理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には色々な人がいる。

中には変わった人もいる。

なんて事を言っている私も、Sで御主人様なんてアブノーマルなことをやっていたのだし、パンストフェチなんて性癖もあったりするので、変わった人の部類に入っているとは思う。

だから、他人のことはとやかく言えないし、もちろん、批判するつもりもない。

ただ、私は自分がアブノーマルなところにいたから、アブノーマルな人達と出会う機会が多かったのは確かだ。

そして、そういう中には面白い人も多かった。

今回は、そういう中の一人の男のお話。

最近、続き物の理沙の話も結構シリアスな部分に差し掛かっているし、四方山話も真面目なSM論的な話が多かったから、今回から何回かは息抜きのような気分で気軽に読んで頂ければと思う。


私が御主人様をやっていた頃に、やっぱりある掲示板のオフ会で知り合いになった男が居た。

仮に彼の名前を、幸夫とするが、その幸夫は、御主人様ではなかった。

でも、彼女がいて、普通に男女関係として付き合っていた。

また、彼女を奴隷にしたいとか、そういう事を思っていたわけでもなく、普通に付き合っていきたいと思っているとのことだった。

だから、最初、話をしたときには、いたってノーマルな印象を受けた。

また、身なりもちゃんとしていたし、挨拶や話し方も普通、真面目そうな雰囲気もあり、なんで、御主人様とか、変態ばかりが集まるオフ会に来るのか、当初は、理解できなかった。

まあ、変態ばかりが集まるとは言っても、普通に話す分には、ちゃんとしている人のほうが多いのだが…。

それは置いておいて。

幸夫と、話をしていくうちに、彼が、どうしてそこにいるのか?というのが、わかった。

それは、彼が、”裸エプロンフェチ”だったからだ。

しかも、かなり重症の…。

とにかく、彼女に、裸エプロンをさせたくて仕方がない男。

彼と会ったのは、一度きり、つまり初対面だったわけだが、それにも関わらず、裸エプロンの良さを、延々と語られた。

多分、3時間以上…。

「いやぁ、裸エプロンって、本当に、いいもんですよねぇ」

なんて、水野晴郎さんの如きセリフで始まった、彼の”裸エプロン論”は、とどまるところを知らなかった。

「もう、彼女には24時間、365日、裸エプロンでいて欲しいくらいです」

なんて言い出す。

彼女、コンビニじゃないんだし…。

それに、そんなことさせたら、多分、風邪ひくから…。

ツッコミたいこと満載だったのだが、それはもちろん我慢した。

他人のフェチにツッコむことほど無粋なことはない。

上機嫌でその話をしているときにはなおさらだ。それは私も理解している。自分もフェチがあるから。

「vetさんも、奴隷さんをお持ちなら、裸エプロンはやらせたことあるんじゃないですか?」

と最初の方で聞かれたので、

「え、ええ…、一応、ありますが…」

と、答えると、幸夫は同志を見つけたとでも思ったのか、本当に嬉しそうににっこり微笑んで、私の方に体を向け、本気で話をする体制に入った。

これが多分、彼のスイッチだったのだ。

それを私が見事にONにしてしまった。

本当に申し訳ないとは思うのだが、微妙に引き気味な私がいた。

とはいえ、私もSの上にパンストフェチなんていう性癖があるわけで、他人の性癖の話に付き合うのは、悪い気はしなかったので、幸夫の話を聞くことにした。

ただ、私の場合、裸エプロンが特別に好きだったわけではないから、奴隷にそれをやらせたという感覚はあまりない。

部屋にいるときの奴隷は、基本的に首輪だけをつけた全裸か、それにパンストを履いて過ごしている事が多かったから、

そこで、食事を作るということになると、その上からエプロンをするので、必然的に裸エプロンになったというだけのことであって、プレイとして、裸エプロンをしろと言ってやらせたことは、多分あまり無かったと思う。

本当に最初のほうで、男のエッチで厄介な夢の一つとして、裸エプロンというものを見てみたいと思って、やらせたことがあったくらい。

それ以後は、裸エプロンを普通に見ることが出来ていたが、それに慣れたということもあって、特別な思いは湧いてこなかったように思う。

だが、そんな私の心境など、幸夫はかまうことなく、目を輝かせながら、話を進めた。

「vetさんは、どんなエプロンが好みですか?」

なんて聞かれる。

私は、上記のとおり、裸エプロンにそれほどの執着も、思い入れもないから、もちろん裸エプロンのためのエプロンの好みなど、考えたこともない。

でも、ここで話の腰を折るのは、どうにも申し訳ないと思ったので、

「え、そうですね…。真っ白で、フリルが付いたようなのがいいのかな、と思いますが…」

なんて答えていた。

一応、私の中の、裸エプロンのイメージとしては、そういうものが多いように思っていたから、それをとりあえず言ってみただけだ。

私の奴隷たちが、いつもそういうエプロンを選んでいたわけではない。

主婦の皆さんが、普段家事をするときにしている、ごく普通のエプロンを奴隷もしていたから、フリルが付いてないもののほうが多かったし、白じゃない、色物や柄物も普通にあった。

だが、その時は、やっぱりイメージ通りのものを言っておくのが無難かと思ったので、そうしたのだが…。

「やっぱりそうですよね!vetさん、分かってらっしゃる!」

幸夫は興奮気味に、顔を紅潮させて言ったのだった。


次回に続く。

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

キャラが濃い
幸夫くんみたいなかわいいフェチ男くんとなら喜んで
裸エプロンプレイをしてみたいです!
濃厚なフェチをお持ちの方は大抵紳士的なので
とても楽しく遊べそうな気がします。

そして幸夫くんのスイッチをオンにした
聞き上手なvetさんGJ!!!
今までとは違う軽い文体も良いですねー
[2011/06/02 16:40] URL | ゆりの [ 編集 ]
恥ずかしそうです
裸エプロンなんてとっても恥ずかしそうです。
私は立っていられなくなりそうです。
でもやることを考えたらドキドキしちゃいました。
vetさんはあまりお好みではないみたいですけれど。

いきなりなのですが一つ質問をしてもよろしいでしょうか?
vetさんはどんな女性や奴隷さんが好みなのでしょうか?
とても気になってしまって。
変な質問だったらごめんなさい。
嫌でしたらお答えがいただけなくてもいいですから。
[2011/06/02 18:21] URL | 好実 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/06/02 19:44] | [ 編集 ]

>ゆりのさん
ゆりのさんの視点からみると、彼は、かわいいということになってしまうのですか。なかなか、興味深いです。
それに、ゆりのさんのそのお言葉を聞いたら、きっと彼なら、泣いて喜んだと思います。それくらい、裸エプロンが大好きでしたから。
紳士的という意味では、彼は本当にそうでした。

スイッチをONにしたのが良かったのか悪かったのか、未だに悩むところです(笑)
ただ、あまり聞くことのできない貴重な話を聞けたという意味では、良かったのかもしれませんね。

こういう話題は、文体としても軽くなりますし、かなり書きやすいので、楽ですね。でも、じっくり考えてしっかり書くのも好きですから、私の中で、どれがいいということは無いんですが、たまには、こういう話もいいかなと思っています。


>好実さん
普通に考えて、裸エプロンは恥ずかしいですよね。
好実さんの感覚は、正常だと思います。それが普通ですから。
私のように奴隷の裸エプロン姿に慣れてしまっているとか、そういう方がおかしいのだと思います。
私は裸エプロンが好みではないというか、特別な思い入れがなかったということですね。奴隷がそういう格好になること自体は、嫌だったわけでもないですし、それはそれとして、良かったと思っています。
ただ、改めてこんな風に誰かと話をするとなると、かなり恥ずかしいなと思いながら話をしたということです。

ご質問の件ですが、うーん、難しいですね。
女性の好みが無いということもないんですが、それが絶対というわけでもなく…。
どんな奴隷が好みか?といっても、私は色々なタイプの奴隷と主従関係を持っていましたし、その全ての奴隷が好きだったので、改めて好みと聞かれると難しいですね。
「~な女性(奴隷)が好きだ」と一言では言えないです。また、「好きになった(奴隷にした)女性(奴隷)がタイプ」なんて、答えになってないようなことを書いても仕方ないでしょうし…。
書き始めると、多分、長くなりそうなので、コメント欄ではなく、エントリーにするかもしれませんが、どちらにしろ、ちゃんとお返事はしますね。
このご質問、決して嫌ではないので、大丈夫ですよ。気にしないでください。
また、なにかあれば、質問は自由にしてくださって構いません。答えられることなら、出来る限り答えますので。
ただ、今回は、簡単に答えられるものでもないので、ちょっとお時間をくださいね。


>2011/06/02 19:44にコメントくださった、匿名希望さん
確認しました。ありがとうございます。嬉しいです。
私の方からも、させていただきました。
今後とも、よろしくお願いしますね。
[2011/06/02 20:53] URL | vet [ 編集 ]
すみません
私の質問のことを真剣に考えてくださってありがとうございます。
いつまででも待ちます。
でも私の質問がvetさんを悩ませてしまったのでしたらすみません。
もしも無理していらっしゃるならお答えくださらなくてもいいんです。
私が興味を持ってしまったというだけですから。
申し訳ありません。
無理はなさらないでください。
[2011/06/03 21:01] URL | 好実 [ 編集 ]

>好実さん
ご質問の件は、本当に無理とかしてないですから、大丈夫ですよ。
そんなに、気にしないでくださいね。
そういうエントリーを書くのも、いいかなと思ったところですから、良いきっかけかもしれません。
基本的に、文章を書くのは好きなので、そういう意味でも問題ないです。
ただ、考えをまとめるのに、時間がかかりそうなことなので、ちょっとお待たせするかもしれませんので、それだけ、申し訳ないのですが、お時間をくださいね。
ちゃんと、ご質問のお返事はしますので。安心してください。
[2011/06/04 23:22] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。