理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
前回、強気な奴隷のことを書いたが、今回も奴隷の性格とそれに対して私がしていた接し方という感じで書いてみることにした。

今回は、前回とは、真逆のタイプの奴隷について。



奴隷の心の声を聞く。

奴隷は、御主人様に嫌われたくないという思いから、自分の本当の気持ちを外に出せなくなることがあるように思う。

勇気を出して奴隷になり、主従関係まで結んでもなお、自分の心を素直にさらけ出せない。

主従関係というアブノーマルなことをわざわざしているのは、本来は、ノーマルな男女関係ではさらけ出すことのできない心を顕にし、満たすためという部分も大きいと思うのだが、

それにも関わらず、その心の欲求や想いを隠してしまい、ただ御主人様のご機嫌を取りたいと願ってしまう。捨てられないようにと思ってしまう。

ここまで来たのに、思い切って踏み出したのに、本当のことが言えない、御主人様に伝わらないというのは、とても不幸なことだと思う。

だから、私はそれをなんとか拾ってやりたかった。

私が思う理想的な奴隷の状態というのは、奴隷が真に自分の素直な気持ち(想いや、性癖や、欲望、愛情など)をさらけ出し、それが満たされることだと思う。

だから、私は奴隷の心がどこにあるのか?どのくらい満たしてやれているのか?というのがとても気になった。

もちろん、御主人様初期の頃の私は、プレイをするだけで精一杯だったから、そんなところには、全く配慮できなかったのだが、経験を積み、奴隷を見ていくうちに、プレイそのものよりも、奴隷の幸せというのを真剣に考えるようになっていったように思う。

御主人様の幸せが奴隷の幸せ、なんて事を言う奴隷もいるが、その逆も同じで、奴隷が幸せなら、御主人様も結構幸せだったりする。もちろん、こんなこと、奴隷には言わないのだが…。

奴隷の幸せの要素の一つとして、素直な気持ちを安心してさらけ出せること、また、それを満たされることが挙げられるだろうと私は思っていた。

そのためには、奴隷の心が、本当に叫んでいることを聞き逃さないのが、多分、御主人様に必要なことだと思う。

奴隷の心の声を聞く。

奴隷の心の声が、奴隷の口が言うことと同じなら一番楽なのだが、なかなか、そういう風にはなれない奴隷もいる。

前回書いた、強気でしっかりと自己主張のできる奴隷でさえ、本当の心のうちは、なかなか明かすことができない。

だが、さらに輪をかけて、心を表に出すことができない奴隷が居る。

性格的に、もともと、引っ込み思案というか、おとなしいというか、自己主張があまりできない、いうなれば、気弱な奴隷なんかは、簡単で表面的な欲求ですらも、私に言うことは殆ど無かった。

私の奴隷になるという時点で、すべての勇気を使い果たし、その奴隷という状況を守りたいということが一番に頭にあったのではないか?と思う。

”奴隷”という身分に堕ちて、虐げられて扱われるということが、M性を満たされる大きな要素であることは私もわかるし、その部分を否定する気はない。

奴隷になって御主人様の言いなりに扱われるだけで満足するということもあると思う。

でも、本来は、奴隷になり、その上で何をするか?(してもらうか?)というのが重要なのではないか?

奴隷になることというのは、M性のある心を満たすための手段であって、目的ではないように私は思う。

でも、実際には、奴隷になるということが目的になってしまい、それを達成したら、そこで終り、その先を求めるのを怖がってしまっているように見える奴隷が居た。

私に何かして欲しいと要求することが、私に嫌われることになりはしないかと、ビクビクしているように見えた。

もちろん、奴隷が要求をしたからと言って、それを簡単に満たしてやることが調教だとは思わないし、私の方のやり方というのもあるから、私がその要求をすぐに実行することはないのだが、それでも、奴隷がどんな気持ちでいるのか?何を求めているのか?というのは、きちんと把握しておきたかった。

そして、できれば、そういうことを素直に言える、安心して何でもさらけ出せる、そんな場所でいてやりたかった。

でも、気弱な奴隷は、なかなか、そういう風にはなれない傾向があった。

私を信頼しきれていないという部分ももちろんあったとは思うが、それを上回って奴隷から感じられたのは、「心をさらけ出したら迷惑になるんじゃないか?」とか、「わがままを言うことになって、嫌われるのではないか?」とか、そもそも、欲求を口にだすのが恥ずかしいとか、おこがましいという、私に遠慮しているような、また私に気を使い過ぎているような、そんな雰囲気だった。

だから、こういう奴隷の場合には、私の方から、奴隷の気持ちを引き出してやらないといけないのだろうと思った。そして、色々なことをした。

一番最初に思いついて、そして一番露骨だったのは、

「どんなふうに虐められたいんだ?はっきり言ってみろ」

なんて命令することだ。

でも、気弱な奴隷は、この命令をしてさえも、自分の想いはなかなか言わない。

「御主人様のなさりたいようにしていただければ、それで、私は嬉しいです…」

なんて恥ずかしそうな顔をして、うつむいて返されることがほとんどだ。

奴隷として、御主人様の意向に常に従うということが、御主人様に服従している事をストレートに感じられ、M性を満たすことに繋がっているのは、やっぱりわかる。それはそれで、いいと思う。

だが、それでも、何かして欲しいことがあったのではないか、と思うのだが、それは頑なに口に出さなかった。

だから、この命令も、こういう奴隷にはあまり効果がない場合が多い。

また、奴隷が普段話をしていることや態度などにも、気をつけるようにしていた。

でも、普段の話や態度の中に、自分の欲求を入れるのは、やっぱり自己主張がきちんと出来るタイプの奴隷の方が上手い。

器用に私にアピールするから、それはそれで面白いし、うまく隠してるつもりで隠れてないのが、なんだか可愛いところなので、私は心のなかで苦笑しながら、それを聞いていたのだが、

気弱な奴隷はそういう事もあまりやってこないから、普段の話や態度から、その心のうちを推察することも難しい。

なんとか、奴隷の本当の気持ち、心から求めていることを分かってやりたい。

奴隷の一番の理解者になってやりたい。そう願っていた。

でも、それが、どこからもわからない。わかりにくい。

そのことで、私はよく悩んだ。

欲求を口に出すことすらない気弱な奴隷というのは、どこから手をつけていいのかわからない、難解なパズルのようなものだ。

もちろん、私が悩んでいるなんてことは、奴隷には言わないし、言えない。それが余計にそのパズルの難易度を上げる。

そして、パズルが解けなければ、奴隷の心をきちんと理解してやることができないから、奴隷をしっかり受け止めてやることもできなくなってくる。

だから本当に困った。

どうしようかとかなり考えた。

だが、しばらくすると、良い方法を思いついた。

というよりも、偶然それに気がついた。

それは、調教を終え、性処理も終え、一緒にベッドに横になったとき。

それまでの私は、そのまま寝てしまうことが多かった。

調教のときは真剣だし、奴隷の安全にも細心の注意を払っているから、かなり神経を使う。

縛るのにも、鞭を振るうのにも、奴隷の体を色々と動かしたりするのにも、体力を使う。

だから、調教や性処理を本気でやって、ひと通り終えると結構疲れているので、時間があるときは、私はそのまま寝てしまうことが多かった。

でも、そこで寝るのではなく、奴隷とゆっくり話をするということをたまたましたことがあった。

その時、気弱な奴隷でも、普段よりスラスラ話をするようになるということに気がついた。

調教が終わり、私が満足気な顔をしているということに、奴隷が安心するからなのかもしれない。

また、奴隷の方も、調教を終えた充実感や安堵感、興奮の余韻などから、気持ちが解放されている状態になっているようにも思えた。

そんなベッドの中では、気弱な奴隷も話をしやすい精神状態になっているようだった。

いわば、心のパズルを解くことのできる、魔法の時間だった。

その時に、ゆっくりと話しかける。

露骨に言うと、気弱な奴隷はすぐに口をつぐんでしまうから、本当に遠まわしに。

例えば、こんな会話をしたこともある。

「お前、小さいころ、どんな子供だった?」

なんてことから、話し始めた。

最終的な意図はあるにしても、私も、奴隷の小さいころの話なんかには、純粋に興味もあるから、そういう意味での質問でもあった。

だから、そこから、奴隷の気持ちの話につながらなくても、とりあえず、小さいころの話で盛り上がれればそれでも良いと思って話しかけたことだった。

「今と、あまり変わらないと思います」

「変わらないって、どこがだ?」

「あまり、はっきりしない、性格が暗いところとか…です」

奴隷は、少し寂しそうに言った。気弱な奴隷は、自分の性格を”暗い”とネガティブに表現することがよくあった。

小さい頃から、おとなしい子どもだったのだろう。そして、そのことがあまり良い思い出ではないようだった。

「そうか」

「はい…」

「でも、変わらないなら、俺は小さいころのお前も一緒に楽しめているってことか。得した気分だな」

少し明るく私は言った。奴隷が、このまま落ち込んでしまわないように。

「得、なのですか?」

何を言われているのだろう?という顔をして、奴隷が聞き返してきた。

「ああ。お前の過去も支配した気がするからな」

「こんな私の過去でも、御主人様は喜んでくださるのですか?」

「俺は、お前の全部を支配する。お前の思い出も俺のものだ」

「嬉しい…」

「そうか」

「はい。御主人様がちょっとでも喜んでくださったらそれで…。それに私を支配してくださるのは、本当に幸せです」

「じゃあ、過去の次は何を支配して欲しい?」

「次、ですか…」

「ああ、お前をもっと強く支配する。だから、お前は次に何を差し出す?」

「あぁ…。ありがとうございます」

と言って、奴隷は、嬉しそうに、でもはにかんだような笑顔をみせて、素直に考え始めた。

この時点で、奴隷の欲求について質問している状態になっているのだが、奴隷はすんなりとそのことを考え始めていた。

普段なら、「御主人様がお好きなようにしてくださればいいです」なんて言うところだ。でも、そうは言わず、一生懸命に考えている。

私は、奴隷の髪の毛なんかを静かに撫でてやりながら、次の言葉をじっくりと待つ。

しばらくして、奴隷がポツリと言った。

「私の時間を…」

「時間?もっと長く、拘束されたいってことか?」

「はい。出来れば、私の時間を御主人様のご都合で使って欲しいです。もう少し御主人様のおそばに居させていただきたいって、思ってしまって…」

「贅沢な奴だな。お前の時間を使うってことは、同じだけ俺も時間を使うってことだからな」

「あっ、本当にすみません。とても我侭なことを言ってしまって…。ご迷惑ならいいんです。申し訳ありません」

ハッと気がついて、急いで謝る。やっぱり、気弱な奴隷はこんな感じだ。

ちょっと強く言ってしまうと、こうなる。だから、なかなか難しい。

そして、奴隷が気づいたとき、魔法の時間は終わる。

でも、私には、奴隷の気持ちが一つわかった。それで良かった。

「もしも、気が向いたら、そうしてやる」

私は相変わらず、奴隷の髪をゆっくり撫でてやる。

「はい。ありがとうございます…」

そう言いながら、奴隷はやっぱり、はにかんだような、控えめな小さい笑顔を返していた。

こんな会話。

内容はその時によって様々に違っていたが、雰囲気としては、いつも似たような感じで、調教後のベッドの中で話をするようにした。

一緒にベッドに入っても、私がすぐに寝ることはあまりなくなり、話をする時間を少しでもとるようにした。

それが、一番奴隷が本心を話しやすいと思われる時間だったから。

その時間が私にとって、本当に大切なものになった。

特に、気弱な奴隷が相手の時は、この時間も長くとるようにして、ゆったり、じっくり話をした。

それでも、奴隷が心に秘めていた全てを聞いてやれたわけでは、なかったかもしれない。

やっぱり、言えないことは言えなかったのではないか?とも思う。

ただ、私にできたのは、こういう事くらいだった。

もっといい方法があったかもしれないが、当時の私には、思いつけなかった。

気弱な奴隷に対しては、こうやって、奴隷自身のこと、その気持ち、その心を、少しずつ拾い集めていくようにした。

とてもデリケートで難しく、すごく時間のかかる、そして、手間もかかることだった。

自己主張がちゃんと出来る奴隷なら、奴隷にしてから数回会っただけで分かってしまうようなことでも、

気弱な奴隷の場合には、こうやって少しづつ聞き出すしか無いから、1ヶ月かかっても、数回の奴隷よりもわからない、なんてこともあった。

でも、私が、こういう風に自分をあまり主張してこない、気弱な奴隷の相手をするのが、面倒だったとか、嫌だったと思った事は一度もない。

こんな感じで、ゆっくりと奴隷の心の殻を少しずつ取り除いて、解きほぐし、中身を裸にしていく課程も楽しかった。

そして、少しづつわかったことから、段々と心をつなげて、じっくり信頼関係を深めて行けたような気がする。

なかなか、進まないことではあるのだが、それだけに、少しの前進が大きな達成感に思えた。

また、こういう雰囲気での会話だったからなのか、強気な奴隷が心の奥底にしまってなかなか出さなかったような、かなり大きなことが、意外とすんなりと出てきたこともある。

そういう時は、驚くと同時に、ホッとする。私で良かったんだなと思えたから。

そして、こんな非効率的とも思えるやり方でも、奴隷が素直に心をさらけ出したという事実は、この方法が、こういう性格の奴隷にとっては、良いのだろうと思わせてくれた。

だから、調教後のベッドの中で話す、魔法の時間が、私は好きだった。

気弱な奴隷が、そのときだけは、普段の皮を少しだけ脱いで、いつもよりも心を開いているのが、とても嬉しかった。

遠慮がちに、そして恥ずかしがりながらも、一生懸命に考えて、私に必死で訴えようとしているその健気な姿がとても愛おしかった。

そして、気弱な奴隷の、なかなか、本心を表さない、我侭を言おうとしない、欲求を顕わにしない、そういう部分も、私にとっては、奥ゆかしさや慎ましさに思えた。

その性格が、そんな姿勢が、ものすごく奴隷らしい奴隷だと感じられて、扱いが難しくても、時間や手間がかかっても、私はこんな性格の奴隷が大好きだったし、一緒に過ごす時間がとても幸せだった。


ただ、こんなことを、ちょっと偉そうに書いてはいるが、私には、悔しく思うことがある。

こういう、ゆったりとした時間をあまりとってやることができなかった奴隷が居たからだ。

それは、私の中には、至らなかったと思うことの一つとして、残っている。

そして、その奴隷を深く理解して、もっと満たしてやりたかった。心を開放してやりたかった。

もしも許されるのなら、今からでもそうしてやりたいくらいに思っている。

この魔法の時間のことを考えると、それをあまりしてやれなかった、その奴隷のことを思い出す。

だから、私は、決して、奴隷の心をきちんと理解していた理想的な御主人様などではなかったと思う。

出来ることは、精一杯にやったつもりではあるが、完璧にはなれなかった。

奴隷の心をきちんと理解し、それを満たしてやるというのは、私にとっては、やっぱり、とても難しいことだったと思う。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/06/21 23:01] | [ 編集 ]
羨ましいです
とても胸に響きました。
vetさんの優しさが伝わってきました。
奴隷さんがすごく羨ましく思えました。
こんなに考えてもらえるなんて普通の恋人でもあまりないように思います。
奴隷さんはきっととっても幸せだったでしょうね。
[2011/06/22 22:59] URL | 好実 [ 編集 ]

>2011/06/21 23:01にコメントくださった匿名希望さんへ
メールにお返事を書いておきましたので、そちらを読んでくださればと思います。
よろしくおねがいします。


>好実さん
私のやり方が、奴隷にとって本当によかったかどうか?というのは、奴隷だけが知っていることなので、私としてはなんとも言えないところなのですが、こういう接し方で、なんとか、奴隷が心を開いてくれればいいなと私も必死だったんですよね。
なので、優しくしようとか、そういうことではなくて、なんとか奴隷のことを理解したいという気持ちが強くて、こういうことをするに至っていたのだと思います。
好実さんが、奴隷のことが羨ましく見えるとのことですので、結果的に、奴隷に対して、優しくしたことになるのかもしれませんが、私としては、そういう自覚は無かったんです。
奴隷が、幸せだと思ってくれていたら、本当にいいですよね。私もそれなら、幸せです。

それから、以前にご質問いただいた、私の好みの女性とか奴隷のタイプの話ですが、ちょっと書くのに手間取っておりまして、もう少しお待ちいただけますか?必ず、書きますので、お時間をいただければと思います。お待たせしてすみません。
[2011/06/25 01:25] URL | vet [ 編集 ]
ごめんなさい
お返事をありがとうございます。
私の質問がvetさんを悩ませてしまっているみたいですみません。
いつまででも待ちます。
それにお手間をおかけするのであればあの質問は無視してくださってもいいですから。
無理をなさらないでください。
ごめんなさい。
[2011/06/25 10:54] URL | 好実 [ 編集 ]

>好実さん
謝らないでくださいね。別に私が困っているわけではないですので。
悩んでいるというか、改めて考えてみたら、どう書くのが適切なのか?ということで、私の考えていることをちゃんと表現する、うまい書き方が見つからないという感じなんです。なので、じっくり書かせて欲しいなと思っています。
ということで、お時間をくださいということでした。
本当に、無理もしてないですし、文章を書くことを手間とは思いませんので、大丈夫です。待っていただいて、ありがとうございます。
[2011/06/29 21:42] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報