませんが。
すごく恥ずかしいですが私もvetさんの昔の奴隷さんたちのことをとても羨ましく思うM女です。
vetさんに調教していただいたらどんなに嬉しいだろうって思って読んでます。
SM経験は無いのでただの妄想なんですがきっと幸せだと思います。
いきなりこんな事書いてごめんなさい。迷惑なら消してください。
お体をお大事にしてください。
[2011/05/25 12:43] URL | 好実 [ 編集 ]

>好実さん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
そっと、見に来てくださっているそうで。なんだか、謙虚ですね。
でも、そんなに遠慮なさらずに、堂々と見ていってくださいね。ブログを読んで頂けるのは、私もすごく嬉しいことですので。

好実さんも、私の過去の奴隷達のことを羨ましく思われたのですね。
でしたら、好実さんのM性というのも、少し大きな物なのかもしれませんね。
私としては、奴隷達には、何かしてあげられたという気持ちがある一方で、至らなかった部分もたくさん思い出しますので、好実さんはじめ、色々な方に羨ましいと言って頂けるほど、奴隷達を満たしてあげられたのかどうかは、悩むところではあるのです。
でも、そう言って頂けることは、素直に嬉しいです。

それから、私に調教されたら嬉しいのではないか、幸せなのだろうと思っていただいているとのこと、とても光栄に思います。
本当に幸せなのか?は、実際に調教をしてみないとわからないことではありますが、私が調教について書いたものが、好実さんの気持ちに届く部分があったのかな?と思います。
もしそうなら、書いて良かったと思います。本当に、ありがとうございます。

好実さんのコメントは、迷惑などではありませんよ。すごく嬉しかったです。なので、謝らないでくださいね。
それから、私の体へのお気遣いにも感謝します。風邪は、なかなか咳が抜けないのですが、確実に良くなっているようには感じますので、大丈夫です。好実さんも風邪などひかれませんように気をつけてください。
それでは、今後ともよろしくお願いします。

[2011/05/28 14:19] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

女の本質

どんな女性であっても、根本的な性質はMだと思います。これは確かな証拠があるわけではないです。個人的な経験や、様々な読み物や、風俗というお仕事を通じていろいろな女性とお話をしてきた中で感じていることです。性格がキツくてSっ気が目立っていても、本質的にはM
[2011/05/25 10:33] エロと風俗をクソ真面目に学問。
このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報