理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷の性格と、それに対する私の接し方や考え方について、書いてみようかと思う。

今回、一回だけにするか、もう一回くらい、別の性格の奴隷についても書くか、まだ決めていないのだが、とりあえず、一つ。


奴隷を知る。

奴隷にも色々なタイプがいる。

私は、何匹かの奴隷を飼ったが、その性格は、もちろん全員違った。

分類すると、似ているタイプだなと思える奴隷も居るのだが、それでも、一括りにして相手ができるわけではなく、それぞれに、接し方は違っている。

それは、普通の人間関係と同じだと思う。

相手の性格を考えて、こちらも対応するというのは、普通にやること。

相手が奴隷だから、御主人様が好きにしていいのだから、といって、全員に同じ対応で大丈夫、なんていうのは、幻想だ。

少なくとも私には、そんな大雑把な事はできない。

むしろ、奴隷だからこそ、その性格をちゃんと把握し、考えに入れて接することは普通の人間関係よりも、より重要なことだと私は思っている。

奴隷というのは、御主人様に服従しているからだ。

私の奴隷は、私に服従を誓っているから、私に対して反抗することというのは、あまりない。

だから、例えば、もともとの性格が、気が強くて、嫌なことは嫌だとはっきり自己主張するタイプであっても、私の前では、その部分があまり表に出ないから、それは私の方で、認識していてやらなければ、奴隷のことを把握しているとは言いがたい。

もちろん、嫌なことだからやめてやるという意味ではなく、嫌かどうかも含めて、奴隷の感じていることを私も感じなければ、奴隷をちゃんと見ている事にはならないと思う。

御主人様である私に対する表面的な言葉や態度だけで、奴隷の性格を分かったつもりになっていると、かなり困ったことになるのは、散々経験したし、未だに悔やまれることも多い。

奴隷のもともとの性格というのをしっかり認識した上で、奴隷になったことで、ここが出にくくなっている、とか、この部分が強調されているとか、そういう事を、分かっておかないといけない。

少なくとも私はそう思っていた。

奴隷を知る。

こう書くと簡単なことのように思えるが、それは、なかなかに難しく、そして、本当に大切な事だと思う。

主従関係というフィルターを通して見える奴隷の姿というのは、色々な錯覚を産み出す。

そして、そのフィルターにもともとの性格の、かなりの部分が引っかかって、隠れてしまっているような奴隷の場合には、特に気を付けるべきだと経験から学んだ。

気の強い、自立心のあるM女が奴隷になった場合なんかは、元々の性格で隠れてしまう部分が多くなる顕著な例だと思う。

こういう性格というのは、奴隷という存在とは、ある意味、対極にあるから。

でも、そんなM女が奴隷になっても、その性格が変わるというわけではない。

あくまでも、主従関係というフィルターを通して私の前に居るから、従順になり、私の命令を受け入れているのであって、もともとの性格が変化したわけではない。

心の中には、強気な部分、自立した気持ちというのが、しっかりと存在している。

現に、普段の生活や、仕事の上では、奴隷になる前と同じように過ごし、人と接していたし、奴隷としても、そういう部分というのが、ある程度見えていた。

奴隷になっても、自分の立場というものには、自信を持っているように見受けられたりする。

私に捨てられるのではないか?ということにビクビクして、それを恐れて、私に遠慮するような雰囲気はそれほど感じられなかったりする。

自分の心の中の想いや欲求も、はっきりと言ってきたりもするから、自己主張の強さというのも、無くしたわけではない。

もちろん、言ってきたからといって、私がすぐにそれを満たしてやるわけではないのだが、私としては気持ちの把握がすぐに出来て、わかりやすい奴隷であったのは確かだ。

だから、普段はとてもスムーズに調教を決めることができるし、話なども特別な気を使うこと無く、することができる。

ちょっと強いことを言って突き放しても、自分をしっかりと持っているから、それについてちゃんと自分で考えて、自分なりのポジティブな答えを出してくることが多かった。

私が後からフォローしないとダメなほど、落ち込んでいくことというのは少なかった。

そういう意味では、こういう性格の奴隷は、奴隷として扱いやすかったと思う。

最初は、それがすごく楽なようにすら思えていた。

でも、気が強く、自立した気持ちをうちに秘めているだけに陥る罠、というのがあるということに、後から気付かされることになる。

やっぱり、楽な奴隷というのは居ないのだと、ものすごく反省した。

例えば、こんな出来事があった。

それは、ある時、奴隷が言い出した一言から始まった。

「私は、奴隷としては可愛くないのでしょうか?」

と。

だが、その奴隷は、自分のことは自分で考えていつも私と話をしていたから、その時も、それで大丈夫だと私は思い、

「そう言うってことは、可愛くないと自分で思っているってことだな?」

という風に返していた。これも、この奴隷だからそういう風に言ったのだ。別の奴隷なら、また別の言い方をしている。

「はい…」

奴隷は首肯する。その時の表情は、いつもと違っていたのだが、私はそれを重要なこととは思っていなかった。だから、

「じゃあ、それは俺に言うことじゃないな。どうすればいいのか、どうしたいのか、答えはお前が出すんだろう」

と、やっぱり、その奴隷が自分で答えを出せる、自立した部分がしっかりとある、ということを前提に話を進めた。

そして、その奴隷とのそれまでの付き合いから考えて、自分の頭で納得したことでない限り、それを心から認められない性格だというのも分かっていたから、こう言ったのだった。

「はい…」

また奴隷が首肯する。でも、その目には涙が溜まっていた。

それを見たとき、私は初めて、いつもと明らかに違うと気がついて、この言い方がまずいのではないか?と思ったのだが、すでに遅かった。

そして、奴隷の涙があふれた。

その瞬間、奴隷は声を上げて泣き出した。

「御主人様、私だって…、私だって…」

と、繰り返して。

本当に、ワンワンと声を上げて泣くので、私はかなり驚いた。そんな姿を今までに一度も見せたことはない奴隷だ。

どんなに苦痛や恥辱を与える調教をしても、どんなに快感を与えてイかせても、そんな泣き方はしたことがない。

いつもどこか、凛として、自分をちゃんと保っている部分というのが見えていたから。

でも、その時は完全に崩れていた。

気持ちが、性格を上回って溢れていた。

それを私は、どうしてやればいいのかわからず、ただ、胸に引き寄せて抱きしめてやることくらいしかできなかった。

でも、そうしているうちに、やっぱりその奴隷は、その性格からなのか、気持ちを自分で立て直し、泣き止んだ。

そして、私の胸から離れると、

「取り乱して、申し訳ありません」

と言った。

「もっと、可愛らしい奴隷になりたいです」

とも言った。

そして、涙を拭くと何事もなかったかのように、いつもの様子に戻ったのだった。

これが、何を意味するのか、私はそこから考えた。

一瞬見せた、泣き喚くあの態度はなんなのか?

「可愛らしい奴隷になりたい」という言葉の真意はどこにあるのか?

すぐには思いつかなかった。

だから、考え、悩んだ。

また、その奴隷と会うときにも、性格に対する先入観をなるべく捨てて接するように少し私の気持ちを改めた。

しばらく、そうしているうちに、一つのことに気がついた。

その奴隷は、気が強く、自立した気持ちを持っているだけに、それが心にブレーキをかけてしまい、私に対して甘えるのが圧倒的に下手くそなのだということ。

自分を保つ力が強いし、それにプライドを持っているから、自分を崩して、全てを私に預けるということがなかなかできないのだということ。

でも、本当はそうしたいのだ、ということ。

泣いたときというのは、そうしたいという欲求が一瞬顔を出してそうさせたのだろうと思った。

そして、”可愛らしい奴隷”というのは、そうやって素直に甘えて、自分のことを出すことのできる自分。

その奴隷が自己主張の部分で口に出すこととは別に、私に自分の性格を超えた部分で甘えてみたい、崩れてみたいという気持ちを隠しているのではないか?ということに思い当たった。

奴隷を甘えさせるということ自体、私はあまりさせなかったようには思うが、この奴隷には、たまにそういう事が必要なのだろうということを思ったのだった。

そして、その推測は当たっていた。

たまに、奴隷の心を崩してやることにした。

「お前は一人じゃ何も出来ない。本当に、使えない奴だ。自分で何でもできるなんて思っているのは、ただの思い上がりだ」

というような(本当はこれよりも、ものすごく冷たく厳しい言葉なのでブログに書くのはやめておく)、言葉攻めというか、自立している部分、そのプライドを徹底的に攻撃する、人格否定に近いことを散々に言って、奴隷を泣かせた。

奴隷は、自分から泣いた時と同じように、声を上げて涙をボロボロと流して泣いた。

そんな奴隷を、静かに抱いてやる。

そして、泣き止むのを待つ。

自分で泣かせておいて、抱いて、甘えさせて、泣き止ませるというのも、なんだか滑稽な話に思われるかもしれないが、実際それをやったのだった。

奴隷は、ひとしきり私の胸で泣き終わると、とてもすっきりとした顔をして、心底嬉しそうに、にっこり微笑むのだった。

なにか、清々しささえ感じさせる顔で。

「ありがとうございます。すごく幸せです」

と言いながら…。

こういう調教もやった。

ただ、これに関しては私は少し疑問を持ちながらやっていた。

心の中に、無理矢理手を突っ込んで、それを直接握って揺さぶっているようなものだ。

私は奴隷の心に関しては、もう少し自然に殻を取り去って、いつの間にか心をさらけ出し、服従して、満足を得ているという状態にしたいと思っていたから、その方針からすると、こういうやり方は微妙にずれる。

それを奴隷が望んでいたとはいえ、言葉攻めをしている間、私は「本当にいいのか?これが本当の望みなのか?」という疑問が頭にあった。

でも、私がそんな躊躇を見せれば、この調教は成立しないから、冷徹に、冷淡に、冷笑を浮かべてやっていたのだが、同じ効果のある別の方法があったなら、そちらを選択しただろうと思う。

もちろん、ここにもSとしての快感があったからやっていたのだが、とにかく、早く泣いてくれ、さっさと抱きしめさせてくれ、ということも同時に思っていた。

普通の言葉攻めならこんなことは全く思わないし躊躇なくやるのだが、この奴隷に対してやったことは、私のS性とは少しずれた部分があったのは確かだ。

今思い出しても、いろいろな意味で、特別な調教だったと思う。


奴隷を知ること。それは、奴隷の本当の心を知ることだと思う。

私は、最初の頃、表面に見える奴隷の性格やその言葉や態度だけで、それをわかったつもりでいた。

でも、それだけではいけないということを痛感させられた。

この出来事でもそうだし、他のことでも、何度も…。

だから、気が強く、自立した気持ちを持ち、ちゃんと自己主張ができる奴隷で、自分の欲求を口に出して言ってきていたとしても、それをそのまま鵜呑みにしてはいけない。

もちろん、口に出して言った欲求というのもあることは確かだし、それはそれで、覚えておく必要がある。

でも、その奥にあるものを、ちゃんと探してやるのが、御主人様の本当の努めなのだと思う。

そして、こんな風に、自分を壊してその中に直に手を触れてくれる相手を求めている、強気な奴隷というのも、私はとても可愛らしいと思っていた。

私のS性と少しずれた方法でしか満たしてやれなかったとしても、それでこの奴隷を嫌になるとか、そういう事は全くなかった。

普段はその性格から、器用に強気に世の中を渡って行くし、自分のこともしっかりと出していけるのに、その性格ゆえ、心の奥底に、秘密にしてしまってある部分だけは、どうしてもうまく出せない。

そのアンバランスさ、器用な性格ゆえの不器用さ、そして、それに悩み、どうにかして欲しいと求めてくるところが、とても愛らしく思え、そういう奴隷が私は本当に好きだった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

驚きました
御主人様としてのvetさん…。驚きました。
やっぱり御主人様だから厳しいvetさんもいるんですよね。
でも奴隷さんのことを考えてこういうことをするのも優しさなのかなって思いました。
御主人様って本当に色々なことを考えているんですね。
すごいです。
[2011/06/16 20:26] URL | 好実 [ 編集 ]

自分をさらけ出して貰える
だた一人の御主人様に

奴隷の立場からはとても嬉しく思います
奴隷と言っても 一人一人、感情の出し方や性格が違います

あとから もっと
素直になれてたらと反省や後悔に苛まれる事があります
[2011/06/17 10:19] URL | えみ [ 編集 ]
本当に…
vetさんのブログは、とても参考になります。

あたしは、この奴隷さんに近いタイプの性格なので、
彼女のキモチがよくわかるし、
あたしの彼も、きっとこんなことを考えながら、
あたしのキモチを受け止めてくれてるんだろうなぁと思いました。

きっとあたしの彼もvetさんと同じように試行錯誤しながら(笑)
(そして、そんな素振りは意地でも見せないようにしながら・笑)
[2011/06/18 01:58] URL | 美優 [ 編集 ]

>好実さん
厳しいといえば、厳しい調教ですよね。精神的にかなり奴隷を追い込む感じでしたから。厳しさばかりでも多分だめですし、優しくしすぎても、それはM性を満たされないことになると思いますので、それもだめで、その加減を奴隷ごとに考えながら接するというのが、多分、御主人様に必要なことであり、醍醐味でもあるのだと思います。
私は特に、色々と考え込むタイプなので、こんな感じなのだと思いますよ。感覚的にこういうことが出来てしまう人もいると思うので、そういう人のほうがもしかしたら、すごいのかもしれませんね。


>えみさん
奴隷といっても、全員違いますから、対応も、それぞれに考える必要があるので、難しいです。
私は、全ての奴隷が自分を素直にさらけ出せるようにしてやりたいと思っていましたので、本当に色々と考えました。
うまく行ったこともあれば、全然だめなこともありまして、やっぱり主従関係とはいえ、人付き合いであり、それは一筋縄ではいかないのだと思い知らされました。
奴隷には素直になって欲しいと思っていましたから、そういう風にいかにして思えるようにするか?というのが、最後まで私が悩み続けたことだったと思います。
奴隷の側もそういう風に思うのですよね。お互いにそこがうまく噛みあうと一番良いのですよね。


>美優さん
美優さんは、今回書いた奴隷に近いタイプの方なのですね。
でしたら、きっと彼もこういうようなことを考えてくださっているのではないでしょうかね。
また、私には考えつかないようなことも思っているかもしれませんね。
何よりも、きちんと考えてくれている、受け止めてくれていると、美優さんが感じられるということが、素晴らしいことだと思います。

真面目に主従関係をやろうとしている御主人様なら、本当に試行錯誤の繰り返しになっているように思います。そして、そんなことをしているとは絶対に言わないのも、御主人様ですよね。私もです(笑)
[2011/06/21 08:56] URL | vet [ 編集 ]
こんにちは。
お久しぶりです。

今回の記事、とても自分と重なってしまいました。
遥は気が強い方だとは思いませんが、自己主張するのがとても苦手です...。

もっと自分を出せたらいいんだろな...そんなことS側は望んでいるのかな?
なんて思いました...。
[2011/06/21 09:42] URL | 遥 [ 編集 ]

>遥さん
お久しぶりです。

自己主張というのは、難しいと思います。
特に、SMの場合には、それが恥ずかしいと思ってしまうことであったりもするので、言いにくい部分というのは、ありますよね。ですから、なかなかそれを出せないというM女の方もいらっしゃると思います。

先ほど更新したのですが、自己主張の上手くない奴隷のお話も書いてみましたので、もしもよかったら、読んでみてください。
私の場合には、こんな感じで、接するようにしていましたというお話です。

奴隷が自分を出してくることを、Sの側が望んでいるかどうかというのは、人それぞれかなと思います。私は、奴隷の心をしっかりと知った上で色々なことをしたいと考えていたので、自分を出してくれるように、またそれを引き出すような方向でやるほうが好みでしたが、奴隷の心なんて気にせずに、自分の気持ちだけで突き進むSも居ると思いますよ。
どちらがいいということではなく、これは、性格の問題かなと思います。
[2011/06/21 12:35] URL | vet [ 編集 ]
はじめまして
こんにちは。桔梗と申します。

リンクから飛んできたのですが、この記事にとても共感しました。
私も強気なタイプなので。

彼女は
「もっと、可愛らしい奴隷になりたいです」
とご主人さまに言うことができて、目の前で泣くこともできた。
そんな彼女を抱きしめたvetさん。

なぜか読んでて泣きそうになりました。

私はきっと、そんなことをご主人さまには言えないだろうなと思いました。
泣くこともご主人さま相手だからこそ、できないかな・・・

泣けてよかったねって思いました。


ご主人さま側の気持ちが綴られているブログで、更新楽しみにしています。
またお邪魔しますね(^^)/
[2011/06/29 08:50] URL | 桔梗 [ 編集 ]

>桔梗さん
はじめまして。記事に共感していただいて、ありがとうございます。
桔梗さんも強気なタイプなのですね。
記事に書いた奴隷も、そういう風に私に言うとか、泣くとか、そういう事ができるまでには、かなり時間がかかっています。
心のなかでの葛藤もきっと、すごくあったのだろうと思います。
本当は、その時点で私が気がついて、何とかしてあげられたら、きっと良かったのだと思いますが、なかなかそれは難しいんですよね。
私も、至らない御主人様だったように思います。
でも、最終的には、こうして、心のなかを出してくれたことが私も嬉しくて、さらにこの奴隷のことを愛おしく感じました。

桔梗さんも、御主人様には、言ったり、泣いたりできないだろうとのことですが、もしかしたら、御主人様は、そういう事を待っているのかもしれないですね。
桔梗さんのことを大切に想っておられるのだと思いますから。
なかなか難しいのは私もよくわかりますが、いつか、心のなかを、さらけ出すことができるといいですね。

更新、ちょっと不定期ですが、頑張ります。
今後とも宜しくお願いしますね。

それから、ブログ、お持ちなんですね。もしも問題なければ、私のブログから、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
[2011/06/29 21:55] URL | vet [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。

リンクもちろん大歓迎です(^^)
私もリンクしてよろしいでしょうか?

こちらこそよろしくお願いします。
[2011/07/01 00:24] URL | 桔梗 [ 編集 ]

>桔梗さん
早速、リンクさせて頂きました。
私のブログへのリンクももちろん、OKです。
ありがとうございます。

今後とも、よろしくおねがいしますね。
[2011/07/01 01:20] URL | vet [ 編集 ]

アメブロにて「ご主人様とあたし」というブログを書いている晴凛と言います。
リンクされている「逢瀬日記」の智薫さんのところからやってきました。
「強気な奴隷と秘密の心」という記事にとても共感してしまい、いきなりメールを送ってしまいました。
あたし自身、とても強気なタイプなので、彼女の気持ちにとても共感しました。普段は甘えることなど素直になることなどできないタイプです。なのでご主人様に壊してもらえることが喜びです。普段の自分をいろんなことを我慢して素直になりたいのになれなくて、甘え方もわからなくて、自信もなくて、ほんとはもっと甘えたいのに、素直になりたいのにっていう想いを抱えていながらもそんなこと求められてないのではと思って自分で解決するようにってなるんですよねぇ・・・。だから、壊してもらってすっきりします(笑)彼女のすっきりした気持ちもわかります(笑)あたしのご主人様もvetさんのように思ってくれたら嬉しいなぁと思って読ませてもらいました。
[2011/11/04 22:42] URL | 晴凛 [ 編集 ]

>晴凛さん
はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。
智薫さんのところから来てくださったのですね。あちらも本当に素晴らしいブログですよね。私もとてもお世話になっております。

晴凛さんは強気なタイプの方なのですね。この記事を書いてから、なかなかうまく甘えられないという方に結構メールなどもいただきまして、そのことを気にされている方がいらっしゃることを改めて感じました。
私の奴隷も壊してやるとその時は抵抗しますし、なんとか普段の自分を守ろうとするのですが、それを超えると本当に心が楽になっていたように感じました。そういう調教が終わるとボロボロに涙を流しながらも、嬉しそうに甘えてきていましたので。
心の中にあってそうしてもらいたいという欲求を満たされることを望んでいながら、なかなかそれを言えない壁みたいなものを無意識に作っているのだなと感じました。
それに私が気がつくまで、時間がかかってしまって、奴隷にはもう少し早く気がついてやれればと思ったのですが。難しいものです。
晴凛さんの御主人様も、晴凛さんを壊したことがあるとのことなら、きっとわかっておられるのではないでしょうか。

晴凛さんのブログのアドレスが書かれておりましたので、リンクさせて頂いたのですが、良かったでしょうか?もしもダメならおっしゃってください。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
[2011/11/05 20:41] URL | vet [ 編集 ]
ありがとうございます。
リンクありがとうございます。
やはり強気な方はいらっしゃるんですね(笑)
あたしは毎回泣かせてもらっているのですが、それを出来るのはご主人様しかいないので、幸せなことだと想います。
これからも読ませて頂きます。お願いします。
[2011/11/05 22:14] URL | 晴凛 [ 編集 ]

>晴凛さん
リンクの件、私の方こそ、快く承諾してくださってありがとうございます。

奴隷になるM女の性格というのは、色々ですね。
おとなしい人だけが奴隷になるというわけではないですし、強気な人もいますね。

きちんと晴凛さんを泣かせてくださるというのは、やっぱり御主人様の手腕と、晴凛さんのことをしっかりとわかっているということなのでしょうね。
良い関係を築かれておられるのだと思います。素晴らしいです。

こちらこそ、今後ともよろしくおねがいします。
[2011/11/07 00:28] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報